「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

育男

「イクメン」という言葉が出てきて久しい。

この言葉を英訳しようとすると、それは「Daddy」になる。
逆に「Daddy」を和訳すると「父親」。

でもイクメン=父親ではないことも多い。

テレビジャパンで「スクスク子育て」を見てて、この「イクメン」の回があったのだが、見ててすごく不思議だった。
出てくるお父さん一生懸命やってるのに、ダメだししかしないお母さん。
何をしたらいいのか分からないのにちゃんと聞けないお父さんに「それくらいわかるでしょ?」で済ませるお母さん。

なんかお父さんどうこうって前に「夫婦間でコミュニケーション取れてますか?」と聞きたくなるような事例ばっかりだった。

子育ては確かにいろんなことに追われて、お母さんお父さんとしてなんとかしなきゃ思うことがたくさんあるけど、できちゃった婚だったとしても、子供が産まれるまでの間に夫婦として人間関係を築いていく期間があると思うのだ。

親になる前は単なる男と女で、夫婦になって夫と妻という役割が増え、そこに子供が現れて父親母親という役割が増える。役割が増えるけど根本の人間関係は変わらない。

パートナーを選ぶ時に、「この人ならなんでもしてくれる」と思う相手を選ぶには、自分のことを良く見つめて、大切にしないとそういう相手には出会えない。結婚してから、出産してから「こんなはずじゃなかった」と思うときは、相手は自分のことを写す鏡だと思って接した方がいい。自分がそう思ってる以上に相手もそう思ってることがほとんどだ。

だからこそ、子供の前でパートナーの文句を言うのはおかしいとワタシは思う。だってそれ、自分に文句言ってるのよ。

「イクメン」という言葉がかってに広がっていってるのは、きっと育児家事しても誉められることのないお母さんの心の叫びのような気がする。お母さんのことも褒めてよっていう。

さて、「スクスク子育て」の中で一つ面白い事例があった。
海外のカップルで、お父さんは仕事が忙しくて物理的に育児家事に関われないのだが、お母さんは満足している。

子供がお母さんに向かって暴力を振るった時に

「僕の1番大切な人に向かってなんてことをするんだ!」

とお父さんが子供を叱ったんだそうだ。

子供はいずれ手元から巣立っていく。
その後、自分のパートナーと過ごすわけだが、自信を持って楽しみだと言える間柄でいたいものだ。



[PR]
# by who54211 | 2017-02-22 12:15 | 人間 | Comments(0)

薬剤

本日18ヶ月になった息子くん。

最近はほんとにくっつき虫で、どこにいっても「抱っこ」と言う。寝かしつけもNigelでもダメな時もあるくらい。
でもしっかり食べてるので、すでに12キロ半。母ちゃん重いよ〜と思いながらも抱っこ。
身長も伸びてるんだろうけど、まっすぐにしててくれないので、ちゃんと測れず。

言葉が増え、賢くなってきたので、自分の要求をうまく通すためにいろんなことをするようになった。
手を引いたり、踊ってみたり、喋ってみたり。
ダメなことはダメだということもわかりつつあり、自分の家のものとよそのものの区別もつき始めてるような気がする。

寝言なきは相変わらず。これいつまで続くのかな。
Nigelによると大笑いして寝てることもあったらしい。夢見てるのか?

さて、そんな日々だが、今日18ヶ月の検診と一緒にワタシも診察を受けた。ほんとは単なるチェックアップの予定が先月末から続く咳、バレンタインの胃痛、そして声が出ないのでちょうどよく予約取っておいて良かった。このかかりつけの先生、いい医者なんだけど、難点は予約が取れないのだ。
f0129786_13122699.jpg
どうみても不自然なピンクの抗生物質、喘息用のインヘイラー、そして胸部レントゲンの処方箋が出た。

母ちゃんは肺炎疑いアリ、との診断🙀左の肺上葉に湿性ラ音(お、なんかPTっぽい)が聞こえると言われたのだ。

が、肺炎だったとしてもどうにもならんのだがw。すでに抗生物質出たしな。

まぁ運良く朝一で予約が取れたので、明日レントゲン撮ってこよう。なんでもないといいな。

[PR]
# by who54211 | 2017-02-21 13:04 | 報告 | Comments(0)

冷害

f0129786_07445097.jpg
これを初めて読んだのは映画が公開された当時1989年。当時小学校4年生だったと思う。
実はワタシは映画はきちんと見てない。テレビで流し見したくらい。

たまたま図書館で見つけて、読み直してみたけど、いいお話である。ファンタジーなんだけど、どこかにほんとにキキみたいな魔女の女の子がいそうだ。

で、この本読み直して大事なことを思い出した。

「女子は腹巻が欠かせない」

ということ。
本の中に腹巻をお届けするエピソードがあるのだ。

ワタシが長引く風邪と戦うことになったのは腹巻してなかったせいだ。(と思うことにしたw)

息子くんを妊娠中、欠かさなかった腹巻Or腹帯、そして靴下の重ねばき。夏の出産だったが、ずーっとしていて、非常に順調な妊娠生活だった。

今日もワタシの声は出ず。一日中寝てたが、やはり戻らず。
明日息子くんの定期検診と一緒に自分の医者の予約(同じ医者にかかってる)しといてよかった。

あー。咳しないでゆっくり寝たい!!

[PR]
# by who54211 | 2017-02-20 07:44 | 報告 | Comments(0)

会話

最近息子くんは

「いいお返事は?」

と言うと

「ハイ」

と言うようになった。これで思い出したのが
この人。3つの言語で巧みにコミュニケーションを取る1歳児(って幅広いよw)イクラちゃん。

うちの息子くんは、日本語よりも英語の単語の方がよく出てくる。日本語は
「抱っこ」「ゴハン」「カギ」「キシャ(これトラックに向かっても言う)」「トトロ(本で読むから)」「イッキウ(一休さんのこと。これも本から」「あっぱ(葉っぱのこと)」「あっち(熱い)」「デンキ」「おいしい」「足」「アイシャ(愛車だったり自転車だったり)」「ハイ」
英語は
「Car」「Daddy」「Mom」「Bath」「Bus」「Book」「Bum」「Coffee」「Glasses」「Ball」「Bless You」「Achoo」「Yes」「No」「Door」「Tire」「E-I-E-I」

明らかに英語の方が多い。発音しやすいらしい。
どんなにワタシといる時間が長くても日本語出ないもんなのね。
理解はしてるから日本語の本は楽しそうに聞いてるし、それなりに日本語で話しかけたら反応するのだが。

やはり英語環境で日本語を養うのは大変なようだ。

うーん、Nigelにもうちょっと日本語で話してもらうか。


[PR]
# by who54211 | 2017-02-19 14:43 | 報告 | Comments(0)

嗄声

昨夜、息子くん30分おきに寝言泣き。
本人眠ってるが、ワタシは起きて様子を見に行くので、超寝不足。その上この前の胃痛騒ぎから食欲はなく、生理前に引いた風邪のせいで咳が止まらず、体力消耗している。

今朝、無理だと判断し、Nigelに2時間遅れで出勤してもらう。で、寝てたが、起きてもスッキリせず。

息子くんは、寝言泣きなので、基本眠ってたので、元気いっぱい。

でもね、母ちゃんは今日はそれに付き合う体力がなく。

アロマージュのSAKI先生の「怒りのアロマケア」で「寝てない時やどっか痛かったり痒いときは怒りっぽくなる」って力説されていたが、今日はワタシのキレやすさは、そりゃぁもう研ぎ上がったばかりの包丁にも負けなかったはず。

息子くんのおもちゃを投げ、本を投げ、地団駄を踏みまくる。

息子くんにも怒鳴ったが、声が全然出ないので凄みなどなく、逆効果(大爆笑された)。

子供ができてから痛切に思う。

「自己管理ってほんと大事」

誰かに代わってもらえるなら代わってもらいたいけど、今更後追い絶好調な息子くんは、現在ワタシかNigelがいないと安心できずギャン泣きしてしまう。

もうほんと、自分のことをケアして大切にしないと親業はやっていけない。

今日はもう眠って、明日声が戻ってることを祈ろう。


[PR]
# by who54211 | 2017-02-18 13:47 | 人間 | Comments(0)