タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

防護

「2012年の12月21日に世界が終わる」

・・・ていうテーマの映画があったな、そういえば。ワタシは災害モノの映画はあまり好きではない。だって結局主人公助かるっていうのが見えちゃうからね~。

マヤ文明の万年カレンダーは昨日でカレンダーが終わっていることから、いろんな人が「この日に世界が終わる」とかなんとか騒いでたし、実際にシェルターとか作った人もいるし、アメリカ政府は地下に巨大シェルターを作って、ホワイトハウスに直結してるとかなんとかっていううわさも後を立たないが、ワタシはFBでもコメントしたんだけど、少数残される人間になりたいとは思わない。

サバイバル精神ないし、今の便利な生活のできない環境で暮らしていけるとは到底思えない。

人間には生命欲、と言うものがあるとは思うのだが、自分の周りは滅んでも自分だけ生き残ってなにが楽しいんだろうか?自分だけだったら苦労するだけだと思うのだが・・・・。

ワタシは結婚も出産もしてないし、今はパートナーもいないけど、それなりに今まで楽しく好きなことをして暮らしてきたので、昨日で世界が終わってもべつによかったのだが、結局今日も同じような土曜日の朝が来て、またしてもパーソナルケアのクライアントさんに電話で呼び出されて朝ごはん抜きになったという同じような日がまた訪れたわけである。

昨日はその「世界崩壊」対策をしている人たちをインタビューして回るという番組をちょっと見てたのだが(それでFBに書き込んだのだ)、ほんと、地下シェルター作るお金あるなら、旅行でも行って楽しい思い出作ればいいのに、と自分勝手に思っていた。結局解説者によれば、どのシェルターも完璧なわけではないのだ。つまりどっかに穴がある=生き残っても完全な生活は送ることができないということになる。

一過的な災害(台風とか活火山とか)ならシェルターも有効だろうけど、それこそ核戦争とか終わりの見えない戦いが起こったらシェルターに入ってもどこまで持つんだろうか??

まぁ、ワタシはシェルター作るお金もないんだけどさw。
とにかく世界にはまた朝が来て、2012年もこのまま無事に暮れていく。それでいいと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生。活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 a>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ移住生活へ


にほんブログ村
[PR]
by who54211 | 2012-12-23 14:00 | 人間 | Comments(0)