タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

転機

昨日、お葬式に参列した。
カナダでのお葬式はこれが2度目。一度目はLive-inでお世話させてもらってたおじーちゃんだったのだが、今回もお掃除に行ってたおじーちゃんである。

85歳だったのだが、それこそ10月の頭まで1人暮らしをしており、割と元気だったのだが、確かにこの2ヶ月で極端に食が細くなり、起きてくる時間が遅くなったなーと思っていたのだが、あっという間だった。入院した、と思ったら3週間でそのまま自宅に戻ることなく亡くなった。

詳しい死因は聞いてないのだが、ガンがおそらくどこかに転移して悪さをしていたんじゃないのかな~と思う。先月から嘔吐が続いていたらしい。もともと肺がんを罹患されていたのだ。

ギリシャ人だったじーちゃん、お葬式もギリシャ教会で行われた。
ワタシ、仏式、神式、そしてシキズムのお葬式には参列した経験があるのだが、教会式は実は経験がなかった。
ギリシャ教会だからカトリックともまた違うらしい。ワタシも詳しいことはよくわからないのだが、描かれてる絵がいわゆる教会のフラスコ画とは違う。聖人君子の皆さんも髭もじゃが多い。

そして神父さんが賛美歌を歌い始め、棺おけが家族の男性のみなさんに担がれて祭壇に登り、しめやかに式が執り行われた。

お経も祭祀奏上も賛美歌も共通して言えるのは、子守唄のように耳に優しい、ということだ。シキズムのお葬式のときもそういえば歌を流していたな~。どうやらそうやって死者を弔うのはどの宗教でも同じのようである。
教会式の流派にもよるそうだが、ギリシャ式は棺おけは開けない。死者の顔を公開することはなく、献花も埋葬のときだけのようだ。棺おけの上には聖人君子の絵が置かれていて、棺おけの脇ににっこり笑ったじーちゃんの写真が飾られていた。

このじーちゃんとは10ヶ月という短いお付き合いだったのだが、気前のいいじーちゃんでいつもお給料にチップを弾んでくれた。しかもだな、85歳にも関わらず、非常にマメで綺麗好きな人だったので仕事はしごく楽だった。
じーちゃんが亡くなったことでワタシはちょっと金銭的にきびしくなったわけだが、新たなクライアントさんを探すことはせずに、空いた時間を理学療法士の免許をこちらのものに書き換えることに専念しようと思う。

じーちゃんが背中を押してくれたんだと考えることにした。移民権を取得した今、ワタシの可能性は大きく広がったのだ。とにかくやれることをやって、ステップアップできるようにがんばろうと思う。

George、RIP.
安らかにお眠りください。
[PR]
by who54211 | 2014-10-26 08:32 | 人間 | Comments(0)