タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

安心

今日はEmiさん家で前から気になってた上にお誘いを何度も受けてた「子宮委員長 ハル」さんのDVD鑑賞会。

女は子宮でものを考えると言われてるが、ワタシはこの言葉が好きじゃなかった。

この言葉から感じてたのは、「ヒステリック」。生理痛のイライラしか思い浮かばなかったのだ。
女にだって頭はあるし、ほかの体の部分は男と一緒じゃん、とずーっと思っていた。

妊娠出産を通じて少し考えが変わりつつあったのだが、その流れでハートリー明子さんのメルマガを読んだりして、子宮の偉大さを感じつつあった。
だが、今日の鑑賞会でそれが確信に変わった。

子宮は「宮」と言う字が当てられている。女性器はその名の通り「お宮」なのである。子供はこのお宮で大切に神の子として育てられ、参(産)道を通って(うちの子はお宮から直接出てきたがw)産まれてくるのだ。

「子宮でものを考える」は神の声を聞いてるのと同じなんだ、と思ったら、自分の直感を信じていいんだ、自分にとって心地いいものや人を選んで良いんだと納得がいったのだ。

もちろん、物事を円滑に回していくための最低限のマナーは必要だが、少なくとも自分の欲求に素直になることが自分だけでなく、周りにも好影響を与えられるんだと強く思った。

人間の三大欲求、食欲、性欲、睡眠欲。このどれが欠けてもそこから上の段階の欲求(自己顕示欲とか)は満たされないのだ。

もうこりゃ美味しいもん食べて、セックスして、スッキリ寝るのが何よりも大事ってことね。
やっぱり人間素直に生きていかなきゃね。



[PR]
by who54211 | 2016-09-27 14:03 | 人間 | Comments(0)