タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

カテゴリ:報告( 685 )

英国

今朝の出来事。

突然Nigelが

「もしイギリスに帰ることになっても大丈夫?」

と聞いてきた。イギリスといっても、Nigelが生まれ育ったエクスターというところ。ロンドンではない。
なんでそう思ったのかは知らんのだが・・・。ワタシの口から出てきた言葉は、

「もしそうなるのなら、ワタシは日本に行くほうがいいと思う。ワタシも理学療法士できるし、Nigelも英語教師なら仕事いくらでもあるもん」

と結構きつく言ってしまった。どうもすごく嫌な顔をしていたようで

「怒らせるつもりはなかったし、別にUKに帰りたいわけじゃないんだよ」

と謝られた。

その後、息子くんといつもの散歩道を歩きながらずーっともやもや。
一体なんでワタシはあんなに嫌な言い方をしたんだろうか??

一つはここから離れたくないからなんだろうなーと思う。不動産や物価がいくら値上がりしようが、自分らしく生きることを教えてくれたバンクーバーが好きなんだと思う。
二つ目はたぶん、向こうのテリトリーで暮らすことへの不安。ワタシはまたそこで人間関係を築きなおす必要がある。
三つ目は「裏切られた!」という相手への不信感。

あなたはここでワタシと一緒に家庭を築くつもりだったんじゃないの?
ここが好きだ、ここで暮らしたいって言ったじゃない!!
一体ワタシは何のために移民権とったと思ってんの!!!

などなどなど・・・。でも会話中は

「エクスターで日本食材手に入るの??それがないなら絶対無理!!」

的なことを言っていた気がする。というかそれを言い訳に行きたくないことを主張してた。

Nigelは、今度開講するとある学校でのVFXのコースのコンサルをしていたのだが、そこからオンラインのアルバイトを頼まれたらしい。でも、彼の中では「VFXはもしかしたら自分が現役で働けるうちに仕事がなくなるかもしれない」と考えてるようだ。
彼が学生だった20年前にも「2010年にはVFXは干される」と言われ続けていたらしい。

そこからこの発想が出たのかどうかはわからないが、ほんと、口から出る言葉には気を付けようと心底思った。

誰よりも寛大でとても思慮深いNigelがワタシの意向を無視して勝手な行動をとることはまずない。
今日のこの会話も別に「今後この可能性があるかも」という設定での話ではない。

どこに行っても住めば都なのだ。Nigelと息子くんがいれば、どこに行っても絶対に楽しいはずなのだ。
今度こういう話が出たらもっと楽しい想像が出てくるといいな。


[PR]
by who54211 | 2017-05-20 12:30 | 報告 | Comments(0)

特別

昨日は母の日。
去年はNigelに「何が欲しい?」と聞かれたのだが、今年は聞かれなかったので、あぁ、用意しないのね、したら父の日もなんか好きなものをご飯にしてあげればいいか、とのんきに構えていたら、
f0129786_05353446.jpg
すっごいのキターーーーーーーーーー((´∀`))ケラケラ

「ブログ頑張ってほしいし、楽しそうに書いてるから」

とw。
ブログの記事を書くだけなら別にスマホでもタブレットでも書けるのだが、やはりセッティングとなるとパソコンがないと不便。
しかもコンサルの方とのやり取りもするとなるとパソコンのほうでキャプチャして送るほうが断然早いのだ。
ワタシが5年前に買ったラップトップは、電源が入らなくなってしまい(充電できなくなった)、使えなくなってしまい、Nigelのすごいハイスペックなデスクトップを借りていたのだが、Nigelがゲーム(XBOXだと容量がすぐいっぱいになるので、パソコンで今はやってる)やってたり、それこそNigelが自分のプロジェクト(仕事で使うソフトの使い方勉強したり)に取り組んでたら使えないでいたのだ。

持つべきものは、こうやって気を使ってくれる最愛のパートナーであるw。ほんとにありがとう。

しっかし5年も経つと、画面にタッチして操作はできるわ、容量も1000GBになってるわ、いろんなデバイスとコネクトして写真やらなんやらシェアできるわ、世の中便利になったのね…(すでに乗り遅れているアラフォー女子)。

基本的に持ち歩くわけではないので、結構大きめのA4サイズで重いものだが、フルキーボードなので使い勝手がいい。

f0129786_05354989.jpg
母の日だから、とワタシが行きたいとお願いして行った「Heirroom」のブランチ。ベジタリアンとビーガンメニューのレストランである。いつもここはサーブが遅いが、昨日はすごく遅くて、息子、ごはんの前にスナック食べないと持たなかった。
そのあとは親子でプール。去年、息子君の誕生日にもらったフロートセット(腕と腰につける浮袋みたいなやつ)を初めて装着。スイミングレッスンでは常に抱っこしてるのでつける機会がなかったのだ。

最初は嫌がってたが、流れるプールで流されてたら楽しくなってきたらしく、途中から手を握ってワタシもでっかいビート版みたいので浮きながら一緒に流されてると笑っていた。

そのあと浅いところで噴水でしっかり遊ばせて、疲労困憊させ、帰りの車中で寝落ちさせる。

昨日、やっとベッドを組み立ててもらい、息子くん、ご満悦。

母の日っていろいろプレゼントしてもらうのも確かにうれしいけど、やっぱり家族が元気で楽しそうにしてるのを見るのが一番だな、と思う。
そういえば住み込みで働いてた時に「いろいろプレゼントしてもらうよりも、孫連れてご飯食べに来てほしいわ」って雇用主さんが言ってたな。そんなもんなんだよね。


[PR]
by who54211 | 2017-05-16 05:19 | 報告 | Comments(0)

副菜

Akoさんのクッキングクラスで教わったきのこの時雨煮は、手で裂けるきのこならなんでもいけるようだ。これはジェミニきのこで作った。(レシピはヒラタケで作ってる)

f0129786_05495484.jpg

Akoさんの提案するお料理は、どれもこれも優しい味付けで、とても美味しい。
先月のレシピは、我が家でもよく登場。
f0129786_05543167.jpg
キャベツとパセリのコールスローは、Nigelも大好き❤

f0129786_05561381.jpg
ニラの醤油漬けは使いきれないニラの保存にも便利。
f0129786_05565592.jpg
うちでは肉団子に混ぜて、他の野菜と醤油とオイスターソースを少し足してみた。激ウマw。

ワタシの作る料理は、どうしても彩りが冴えないことが多い。Akoさんの作るお弁当は
f0129786_05584046.jpg
栄養のバランスがもちろん、見た目がとても美しい。

Akoさんのお料理教室に通うようになって、「あと一品!」作らなくても常備できる日が増えた。
おかげで、捨てる野菜が減り、冷蔵庫もスッキリしている。

あとは、ワタシが作っても、息子くんが食べてくれたら文句ないんだけどな。Akoさんのお弁当に入ってたら食べるのに、似てるもの作っても食べてくれないのはなんでかなぁ??

[PR]
by who54211 | 2017-05-11 05:47 | 報告 | Comments(0)

不要

息子くんにベッドを買ったので、クリブを片付けたのだが、二人目を考えて、処分せず保管するために、スペースが必要となり、ワタシたちのベッドの下に眠っていたものを処分。

Nigelとワタシの出番の来なくなった洋服は簡単に寄付できるので問題ない。

実は息子くんが自由に動けるようになって、ありとあらゆるものがワタシたちの寝室に押し寄せてしまい、寝室なのに倉庫のような有様になっている現在。「引越しまでは...」と引っ張り続けて来たが、クリブで一念発起。二人で

「とにかくここから出せるものは追い出そう」

ということで、Craigslistに「早いもの勝ち!取りに来てくれる方限定。タダで差し上げます」と載っけたら、

載せて2分でクラフトテーブルのお嫁入り先が決まり、30分でブリュワリーキットも嫁入り決定!

人間「無料」って言葉に弱いのねw。

新居では、とにかく「収納スペースにはいらないものは、持たない」生活をしたいワタシ。床や机、カウンターに置いちゃうから片付かないし、掃除しづらい。

1000スクエアフィート(約50畳)の新居。こういう時、パートナーも島国出身狭い住居に慣れててくれて良かった、と思うw。

日本で生まれ育ったワタシにしたら、北米の住居はすごく広いと思うが、北米で育った人にとっては、不動産高騰で500スクエアフィート(約25畳)の1LDKって狭く感じるらしい。ワタシとNigelはダブルベッドで十分だけど、こっちのメインベッドルームはクイーンもしくはキングサイズのベッドを置く人も珍しくない。500だとベッドしか置けない作りがほとんどだ。

さすがにそこまでではないにせよ、ウォークインクローゼットになるし、タンスは捨てる予定。鏡台は、バスルーム次第では売るつもり。何よりも買い換えたいのがソファ。真ん中が異様に沈み込むソファベッド、色はいいけど、大っ嫌いなのだ。

しかしそれでも多趣味なワタシたちはまだまだ物持ち。これからどうやって取捨選択して行くか、悩ましいけどたのしみでもある



[PR]
by who54211 | 2017-05-10 05:52 | 報告 | Comments(0)

熟考

昨日ほんとは書きたかったのだが、なぜか記事を書くボタンが消えていたエキサイトブログ。

昨日はバンクーバー素敵女子の一人、言葉の魔術師Aiさんの「愛ことば講座 Vol.2 愛されブログの作り方」だった。1回目の時に一緒に受講したHisaeさんとAiさんと一緒にStartSを運営しているKaoruさん、コーチングで起業を考えていらっしゃるMikikoさんとご一緒に。

もうね、前回も思ったんだけど、「書く」っていかに自分のことを知って、考えてあげて、表現していくか、ということ。

これがブログになると、読者を惹きつける必要がある。

自分もそうだが、基本、どんなに「読んでくださーい」と言ったところで、人はそう簡単には読んでくれない。
読者の3分間をどうやって口説くか?をブロガーとして常に頭に置いて文章を書く必要がある。

このブログは、日記として運営しているので、完全にワタシの自己満足のために書いているが、仕事としてコンサルに入ってもらってるブログは、ターゲットを絞り、ネットで見かけた時に「読みたい」「次気になる!」と思ってもらえるものに仕上げなければならない。

そうするためにはどうしたらいいのか?を

f0129786_05574459.jpg
ターゲットのこの子に聞いていくことで、書く内容を絞り込み、洗練していく。

ワタシは日記としてこのブログを長いこと書いてるけど、「読者ありき」のブログは本当に四苦八苦して書いている。簡潔かつ必要な情報を盛り込み、たった一つのトピックで、さらに自分の色をつけるって、想像していた以上に難しい。まずトピック一つっていうのが厳しい。あれもこれも書きたくなる。

でもね、その苦しみはあるけど、それ以上に伝えることで喜んでくれるかもしれない!って思うと楽しくなるのだ。それを思い出しために出されたAiさんからの宿題は、ワタシを原点に戻し、新しいエネルギーを注入してくれた。

誰でもブロガーになれる時代だからこそ、伝えたいことがあるなら、どんどん書くべきだ。「書かないことは、罪」と本田健さんは仰ったがその通りだと思う。世界中インターネットでつながる時代。自分のサロンをネット上で開いてみてはどうか?


[PR]
by who54211 | 2017-05-08 05:35 | 報告 | Comments(0)

季節

日本ではゴールデンウィークだが、カナダはなんの関係もないこどもの日の今日。

f0129786_02472040.jpg
端午の節句スペシャル朝ごはん🎏
柏餅風パンケーキは知立名物「大あんまき」を彷彿とさせる。あんこまで気まぐれで煮たワタシw。
りんごも「あーどっかにジャックオランタンのカービングキットあったはず」と思いつつ、見つからず四苦八苦して果物ナイフで。
中華おこわは、ほんとはお昼ごはんw。
春巻きの皮が見つからず(と言っても2軒で諦めたw)、兜は紙でヨシ。

完全に母の自己満足!!
息子、普通に切り刻んだパンケーキ🥞食べただけw。
いいの、作ってる間、楽しかったから。

海外で暮らしてると、こういう行事は自分で覚えておかないと抜けてしまう。日本ならテレビなんかでコマーシャル流れるし、鯉のぼり飾る家も出てくるから、分かりやすい。でも、海外にいるからこそ、日本的なことをしたくなるんだよねー

来年からは日本語幼稚園できっとリマインドさせてくれるだろうw(他力本願)。


[PR]
by who54211 | 2017-05-06 02:28 | 報告 | Comments(0)

熟睡

今朝、久しぶりに息子くんの寝言なきにも起こされず、Nigelと二人で自分たちのベッドで目覚めた。

なんて爽快な朝!!
人間、眠るってやっぱり大事!!

何が変わったのか?
それは

息子くんをクリブではなく、座椅子をフラットにしてそこで寝かしたのだ。

ワタシがまだ妊娠してた時にNigelと話し合った項目の一つが「添い寝する、しない」だった。
日本で生まれ育ったワタシは、小さい頃は家族で雑魚寝、実家を出るまで二段ベッドで眠っていた。
つまり、一人で眠る習慣は大学に入ってから。

Nigelも兄妹4人なので、似た環境ではあったようだが、ご両親の寝室は別だったそうで、親のベッドに潜り込んだことは記憶にないらしい。

で、やっぱり添い寝は反対され、ワタシが折れた。
でも新生児突然死の恐れがある生後半年までは、同室で寝る、という条件で。
これもワタシはどこでも眠れるので、息子くんの部屋でエアマットで寝るよーと言ったのに

「ちゃんとベッドで君は寝ないとダメ」

と反対された。結果、オムツ替え授乳は息子の部屋に移動、という面倒が起きた。二人目できたら、絶対シングルベッド買って、子供部屋で寝る!と心で誓っているワタシ。

今は、授乳、オムツ替えも夜はないし、寝返りも自由自在で突然死の危険が格段に減った。でも寝言泣きが続き、それで暴れてクリブの柵にぶつかり、起きる、なんてことも頻繁。うちの息子、でかいしね。

そうなると「抱っこ」をせがむ。でも夜中2時3時に抱っこして寝かしつけるのって、キツイ。

で、必殺座椅子で添い寝。
くっついたまま一緒に横になってるといつの間にか寝てる。温もりが欲しいんだろうね。

...が、うちの息子くんはでかいので、ワタシはともかく、Nigelには座椅子だとスペースがないらしく、辛いので、引っ越しまで待ちたかったけど、ベッドを買うことにした。

最近は欧米でも添い寝する親が増えて来たようだ。バンクーバーでは、住宅のレントが上がって子供部屋を用意できない家庭も多いので、やりたくてそうしてる人だけではないと思うが。
Nigelのお兄さんも妹さんも子供と添い寝してるそうで、Nigelのご両親からするとびっくりなんだそうで。

昨日は息子くん自ら、寝付くときに座椅子を指差して「抱っこ」と言ってたので、クリブ狭いのかもなーと思っている。座椅子も広くはないけど、ぶつかる心配ないもんね。

まぁ今晩、Nigelが寝かしつけるときなんて言うかな。

今はお昼寝中。クリブで微動だにせず眠ってるが、子供は眠ってる間に動き回って自己矯正すると言う。寝相が悪いのは自分で身体の調整ができてる証拠だと思って、やっぱりのびのび眠るスペースをあげつぃ


[PR]
by who54211 | 2017-05-05 06:17 | 報告 | Comments(0)

久々

先週お休みだったリトミックは、今月から日本人ボランティア団体、隣組さんのスペースで行われることに。
リサさんのリトミックについてはここからどうぞ。

実はここ2日、昼寝しなかった息子くん。
でも午後も上機嫌に遊んでたし、夜もすんなり眠って(夜中の寝言なき、たまに夜泣きはあった)たので、

「2歳前なのにすでに昼寝卒業?!」

かと思ってたら、今日は帰りの車で寝てそのまままだ寝てる。昼寝復活万歳🙌

昨日一昨日と、絶対身体は疲れてるから、と30分以上奮闘して寝なかった息子くんをおんぶしてとにかく身体だけでも休ませようと心がけた。英語で言うダウンタイムってやつである。ガールガイドでは「BOB タイム」という。「Bum On Bed」「お尻をベッドに」の略。

小学校低学年くらいまでは、こういう時間がないと体力もたない子も結構いる。ある程度大きくなったら、「ベッドで本読んでてー」で済むけど、今は無理なので、おんぶ。

昨夜は夜泣きもしてたし、きっと寝不足だったんだろう。

さて、ご心配をかけた胃痛だが、ナーンと不思議に消えてしまった。

生理が始まった途端、嘘のようにスッキリと。

そういえば、10年以上前に、生理前になると喉から出血してたっけ?その時お医者さんに言われたのが

「ごく稀にだけど、生理周期に合わせて、弱ってる部分から出血する人もいる」

とのことだった。

女性は子宮が大きく心身に影響する。はるちゃんのいう「体内にあるお宮」は、やはり神を宿していると本気で思う。

生理や出産は、デトックスのチャンスでもある。だからこそ、悪いところはより痛み、この機会を逃すかとばかりに訴えて来てるような気がする。

なので、一応医者のアポイントはキープしておこうと思っている。

痛みや身体の辛さは、自分を大切にするための大切なサインだ。ここで無視したら、ワタシに失礼だし、子宮にいる神様を足蹴にしてるようなものだ。

とはいえ、やっぱり胃が快適でスッキリ食べられるのは最高!コーヒーも気兼ねなく飲めるのが嬉しい。こういう何気ない「いつものこと」を倍に喜ぶために体調不良はたまにやってくるのかもな。

日々の「嬉しい」当たり前に感謝。



[PR]
by who54211 | 2017-05-04 05:50 | 報告 | Comments(0)

珈琲

2日続けての胃痛だったので、Nigelが心配して

「医者を予約しろ。明日もひどかったらウォークインに行け」

と言うので、予約。
今朝は少しシクシクするけど、昨日の夕方に比べたらすごく楽になった。

今日はNigelの誕生日で、ボードゲームパブに行くのに、飲めない😢
今朝毎朝のコーヒーも飲まず。今お茶飲んでるけど、大丈夫だな。

バレンタインの時にも胃痙攣を起こしたから、潰瘍かもなぁ。

f0129786_06303950.jpg
晩御飯を作らなくていいので、息子くん寝てる間にそそくさと出した。
毎年Nigelの誕生日に出すことにしよう。


[PR]
by who54211 | 2017-04-28 06:18 | 報告 | Comments(0)

拡散

昨日、子育て談義に行く前に息子くんをウォークインクリニックへ連れて行った。

先週から、お股に赤い部分ができて、オムツかぶれと思い、亜鉛の入ったオムツかぶれ用の軟膏を塗っていたのだが、一向に治らず、ちんちんやたまたまにもブツブツが広がっていったので、カンジダを疑ったのだ。

かかりつけのお医者さんは名医だが、いかんせん予約が3週先まで埋まってるので、ウォークインへ。

うちから一番近くのとこに行ったが、もう二度と行かない!
お医者さんはいい人だったが、受付最悪。朝一で行ったのに1時間以上待たされたし、対応冷たすぎ。
うちの息子、よくもまぁ1時間以上耐えたわ。偉かったね。

で、診断は

「あらーかわいそうに、オムツかぶれね」

だそうで。
必死に亜鉛の軟膏塗って治らなかったのに??

処方された薬をもらいに行ったら薬剤師さんに

「抗真菌剤が入ってます」

...やっぱりカンジダ皮膚炎じゃん!最初からそう言ってよ!

さてこのオムツかぶれ、普段ならひどい時にココナツオイルにヤングリビングの精油混ぜて塗ったりもするのだが、さすがにシーブス混ぜてお股はなーとやらなかったのだ。殺菌作用のあるシーブスなら一発だろうけど、赤ちゃん、しかもお股にあの刺激はいくら薄めてても怖くてできず。足の裏には塗ってたけど、直塗りには勝てないよな。

処方された薬の効き目は絶大で、今日1日でだいぶ赤みが引き、ブツブツも減った。
本人別に痛くもかゆくもないのか、お股出すと、ちんちん突っ込むことしかしてないしw。

早く治りますように。


ワタシも不調
[PR]
by who54211 | 2017-04-27 13:03 | 報告 | Comments(0)