タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

新車

・・・といっても「自動車」ではない。

「自転車」である。

車は原油高騰だし、事故も怖いし、とりあえず病院内で生活はやっていけちゃうので、ちょっとした買い物をするために自転車が欲しかったのだ。エコだしね。

でも半年でいなくなっちゃうし、新しいの買うのもなぁ・・・と思っていたのだが、マッサージ君が「折りたたみならもらいますよ」と言ってくれたので、お給料が出るものまだまだ先なのだが、意を決して近くのホームセンターに連れて行ってもらう。

最近は折りたたみの自転車も安くなったのね。
しかも変速機もついてて、さらにサドルにサスペンションまでついてるのね。
すげ~~~~~!!
ライトもつけても一万五千円で済んだ。

・・・でもまだ乗ってないんだけど。

ワタシが暮らす病院は栃木県の高根沢町というところにあるのだが、この高根沢町の街中に行こうとすると、ものすごい上り坂を登らないといけない。でも、お隣のさくら市には、イオンのでっかいショッピングセンターがあり、そこまで病院から5キロ、そして道が平坦なので、そこを拠点に買い物するようにしようかと計画中。都合のいいことにお給料の振込先になる銀行のATMとゆうちょ銀行のATMも並んであるのだ。

ただ、この自転車、かごがない・・・。

リュックサック買わないといけないな・・・。

・・・ってまたお金使うのか?!だめじゃ~~~ん!!

自転車の買い物に連れて行ってくれた非常勤の理学療法士さんは、昨日でここの病院を退職。いままでお疲れ様、またそのうち遊びましょう。
[PR]
by who54211 | 2008-02-29 17:51 | 報告 | Comments(6)

希望

先週から無事に栃木の高齢者ばかりな病院で働いている。

まぁ需要があるのがそういうところが多いので、以前もそういうところで何箇所が働いていたのだが、毎回働くたびに思うことがある。

「ほんとにこのヒト、このまま生きていることが幸せなんだろうか?」

栃木県は、47都道府県のなかでも運動不足なところらしく、寿命も他県に比べると短いのだそうだ。

でも、ただ生かしているだけの長寿が、「健康」の指標なのか?と疑問に思うのである。

意思疎通も図れず、介護・看護をするヒトのなすがまま、無抵抗なのをいいことに乱暴に扱われ、管から栄養が入り、自分では呼吸も排泄の処理も何一つできない・・・。そんな状況で自分は生きたいと思うのか?と考えるのである。

平均寿命の算出方法というのは、単純に死亡時の年齢から統計されるのである。

つまり、まるっきり動けなくても、物を言えなくても、脈を打ち、機械の助けを借りてでも呼吸をしていれば生きていると判断されるわけである。

正直、自分の肉親がそういう状況に陥ったら、延命を頼みたくないと個人的には思う。これって生き地獄だと思うのだ。
でも、自分が実際に診ている患者さんの家族は、そんな状況の患者さんの延命を頼むのである。

本人の望みってなんだろうか?

患者さんでコミュニケーションがある程度取れるヒトは、関節を固めないように動かしていると、「痛いからもういい!!もう死ぬだけなんだから固まったってかまわない!!」といわれることがある。

いや、正直ワタシも患者さんの関節が固まっても、ワタシ自身には影響はないのだが、介護・看護するヒトからすると、固まってると非常に手助けしづらいのだ。

固まった状況で無理やりに介助されたって本人もつらいだろうから・・・と自分を納得させて仕事をしているが、極端な話、「今更やったって・・・」という患者さんもたくさんいるのである。

何事も、状況が悪化する前に手立てを打つことが大切なのだ。

だからこそ、自分の意識がはっきりしているうちに、どうして欲しいのかは明確にしておきたいものである。

・・・でも、人間って「万が一」のことを想像することが難しいんだよね。
[PR]
by who54211 | 2008-02-27 17:50 | 仕事 | Comments(6)

報道

日本人関係の映画が受賞しなかったからって、ニュースでちゃんと取り上げてくれないってどういうことよ!!

・・・若干怒りモードである。何がって、アカデミー賞の発表のことだ。

昨日の6時のニュースで、作品賞のことしか話題が出ないなんて・・・。せっかくストライキも終わって華やいだ授賞式だったのに・・・。そんなことも出てこやしない・・・。

自国の名誉も大事だけどさ~、数ある映画賞のなかでも一番有名なヤツなんだから、それくらいちゃんとニュースで取り上げてくれたっていいじゃないか!!
特に今年は賞レース的に、力が拮抗してたから、どれが取るのか楽しみにしてたんだけどなぁ・・・。

で、作品賞以外の結果を携帯で検索してみた。

作品賞「ノー・カントリー」
監督賞「ノー・カントリー」
主演男優賞「ダニエル・デイ・ルイス:There will be blood」
主演女優賞「マリオン・コティヤール:エディット・ピアフ~愛の賛歌」
助演男優賞「ハビエル・バルデム:ノー・カントリー」
助演女優賞「ティルダ・スィントン:フィクサー」

メインの受賞はこんな感じだったらしい。

「juno」に主演したカナダ人女優と監督さんは受賞を逃し、脚本賞だったらしい・・・。
「つぐない」も、話題になってた割りには意外と伸びなかったな・・・。なんだかキーラ・ナイトレイの作品ってこういうパターンが多いような気が・・・。

「潜水服は蝶の夢を見る」も受賞に至らなかったし・・・。

予想が難しい賞レースのほうが、個人的には面白くて好き。

・・・あぁ、映画も見に行きたいなぁ・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-02-26 17:53 | 関心 | Comments(4)

遅延

土曜日に歓送迎会をやってくれたのだ。

・・・一応歓迎される立場だったらしく、ワタシ、お金払わずに済んでしまったw。ありがとう、みなさん・・・。

行くときは、マッサージくんが迎えに来てくれたので良かったのだが、帰りはお酒を飲んだので、マッサージくんはじめ、運転手はネカフェで休憩。ワタシは終電に間に合う時間だったので、辞めていくPTさんと一緒に病院に戻ってくるつもりだった。

時間通りにくるのが日本の公共交通機関のいいところなのだが・・・。

春一番の吹いた土曜日は、昼ごろから全面的に電車は滞りがち。
いやな予感もしたのだが、案の定電車は来ない・・・。

・・・っていうか来るのか?

栃木県内だったら、正直バスで代替したほうが早くないか?

結構前から止まっていたらしく、駅構内のベンチは満席、座るところはない。
一時間近く立ったまま、待ちぼうけ・・・。

そらま~災害には勝てないけどさ。

最寄り駅に着いたら、周りに防御するものが何もないため、寒風吹きすさび、風で吹っ飛びそうになりながら、歩く。

こういうときって、こういうことがあるものなのね。

ま、飲み会そのものは楽しかったからいいけどさ。
次はあったかくなってから楽しみたいものだわ。お花見かしら?
[PR]
by who54211 | 2008-02-25 17:52 | 愚痴 | Comments(6)

安泰

なんとか荷物の整理も終え、やっと落ち着いた感じである。

あとは洗濯用品だけ・・・(物干しあるのだが、外に干すと凍るし、下着は外に干したくない)。
同僚のマッサージ君にお願いして、明日持ってきてもらうことに・・・。

そして事務のおいちゃんにお願いして、洗濯槽クリーナー(だって、絶対使ってないもん)を買ってきてもらった。

これで当面は大丈夫だろう。

・・・でこうなると人間、欲が出てくるものである。
写真をブログにアップしたい・・・。でもこのパソコンにメモリースティックのスロットがない。

・・・買いたい。
でも、ワタシの働く病院は、15日締めー25日給料のシステムなので、15日前に働いていないワタシは、今月も無収入だ。

貯金のほとんどは金利のいいカナダの銀行に預けっぱなし。日本に残している貯金はわずかだ。

「給料の前借もできるんじゃない?」

とかる~く同僚のマッサージくんにはいわれたが、そういうだらしのないことはしたくないしな。

とか言ってるそばから歯医者にかかって、治療費待ってもらってるし(だめジャン)。

というかお給料もらっても、銀行に行く手段がない・・・。

・・・意外と問題山積である。やでやで。
[PR]
by who54211 | 2008-02-22 17:47 | 報告 | Comments(8)

極寒

無事に昨日栃木に戻ってきたワタシ・・・。

病院側の配慮で懸命に掃除をしてくれていたのだが、残念ながら、共同で使用するであろうテレビのある部屋はものすごいホコリで、昨日、今朝とテレビは見れず・・・。しかも田んぼの真ん中付近にある病院だから静かすぎて、怖い・・・。

一応、看護師のおねいちゃんがもう一人住んでるはずなんだが、使用している気配がない(というかこの状況で平気でテレビを見てたとしたら、スゴい)。

そして、なによりも驚いたのが、寒くて心拍数が上がってしまい、眠れないのだ。

上に掛ける布団はたくさん持ってきたのだが、床の上にじゅうたんを敷いてくれたにも関わらず、お尻が冷たい・・・。荷物を包むのに使っていた毛布を敷いてもしんしんと冷え込んでしまい、眠りたいのに眠れず、自律神経がおかしくなってしまったらしく、幻覚まで見えて(血圧が上がって一時的に視力がおかしくなったらしい)しまった。

乾燥がひどくなるから・・・とエアコンを切っていたのだが、背に腹は変えられず、スイッチオン。

運よく、辞めていく同僚のPTさんがテレビ(部屋にもアンテナ配線はある)とホットカーペットをくれる(実家に戻るため)とのことなので、来週からはもう少し快適になるといいのだが・・・。

寮そのものは古いのだが、がんばって掃除をしてくださったおかげで、ワタシの居室と台所は問題なく使えるのだが、寒くて、でもエアコンを同時に二つの部屋で(空き部屋だらけだから3部屋使っていいと言われた)使うと、ブレーカーが落ちてしまうため、結局使うのは一部屋にし、昨日の夜は耐えた。

今朝、心配してきてくれた事務のおいちゃんに、事の経過を話すと、掃除もしてくれたし、暖房も病院でいらなくなったのを台所に入れてくれたようである。なんてありがたい・・・。

念願だった歯医者も(病院のなかに歯科もある)、明日かかれる(しかも業務時間内に)みたいだし・・・。

ほんと、大事にしていただけても、お返しできるものがあまりなくて逆に申し訳ない・・・。

今日も一日、結局挨拶周りとかごたごたっとPTらしい仕事はせず終わってしまった・・・。

というかまだ荷物片付いてないし・・・。

やることいっぱいじゃん!!


ネットは仕事終わってから事務所で快適に使わせてもらえるし、ほんとに願ったりかなったりである。精一杯働かないとな・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-02-21 17:58 | 報告 | Comments(10)

東京

銀座駅の地下街から発信である。

なぜならば、実家にうっかり携帯を忘れてしまい、病院の電話番号がわからず、ついでに母や同僚にもメールを送りたかったので、ネカフェに入ろうと思っていたのだが、さすが大都会、地下鉄入口に30分100円でネットのサービスがあるなんて・・・。

つくづく日本って便利だと思う。

新幹線も数分おきに正確に走るこのマメさは海外では味わうことはできない。

もともとネグリンの修理と、ラッシュに寄りたかったので都内下車するつもりだったが、こんなところでお世話になるとは思わなかったな・・・。ていうか携帯不携帯って意味ないよな・・・、よくやるんだけど。

まぁどうせしばらくは病院から出られないからなんかあれば病院に電話してくれればいいんだけどさ。

さてと、銀座三越に行ったら、ついでに丸ビルにも行って・・・って結局ネグリンめぐりの計画を立てていたりする春めいてきた午後・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-02-20 12:04 | 人間 | Comments(4)

手続

昨年度の確定申告をしないといけない。正職員として働いていなかったため、年末調整がなく、自分で税金還付の申請をしないと住民税が払えないのだ。

ネット化が進んで、確定申告もオンラインでもできるようになったようだが、我が家のパソコンがそういう状態になってるのかどうかが分からず、とりあえずできあがったものを印刷しておいた。
でもネットで申請すると5千円さらに戻ってくるんだって・・・。父親に聞かねば。

この確定申告、昔に比べればインターネット上で計算もしてくれるし、分かり易くなったんだと思うが、今回、ワタシを悩ませたのは社会保険料と生命保険による税金控除申請である。

一応保険会社のほうから税金控除のための通知は来るのだ。

問題は、申告書にどうやって書くのかが細かく説明されていないと言う点にある。

社会保険のほうは、まだ「③のところを記入、③がなければ①を記入」と部署は違うとはいえ、お役所のやることなので、説明があったが、やっかいだったのは生命保険。
通知のほうには、「一ヶ月の掛け金」しか書いていないのだ。
あっちゃこっちゃ調べて、「一年分の保険料の金額によって控除額を自分で計算して記入」しなければならないことが分かり、ゲンナリ。変なとこで不親切。きっとワタシみたいにこれを面倒くさいと思って書き込まない人多いんじゃないんだろうか・・・。こうやってお役所は儲けてるんだな。しかも質問しようと電話かけてもつながらないし・・・。

大体還付するくらいなら、最初っから取るなよ、とも言いたくなる・・・。でもそういえばカナダは普通に正職員で働いてても自分で申請しないといけないんだよな。予行演習だと思えばいいか。

でも、これ、戻ってくるの二ヶ月後とかなんだよな・・・。お給料も3月末まで無いし・・・。どうやって生活しようかしら?

まぁなんとかなるだろう。三食つきの寮らしいし(←ほんとに)。

**********************

荷物を栃木に送るため、宅急便屋さんを呼ぶ。
黒猫さんとこに頼んだのだが、うまいなぁと思ったのが「営業所等窓口に出していただければ、荷物一つにつき100円割引いたします」と、料金に乗っけていることである。「荷物を取りに行く場合は、100円余分にかかりますよ~」とは言わないのね。あはは。

最近、ドライバーさんの携帯に直接電話してやりとりできるようになっているのだが、なんとなくそこに直接かけるのは気が引けたので、カスタマーセンターに電話。
午後に来る、ということだったので、家でのんびりと待っていた。

二時過ぎに来てくれたのだが、どうやらドライバーさん、午前中に伝票を置いていってくれていたらしい・・・。呼び鈴押してくれなかったので、全然気がつかなかったのだ。

「いや~車がないもんで、おらんと思ってねぇ」

・・・ドライバーに直接電話する、ってのはこういう利点があるのか、と思ったと同時にちょっと怖いと思ったのが、「なんでそんなこと知ってるの?」という疑問である。
地域に密着するためのこういうサービスなのだが、こういういろんな情報を全部把握されてるのかと思うと、悩むところである。

でも、ドライバーさんが言うには、直接電話してくれたほうが、話が分かりやすいんだそうだ。センターを通すと、現場を知らない人が間に入るため集配のルートに影響が出やすいんだそうだ。
なるほどね~。まぁドライバーさんの人柄にもよるんだろうけど(実家エリアの担当さんはとてもイイヒトで良かった)。
ちょっとオマケまでしてくれて助かった。

*********************

病院の寮にはインターネット設備はないが、病院のインターネットは業務時間外(つまり病院が閉まった後)には使って良い、と言われたのだが、さすがに個人情報を残すわけにはいかないので、ネットバンキングとか暗証番号が必要なものはやっておこう、と実家のパソコンでいろいろしていて、気がついた。

自分のパソコンには、暗証番号を登録してしまっていたため、いくつか暗証番号が思い出せないのだ。

最近は銀行もそうだが、暗証番号が類推しやすいものだと番号として登録できないため、番号そのものを想像しにくく設定したのはいいものの、思い出せないって・・・。だめじゃんorz。

しかも日本のサービスならまだしもカナダの銀行なんて、どうにもならん・・・。

なんとか思い出して、事なきを得たが、実は新しく来たクレジットカードの暗証番号も分からない。というか持ってるクレジットカードの暗証番号、全部分からない・・・。

・・・都内で下車しないとだめか。(電話で問い合わせると、実家に暗証番号が送られてきてしまうから)

・・・というか、帰国してすぐやれば良かった(←いつもこうやってぎりぎりで焦って、失敗するタイプ)。

明日はあったかいみたいで良かった。
[PR]
by who54211 | 2008-02-19 16:25 | 人間 | Comments(4)

半端

なんとか荷物の収拾をつけ、掃除をしてみたりした。

部屋を取り合った4人いた姉弟も全員家を出てしまい、実家の使っていない部屋はほぼ倉庫状態になっているのだが、人の出入りが少ないと、どうしてこうもホコリがたまるのだろうか・・・。自分の荷物を箱につめて、クローゼットやベッド下に入れておいてよかった(それでもすごいんだけど・・・)。

実家にはあのダイソンの掃除機がある。
バンクーバーのホームステイ先の掃除機ってでかくてうるさいのに、全然吸引しなかったのだが、さすがはダイソン、文句なしのお仕事である。普通の掃除機よりうるさい、と言う人もいるらしいが、北米のうっさい掃除機に慣れてしまっていたワタシには気にならない。というかむしろこれ、バンクーバーに持って行きたい(向こうにもダイソンの掃除機あるんだけど、でっかいスタンドタイプが多くて日本のものみたいに小回りがきかない上に、重い・・・)。

使わないから掃除もしないし、モノもため込み放題になっていたようだ。すごいホコリが取れた・・・。

コタツとか、いらないんだから売ればいいのに、なぜか2台も使ってないハイベッドの上に乗っている。結婚して出て行った弟の洋服やスキー用具なんかも送りつけてやればいいのに・・・とも思う。(もう一人の弟はまだ独身で、ワタシと身分が一緒だから何も言えない・・・)

その点、姉のものはさすがにあまり見かけなかったが、掃除機をかけようと床の上のモノをどかしていて封筒を発見!!
何かと思ってのぞいてみると、姉の成人式の写真だった・・・。いらないのかなぁ??
・・・そういえば、ワタシのやつはどこに行ったんだっけか?(←ちっとも整理できてないじゃん)

ヤマト運輸に電話して、衣装ケースなんかはそのまま送れることを確認し、改めて荷物をみてみる・・・。

・・・多いよなぁ・・・。

引っ越し便のほうがいいのかなぁ??

でもそこまでの量はないんだよな~。

布団も段ボールに入らないしなぁ・・・。
どうしたもんかしら?でも明日中に送らないと生活出来ないし・・・。う~む・・・。

病院にも確認すると、寮の掃除真っ最中だったようで(人事のおじさん、というか結構偉い人のはずなんだけど、ほんとに何でも屋さんだよな・・・。ありがとう)、布団そのまま敷くのは危険、とのことで、到着したら絨毯買いに行きましょうと言われた。

・・・ていうか仕事してよ、と言ったのだが、彼にとってはこれが仕事らしい。
不思議な病院だ・・・。

ということで水曜には移動の予定。
[PR]
by who54211 | 2008-02-18 17:51 | 愚痴 | Comments(2)

取捨

そろそろ栃木に移りたいと思って、カナダから持ち帰った荷物も含め、元々実家に置いてもらってたものを整理し、宅急便で送らなくっちゃと取りかかって早一週間。

まずは作業する部屋が寒くてやる気にならなかったのだが、それはその部屋に暖房があることに気がついて解決。

次に、いったいどこに何が入ってるのか分からず、結局全部ひっくり返すことに・・・。

引っ越しの度に、「あ~ちゃんと箱にフダ付けて、分かるようにしておかなくちゃ・・・」と思うのだが、カナダから持って帰ってきた荷物は急な事態だったからともかく、日本で時間があったはずなのに、なにがなにやらさっぱりなのは問題である。

母をみててもそうだし、母方のじーちゃんばーちゃんをみてても分かるのだが、どうもモノに執着する家系のようで、モノが捨てられないのだ。

捨てられないのであるならば、増やさないようにせねばなるまい。

半年、洋服はよっぽどまではガマンだな・・・。増やしたら増やした分、捨てなきゃな・・・。

学生のころのノートとかもほんとは捨てたいんだけど、さすがに高校までのは捨てたんだが、大学以降は仕事上必要になるかも・・・と捨てられないでいる。(でも見直す時に使うアイテムは決まってるので、他は捨てればいいんだよな、ほんとは)

あとは、景品でもらったポーチとか、メモ用紙とか、「いつか使う」と思うものは「使わない」ものである。

母にタオルもらっていっていいかと聞いたら、いつもらったのか分からない、包装紙も開けてない引き出物とか香典返しが出てきた・・・。

血は争えない・・・。

ゴミ袋にいっぱいになったリサイクルの洋服をみてため息。

これが自分の手でリサイクルできるほど器用だったらよかったのだが、昔からお裁縫は苦手。アイロンも上手にかけられない。
でも、誰かワタシの代わりに着てくれるなら、リサイクル(市のゴミ収集で海外に持って行ってくれるらしい)に出すのも手だろう。
バンクーバーでは子ども病院に寄付していたのだが・・・。

病院の寮は、空き部屋が多いだけに危険かもしれん・・・。どうも隙間があると埋めたくなるのだ。いかんいかん、心をオニにして増やしたら捨てないとな。
[PR]
by who54211 | 2008-02-17 11:46 | 人間 | Comments(8)