「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

蒼痣

カッピングという治療法がある。漢方の世界では吸い玉というのだ。



とあるエステサロンでそのカッピングを体験したのだ。
ここのサロンでは、丸いやつもあるのだが、八角形で真ん中にツボを押すという棒が入ったものを使ってやってくれた。

これは一時的に血の流れを止めて逆作用を使って(ほらホースとか踏んづけておいて急に離すとどばっと水が流れるでしょ?)、血行をよくするというものである。

そんで、うっ血の程度によって出てくる痕の残りかたが違うのだそうだ。

よい血流の場合→赤く綺麗になる。
悪い血流の場合→紫になる。
さらに悪い血流の場合→色が変わらない(肌色のまま)。

に変化するんだって!!

で、ワタシの場合↓↓↓↓

f0129786_2012091.jpg


あまりよろしくないらしい・・・。

で、この状態を漢方の知識豊富なマッサージくんに話したところ

「(背中の一部を見て)あ~すごいですねぇ・・・。でもまあ、元に戻りますから。ほら、キスマークみたいなもんだし・・・」

あ~まぁ原理は一緒よね。

じゃ~背中一面そういうことをされたってことにしようかな、と提案してみると

「いや、ここまで広範囲だとさすがに違うこと想像されますよ」

・・・・・・・・・・・そらそうだ。

もう綺麗になってしまったが、なかなか気持ちいいもんだったのでまたやろうかな。
[PR]
by who54211 | 2007-03-30 20:25 | 趣味 | Comments(5)

魅力

少し遅めの誕生日プレゼントをいただいたのだ。

f0129786_22281553.jpg


ドレッシングとオムレツクッカー、そしておまもりをもらったのだが、その道具達で作った傑作である。プレゼントをくれたお友達の理想に近づけたかしら???あ、皿が小さかったか。

ドレッシングのビンは現在スイートピーがささってます。春の花ですな。花言葉は「旅立ち」。
だから卒業生にはスイートピーを送ることが多いのだ。と昔花やさんに聞いた。

スイートピーって言えば「赤いスイートピー」by松田聖子よねw。


f0129786_22283378.jpg


これはサンクスののぼりを見てついつい買っちゃったのだ。
もんみやっていうと宇都宮中心のタウン誌だ。どうやらリニューアルしたらしいね。見てないけど。
それとのコラボ弁当のようなのだが・・・。

f0129786_22284771.jpg


感想:オムレツクッカーで作った自分の料理のほうがおいしいかも・・・。

きちんとした食生活を送れるように精進せねば・・・。がんばろう、家庭科。
[PR]
by who54211 | 2007-03-29 22:37 | 関心 | Comments(5)

密告

実はここ二日ばかりあまりよく眠れていない。ゴハンも食べてはいるけど食べた気がしなかった。

二箇所行っている病院のうちの一つに解雇されたのだ。
しかも、月曜に言われて、今日辞めろと。

ワタシの勤務態度に問題があったわけではない(と思う)。
ほかの職員や患者、患者さんの家族と大きなトラブルを起こしたわけでもない(と思う)。
正当な解雇理由が見当たらないのだ。

解雇理由は「医療法人に常勤の理学療法士と言語聴覚士が入職するから」。
連絡が遅れたのは「入職が決まったのが月曜日だったから」。

それって解雇理由になるんだろうか?

ワタシがこの病院に勤めるときに「常勤職員が入ったら即辞職」とか、「年度末に切り替え」なんていわれてない。
確かに契約書そのものはいい加減なものだったが、きちんと労働していたはずだ。

正職員には一ヶ月前に解雇勧告をしなくてはいけないが、非常勤にはない。と経営者は言っていたが、勤務形態は関係ないはずだろ。こんな形で切られたのははじめてだ。

何よりも問題なのが、実際にワタシと一緒に働いているリハビリ室のスタッフはこの事実を今日の今日まで知らず、来週からどのように患者さんを診るのか全くメドが立っていないのだ。法人に入職した正職員も、しばらくは施設のほうで手一杯だろうし、病院まで手が回るかどうかは疑問だ。

ほかの非常勤の職員にも事情はまったく説明されておらず、勝手に経営者のほうで皮算用して「この人にはこの曜日に移ってもらう」とか「こっちの施設からは撤退してもらう」と当人がいないところで決めてしまっているのだ。

非常勤だからって粗雑に扱ってもいいわけない。
まして狭いリハビリ専門職の世界。ウワサなんてあっというまに広がる。今後この法人で常勤の専門職がいなくなって非常勤に頼らざるを得ないとき、援助を得にくくなる可能性が高い。

ワタシの勤務形態でいいって言ったのにな・・・。

ま~労働基準局には相談してみようと思っている。いまでも納得してないんだが、どなたか納得のいく理由を教えていただけるだろうか?
[PR]
by who54211 | 2007-03-28 21:06 | 仕事 | Comments(7)

滑稽

病院で防災訓練があったのだ。

これって消防法に定められてるもので、年に2回はしなくちゃいけないんだそうだ。
そう、推奨でなくて、義務。

職員は全く持ってやる気なし。
今回は消防署の職員も来てないから余計無気力だ。

しかもだな、この防災訓練、訓練の意味を成していないのだ。

まず10分前に「今日○○時ごろ、防災訓練を行います」と放送が入る。そしてしつこく5分前にも同様の放送が入る。この時点で職員で防災委員になってるヒトは火元になるところに集合。
しかも出火場所を前もって知らせてある。防災委員以外は参加する気なし。

さらに火元にあたる厨房で働いている職員は訓練することは知っているが、段取りを心得ていない・・・。この時点で実際に火が出たときの指示を知らないのはおかしい。

前の訓練で一度マッサージくんがちゃんとした出火の知らせの放送を聞いてから出火場所に赴くと、すでにほとんどの職員が玄関前に移動していたらしい・・・。

それで「集合まで2分!よくできました」だと???あほだろ。

その後絶対患者は死んでしまうと思ったのは役割分担が個人名で指定されていることだ。
仕事のシフトは看護師や介護さんはころころ変わるのに、その場に担当の個人がいなかったらどうするんだよ・・・。しかも患者搬送の方法の基本であるシーツ簀巻き(シーツで階段を下りられるように足元に枕を入れて、患者さんの肩あたりに持ち手を作りながら筒状にくるむ方法)をみんな知らない。実際に火事起きたら本来なら二人が簀巻きを作って回って、後は搬送と人員確認をしなくちゃいけないのだ。

やるだけ無駄じゃん・・・。大丈夫なのかあんなんで・・・。消防署は今回来てなかったけど毎回なにを注意してるんだろう・・・。

***************

mixiの「恋愛しません・できません」というコミュニティに入っている。
これは実際今のところ恋愛をしてないから入っただけなんだが、ここのスレッドに書き込んでくる人間って基本何かが歪んでいる。そしてそこがおもしろいこともあるがゲンナリすることもある。

今、盛り上がっているトピックが「条件が厳しすぎて恋人や結婚相手が見つけられない」というものなんだが、その条件というのが

「独占欲が強いので、自分以外の男と接触、手をつなぐキス、セックスをしてないこと。男友達はいないこと。

以上の条件が譲れないのでなかなか相手が見つからない。」

逆に言うけど、そんな人って魅力的か???
この条件はどうやら付き合ってるもしくは結婚している間だけではなくて、自分と知り合う以前から、というものらしいのだ。つまり清くて男性なんて怖くて近寄れない、お父さんともお兄ちゃんとも弟ともしゃべらない人ってことだろ?いないだろ、そんなん・・・。学校の先生とかでもダメなのかしらね~?
圧倒的多数を占める男性警官や医者にも物事相談できないのね。

ま~このトピックはちょっと極端だが、なんだかほかのトピックを見ていても「自分は悪くない、おかしくない。相手や社会の考え方がおかしいんだ!」という感じで意見を書いてる人が多い傾向にある。

人間関係、特に恋愛にあっては相手がいてからこそ成り立つものである。
パートナーシップが存在する以上、関係がおかしくなったときは、どちらかだけが悪いということはありえないのだ。

よくあるコメントに「体だけ求められた」とか「二股平気でかけられた」みたいな内容のことがあるのだが、そこで自分に見る目がなかった・・・という風には思考が向いていかないらしい。

さらにいままでいわゆる男女交際をしたことがないのは、「周りに見る目がないからだ」とくるか、「どうせ○○だから・・・」と投げやりでどうにかしようという気力を感じられないことが多い。

生活していくうえでは人間同士の関わりっていうのは切りたくても切れないものなんだけども、それを分かった上で発言してるんだろうか・・・。ヒトリで生き抜くなんて出来るわけないのに。

つらい経験をしたからこそ、そこからどうしたらいいか学ぶべきだと思う。一時的に逃避することを責めるつもりはないし、そうやって考えないことも必要だと思うが、結局そこに立ち返らなければ何も変わらない。

いい恋愛、いい関係を築きたいものだ。
[PR]
by who54211 | 2007-03-27 20:49 | 人間 | Comments(3)

参加

お友達のお店のコミュニティがmixiにできたからよろしくね、とメッセージが来たのだ。

で、朝からPCつけてコミュに入るべ、ともう一度メッセージを読み直す。

なぜか最後の「ヨロシクね」がローマ字。
そしてコミュのURLは添付されてない。

あららん、しょうがないわね~とお店の名前をカタカナで入力して検索をかけてみる。

・・・・・ヒットしない・・・・。

あ~そうか、あそこのお店ってアルファベットが正式名称だっけか。と思い返してみるのだが・・・。

・・・・・・・・つ、つづりがわからん・・・・・(←馬鹿)。

仕方ないのでメッセージを送ってきてくれた本人のプロフィールを覗いて、そこからコミュニティに潜入。無事に登録完了。

ふ~やれやれ。

そういえば、このメッセージの送り主、ワタシの日記が外部ブログになってからコメント書けなくなった、って言ってたな。

エキサイトブログのコメントは別にURLやメールアドレスは入れなくてもいいのだ。名前とコメント、そして重要なのは削除するときに必要なパスワードである。これは別に一文字でもいいのでなんか入れておけばいいのだ。忘れてもいいようにコメントは後悔しない内容にしておけばいいだけなのだ。

・・・って書いても多分、「わかんない」って言われそう・・・。

そう、この送り主さん、相当なメカ音痴さんらしい。(だからURLも添付してなかったんだと思う)

いつの日かカレがコメントできることを願って。
[PR]
by who54211 | 2007-03-26 20:45 | 人間 | Comments(2)

能登

最近毎週のようにボウリングに行っている。詳細についてはまた後日UPする予定。

そんで昨日も昨日で深夜ボウリングにいそしんだわけである。
で、明け方帰ってきて、テレビをつけっぱなしにしてトロトロとまどろんでいったのだ。

突然画面と音声が切り替わったせいで目が覚めて、テレビに目をやると地震速報だった。

ふ~ん、またか~、と眠気に勝てなかった私はそのまままた眠りに落ちていった・・・。
そのときに気がつけばよかった。放送が切り替わるほどの地震だったということに。

しばらくしてしっかり寝て、起きるとテレビの画面は小さくなって外枠に地震速報がずっと出ている・・・。

結構な被害状況のようだ。
で、重大なことに気がついた。

「ここってお義兄さんの地元じゃん!!(姉夫婦は滋賀に住んでるのだが)」

慌てて母に連絡すると恐ろしいことに「まだ連絡ついてないのよ・・・」。

おいおいおいおい・・・。

一時間ほどしたら母から電話が入った。

「食器棚が倒れたくらいで大丈夫だったみたいよ」

あ~そうか~よかった。

自分の身内が無事だったとはいえ、被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げる。
そして早い復興をお祈りする。

電車は復旧したようだが、道路の被害がひどいらしく、潰れたお寺の写真なんかがネット上では流れていた。

上越地震の記憶も新しいのに、またしても北陸エリアに被害があったなんて・・・。
地震大国日本、対策や復旧活動に対する支援はまだまだだと思う今日この頃。
これから桜が咲くのに・・・。無事に新学期を迎えられるといいな。
[PR]
by who54211 | 2007-03-25 17:53 | 記事 | Comments(4)

無礼

お礼奉公という言葉をご存知だろうか?

医療系の学校、特に看護学校ではよく聞く言葉なのだが、学校を卒業した後、しばらく学校の関連の病院に勤めることである。学費が低料金だが納めてるのに、どうなんだろう・・・ということが学生のころ参加していた「医学生ゼミナール」っつう団体のなかで問題になっていた。今でもあるのかしら?准看護師の地位が低迷しつつあるので(今は正看護師を取るのが当たり前になりつつあるから)、病院が経営する学校も減少してるから大分減ったんだとは思うんのだが・・・。

この場合、問題なのは病院側が「奨学金として」提供します、と提言していないことである。
ちょっと調べてみたが、労働基準法としては、これで勤めなかったからといって法律的には違反にはならないらしい。

お礼奉公とは違うのだが、自治医大に入学するお医者さまの卵は、卒業しインターンを終了すると、地元の医療過疎地に赴いて何年間か仕事につかなくてはならない。これは各自治体が医者を育てるために奨学金を出しているという考え方に基づくからだ。なので自治医大にいる医学生の皆さんは、ドロップアウトをした時点でも学費を返納しなければいけないらしい。

ワタシが学生のころももちろん奨学金というものがあった。
リハビリテーションの専門家(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が足らないと叫ばれて久しいが、養成学校に入るとき、病院や自治体から奨学金を出してくれることもあるのだ。この場合、その自治体にある施設や病院、もしくは奨学金を出してくれている法人の職場に就職するというのが前提条件になっていることが多い。あんまりほかの学部にはないのかしら???もちろん育英会みたいに普通に返納するタイプのものもあった。

幸か不幸か、ワタシは奨学金を受け取ることはなかった。

さて、なんで長々奨学金の話題をしたのかというと、ワタシが勤める病院の関連施設に、その奨学金をもらっていた理学療法士がいたのだが、どうやら20日付けで辞職したらしい。別に辞める分には構ったことはないのだが、この理学療法士は正職員で働いていたはずなのに、無断欠勤はするわ、「水曜と金曜は練習だから来ません」と突然断言するわ、意味不明なことでほかの職員と喧嘩するわの問題児だった。

どの程度の奨学金を法人が出していたのかは知らないけれど、やつはクビではなく依願退職したのだ。

そして奨学金はどうするのか不明・・・。上の人々もこういう事態になるとは思ってなかったらしい。
しかもコイツ、そんなことしておきながら、「じゃ~非常勤で来ますよ」とか言ってるとか言わないとか・・・。

施設側としては、正職員として名前だけでもあったから良かったのだ。(加算が取れるので儲かるのだよ)
そんな輩なんか非常勤で来てもらったって迷惑なだけなのだ。
35歳にもなってそういう空気も読めないのだろうか???

頭にきたのは、もう一箇所ワタシが言ってる病院にも「非常勤で雇ってくれませんか?」と言って来たことだ。思いっきり「ワタシは採用に反対です」と事務のヒトに言ってしまった。無断欠勤が続くだけで仕事をする上では非常に扱いづらい。

ワタシの中ではこういうヒトってどの仕事してもどうにもならないと思う。理学療法士としてどうだったのかは施設から病院に戻ってくる患者さんを診ていれば分かる。

やだな~、一緒に働くことになったら・・・。
[PR]
by who54211 | 2007-03-24 16:56 | 仕事 | Comments(3)

壁紙

昨日東京からこっちに戻ってくるお友達に会いに、七扉に昨日いた。
カレは時々戻ってくるのだが、会うたびにどうも痩せていっている・・・。だめだよ~、ちゃんと食べないと。昨日はしこたま食べていたようだが。

また帰ってくるときは連絡ちょうだいね。

さて。
そのときに別のお友達に言われたのだ。

「どうしてブログのスキンがう○こなんですか??」

ま~何人かのヒトにはコメントで指摘されたのだが・・・。

理由は一つ、「ほかにおもしろいのが見つからなかったから」だ。

もしかしたら見落としてるかもしれない・・・と思って今日、もう一度見直していたときに気がついた。

このう○こ、カラーバリエーションがあるのだ!!
しかも、色に合わせて微妙に右上のキャラが変わるのだ!!

うひゃ~、アソビ心効いてるね、う○こ!!

で、ピンクにしてみたのだ。
女の子う○こ。

かわいい??

*お食事してる方、ごめんなさい!!*
[PR]
by who54211 | 2007-03-23 21:16 | 趣味 | Comments(5)

成長

水曜日なので映画を見てきたのだ。

「アンフェア」と「バッテリー」。
感想についてはmixi上でのレビューを参照にしておくれ。

映画もドラマも俳優ではなく、話がおもしろそうかどうかで見るかどうかを決めることが多い。
ただ、ドラマはともかく、最近の映画は洋画も邦画も予告と本編、まったく違う話のような印象を受けることが多いような気がする。ワタシだけか?昨日見たデジャヴなんてテレビCMとまったく違う話だったがなぁ・・・。

俳優で選ばないとはいえ、自分のテイストに合う作品に出てる役者さんは似たりよったりになることも多い。同じ監督やプロデューサーと組むことが多いからなんだろうな。

ま~そういう意味ではデンゼル・ワシントンとかアダム・サンドラーとかジョニー・デップの映画は見てるかもしれん。
だからファンなのか?と聞かれると好きな俳優ではあるが、出てる全部の作品を見ているわけではないのでファンとは呼べないな。

アンフェアを見に行ったのは、篠原涼子が好きだからかもしれない。ドラマシリーズも全部見ていたが、彼女の演技力ってとても伸びたと思う。東京パフォーマンスドール→小室ファミリー→現在に至るまで見てるが、今の彼女はほんとに素敵だと思う。

同じ意味でよくなったなぁと思うのは釈由美子。昔、グラドルだったころって「???」って感じだったのだが(何言ってるのかよく分からなかった)、最近の彼女のCMやドラマでの演技はハバが広くなったような気がする。彼女ワタシと同い年なんだよなぁ・・・。いいなぁ、スタイル良くて。

役に偏りがあるヒトよりは、いろいろやれるヒトのほうが好みかもしれない・・・。

さて、次は何を見に行こうかしら??
[PR]
by who54211 | 2007-03-21 20:41 | 関心 | Comments(3)

常勤

ワタシのブログをmixiのころから読んでる方はご存知かと思うが、ワタシはとても低レベルな病院で働いている。
たとえ周りがひどくても、自分だけはプライド持ってこれでも仕事してるつもりだ。

・・・あくまでも「つもり」なので、還元されてるかどうかは別問題だが。

ま~二箇所行ってるのはそういう病院の所属と思われたくないっていうのももしかしたら理由の一つかもしれない。一番の理由は、「縛られたくない」からなんだけど。

で、そのうちの一つの病院に4月から新しい理学療法士が来ることが急に決まったのだ。
この理学療法士くん、きちんと正職員で働いてくれるらしい。変な病院だが、ちゃんと職員として理学療法士がいるに越したことはないので、ありがたいことだ。

その彼が今日、病院にゴアイサツに午後来るらしいと言われた。
一応履歴書は午前中に見せてもらったのだが・・・。社会人になってからの経歴に何故か一年のブランク・・・。

謎な一年。

ほんとに何もしてなくて書いてないのか、単純に書き間違えたのか、それとも書けないようなことをしてたのか・・・。

そして仕事をほどなくこなして、午後、ベッドサイドの患者さんを回らず、スタッフ全員で彼を待つ。

約束は2時。

チクタクチクタクチクタクチクタク・・・・がらがらがら~やっと来たかよ!!もう2時半過ぎだぞ??と振り返ると患者さんだった・・・。

おいおい、このまま来ないのか???
若干あきらめモードに入る。大丈夫なんだろうか、このヒト4月から。

そしてもう今日は来ないだろうと思い始めた3時過ぎに現れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

もはやどうでもよくなってきた。
ひとしきり現状を説明するも、反応がない。「質問は?」って聞いてももなにも言ってくれない。
というかワタシと目を合わせてくれない!!ワタシだけじゃない、ほかのスタッフともだ!!!

相当な不安がよぎる・・・。

でもま~、一応経験者だし、立ち上げもやったことあるっていうし、いくらなんでも患者さんの前では大丈夫・・・だといいな。

とりあえず、波風立てないようにだけしておこう。4月からはワタシは彼の下で働くのだからな。ボスには従順にしておこう。
[PR]
by who54211 | 2007-03-20 22:47 | 仕事 | Comments(2)