タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

手続

無事に娘ちゃんのカナダの出生証明が届いたので、息子くんとNigelが山へ行ってる間、日本領事館へ日本の出生届を出しに行った。

バスで偶然Akoさんのクッキングクラスで知り合ったJunkoさんにバッタリ。広いようで狭いバンクーバーであるw。

領事館で書類が一部足りないことに気づき、その場で書く羽目に。
この書類が現住所など諸々をいちいち日本語で書かなくちゃいけなくて、英語の表記に慣れきってるとよく間違えるのだ。カナダ国ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市なんてここで暮らしてたら、まず書かない。

まーそんなこんなあったものの、なんとか届出を出して、息子くんの時と同じ質問をされた。

「パートナーの方と結婚する予定はありますか?」

ワタシたちはコモンロウ、日本でいう事実婚の関係にある。カナダでもイギリスでもそれで法律上全く問題ないし、Nigelはちゃんと子供の父親として認められるのだが、日本では戸籍上、ワタシはシングルマザーで子供の父親はいない、ということになっている。
これが結婚すると、婚姻届提出した日にNigelは日本の戸籍上で父親になることができるのだ。

当面結婚する予定はないが、Nigelはカナダ国籍を取得する予定である。
カナダで出生届を提出する際、事実婚でもパートナーがカナダ国籍を持っていたら、父親の欄に名前を書くことができるのだ。

なので、取得後変更できるのか聞いたら

「認知手続が必要になります」

と言われた。

この認知手続は、海外からではできない。
日本で市役所に確認し、認知手続をするのだが、裁判所の許可が必要なんだそうだ。

...面倒くさい。

ということで却下w。
法律なんてどうでもいいのだ。ワタシたちが家族であることには変わりはないのだから。





[PR]
# by who54211 | 2018-02-16 05:39 | 愚痴 | Comments(0)

苦渋

ーたくさんのBirthdayWishをありがとうー

昨日はワタシの誕生日。家族でブランチ、おいしいペイストリーを食べ、夜はバンクーバー素敵”エロ”女子、しかも誕生日が一年違いのハートリー明子さんのゴージャスなバースデーパーティーにお招きいただいて、ホクホクと幸せな一日を過ごしたのだが・・・。

実は、またしても難関が降りかかった我が家。
まずは新居。
ディベロッパー、「コンドを購入したければ、15%の上乗せ価格で買い取れ」「今権利を売って、ディポジットと50%を返却する」「新たな購入者が現れた時点で売って、ディポジットと差額の40%を返却する」の3択を提示してきた。
まず1月半ばまでに条件提示、のはずがもう2月も半ば。契約終結が今月末であることを考えると、この時点で訴訟を起こしても間に合わない。
15%の上乗せだと、ギリギリ住宅ローンを組めなくもないけど・・・という額。微妙なラインだ。とりあえず不動産屋のBradさんにお願いして、弁護士さんに相談してもらう。

そしてNigelの職場がリストラを始めた。
前回Nigelが職場を移ろうとしたときは労働条件を良くしてくれて残ったのだが、どうやらバンクーバーの支店そのものをなくすんじゃないか?という感じでリストラを始めてるらしい。
ということで、この時点でモントリオール行もなくなり(同じ会社なので)、タイミングよくヘッドハントしてきた会社とまた面接をするらしい。

そのヘッドハントしてきた会社の一つが実はニュージーランドの会社。
お給料が今の1・5倍から2倍になるのだそうだ。ニュージーランドはまだまだ物価も安いし、そういう意味では貯金はできる。新居はとりあえず貸し出して、ニュージーランドが気に入らなければまた帰ってくるという選択肢もある。

これもまだまだ本決まりのことではないので、どうなることやら??なのだが、ありがたいことにNigelの経歴ならまだまだ仕事はありそうなので、そこまで心配はしてない。どこに行っても家族でいられるなら楽しそうだし、残ってもニュージーランドに行っても今はネットでどこでも繋がれるしね。

だが、忙しくて確認をなかなかしてなかったメールを昨日開いてがっくり。
3月に来る予定だった母が、「お父さんの具合が悪いので行くのをやめます」と言ってきた。
うちの父親は、過去にもなんだかんだとワタシと母が旅行に行くときに文句を言ってきた人なのだが、今回もかい!!という感じである。
ただ、数十年後、同じ立場にもしなったら、ワタシもNigelを第一優先するだろうから、まぁ母の気持ちもわからなくもない。

というか、3月からどうしよう??
期待していただけに、困ったなぁ・・・。

誰か、ご飯作って!!!(←またそれか!!!)


[PR]
# by who54211 | 2018-02-13 02:57 | 報告 | Comments(0)

苦肉

娘ちゃんは無事、光線療法のおかげで黄疸も良くなり、鼻から栄養をとるためのチューブも抜けて、退院に向けて授乳と哺乳瓶で栄養が取れるように練習開始。

35週すぎると、自力でおっぱいを飲むのがうまくなるのだそうだ。娘ちゃんは、抱っこするとおっぱい探しているのだが、まだお腹空いて泣いたり、訴えが少ないので、いまいち感覚が分からない。

母が来るまであと1ヶ月あるので、Nigelにパタニティリーブを取ってもらうことにしたのだが、予定では、母が帰国してから二週間だったのだが、1ヶ月丸々休むと家計に響くのはもちろん、会社の方も回らないので、月水金出勤、火木に休むというパートタイム出勤で有給のパタニティリーブを使うことにした。

娘ちゃん産まれてから、Nigelにべったりだった息子くんは、今日仕事に行く父ちゃんに戸惑うかな?と思ったが、意外と大丈夫だった。やっぱりワタシが娘ちゃんに授乳したりしてると「父ちゃん」と呼んだりしてたけど、概ねNICUではおとなしくしててくれて助かった。

娘ちゃんは驚異的に成長している。子供ってすごいなぁと改めておもう

[PR]
# by who54211 | 2018-01-30 08:27 | 報告 | Comments(0)

比較

息子くんの時は緊急帝王切開、今回は経膣の正常分娩で出産したワタシだが、その回復の過程の違いに驚いている。

ママ友の中には「(正常分娩で)産んだ後、痛くて座れなくて辛かった」と言ってた人も多かったのだが、帝王切開の時は、起き上がるのも寝返りも咳もくしゃみもお腹の傷をかばわないと痛み止め飲んでても痛くてたまらなかったのに、そんなに気にせず動けるし、お通じの時も大丈夫だった。

ワタシは息子くんの時、術後お小水が出なくてカテーテルが入ってたのだが、今回はそんなこともなく、食欲も旺盛、ちょっとお尻痛いのと、いきむ時の踏ん張りのせいで腕と肩が筋肉痛になったくらいだった。

そして今回は強い味方があった。
それはアロマオイル。

急な破水だったので、陣痛時のオイルを用意できず、慌てて目に付いたオイルを持ち出したのだが、看護師さんが部屋に来るたび

「いい匂いね」

と言ってた。

お役立ちだったオイルは
「ラベンダー」「ヘリクサリウム」「コパイバ」。
f0129786_13021978.jpg

経膣出産の後、お股が裂けることがあり、ワタシも出産後2針縫った。そして悪露やお小水がこの傷に影響するので、排泄後は洗い流すのだ。その洗うお水にオイルを数滴垂らして使ってた。座浴も勧められたので、そこにも垂らしていい香りに包まれてリラックス。

眠る時はラベンダーで「ご臨終プレイ(ティッシュにオイルを垂らして顔にかぶせて眠る)」。
病院のベッドは快適ではないけど、これでグッスリ。

他に持っていったのが「シーブス」「ペパーミント」「イランイラン」「ファミリー」「ロイヤリティ」「ティーツリー」。
ペパーミントは頭をスッキリさせるために、ティーツリーは自分を天使のはねで撫でるために、他は気分で使っていた。

ほんと、陣痛開始時から使うオイルブレンド使ったことがある人はその効果のほどを教えてほしい。
あと持っていけばよかったのはオーソイーズのマッサージオイルとディープリリーフ。出産時の力みで硬くなった筋肉ほぐすのに、使いたかった。

そういえば、たまたまなんだが、マッサージ師の学生さんが、45分のマッサージをプレゼントしてくれた。毎週木曜に来てるそうだ。

個人的に思ったのは、どんな方法で産まれても、やっぱり子供は愛おしい存在である、ということ。
息子くんも娘ちゃんもどっちも可愛いし、でも全く違う人間である。
ワタシはどちらの方法も経験させてくれた二人に心から感謝する。

[PR]
# by who54211 | 2018-01-28 08:53 | 報告 | Comments(0)

変化

息子くんを産んだ時にはなかった新しい病棟で出産し、娘ちゃんは現在、これまた新しくできたNICUにいる。

2年半の間にシステムもだいぶ変わった。
ビックリだったのが、産後すぐ体重量ってくれなかったこと。ワタシが娘ちゃんの体重を知ったのは今朝であるw。2570gだったってことで「普通じゃん」と思ってしまった。息子くんとちょうど1キロ違いで産まれた。

そして食事にも驚いた。
f0129786_14133667.jpeg
オーダー式にかわったのだ。なので、メニューの中から好きなモノを毎食頼める。でも自分で注文するので、やや面倒w。
でも息子くんの時は量が少なくて困ってたので、それが調整できるのはありがたい。
f0129786_14160457.jpeg
f0129786_14174994.jpeg
f0129786_14164330.jpeg
f0129786_14171196.jpeg
昨日の晩御飯はラザニアにほうれん草のサラダ、ヨーグルト。今朝はベーグルとヨーグルトパフェ。お昼にハンバーガーとヤムフライ、そしてハムスプレート。今夜はサケのグリルにシーザーサラダ、ヨーグルトの組み合わせ。
サラダはサイドサイズもあるのだが、それだと足らないw。朝は牛乳も頼んで息子くんのご機嫌取りに使い、お昼にクッキーも頼んでおいてそれはワタシのおやつに。

息子くんの時はそれこそおにぎりだの味噌玉だの持って来たけど、今回はそんな準備もしてなかったワタシにとってはこのシステムチェンジはありがたかった。

娘ちゃんは無事に呼吸補助装置も取れたので、今夜装置なしで問題なければもう少しゆるいNICUのユニットへ移るらしい。
それでも退院は未定。呼吸が落ち着いても今は点滴と胃に直接ミルクを入れてるので、それが授乳もしくはボトルでできるようになるまでは退院できない。
大体妊娠期間プラスNICU合計で38週になるくらいが退院の目安になるらしいが、状態による。

搾乳はしんどいけど、それ以外はやらなくてイイから、その分家の準備がんばろう

[PR]
# by who54211 | 2018-01-26 14:01 | 報告 | Comments(0)