タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

熟考

昨日ほんとは書きたかったのだが、なぜか記事を書くボタンが消えていたエキサイトブログ。

昨日はバンクーバー素敵女子の一人、言葉の魔術師Aiさんの「愛ことば講座 Vol.2 愛されブログの作り方」だった。1回目の時に一緒に受講したHisaeさんとAiさんと一緒にStartSを運営しているKaoruさん、コーチングで起業を考えていらっしゃるMikikoさんとご一緒に。

もうね、前回も思ったんだけど、「書く」っていかに自分のことを知って、考えてあげて、表現していくか、ということ。

これがブログになると、読者を惹きつける必要がある。

自分もそうだが、基本、どんなに「読んでくださーい」と言ったところで、人はそう簡単には読んでくれない。
読者の3分間をどうやって口説くか?をブロガーとして常に頭に置いて文章を書く必要がある。

このブログは、日記として運営しているので、完全にワタシの自己満足のために書いているが、仕事としてコンサルに入ってもらってるブログは、ターゲットを絞り、ネットで見かけた時に「読みたい」「次気になる!」と思ってもらえるものに仕上げなければならない。

そうするためにはどうしたらいいのか?を

f0129786_05574459.jpg
ターゲットのこの子に聞いていくことで、書く内容を絞り込み、洗練していく。

ワタシは日記としてこのブログを長いこと書いてるけど、「読者ありき」のブログは本当に四苦八苦して書いている。簡潔かつ必要な情報を盛り込み、たった一つのトピックで、さらに自分の色をつけるって、想像していた以上に難しい。まずトピック一つっていうのが厳しい。あれもこれも書きたくなる。

でもね、その苦しみはあるけど、それ以上に伝えることで喜んでくれるかもしれない!って思うと楽しくなるのだ。それを思い出しために出されたAiさんからの宿題は、ワタシを原点に戻し、新しいエネルギーを注入してくれた。

誰でもブロガーになれる時代だからこそ、伝えたいことがあるなら、どんどん書くべきだ。「書かないことは、罪」と本田健さんは仰ったがその通りだと思う。世界中インターネットでつながる時代。自分のサロンをネット上で開いてみてはどうか?


[PR]
by who54211 | 2017-05-08 05:35 | 報告 | Comments(0)