タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

口福

お友達のmakoちゃんは、体調を悪くしてなんと小麦アレルギーを発症したのだそうだ。
小麦、つまりグルテンアレルギーである。

そんでパン焼きをしたときに

「すっごくおいしそうなのに食べられない...」

と言っていた。
米粉でも作れるじゃん?と言ったら

「小麦のパンのおいしさを知ってたら、米粉のパンは食べられない」

と言っていた。

そういうもんなのか〜と思っていたのだが...。

クライアントさんの息子さんの婚約者がこのグルテンアレルギーの持ち主。
頼まれてグルテンフリーの米粉のパンを買ってきて、空港に送っていくときにサンドイッチを作って持たせるつもりだったのだ。
で、作ったんだけど、持っていってくれなかったので、仕方なく食べたのだが...。

「なに、これ??」

と思わず言ってしまった。すっごくぱさぱさしてて、粉っぽいのだ。風味もないし。
そんでmakoちゃんの言葉を思い出したのである。小麦のパンっておいしいのね。
米はやっぱり炊いて食べるもんだ、と思った日本人である。

クライアントさんの息子家族が来ると、食事というか食べ物の準備が大変なのだ。

「コーヒークリームじゃないとコーヒーが飲めない」
「乳製品はだめ」
「豆乳は嫌い」
「豆腐はだめ」
「ご飯は嫌い」

...アレルギーとか乳糖が体質的に受け付けない、ところまでは理解できるけど、なんなの?この偏食。
野菜に至ってはほうれん草やブロッコリー、ナスもだめだった気がする。

ワタシは今回食事の準備がなかったのでストレスがなかったけど、フィリピーノの子は

「もう次回からは自分たちで用意して欲しい...」

と嘆いていた。
しかもだな、時間にルーズで、決まった時間にご飯を食べくれないから片付きゃーしないのだ。

とても不思議なのだが、これだけ好き放題されてて迷惑をかけてる、ということを本人達は意識しておらず、しかも雇用主さんも文句を言ってる割にはものすごく彼らを金銭的に助けている、という事実。
この手の人間は甘やかすとずっと甘えることしかしないで生きてくと思うけどなぁ...。

だって、もう40なんだよ?この息子さん。
それなのにこういうときの緊急の飛行機代を出せないんだよ?
だめだろ、それは...。大体お父さんにいつなにがあってもおかしくないのに、そういう準備ができてないって大人としてどうなのよ?と思ったワタシである。

もちろん言わなかったけど。

クライアントさんはそれなりに遺産を残していたのだが、その分配が

「息子に60%、娘に20%、継息子(奥さんの息子ね)に20%」

なんだそうだ。ちなみに雇用主さん(奥さん)も同じ感じで遺言を書いたのだそうだ。

ま、お金では渡さずに、家を買ってそのローン返済として遺産を使うということが条件なんだそうだけど...。
なんか普通に家買って、売って大金手にして使っちゃったりしないのか?と思ったワタシである。

人の家の事情だから心配してもしょうがないんだけどさ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2012-03-31 14:59 | 人間 | Comments(0)