タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

カテゴリ:人間( 461 )

意欲

f0129786_13551174.jpg

毎度おなじみ、アロマージュSaki先生の香りの宮殿♡
f0129786_13552536.jpg
今日も素敵なおやつとともに。

本日は「アロマ初級」講座。ワタシは結構長いこと「受けたい」とお願いしてたんだが、なかなか開講されず、やっと今日開講!!
教室での講座の前に、動画の予習学習があったのだが・・・。

ヤングリビングのアロマオイルをお使いの人はよくお分かりだと思うが、ヤングリビングには「シングル(その植物単独で作られたオイル。ラベンダー、レモン、イランイランなど)」と「ブレンド(シングルオイルを独特の製法で組み合わせて作られたオイル)」があるのだが、どうしてもブレンドオイルの名前がとても素敵でわかりやすいので、ブレンドオイルに走り勝ちなのだ(ちなみにワタシが一番最初に感動した「ジェントルベイビー」もブレンドオイル)。ブレンドオイルは確かにいい、でもお値段もすごかったりする。しかもカナダでは手に入らなかったりもする(アメリカのサイトから購入することは可能)。

でもね、どの動画予習で勉強してるとね、「っていうかシングルオイル、しかもお手頃で欠品しにくい精油で組み合わせたらいいじゃーん」っていう新発見がたくさんあった。
初級で学ぶオイルは、ベルガモット、イランイラン、ラベンダー、ペパーミント、オレンジ、ローズマリー、ユーカリ、ゼラニウム、レモン、ティーツリーの10本。ワタシの手元になかったベルガモットとゼラニウム以外は香りを嗅ぎながら動画学習。もう聞けば聞くほど、使いたくなる!!!

今日の教室での講座では、もう少し「アロマセラピスト」として、オイルをどう紹介するか、この10本以外のオイルとのお勧め組み合わせ、セラピストとして「ひけらかすべき知識の覚え方」をアロマージュスタイルで教わる。
毎度のことだけど、大爆笑のクラスであるw。おかげ様で酢酸ベンジルとかユーカリとティーツリーはフトモモ科とか、ベルガプテンが光毒性の元だとかをすらすらいえるようにw。

その後は生徒同士で「オイルコンサルタント」の練習。今回は「ヤングリビングの精油初めて」というNanamiさんとペアで行わせてもらった。

このコンサルの練習で得たものはすごく大きかった。

実はワタシ、27日土曜日に行われる
このイベント、すっごく憂鬱だったのだ。
ワタシの中でアロマは、ワタシを癒してくれるものであり、アロマージュの講座をお金払って受けるのもSaki先生のセッションを直接受けられるからであって、セラピストとして何かしたいからではないのだ。
でもこのイベントでは、「セラピスト」として参加することになっていて、「え?ワタシ、むしろ客で行きたいんですが??」と心の中で何度となくつぶやき、当日家族のだれかを病気に仕立てて欠席しようかと思うほど、セラピストをしたくなかったのだ。
今日のクラスでもSaki先生が初めて受講されるNanamiさんとMiyukiさんのMTを取ってバスソルトを作ってるとき、Mayumiさんに「私で練習しとく??」と言われたけど、「ううん、やめとく」といったくらい、ほんとにやりたくなかったのだ。

でもね、Nanamiさんとコンサルの練習してるときに、出てくるわ出てくるわすらすらとこじつけがw。
Saki先生もおっしゃったのが

「90%は精油がお仕事してくれるから、残りの10%、ふたを開けたり、運ぶのをやってあげればいいのよ」

そうだよ、ワタシ、全然労力要してないじゃーん。

何を怖がっていたんだろうか??そうだよ、いい香りを作って楽しんでもらえばいいんだよ、ということに気づかされた。
大体ヤングリビングの精油使って嫌な香りになるわけがない。というかなったらなったで別の精油を混ぜたらいいし。

あーんなに行きたくなかったけど、今はとっても楽しみになってきた。

そして今日もバスソルトのアロマリーディングでしっかり泣かせてもらった。ワタシは受けてないのだが、ほかの人が受けてても、それが「え?ワタシのことですか??」というくらい、すっと心に入ってくるのだ。

そーんなアロマリーディングを受けるチャンスもあるこのアロマフェア。ご予約のお客様のみの最大特典!!
27日、「香りのアフタヌーンティー」、ぜひとも香りを楽しみに来ていただきたい。


[PR]
by who54211 | 2017-05-22 13:54 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

英断¥

ワタシは今日の自分をほめてあげようと思っている。

悪い癖で、他人にススメられたり、お願いされたりすると、ついつい無理してやろうとしてしまうのだ。

でも、今日はきちんと「お断り」をした。

とても素敵な方に、「隙間時間でできるお仕事」を紹介されたのだ。
そっかー、これなら息子くんとの時間の合間にできるかも・・・とかお話を聞いてるときは、思った。
真剣にやってみようと考えいたのだが・・・。

その話の最中に、息子くんの夜泣きが始まり、Nigelが対応してくれたのだけど、どうも泣き止まない。「ママ、ママ」言ってる。

お話も終わりかけていたので、Nigelと交代して、息子くんと添い寝する。
昨日は珍しく、息子くん、ちょっとでも離れると起きてしまい、結局そのまま息子くんと寝る(いつもはちゃんと自分のベッドに寝て、夜中泣いたら移動する)。

くっついて離れない息子くんを見てて、思ったのだ。

「あぁ、この子はワタシにこの仕事向いてない、って教えたかったのかもな」

と。
息子くんが生まれて、数週間でワタシが断ち切ったもののの一つに「スマホのゲーム」がある。

この手のゲームって、いわゆる「隙間時間」にやるものだとワタシは思ってるし、結構楽しんでやってたんだけど、だいぶ大きくなったとはいえ、息子くんと一緒にいる間にゲームはできない。ちょっと一人で遊んでくれてたら、その間に家事をして家の中を整えて置きたいし、息子くんの記録も書きたい。眠ってる間はそれこそ料理と始めたばかりのブログをもっと書きたい。

そうやって考えたら、「隙間時間」というものがワタシには基本的に存在しない。

それでも以前のワタシなら、断り切れなかっただろうな、と思う。

少し振り返ってみると、家の外で起きているいろんな仕事や役割は、ワタシではなくてもいくらでも代わりがいるということ。
ま、家の中のことですら、うちはお掃除を二週間に一度、Akoさんのお弁当と晩御飯のデリバリーを週に一度お願いしてるくらい、「ワタシじゃなくても」大丈夫なのである。

だったら、別にやりたくないこと、できないことを引き受けなくたっていいのだ。
(たまにやりたくてやってみて、できなくてご迷惑をかけることもあるがw)。

・・・ということで、息子くんがお昼寝したタイミングで、お断りのメッセージを送ったら案の定

「じゃ、またなんかいいのがあったら紹介しますね」

で終わった。そんなもんである。
逆に言えば、断ったくらいでしつこく食い下がってきたり、キレられるような人だったら、それはそれで人間関係の整理ができていい。
お断りした時の対応って人間の本性出るかもw。

ということでこれからも「できない」「やりたくない」ことはどんどん断って、「やりたい」ことに集中していこうと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-17 05:58 | 人間 | Comments(0)

彷彿

f0129786_14304807.jpg
この花の名前を先に知っていたワタシ。

ハナミズキである。実は名前は長島温泉のホテルの名前で知ったので、30年以上も前。
でも実際に花を見たのは、カナダで住み込みヘルパーを始めてから。そしてその時はこれが「ハナミズキ」だと知らなかった。

どうしてこの花が「ハナミズキ」だと分かったのか覚えてがいない。
でも、ワタシにとって「ハナミズキ」は、母の日を思い起こす花。

-母の日になれば、ミズキの葉を送ってください-

一青窈さんの「ハナミズキ」の一節。
今調べたら、この歌詞は「9/11」のテロを思って書かれた歌詞だそうだ。この前
f0129786_14364220.jpg
f0129786_14365609.jpg
このハナミズキの写真を撮ってる時にNigelに「この歌お父さんが娘を思って歌ってるような気がする」って説明したんだけど、ほんとにそうだったのね。

花言葉は「返礼」。日本から桜を贈ったお礼に届けられたのがこの木だったそうだ。

この花言葉こそ母の日にぴったりだと思う。

お母さん、ワタシはあなたの娘で幸せだよ、ありがとう。いっぱい愛してくれてありがとう。言葉にできないくらいありがとう。

母になって二度目の母の日だが、受け取るよりももっともっと返してあげたいと心から思う。

全てのお母さんが微笑む日でありますように。そしてそれがずっとくりかえしていきますように。






[PR]
by who54211 | 2017-05-14 14:30 | 人間 | Comments(0)

信頼

おちさぎりさん主催の「ママのため」の座談会。二回目の昨日はパートナーシップについて。

今回は開始時間がバンクーバー時間で夜の9時。前回は大興奮して夜寝付けなかったけど、今回も、大盛り上がり。

さぎりさんの最初の質問は

「今のパートナーとの関係に100%満足してますか?」

だった。5人の参加者のなかですっと手が上がったのはたった一人。
ちなみにワタシではない。ワタシとNigelの関係が100%満足になることはワタシのなかでは絶対にない。

それは「言葉の壁」があるからだ。

同じ言語を話していたとしても、通じ合えないことも多々あると思うが、時々「あぁ、日本語分かってくれてたらもうちょっと突っ込んで話せるのに」と思うことがあるからだ。まぁわからないからいい、ってこともあるけどね。

さぎりさんはこのパートナーシップについての座談会をオフラインでも行ったそうで、女性陣は「今度はパートナーもつれてきてやろうよ」と盛り上がったそうだが、その話を旦那さんに振ったら

「え?マジで?!」

という反応だったらしいw。

そう、男性と女性では言葉の受け取り方、やり取りの楽しみ方が違うのだ。

だからこそ、お互いのことを大切に思い、行動したいのであれば、その違いを知ったうえで楽しめないといい関係は作れない。お互いにある程度大人になってから知り合ってパートナーとしてやっていくということは、「違う人間」と一緒に生活をするということ。つまり、自分の価値観とは全く違うものを持った人と生活することであり、バイオリズムも違えば、習慣も違う。そんな人と生活全般をすり合わせて生活していくのだ。そりゃ、予定が相手のせいで変わることも多々あるし、「え?聞いてないし!!」もよくあることだが、それすらも楽しめる関係になるのが理想かな。だって、好きで一緒にいるんだしね。

ワタシはありがたいことにほんとにNigelがよくできた男性なので、好き勝手やらせてもらってるけど、不満がないわけではない。
でも、やってくれてることがそれ以上にありがたいから、「文句」としては言葉が出てこない。

「こうしてくれるともっと助かる」「これもちょっとお願いしていい?」「やってくれてありがとう」

これはNigelがワタシに言ってくれる言葉でもある。「ごはんおいしかった」「洗濯してくれてありがとう」「(息子は)毎日洗濯された服を着て、ご飯食べて、お風呂に入ってる。君はよくやってるよ、すごいね」

以前のワタシならば、この言葉を素直に受け入れることはできなかっただろう。自分の価値を見いだせていなかったから。

自分の価値を見出すことは、相手の価値を見出すことでもある。
愛することは信じること、信じられないから、嫉妬が起き、妬み、関係に亀裂が生じる。これは全部自分で招いていることだ。

この座談会通して思ったのは、相手の価値基準をどれだけきちんと読み取り、それに寄り添えるのかが、パートナーシップのカギなんだな、ということ。日本のお父さんは、やっぱりまだまだいいロールモデルが少ないのもあり、お母さんの負担が大きい家庭がたくさんある。だからこそ、相手の価値基準を尊重することで時分の価値基準も大事にしてもらえるようになれば、もっといい関係を築いていけるんじゃないかなと思う。

自分が満たされると周りも満たされていくことをお母さんはもっと知ったらいい。
与えるだけじゃなくて、もっともらっていいのだ。もらうことで与えることができるのだから。それがいい人間関係を築くための基礎なんだな、と再確認できた座談会。

さぎりさんのこのイベントは毎月「子育て」と「パートナーシップ」に焦点を絞って開催中なので、興味のある方はぜひ参加してほしい。ワタシのように専業主婦の人がもっと参加してくれないかなとちょっと思う。







[PR]
by who54211 | 2017-05-12 13:36 | 人間 | Comments(0)