タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2007年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

進路

今行ってるTOEFLの学校もあと二週間でおしまい・・・。

そろそろ次を考えないといけない時期に来たのだ。
本来の目的である大学院進学か、こっちでの理学療法士の免許の書き換えかはテストの結果次第なので、結果待ちをしてる間、なにもしないのもなんなので、また違う学校にでも行こうかなぁと考えてる最中。

12月の半ばまでは今の状態でも滞在できるのだが、今現在は仕事をこっちでできるわけではないので、ヒマといえばヒマなのだ。毎日家にいるだけだと間違いなく堕落した生活を送るだろうしなぁ・・・。

で、考えているのが
「医療英語」
「通訳・翻訳」
「TESOL(英語教授法)」
「Bridge program(大学進学準備)」

正直もうテストプレップは飽きてきたのだ・・・。どこに行ってもきっともう教わることは似たり寄ったりになるだろうし、ここから先は自分の努力次第なので、一旦テストからは離れたいというのが本音。

どれがいいかなぁと考えてる間がちょっと楽しいのだが・・・。ま~お金とも相談せねばならないし・・・。

ほんと、仕事できないってつらい・・・。働きた~い。
[PR]
by who54211 | 2007-08-28 13:23 | 趣味 | Comments(2)

方便

「Resurrecting the champ」を見てきた。

実話に基づいたお話のようだが、非常に英語が聞き取りづらく、多分話の半分も理解できてないと思う・・・(泣)

エリックは地方紙のスポーツ記事ライター。父親は偉大なラジオスポーツパーソナリティで名前も受け継いでいるためか周りからの期待が常にプレッシャーになっている。
ある日、彼が書いた記事がボツになった。
その日の帰り道、彼は一人のホームレスを救う。そのホームレスは自らを「チャンプ」と呼び、ティーンたちの暴力の餌食になっていたのだ。

そのシーンの一部でそのチャンプが素晴らしいパンチを繰り出し、エリックはチャンプが伝説のボクサーだと勘違いしてしまう。

ここまでは分かったのだが・・・・。

エリックはこのチャンプを題材に素晴らしい記事を書くのだが実はこのチャンプ、別人の名前を呼ばれて「そうそうそう」と返事していたのだ。
過去の関係者からの電話。
ホンモノの伝説のボクサーの息子からの訴状。
エリックの息子との関係。
世間の評判。
「チャンプ」との友情。

・・・が複雑に絡み合っていて、一番肝心などうしてチャンプがウソをついたのかがよく分からなかったのだ・・・。残念、それが話の腰なのに。

ちなみに映画のタイトルはエリックの最初の記事の名前である。
和訳すると「復活させたいチャンピオン」ってところだろうか?

間違いなく邦題は変わるんだろうけど・・・伝説のチャンピオンとかなんとか。

誰が一番わるいのかわからない映画だ。確認を取らなかったエリックも悪いが、ウソをついたチャンプにも罪がある。そのウソさえなければとても美しい記事なのに・・・。

実話が元になってるってことは、過去にこういう事件があったってことだよなぁ。

どうでもいいけどボクシングの映画って意外とヒットするのよね。
[PR]
by who54211 | 2007-08-25 21:21 | 報告 | Comments(5)

方便

「Resurrecting the champ」を見てきた。

実話に基づいたお話のようだが、非常に英語が聞き取りづらく、多分話の半分も理解できてないと思う・・・(泣)

エリックは地方紙のスポーツ記事ライター。父親は偉大なラジオスポーツパーソナリティで名前も受け継いでいるためか周りからの期待が常にプレッシャーになっている。
ある日、彼が書いた記事がボツになった。
その日の帰り道、彼は一人のホームレスを救う。そのホームレスは自らを「チャンプ」と呼び、ティーンたちの暴力の餌食になっていたのだ。

そのシーンの一部でそのチャンプが素晴らしいパンチを繰り出し、エリックはチャンプが伝説のボクサーだと勘違いしてしまう。

ここまでは分かったのだが・・・・。

エリックはこのチャンプを題材に素晴らしい記事を書くのだが実はこのチャンプ、別人の名前を呼ばれて「そうそうそう」と返事していたのだ。
過去の関係者からの電話。
ホンモノの伝説のボクサーの息子からの訴状。
エリックの息子との関係。
世間の評判。
「チャンプ」との友情。

・・・が複雑に絡み合っていて、一番肝心などうしてチャンプがウソをついたのかがよく分からなかったのだ・・・。残念、それが話の腰なのに。

ちなみに映画のタイトルはエリックの最初の記事の名前である。
和訳すると「復活させたいチャンピオン」ってところだろうか?

間違いなく邦題は変わるんだろうけど・・・伝説のチャンピオンとかなんとか。

誰が一番わるいのかわからない映画だ。確認を取らなかったエリックも悪いが、ウソをついたチャンプにも罪がある。そのウソさえなければとても美しい記事なのに・・・。

実話が元になってるってことは、過去にこういう事件があったってことだよなぁ。

どうでもいいけどボクシングの映画って意外とヒットするのよね。
[PR]
by who54211 | 2007-08-25 21:21 | 報告 | Comments(0)

万能

北米の人ってものすごくレンジの使用率が高いと思う。

冷凍や冷蔵のデリカテッセンが豊富なのもあるんだけど、作り置きする家庭が多いんだよね、きっと。そういえば日本でもゴハンを冷凍してたっけか。

しかし、時々とんでもないものまでレンジで調理をするのだ。

今日発見したのは、ラーメン。

といってもいわゆる袋にはいったタイプなのだが・・・。
日本だと、間違いなくナベで調理するのだが・・・。

念のため、作り方をチェックする。
①boiled ベラベラベラ~~~

・・・ま、そらそうだ・・・と思いつつ読み進めていく。

②microwave ベラベラベラ~

マイクロウェーブ?おいおいレンジでラーメン作るのかよ!!
驚きつつも読んでいるとどうやら水と一緒に器に入れてあっためる、という調理法らしい・・・。

いや、楽って言えば楽だけども・・・。まずそう・・・。

案の定ホストマザーがその方法で作ったらしきものを食べていたのだが、麺はふやふやだし、スープなんてどこ?って感じだし、とても食べたいとは言いがたいシロモノになっていた。

ワタシは自分の習慣に沿ってナベで調理。

こういうのって久しぶりに食べるとおいしいよな・・・。何ヶ月ぶりだろうか?

ホームステイをしてると滅多にファーストフードやインスタントフードは食べない(もちろん家庭にもよるけども)からなぁ。3週間留守だったときもコンロが使えなかったからこの手の食品は食べなかったし、カップめんはクセになるので手を出さなかったのだ。

そういえばESLに通ってたころ、ジップロックの容器でラーメン作ってた韓国人がいたな~。あの人もレンジで調理してたような気がする・・・。どうせ食べるならおいしく食べたいと思うんだけど・・・背に腹は変えられないか。
[PR]
by who54211 | 2007-08-24 06:43 | 報告 | Comments(3)

装飾

ワタシの部屋はどこへいっても統一感というものがない。実家にいたときも、栃木で大学生してたときも、就職してからも、就職先に住み込んでたときもいったいどういうコンセプトなんだ?と言われるような部屋に住んでいた。
ホームステイをしている今も、自分で家具をそろえてないことももちろんあるが、まったくもって統一感がない・・・。
多分理想はあるんだろうが、いかんせんモノが捨てられないのと、元々いろんなものに手を出しすぎる傾向があって取りとめのない空間を作ってしまうらしい。

・・・・片付けられない、といえば片付けられない女かも・・・。

突然ですが。

f0129786_7462220.jpg


こっちって乾燥機で洗濯物を乾かすのが普通なので、日本製の衣料品は縮んだり傷むことがあるのでしょうがなく部屋干ししている。
これ、こっちの$1ショップ(っていっても$1~なんだが)で買ったのだが、非常に出来が悪く、一部の腕が歪んでいる・・・。
ちなみにこれ、通風孔(こっちはセントラルヒーティングで各部屋にエアコンの空気の出入り口があるのだ)に紐をくくってぶら下げている。ダイソーに鴨居に引っ掛けるタイプのフックとか売ってたが、こっちって鴨居もしくはそれに代わるものってあるのか??少なくともワタシの部屋にはないな・・・。

f0129786_7464843.jpg


これはシェルフ・・・というか本来はきっと本棚だと思う・・・。
お土産でもらったフィジーの敷物?タペストリーか?を引っ掛けてみたが・・・。このダンボールはいかんなぁ・・・。ワタシの部屋にはダンボールが溢れている・・・。

f0129786_7471386.jpg


キワメツケである。

[ドラえもん×michiくんにもらったスペイン土産の鏡×七福神]

ってなんじゃそりゃ~~~~~。
しかもこのドラえもん、2003年の映画のオマケなのだが、見に行った覚えがない・・・。誰かにもらったのか???

これ以外にも群馬サファリパークで買った動物の葉書とかAki×Kaz夫妻にもらったオーロラの写真とかポンデライオンの足裏マッサージマットとか・・・ほんとに取りとめがないなぁ・・・。

そういえば部屋を移ってもらうかも・・・とか言われてたのだが・・・。こいつらも一緒に引っ越すんだよなぁ・・・。なんも考えずにくっつけたが、次の部屋では使えないかもしれん・・・。
[PR]
by who54211 | 2007-08-23 08:01 | 報告 | Comments(2)

欠損

f0129786_7324354.jpg


ホストファミリーからお土産をもらったのだ。
貝細工のネックレス・・・。光に反射してきらきらするのだ。いいもんもらった~。

だが、いいことばっかりではない。
今日お昼ご飯に昨日の晩ご飯の残りのラムチョップを食べていたのだが・・・。
途中、なんだか上唇の裏側に違和感が・・・。

・・・欠けてる!!!前歯!!

と言ってもかぶせ物の前歯で、欠けたのは表面にくっついてるプラスチックの白いところだけなんだが・・・。その下の金属が一部むき出しになっててみっともない・・・。

これ、すぐ治さないとだめなんだろうか???別に痛くも何ともない・・・ってこの歯、神経ないんだった・・・。
いや、別に歯医者がいやってわけじゃないんだが・・・。英語で治療するんか???日本語できる歯科医は評判がよくないしなぁ・・・。というか予約なし飛び込みで見てくれる歯医者なんてないよなぁ・・・。どうやっていい歯医者見つけるのかも問題だ・・・。

これだけのために帰国するか???いやそれもばかげてるよなあ・・・。
[PR]
by who54211 | 2007-08-22 07:40 | 報告 | Comments(2)

順序

TOEFLのリーディングは興味深い内容のものが多い。

今日の中身は「Birth Order」。生まれた順番が人格形成にどれだけ影響するか?というお話である。

そういえば、日本にいたときに七扉でこの「Birth Order」の組み合わせの相性の本を読んだっけか。あれはとても面白かった。今回のリーディングは単純に性格への影響だけだったのだが、その本の内容と重なるところもあって、割とすいすい読めたのだ。

TOEFLに限らず、また英語に限らずだが、読み物を読んでいてすぅ~っと頭に入ってくる文章とそうでない文章では読む速度も集中力も全く違う。どんなに難しい文法や言葉を使って書かれていても内容が面白ければそれほど苦労なく読めてしまうから不思議よね。
もともと読書は好きなほうなので、それも幸いしているほうかもしれない。多趣味(いろんなことに関心があるの)なこともいい影響かもしれない。

で、この「Birth Order」だが、兄弟のなかで一番上、真ん中、一番下、そして一人っ子の社会性とその成功について書かれていた。

ちなみにワタシ、真ん中である。(4人姉弟の二番目)

これがまたことごとくこの読み物の中の性格とは異なっていて、「真ん中の子供はチームスポーツで力を発揮する。サッカー、バレー、フットボールなどを得意とし、逆に個人スポーツであるスキーやダイビング、体操には不向き」となっているのだが、ちょうど真ん中の子供ってのがワタシしかいなかったらしく、先生に「高校の時、どのスポーツやってた?」と聞かれたのだが、「体操・・・」と答えるのが忍びなかった・・・。ごめんなさい、いい例じゃなくて。中学のときは体操部なかったからバレーボールしてたんだけど・・・。

ま~ワタシと同世代以降って大体いても3人、ほとんど二人とか一人っ子のことが多いから、真ん中の子供ってどんどん少なくなってるんじゃないのか???

ちなみにワタシは、よく「一番上?」と聞かれる。姉がいるのだが、どうも一番上に見えるらしい・・・。そんなに責任感ないんだが・・・そんなストレス抱えてるように(これも読み物のなかに載ってた)見えるのか???だから敬語なのか?みんな・・・。

どうでもいいトリビアな知識として、アメリカの上下院の政治家さんとか歴代大統領は責任感が強くてリーダーシップのある一番上の人が多いんだって。ちなみにスカラーシップをもらうのも一番上が多いらしい。これは統計なんだけどね。

先生も言っていたが、これはある意味真実だけど、それだけで人格が決まるわけじゃないからあくまでも傾向ということで覚えておいたほうがいいらしい。

なにはともあれ、興味深いお話だった・・・。
[PR]
by who54211 | 2007-08-21 06:27 | 人間 | Comments(2)

把持

今夜ようやく「ホームアローン」から解放される。

いや~長かったのう、3週間。
ホストファミリーがやっとフィジーから帰ってくるのだ。

何が辛かったかってゴハンである・・・。いや、自炊は嫌いじゃないんだが、コンロが止められてるため、レパートリーが相当限られてたのだ。しかも韓国人の子と共有で一個しかないホットプレートで何作れるんだ???ま~そんな日々も終了するのだ。今夜のゴハンが最後。

今一緒にいる韓国人の子は、休みの日は大体昼過ぎまで寝ている。
なので、彼女のブランチとワタシのランチが重なることがほとんどだ。

で、今日もそうなったのだが、気がついたことがある。

彼女はホットプレートで棒餃子を焼いていたのだが・・・。ひっくり返すときにスプーンでひっくり返していたのだ、フライ返しじゃなくて。

・・・ホットプレートの表面がキズつくと思うのだが・・・。それすらも分からないほど家事をしないらしい・・・。

ま~それも驚いたのだが、さらにゴハンを食べてて気がついた。

「右手にスプーン」そして「左手にフォーク」を持って器用に食べている・・・。

これは日本人には分からない感覚だ。でも小さい子ってこうやって食べるか???小さい子供の食事に最近接してないから分からんが・・・。

「片手にフォーク、片手にナイフ」ならまだ納得いくが、スプーンとナイフってアンタ・・・。

良く考えると器を持ち上げてゴハンを食べるのは和食だけらしい。和食ももちろん茶碗とおわんにほぼ限られているが・・・。韓国や中国は日本と同じように箸を使う文化圏だが、器を持ち上げないのが普通だ(と思う)。
そして韓国料理には必ずスプーン(スッカランだっけか?チョッカラン?どっちかが箸)がついてくる・・・そうか~だから両手でスプーン・フォークだったのか?

理学療法士としてみると、両手を使って食事をする、という行為は非常に高等な日常生活動作なのだ。目的そのものは「食べる」と共通しているものの、両手がほとんど違う動きをするわけなので、行為としては高レベルなのだと習った。
脳や脊髄といった高等な神経にダメージを受けた場合、脳ならば右側か左側の半身が、脊髄ならばレベルに応じてそこから下の身体機能が低下もしくは脱落する。そうなると、この高等な手段では食事を取れなくなるのだ。(もちろん脊髄の場合、手の機能が残存するケースもあるので、ケースバイケースなのだが)

日ごろ何気なく行っていることなのだが、こうやって考えると意外と難しい行動なのである。

そういえばインドでは「左手は不浄の手」と言って食事中は使わないらしいが、万が一右側の片麻痺になったらどうやってゴハン食べるんだろうか??

所変われば文化も変わり、ここバンクーバーではそれが入り乱れているため、いったいどれが正しいんだか分からなくなることがある。

小さいころから両親に箸の使い方や、食事中の行儀についてよく叱られていたが、日本人だからそう感じるのかもしれないが、そのルールを守って食べている人の姿は美しいと思う。

・・・いや、だからって韓国人の彼女を責めるつもりもないけども。ほら、もしかしたら韓国ではそれが当たり前かもしれないでしょ???分からないことは注意できない。

韓国人の子の食事動作でどうしても赦せないことがひとつ。

「口を開けて咀嚼する」ことである。どうやらそれが「おいしい」という表現なんだかなんなんだか知らないが、大体韓国人とゴハンするとそれが気になって仕方ない・・・。これも文化の違いか???

知らないうちにワタシも彼女を不快にさせる行動をしてるのかもしれない・・・。反省。
[PR]
by who54211 | 2007-08-20 09:09 | 人間 | Comments(0)

変換

テレビで「もののけ姫」をOnAirしていた。

字幕なのかなぁと思っていたが、残念ながら吹き替え。日本語で映画を見た事のあるワタシとしては非常に違和感沸きまくり。

ま~それもだんだん慣れていったけども。

海外の映画が日本で公開されるときに「字幕版」だけでなく「吹き替え版」も同時上映されるのは、納得ができるのだ。特に子供向け作品の場合、小さい子は漢字が読めないのでそれは仕方ないと思う。

でも、英語って確かに難しい単語もあるとは思うけど、吹き替える必要性ってそんなにあるのか?と前から疑問に思っている。
翻訳の過程そのものは字幕も吹き替えも変わらないと思うのだが・・・。

「Shall We Dance?」や「Paprica」は字幕だったなぁ。
「千と千尋の神隠し」は吹き替えで上映してたって言ってたtなぁ。

やっぱりこっちでも同じような考えなんだろうか?ま~字幕が出てくるよりは吹き替えのほうが子供には優しいのかもしれない。

日本と違うのは選択ができない、ってことよね(日本だと大きなシネコンでは大体字幕と吹き替え両方上映するけど、こっちはどっちかしかない。DVDは違うと思うけど)。

ま、良かったのはあのカウンタテナーの歌は葺き替えられてなかったってことよね♪

どうでもいいけど明日は「ハリーポッターと秘密の部屋」がOnAirされるのだ。ちなみに先週は「賢者の石」を放送してた。ちょっと前に「不死鳥の騎士団」を見てきたんだが、ハリー・・・小さかったのね。成長ってすごい。
[PR]
by who54211 | 2007-08-19 14:40 | 報告 | Comments(4)

表現

「Superbad」を見てきた。

いや、コマーシャルだけ見てると非常に面白そうな話だったのだが・・・。

セス、エヴァン、フォーガの三人組が主人公。高校卒業間近にして三人とも「彼女がいない!!童貞捨てられない!!」と焦っているのだ。
この3人、ま~基本的にはさえないトリオ。おでぶのセス、自己主張のできないエヴァン、根暗なフォーガ。特にセスは三人でいると非常にジャイアンなのだが、クラスでは目立たずどちらかというと攻撃されるタイプなのだ。

が、ひょんなことから美少女にパーティに誘われる。
で、「俺、酒買って来るぜ」と意気込むのだ。
エヴァンも別の女の子から同じパーティに誘われる。
フォーガは偽IDを作製したので、二人からお酒購入の依頼を受ける。

・・・アメリカもカナダもIDを見せないとアルコールやタバコは売ってもらえない。だから偽装IDが氾濫している。そういえば昔通ってたESLでメキシカン(メキシコの成人は18。今いるブリティッシュコロンビア州の成人は19)の子が受付のねーちゃんをだまくらかして偽装ID作ってもらってたな・・・。

ま~そこでしっちゃかめっちゃかいろんな騒動に巻き込まれる、というお決まりのパターンである。お茶目な警察官二人組みとのやり取りはおもしろかったけど・・・。

で、無事に童貞を捨てられたのか、というと、一番冴えないフォーガは入った瞬間邪魔が入ってしまい、初体験とまではいかなかったようだ。

残りの二人は・・・
セスは「酔っ払ってる人に告白されても信用できない・・・」とパーティ会場では振られ、
エヴァンは逆に完全に酔っ払った女の子に迫られて、途中で女の子が戻し始めたため(ま~エヴァンも拒否してたが)コトには至らず・・・。

といった次第である。

高校生のころってやっぱりお酒とかパーティとかに憧れるもんなのね。
ま~でも3人3様ではあったものの、これは人生経験としてはとても意味のあるものだとは思う。ただ、映画としては「だからなに?」の世界である。

途中、セスの幼少時代のエピソードのときに男性器の絵がたくさん出てくるのだが(なんか一時期すごく描きたくてしょうがなかったとか言い訳してたな)、こっちの人って勃起した状態の絵を描くから生々しさが出ちゃうんだよな~と思う。日本人の男の子(小学生くらいの子ね)が描く男性器って通常の状態のものを描くことがほとんどじゃないか???だから異様に感じるのか?レディコミや成人誌でも生々しい男性器の描画はあまりないような気がするが・・・。

アメリカンパイほど下品ではなかったにせよ、これ、日本では受けない映画だろうな。きっと公開もしないんだろうよ・・・。
[PR]
by who54211 | 2007-08-18 12:58 | 報告 | Comments(6)