タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

快音

先月のlive-inの集まりで、指圧をしてもらったワタシたち
ちょうどワタシが別荘勤務をしてたとき、その指圧師さんが「facebook上でご予約の方に限り」ということでものすごい格安で指圧をしてくれる、って話があったのだ。

...バンクーバーにいたら絶対頼んだのに。
と思ったと同時にこういうの一回見ちゃうと、また次の格安プランが来るまで待ちたいのが人情(いや単純にワタシがケチとも言える)ってやつだ。
確かに疲れも溜まってるし、あっちこっち痛い気もしないでもないのだが、そこまで切羽詰まってない、というのもある。

ただ、このまま行くと、急にだめになる可能性がある。

指圧やマッサージは筋肉や軟部組織へのアプローチ。凝りの程度にもよるが、その場で効果がはっきり分かる。
今回は、とりあえずまたバーゲンが来るまで指圧は待つことにして、別の方法を選んだ。

それは、カイロプラクティクスである。
そう、骨バキバキのあれである。

ワタシが尊敬する人の一人、田中ユク子さんも「3ヶ月に一度は通っている」というカイロ。
「痛みを取る」ためではなく、「体を調整するため」である。

ワタシたちの骨格は、日頃の生活のなかで重力や筋力の動きの影響を受け、知らず知らずの間に歪んでいくのである。どんなに気をつけていても大なり小なりのゆがみは出てきて、それが痛みや体の不調として現れる、というのがカイロの根本的な考え。

日本にいたときは、「鍼灸指圧マッサージ師と柔道整復師」の資格と同時にカイロの技術を取得してたマッサージくんに定期的に調整してもらってた上、週末別のカイロにも通っていたワタシだが、カナダではまず経済的に無理でやってなかったのだ。

カイロプラクティショナーは、カナダでは国家資格。専門の大学を出ないと取れない資格である。そして、プライベートの保険(ワタシも加入してる)に入っていれば、一部保険が効くというものである。
ネットでいろいろ検索して、評判のよさそうなクリニックに電話をしてみると、受付のおねいさんも感じがよいし、いろいろその場でアドバイスしてくれた。

で、電話した当日午後に初受診。
とにかく症状をこまかく聞かれたうえに、背骨沿いの筋肉の固さを測り(そういうマシンがある)、レントゲン撮影(背骨を見るのだ)をしてその日は治療なし。
その翌日、ほかの患者さんと一緒にカイロの考え方と、実際のケーススタディの経過などの説明を受けたうえで、

「一朝一夕でゆがみは治りません。根気よく年単位で修復していく覚悟が必要です」

つまり、一、二度受けて「はい、治りました」というわけにはいかない、しかも、最初の三ヶ月は週に二回以上(程度による。ひどい場合は3〜4回通う人もいるらしい)通ってほしい、という。

で、これはワタシの筋肉の張り具合である。
f0129786_8334928.jpg


ま、どこに治療にいっても言われるんだけど、すっごいアンバランスなのだ。
レントゲンはワタシ、学生の頃、整形外科の医者に

「あ、これ君の場合生まれつき首が長いから。ろくろっくびってやつね、しかもまっすぐだからそりゃ〜肩こるよね。うん、治らないよ。将来は頸椎症だね」

と、断言されてたんである。ワタシは、母の胎内でくるくる回転してて、へその緒を巻き付けて生まれてきたので、肩甲骨の位置が正常に比べて低く、見た目は分からないけど首が長いうえに、まっすぐ(普通はCカーブ)なのだ。
このストレートネックに関してはマッサージ君も別のカイロの先生も「根気よくやってけば治る」と言ってた。

今回レントゲンを見たらまっすぐを通り越して反対側に若干曲がってたし...。
しかも今まで気にしたことなかったけど腰のカーブもきつくなってるのだ。

...そりゃーたびたび調子悪くなるわ、ワタシ...。

えぇ、迷わず「はい、通います」とプラクティショナーに宣言であるw。

二人のプラクティショナーがこのグループセッションでいろいろ説明してくれたのだが、この二人が二人そろって年齢不詳...。顔みるとしわがないのだが、頭みると白髪が目立ってて...。一体いくつなんだろうか??

そのうちの一人がワタシを毎回見てくれるのだが、日本でもカイロの経験のあるワタシだが、この人、うまいと思う。
外したことがないのだ。
日本で受けてたときにはやっぱり数回に一度は「あ、入らなかった」という経験があるのだ。カイロにつきものの心地よい骨礫音がしないのだ。で、やり直すと痛いこともあった。今んとこ3度受けて、どのポジションもきっちり痛みもなく入っているのだ。

...そりゃ、評判も良いはずだわ。

ついでに言うと、ワタシがグループセッションを受けた時に、新しく受け付けに入ったばかりのおねいさんも参加してて「研修の一部で、治療も受けることが就職の条件」なんだと教えてくれた。つまり、直接治療するわけじゃないスタッフも一通りの知識を持ってないとだめ、という考えなんだそうだ。
そりゃ〜電話口で対応したおねいさんがいろいろ教えてくれるはずだわw。

ということで、半年後、ワタシの首はちゃんとカーブができてると良いのだが...。
今のとこ、治療しててどこも悪化してないので、半年は通おうと思う。

半年後のレントゲン見て、考えよう...。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-19 08:33 | 人間 | Comments(0)