タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

英国

今朝の出来事。

突然Nigelが

「もしイギリスに帰ることになっても大丈夫?」

と聞いてきた。イギリスといっても、Nigelが生まれ育ったエクスターというところ。ロンドンではない。
なんでそう思ったのかは知らんのだが・・・。ワタシの口から出てきた言葉は、

「もしそうなるのなら、ワタシは日本に行くほうがいいと思う。ワタシも理学療法士できるし、Nigelも英語教師なら仕事いくらでもあるもん」

と結構きつく言ってしまった。どうもすごく嫌な顔をしていたようで

「怒らせるつもりはなかったし、別にUKに帰りたいわけじゃないんだよ」

と謝られた。

その後、息子くんといつもの散歩道を歩きながらずーっともやもや。
一体なんでワタシはあんなに嫌な言い方をしたんだろうか??

一つはここから離れたくないからなんだろうなーと思う。不動産や物価がいくら値上がりしようが、自分らしく生きることを教えてくれたバンクーバーが好きなんだと思う。
二つ目はたぶん、向こうのテリトリーで暮らすことへの不安。ワタシはまたそこで人間関係を築きなおす必要がある。
三つ目は「裏切られた!」という相手への不信感。

あなたはここでワタシと一緒に家庭を築くつもりだったんじゃないの?
ここが好きだ、ここで暮らしたいって言ったじゃない!!
一体ワタシは何のために移民権とったと思ってんの!!!

などなどなど・・・。でも会話中は

「エクスターで日本食材手に入るの??それがないなら絶対無理!!」

的なことを言っていた気がする。というかそれを言い訳に行きたくないことを主張してた。

Nigelは、今度開講するとある学校でのVFXのコースのコンサルをしていたのだが、そこからオンラインのアルバイトを頼まれたらしい。でも、彼の中では「VFXはもしかしたら自分が現役で働けるうちに仕事がなくなるかもしれない」と考えてるようだ。
彼が学生だった20年前にも「2010年にはVFXは干される」と言われ続けていたらしい。

そこからこの発想が出たのかどうかはわからないが、ほんと、口から出る言葉には気を付けようと心底思った。

誰よりも寛大でとても思慮深いNigelがワタシの意向を無視して勝手な行動をとることはまずない。
今日のこの会話も別に「今後この可能性があるかも」という設定での話ではない。

どこに行っても住めば都なのだ。Nigelと息子くんがいれば、どこに行っても絶対に楽しいはずなのだ。
今度こういう話が出たらもっと楽しい想像が出てくるといいな。


[PR]
by who54211 | 2017-05-20 12:30 | 報告 | Comments(0)