タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

取捨

さてさてもう薬のせいで胃が限界なのだが、週末、前の雇用主さんのところへお手伝い。

彼女は今、ベースメントを改築していて、改築に伴って移動しなくちゃいけない彼女の資料を運んだのである。
まぁ、伝記作家としてウン十年のキャリアがあるので、その資料も莫大で、キャビネットケースだけでも相当の量があるのだが、そこに入りきらない箱に入ってる資料がそれこそ30箱もあるのだ。

・・・全部過去に読んだんだろうけど、それ、よほどのことがない限り2度と見ないと思う。

ま、それらをちょっぴり捨てて、2箱は資料を欲しがっている大学へ寄贈するそうだ。

とにかく、ベースメントを貸し出すために、ベースメントにおいてある山のような資料をどかさないといけない、
でもね、結局どかす=移動なので、整理したことにはならない。

・・・のだが、とにもかくにも「今は目を通してる時間がない」の一点張りなので、言われたとおりに箱を右から左、下から上へと動かす。
なにがつらかったかと言うと、彼女の家には床下の一部に格納スペースがあって、そこにダンボールを一部運び込んだのだが、そのスペース、高さ1M=かがまないと入れないし進めない。もうものの10分で腰とかひざとか痛い。胃だけでもつらいのに、ほかの箇所が痛くなって仕方ない。

一部は亡くなったクライアントさんが書いた本の資料だったのだが、その本の改訂版を書いてる人がいて、その人のために万が一必要なとき、取り出せるようにしておきたい、と言っていたのでガレージの隅のほうに積んでおいた。
なぜなら絶対格納スペースに入れたら彼女は取り出せないからだ。ワタシを手伝って箱を格納スペースのドアまで持ち上げるのも苦労してたのだ。

で、そのことを伝えると

「しけっちゃうと困るから、格納スペースに移して」

という。何度も「あなた一人では取り出せないですよ」と食い下がったのだが、聞く耳持たず。
しょうがないので全部箱を格納スペースに入れた。

この格納スペース、ワタシが箱を入れる前からすでにかなりのものでごった返しており、箱のスペースを作るのもたいへんだったのだ(どちらかというとそれに時間がかかった)。
そして思う。

「絶対この中にあるもの、彼女が他界するまで出されないんだろうな」

目に見えるところにないとないのと同じなのである。
しかも自分ひとりでは取り出せないところにあったらなおさらである。
「時間がないから」と分別せずそのまま放り込んだ資料も、きっとそのうちに普通にリサイクルごみに出されるような気がする・・・。

・・・ま、ひとのもんだからいいけどさ。
家が広いっていうのは利点であって欠点だな、と思う今日この頃・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生。活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ移住生活へ
にほんブログ村
[PR]
Commented at 2012-10-18 00:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by who54211 at 2012-10-18 14:04
>00:51の鍵*さま
いやほんと、捨てられないのはわからなくもないんですけどね。引越しのときに「あ、こんなの持ってたんだ」と発見したものもたくさんあったのでワタシも人のことは言えないんですが、量が半端じゃなかったんですよ、彼女の場合は・・・。ほんと、整理は捨てるところからなんですけどね~。わかっててもなかなかできないものですよね。
by who54211 | 2012-10-16 14:27 | 人間 | Comments(2)