タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

一気

週末を利用して、都内に住んでる最初のカナダ留学のときに知り合った友達のところに遊びに行った。

彼女はバンクーバーオリンピックのマスコットキャラクターグッズがほしい、といっていたので、遅ればせながらのお土産である。いや~なんせ給料が出るまでほんとに何もできなくて・・・。

せっかく都内に出てきたのならば、と、欲張ってお買い物ツアーに出かけるワタシ達。

実は、マッサージくんが読んでた雑誌に、500のペットボトルサイズの空気清浄機が紹介されていたのだ。しかも充電機能つきで、持ち運び可能なうえ、水道水で加湿機能までついているのだ!!デザインも洒落ていて、見てすぐに「欲しい~~」と思ったシロモノである。

ネット通販でも購入できるのだが、こういうものは写真だけでは判断できないので、できれば見てから手に入れたかったのである。そしたら都内の大型家電量販店では展示販売していて、デモまでやっていたのだ!!

癒し系な青いランプとほんのり出てるスチームがなんともうれしい・・・。即決、値段割り引かれてないのだがご購入である。
ついでにメモリースティックのスロットつきケーブルも購入。これで写真もアップできるわ(今日のPCは光につなげてないので、処理に時間がかかりすぎるためまた写真は後日)。

さらに、西銀座の「LUSH」へ・・・。
ワタシは買うもの決まっていたのだが、友達はワタシに付き合っていたはずなのに、店員さんにいろいろと勧められてるな~と思っていたら、ご購入~。このままLUSHファンになってくれるといいんだけどな~。

そして三越でネグリンをチェック。「出したばっかりだったんですよ~」という二枚花のピアスと桜色のピン、そして国家試験に合格した同居している看護師さんに引越しのご挨拶(いまさら?)も兼ねて紫のバラ(速水真澄??)のブローチ。
三越ではカヅキのショップにも行って、足らないものだけでなく新しく出たというファンデーションとパウダーも勧められるがままに~。

その後、丸ビルのネグリンをチェックしつつ、ロフトでアットコスメで話題になってる石鹸を発見!ついでにガスールも購入。ほんとはアットコスメでチェックしてた化粧下地も欲しかったのだが、残念ながら閉店時間になってしまったため、断念。

翌日、新宿小田急へ・・・。
HABAで日本にいるときはずっと購入してるサプリとこれからのためにホワイトレディをゲット。
さらにネグリンも欠かさずチェック!!その日コーディネートしてたリングに合わせて、もうひとつ重ねづけできるものをチョイスし、そのままつけて遊びに行く。

・・・しまった、今日、退職する非常勤の理学療法士さんへのお土産忘れちゃった・・・。
まぁ、またこの方とは遊ぶから、いいか!!

自分で書いてて思ったけど、買い物しすぎだよなぁ・・・。次の給料までゆとりがあるんかしら?
[PR]
by who54211 | 2008-03-31 18:29 | 趣味 | Comments(14)

大小

現在、非常勤でお手伝いに来てくれている理学療法士さんが、ワタシがいなくなった後に無事に後を引き継いでくれることになったのだ。

ほんとは年度が替わる4月から施設基準をあげたい、という病院側の希望があったのだが、なにせ一気に基準を二段階あげるので、患者さんの負担も増えるし、スタッフの対応もできないので、来月準備期間、5月を試算、6月から本請求、というふうに段階を踏むことにしてもらった(だってワタシそんなすぐに対応できないもん・・・。まだ調べなきゃいけないことたくさんあるし・・・)。

で、今日はその引き継いでくれる理学療法士さんの出勤日だった。

ちょっといろいろと現在お勤めの病院との間で「辞職」に関する揉め事があり、こっちの病院の入職についてはっきりしなかったため、お詫びとこれからもよろしくおねがしますの挨拶もかねて、彼は院長、看護師長、そして人事のおいちゃんに菓子折りを持ってきていたのだ。

この時点でワタシは「えらいなぁ・・・」と思っていたのだが・・・。

人事のおいちゃんからこの菓子折りにクレームがついてしまったのである。しかも理由が

「小さい」

ということで・・・。

大体就職するのにそんな菓子折りもって行かなきゃいけないなんて決まりも無いんだし、気持ちの問題なんだから、サイズなんてどうでもよくないか?

というか、何を持って「小さい」って決めたのかがわからない・・・。スタッフ全員に配ってもらうために彼が菓子折り持参したわけでもないだろうに・・・。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

患者さんからの差し入れは極力お断りしているワタシだが、中にはやっぱり「どうしても」と置いていく患者さんもいるのだ。
昨日、転院した患者さんも、直接リハビリ室には持ってこなかったが、病棟のナースステーションにお饅頭を置いていってしまった。
病棟の看護師さんももてあましており、「リハビリのスタッフへってことだったので」と押し付けられてしまった。

・・・でも昨日出勤していたのは、ワタシとマッサージ君の二人である。

なのに、手のひらサイズのでっかいお饅頭を20個もくれたのである。
しかも消費期限が日曜日まで・・・。一番熱心にリハビリしていた月曜に来る非常勤の理学療法士さんには差し上げられない・・・。

どうにも困ったので、事務所におすそ分けしに行ったら、事務所にも「あら、外来からもらいましたよ~」と同じ饅頭が・・・。

でもスタッフの数は明らかに事務所のほうが多いので、無理にお願いして半分消化。

今日来た非常勤の理学療法士さんと、明日来る理学療法士さんに二つずつ。
そしてのこった6つをマッサージ君と分け、コトナキを得た。

確かにこの患者さんは失語症だったけどさ~。家族の人もリハビリしてたとこ見てたはずなのになぁ・・・。

びっくりである。
[PR]
by who54211 | 2008-03-28 17:36 | 仕事 | Comments(10)

配慮

非常勤でお手伝いに来てくれている理学療法士さんの中に、愛くるしいキャラクターの人がいる。

ワタシよりも年上さんだが、後輩である。

お仕事予定の前日に急に電話をくれたのである。
何かと思えば

「急に引っ越さなければいけない事態になってしまい、手続きとかしなくちゃいけないので明日の午後は休ませてもらってもいいですか?」

という内容であった。

まぁ別にそれはいいのだが、問題はどうして引っ越さなければならないことになったのか?ということである。

出勤してきた彼女に聞いたところ、

「いや~、深夜に洗濯機回しちゃったんです。そしたら、階下に住んでるコワモテのおっちゃんが夜中にも関わらず、押しかけてきて・・・。警察まで呼んで大騒ぎになっちゃって」

これは、完全に彼女に非がある。しかも今回だけでなく、前科が何回かあるのらしいのだ。しかもその度にそのおっちゃんは押しかけてきているのである。それはだめだろ・・・。

おりしも、この話を聞く直前に、ワタシが一緒に寮生活をしている17歳のおじょうちゃんが夜11時前に洗濯機を回してびっくりした、という話をマッサージ君としていたところだったのだ。アパートなどの構造にもよるが、夜間の洗濯機の使用は、共同住宅ではかなり問題になると思う。さすがに3度目ともなった昨日は頭に来て「夜10時以降の使用は控えてね」とメモ書きを洗濯機に置いてしまった。おじょうちゃんは明日遅番で朝ゆっくりかもしれんが、ワタシは常に同じ時間に出勤するため生活のサイクルがほぼ同じである。

ワタシに合わせろ、というつもりはないが、一般的な常識として、その時間帯に洗濯機って回すものなんだろうか?

学生時代、ホームステイ先でもそんな時間はよほどのことが無い限り、洗濯機を回した記憶がワタシにはないのだが、世間一般では大丈夫なのだろうか?
  
常識というものは言葉同じで、常に変化していくものだから、そのうちに夜間の洗濯機使用もあたりまえになるのかもしれない・・・。最近は静かなものも増えてるしなぁ・・・。

・・・でも寮で共用してるのは古いし・・・、うっさいし・・・。

いまだにおじょうちゃんへの対応が微妙にわからないワタシである。
[PR]
by who54211 | 2008-03-27 17:39 | 愚痴 | Comments(6)

初物

昨日はゴトウ日。
そう、いわゆる道路が込み、銀行も込み合う日。

・・・そしてワタシの給料日でもある。

病棟から戻ったら給与明細が机に乗ってるのを見たら、うれしくなって踊ってしまったのは言うまでもない。(アホ)

お給料が出たら、やりたかった(買いたかった?)ことがたくさんあるのだが、その中のひとつを早速実行してきた。

以前暮らしていた那須塩原市にある、「Quattro Crew Colors」に行くこと。

このお店は、そこに暮らしていたころよく入り浸らせてもらったSeven's DoorのGARCIAさんが新たなスタッフとして加わり、もともとメランツァーナというお店をパワーアップさせたおサレなレストランである。

・・・実は、つい先日までお店の名前が変わったことを知らなかったフトドキなワタシ・・・。

Quattroには、GARCIAさんも含め、仲良くしてもらっていた人たちが働いているし、お友達になった人もお客さんとして遊びにきているようなので、ず~っと寮で温めていたお土産を大量に持ち込んだ・・・ハズだったのに、なぜかGARCIAさんの分だけ忘れ・・・ごめんなさ~い(汗)!

今までテーブルがあったところにオープンキッチンのカウンター席が設置され、お店に入ると必ずスタッフと顔を合わせられる造りになり、お座敷も完備している。ドリンクの種類も豊富で、お店のメニューはメランツァーナのころのものもたくさん残っていた。

それよりもなによりも、GARCIAさんの仕事に対するスタンスがSeven's Door時代とは全く違うプロ仕様になっていて、「おぉ!」と感心しつつ、おいしいお酒とゴハンを楽しませてもらったのだ。
(写真は後日UP予定)

9ヶ月ぶりなのに、そんな時間の経過を感じさせない仲間がいるのはありがたいことである。

さぁ、那須塩原在住の見に覚えのあるみなさま、お土産ははやいモン勝ちなので、早々にQuattroに行くように!!(命令)

ほかのエリアにお住まいの方、栃木県は那須方面へお出かけの際は、西那須野駅東口徒歩1分にあるQuattro Crew Colorsへぜひ立ち寄ってもらいたいものだ。

・・・今度は休みの前に遊びに行こう・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-03-26 17:39 | 人間 | Comments(4)

購入

前にジムに通っていて感動を覚えたもののひとつに、ストレッチポールによる深部筋肉のストレッチがある。

いわゆる丸太棒状の筒の上に背骨を乗せて寝転がり、筋肉を緊張させないように手足をゆっくり動かす、というものである。
しかし、それをやった後と前では、特に仰向けで寝たときの背中の床への密着度が明らかに変わるのだ。

実は前回カナダに行く前に一本買ったのだが、なにせ背骨をすべて乗せるために結構な大きさなのである。(当然持ってきてない)
だが、最近、空気で膨らますタイプのものが出て、説明DVDとおまけの普通のストレッチのビデオが二本もついてくるとのことだったので思い切って、また買ったw(ばか)。

届いたのに、自分の体調悪すぎて、開けたのは昨日・・・。

そしてついでだから~と普通のビデオも見ようと部屋にあるテレビデオにテープ挿入。

ところが!!

何度やっても再生されず、なぜかテープを排出しつづけるテレビデオ・・・。

おかしい・・・と気づいたときにはもうすでに遅し。
テープかみまくりで、しまいには切れてしまった・・・。

が~~~~ん!!!

落ち込みながらストレッチポールで寝違え予防のために深部筋肉のストレッチにはげむワタシである・・・。ビデオってセロハンテープでつなげて大丈夫かなぁ・・・ってデッキなければ見れないか。
[PR]
by who54211 | 2008-03-24 18:06 | 趣味 | Comments(2)

半休

それは日曜から兆しを見せていたのだ。

花粉症がついに勃発した先々週、マスクと市販の鼻炎薬でなんとかごまかしていたワタシだったのだが、月曜の朝、いつものように基礎体温を測ると37度を超えている。

ここまでは花粉症でもよくある症状なのだが、明らかに先週までの鼻水とは色と質の違うものが分泌されるようになり、耳も良く聞こえない。

でも、例の呼吸器のじーさまが朝早く来るので、休めないな~と無理を押して出勤するが、やっぱり午前中でダウンし、午後は休ませてもらった。お休みを利用してじーさまを威嚇したヤな感じの医者を受診(選択肢がなかったのだ。だってまだ保険証来てないから、自分の勤める病院以外は受診できないんだもん・・・)。

耳のなかも見てもらったが、「のどが浮腫んでます。まだそんなに中耳に炎症も起きてないので風邪で鼻をかみすぎて耳管が一時的に詰まってるんでしょう」という診断。あまり続くなら耳鼻科にかかってくれ、と言われ、普通の風邪薬だけ処方された。

先週、扁桃腺炎で受診したマッサージ君とほぼ同じ内容のお薬。彼は完治している。薬ちゃんと飲みきってないのに!!

違うのは、一週間もちゃんと飲み続けているにも関わらず、全くよくならないワタシの症状である。
結局この一週間、仕事はすべて午後休ませてもらった。午前中は、そこそこ動いてくれる患者さんだからまだしも、午後のベッドサイドで一緒に患者さんと落下しかねないほどフラフラだったのだ。
相変わらずあんまり聞こえない耳と常に詰まっている鼻。そして微熱・・・。

だいぶ体全体の調子は良くなってきたものの、治る気配すらない。右の首筋にあるリンパ腺はずっと腫れたままだ。

咳が出始めたからきっと治りかけてはいるのだとは思うのだが、あんまりにも咳をしすぎて、今度は腹筋が痛い・・・。

踏んだりけったりである。

再受診をすべきかどうか、悩む土曜の午後・・・。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

一緒に寮で暮らす17歳のおじょうちゃん、毎晩洗濯機を回すのである。

それはそれで結構なのだが、毎回毎回スイッチを入れてから洗濯機のふたを開けっ放しで放置するので、洗濯機が「ふざけんじゃね~~~」といわんばかりに電子音をピ~ピ~ピ~ピ~言わせるのだが、なっかなか気がつかない。

鈍いを通り越して、学習できないらしい、ということを発見。

うだうだとうるさく言わないでおいて良かった・・・。言ってもこりゃ~わかんない子だわ。

今、耳あんまり聞こえないからいいけど、耳管が通るようになったら電子音、気になるかもなぁ・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-03-22 15:15 | 人間 | Comments(8)

流行

といっても世間一般のものではないのだが。

自分が吸収する情報でマイブームというか欲求を持つ癖がどうもあるらしい。

今、とっても欲しいもの、それは「若狭塗りの箸」である。

えぇ、それはNHK朝の連続テレビドラマ小説「ちりとてちん」に影響されているからだ。
そういえば、今は無き「七扉」では、この若狭塗りの箸でご飯食べてたなぁ・・・。

塗り箸ってすべるから箸が上手に使えないと使いこなせないみたいだが、あの上品な美しさが好きなのだ。漆を重ねて、飾りを入れて、そして磨く・・・。どんなに磨いても、その箸が持ってる以上のものは出てこない(徒然亭若狭ちゃんのパクリw)っていうのも魅力的だよなぁ・・・。

エコロジーが叫ばれて久しいが、やはりお箸は使い捨てではなく、長く使えるものがいいと思う今日この頃である。バンクーバーにいたころは、どうしてもフォークとナイフだったのだが、やっぱり日本にいると、どこにいてもお箸が出てくるからありがたい・・・。

若狭塗りの箸ってどこで買えるんだろうか???

そうそう、もうひとつマイブームがあるのだ。

今更ながらだが、田中ユクコさんの「造顔マッサージ」である。
お友達のmihogumaさんはずっとやっておられるそうだが、ちょっと前、TOKYO FMのご長寿番組のひとつ、「アバンティ」で、ユクコさんが出演していて、「おぉ!!」と感銘を受けたのである。

で、お金も無いのに早速DVDのついた本なぞ買ってみた。

・・・DVDどこで見るんだろうか・・・(無駄にテレビデオはあるのだが)。

ということで本だけ読んで、なんとかまねしているが、この効果は絶大である。
最近むくんでいた顔がすっきりしてきたのだ。
そして化粧のりがグンと良くなった。

もちろんいままでのカヅキ式のマッサージや佐伯式パックも続けているのだが、この絶大な効果には驚きである。

・・・それだけたるんできてたってことなのか???

17歳の同居人を見ながら、がんばって年齢不詳な女を目指す今日この頃でもある。
[PR]
by who54211 | 2008-03-15 16:49 | 趣味 | Comments(8)

取扱

月曜日から一緒に寮生活をしている17歳のおじょうちゃんは、あんまり挨拶や返事の出来ない子らしい。病棟で一緒に働くヘルパーさんに言われてしまった。

とはいっても、ワタシは彼女の保護者ではないし、後見人でもないので、なにもフォローできないんだけども・・・。なんというか、一緒に生活してて、いろいろと注意書きなんかも貼ってみたけど、その通りにも行動できてないし、大丈夫なんだろうか?この子、という感じである。

このテの集団生活の経験のある、マッサージ君いわく、

「放っておけ」

とのことなので、ワタシが暮らしよく生活するように行動しようと思う。(要するに彼女の協力は求めないで、先回りして掃除とかやってしまおうということである)

いや、わかってるのだ。そんな風にしたら彼女の成長にはつながらないということくらいは。
でも、彼女にわかってもらう方法が見つからないのだ。口で説明しても返事だけ、書き留めておいても無視されるんでは手の施しようがない。
いろいろと聞いても、黙ってしまって反応がないのだ。

・・・ワタシはボランティアではないし、前述したように彼女に対して責任を負わなくちゃいけない立場でもないのだ。フォローしてあげたいんだけど、彼女のそんな態度では、ワタシはどうしてあげるのが一番なのかわからないのだ。

だから、とりあえず自分中心に生活しようと思う。

*=*=*=*=*=*=*=*

病院には必ず看護師長っていうのがいる。

看護師長に限らず、ワタシは大体病院で「長」のつく人にいい印象を持ったためしがない。

ここの看護師長さんもしかりである。

無事にワタシが抜けたあとにも常勤になってくれる理学療法士が見つかったため、基準をあげることもあり、いろいろと書類を作らなければならないのだが、ゆくゆくは介護病棟は老人保健施設になる、ということで、関連の老人保健施設で使ってるものを(監査に通過してるので)使おう、と病棟のケアマネさんと話をつけたのだが、なぜかこの看護師長でストップ。

彼女いわく「あそこはOTしかいないから」

いやいや、老人保健施設のリハビリ基準はPTでもOTでもどっちでもいいんだってば!!
そんなことよりも、監査に通用する書類を作るほうが大事なのに。
というかそれ作るのはあなたじゃなくてワタシじゃないか!!

それをやんわりとケアマネさんから言ってもらっても通じず・・・。

よくよく考えると、関連の老人保健施設には、彼女の天敵である、元看護部長(現在は老人保健施設で働いている)がいたんだった・・・。

・・・個人の私怨で職員に負担かけるってどういうことよ???

そんなこんなで明日は事務作業である。休ませろ~~~~~!!!
[PR]
by who54211 | 2008-03-14 17:45 | 人間 | Comments(2)

伝達

たまたまなのだが、入院患者さんにも外来患者さんにも呼吸器リハビリテーションの対象になる患者さんが出た。

呼吸器リハビリテーション(以下:呼吸リハ)は、肺を中心とする呼吸機能に問題があって、動作時に息切れするのが主訴であることが多い。
ひどいケースになると、在宅酸素療法といって、自宅に空気から酸素を作り出す機械を置いたり、酸素ボンベを持って帰ることもある。そういう人は大体生涯酸素吸入をしていないといけないことが多いのだ。

外来で見ているおじーちゃんは、この在宅酸素の対象者である。もう始めて4年にもなるのだが、在宅酸素をはじめる前に、きちんとした呼吸法すら教わっていなかったようだ。その時点で呼吸リハを始めていたら、在宅酸素の開始を遅らせたり、酸素量を減らすこともできたかもしれないのに・・・。

この患者さんの問題は、酸素の必要性に対する自覚が足らないのである。大体呼吸器障害のある患者さんで、在宅酸素をしなくちゃいけないような重症なケースの場合、しゃべっていても苦しくなるので、あまり大きな声でしゃべることはないのだが、そのじーさま、でっかい声でものすごくおしゃべりなのである。

「息苦しい」という観念はこのじーさまにはない。

だから、時々めんどくさくて、酸素を身につけずに家の中を歩き回ったりするのだ。

結果、ふらついて転倒したのだ。

問題は、そこではなく、その事実を医者にいえない患者さんと医師との信頼関係にある。

在宅酸素をはじめる時点で、本来であるならば、医師は酸素の重要性について患者さんがわかるまで説明なくてはいけない。患者さんには知る権利があるし、症状を語る権利もある。

症状を説明してもらうためには、医療従事者に聞く耳がなければいけない。

今朝(なぜか今週一週間だけリハの指示が出て、今日で4日目)、そのことをじーさまが愚痴をこぼしていたのだ。

「言いたいんだけど、いえないんだよ。なんかおじけずいちゃうんだよね~、あの態度見ると・・・」

医師に言えなければ、看護師でもいいんだが・・・。日々の業務に忙しいというのは理由にならない。そういう意味では確かにリハビリ部門ってマンツーマン対応になる時間がほかの職種よりは長いから、話しやすいんだろう・・・。

でも、カンファレンスもないこの病院でワタシだけに事実を話されても、広がっていかない。
(努力はするけど)

医師のほうは、話しにくい状況であることを認識してるんだろうか?

患者さんにも医師を選ぶ権利はあるのだが、こんな医療過疎地では難しいよな。

じーさま、がんばって次回の診察時には言ってくれ!!
[PR]
by who54211 | 2008-03-13 17:50 | 仕事 | Comments(8)

我慢

金曜の深夜に地震があったのだ。
それで妙な時間に目が覚めたのが災いして、土曜の朝、首を寝違えていた。

しょうがないので、自分でいろいろと痛いところをマッサージしていたのだが、月曜の朝、左の肩甲骨の内側が痛くなり、昨日からは左の肩まで痛くなってきた。

理由はどうやら寝違えた首のせいである。

人間の背中には脊柱起立筋という、頭から仙骨までつながっている筋肉があるのだが、寝違えたときにこれの一部が硬くなってしまい、結果その周りにある筋肉がカバーするために無理をしてしまい、肩甲骨の内側にある菱形筋の動きが悪くなり、そのせいで肩甲骨の動きが悪くなったから、肩の関節だけで腕を動かさなければならず、左の肩の筋肉が筋肉痛になった・・・、という悪循環が起きたようである。

患者さんたちと一緒に体操してても、左側だけ痛い・・・。

しまいには腰まで痛くなってきたため、マッサージくんにヘルプを求めた。

やはり、原因は寝違えのようだったが、放っておいたために低い位置の背中の筋肉が硬くなり、肩甲骨周りの筋肉にも影響したようである。マッサージくんいわく、「下のほうが悪くて、上に影響した感じ」らしい・・・。

ってことは寝違えの原因はもともと背中がおかしかったせいなのだろうか?

マッサージくんのおかげで、肩の痛みはだいぶ取れたのだが、肩甲骨の動きはまだ悪く、動かすたびに筋肉の硬いところが当たって音がするのだ。

ちゃんとストレッチや筋肉トレーニングをしてても、こういうことって起きるときは起きるんだよな・・・。早くラクになりたいが、そのためには肩甲骨の位置を自分で修正しながら動かないといけない。気がつくと、肩甲骨が左だけ外に来てしまっているらしい。

「Love Body」の本を書いた元シェイプアップガールズのおねいちゃんも言っていたが、背中というのは自分で見えないために意外と手を抜きやすいところである。でも、自分には見えなくても、他人からはよく見えるのだ。やっぱりちゃんと見ながら体操しないとだめなのね(泣)。

ということでリハビリ室の職員控え室にある、使っていない姿見(職権乱用!もちろん患者さん用にはもっとでかい鏡があるので問題ないのだが)を拝借することにした。

特にほかに問題がないと、痛いところってものすごく気になるものである。早く良くならないかなぁ・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-03-12 17:59 | 愚痴 | Comments(8)