「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

救急

昨日午前中に退院予定だったクライアントさんなのだが・・・。
朝、雇用主さんが電話をしたときには「迎えに来てください」だったのに、いざ雇用主さんと一緒に迎えに行ったら

「まだ排尿を確認できてないので、確認できるまでは退院できません」

と。
前立腺肥大の手術で、それこそ20分で終わるものだし、日本でも日帰り手術できるくらいのものだから全然問題ないだろうと思っていたのだが、なしておしっこが出ないのよ・・・。

10時少し前に病院に行って、結局12時近くまでワタシもいたのだが、このままここにいてもしょうがないのでワタシは一旦家に戻ることになった。

その後、3時前に雇用主さんから電話があり、「どうもおしっこがでないから、もう一日入院になると思う」ということだった。
そしたら3時過ぎにもう一度電話が入り「導尿して尿の中にすこし塊があったみたいだから、多分それが邪魔してたんだろう、ってことで退院しろっていわれたから迎えに来て」と。

なんじゃそりゃ・・・。

カナダでは、入院期間は極端に短い。お産のときも産んだ翌日に退院なんてザラなんだそうだ。

これが普通の患者ならいいかもしれないけど、うちのクライアントさん、自律神経にも影響及ぼす病気持ちだし、いいのか?と思ったのだが、とりあえず迎えに行く。

雇用主さんの話では、「導尿して半分は排尿してくれたから、後は膀胱がいっぱいになったら自然に排尿できるだろう」とのことだった。

帰宅してクライアントさんは400ミリリットルのジュースを飲み、トイレに行ってみたが排尿なし。
晩御飯を食べる間にお酒が若干入りつつ(毎晩スコッチ飲むので)さらに400ミリリットル飲んでトイレに行くけどやっぱりでない。
寝る前に2度ほど試みるもやっぱり出ない。

脊髄損傷をはじめとする排尿困難の患者さんに膀胱を押して排尿させることがあるので、がんばって押してみるものの、膀胱がパンパンなのは触知できるんだけど、ほんとに出ない。あきらかに尿閉である。

寝る前に雇用主さんに「これ、明日の朝出なかったらエマージェンシーに行かないと駄目だと思います」と伝えて、おしっこ出ますようにと祈りながら眠りに着いた。

・・・・が、やはり朝になっても出ない。おなかはどんどん張ってくる。
とりあえず雇用主さんにBCナースラインという24時間看護師さんが無料で電話相談を受けてくれるところに電話をかけて指示を仰ぐ。

やはり導尿のほか手はない、とのことだった。とにかく泌尿器の専門家のところと連絡がつくまで歩いたりなんだりして刺激してみよう、となり、30分ほど家の中をうろうろと歩いてもらう。
でもやっぱり出ない。

10時になってやっと泌尿器の医者から電話が入り、「おそらく手術の影響で尿道内が腫れてるんだろう」ということで、その医者からエマージェンシーに電話を入れておくから連れて行くように、という指示が出た。

雇用主さんは自分の本の仕事がもうすでに2日分溜まっていて行けないので、仕方なくばーちゃんと二人でエマージェンシーに行く。

お医者さんから連絡が行ってると受け付けが早い、というのもあるんだろうけど、ワタシが前にバンクーバーでエマージェンシーにかかった時に比べると、このノースショアにあるLaion's gate hospitalのエマージェンシー、ガラガラ。救急車もず~っと停まってるし・・・。
ということで入ってすぐに呼ばれ、そのまま治療室へ。

治療室で5分ほどすると看護師さんが現れて「じゃ~ベッドに寝かせて、ズボン脱がせてくれるかな?」というので、脱がせて導尿してもらう。

この看護師さん、半分日本人だそうで、母親が沖縄出身なのだそうだ。会ってすぐに名前を聞かれて「日本人?私、日本人とのハーフなのよ」と気さくなイイヒトだった。
この看護師さんいわく「手術して翌日に排尿なくても患者さんを追い出しちゃうのよね~。結構いるわよ、導尿しにエマージェンシーに来るオペ後患者さんたち」とのことだった。

導尿し始めてほどなくあっという間に1リットルもの尿が出てきた。

ほどなくバッグにつなげてくれたのだが、これもまたすぐに満タンになり、治療室を出る前に捨ててもらう。

で、エマージェンシーの受付でまってたばーちゃんにクライアントさんを任せて、ワタシは車をエマージェンシーまで持ってくる。

車を回すとばーちゃんに「すでにバッグが満タンよ」と言われた。

家に帰ってバッグを空にすると1・5リットルの尿。さらにゴハン前に600ミリリットルの尿。

いったいクライアントさんの膀胱はどれだけおしっこを貯められるんだろうか???

一応この導尿バッグは、2~3日の間だけで、手術の腫れが引いたら取る予定なんだそうだが、大体その判断、どうやってするんだろうか???

ま~とにもかくにもクライアントさんが尿毒症にならなくて良かった。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
Commented by ank-nefertiti at 2010-04-15 10:25
はあ・・・
なんだか凄いね、クライアントさんも病院も・・・
尿をため込めるクライアントさんにもびっくり!だし、いろんなこと確認しないで「ま、いいかっ!」で退院させちゃう病院もこれまた凄いっ!
こうしてみると日本の病院はなんだかんだ言って親切丁寧よね~
whoちゃん、いろいろとお疲れ様でした!

コスメ話題ですが~
CDから新しく出たカプチュールの美容液(というのか?)、結構優れものでした。
肌から毒素を出して、本来の美しさに!っていうの。
これつけてから美容液とかクリームつけると、浸透がよくて、翌朝よい感じです。
チズ先生はもう神様みたいだよね、ホントに。
何度も言ったと思うけれど、彼女にマッサージしてもらうと2週間は口角が上がったままで、肌もピシッとしていますよ^^
Commented by greenavenue at 2010-04-16 00:32
大事にならなくて良かった。
人間、普通に1日2リットルくらいは水分摂っているから
それくらいは出るかも。

ほんと、出て良かった。本人、苦しかったと思うよ。
Commented by who54211 at 2010-04-16 06:17
>ank-nefertitiさま
結局昨日は合計で5リットル以上排尿してるんですよ。脱水になるんじゃないか?と疑問なんですが、いらないものを出してるはずなんで大丈夫だと思うんですが・・・。今日もやっぱりず~っとそんな感じでおしっこ出てます。
日本の病院は、心配しすぎな面もありますけどね~。念には念を入れてほしいものですよね、こと体のことに関しては。

CDのカプチュールはアンチエイジングの救世主とも言われてるようですね。CDの化粧品は試したことがないんですよ。カウンターの前を通り過ぎても声をかけてもらえないので(というか自分で声をかけるべきなんでしょうけど)サンプルももらったことがなく、ご縁がないんです。
佐伯さんのテクニックすべてを使うことは無理なんですが、自分に合ってるものだけ抜粋して使わせてもらってます。だって朝洗顔料なしの洗顔なんて顔てかてかになってありえないんですもん、ワタシ・・・。
Commented by who54211 at 2010-04-16 06:19
>greenavenueさま
ほんとに・・・。尿毒症になってたら緊急透析だったんですよ・・・。よかった。
結局一週間はカテーテルが入ったままだそうです。これ、ケアが面倒臭いんですよね~。下手すると膀胱炎になるので気をつけないといけません。
クライアントさんは、大体平均して水分だけで3・5リットルくらい摂取してるんです。なので2・5リットルくらいの排尿ならいいんですけど、明らかに5リットルって異常なんですよ。すごいですよ~一日で5キロ減量でしたもん(本人が一番驚いてましたが)。
by who54211 | 2010-04-15 06:56 | 仕事 | Comments(4)