タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2008年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

責任

ごく稀ではあるが、自分が日ごろ全く関わっていないのに、身体障害者手帳の申請や障害年金の受給のために、飛び込みで「検査お願いします」と頼まれることがある。

月曜日、そんな患者さんが一人訪れた。

依頼そのものは土曜日にあったので、できれば非常勤の理学療法士さんが来る曜日に来て欲しいというと、「4月中に提出しないとだめみたいなんです」と事務のおねいちゃんに言われ、仕方なく、入院患者さんを診ずにその患者さんの検査測定を月曜日の午後、行った。

その患者さんは、障害年金のための診断書をもらうためにわざわざ隣の県からやってきたのだ。

元々は栃木の人のようだが、身元引受人の娘さんのお嫁入り先である隣県の施設に一年以上前から入所している。

なのに、なんでこんなところまで来たのだろうか?
謎である。
確かに前回の診断書製作の時には、その患者さんはワタシの勤める病院の関連施設にいたので、うちの病院の院長先生が診断書を書くのは納得がいく。でも、もう1年以上この病院には受診したことないのに・・・。

ワタシの持っている資料には、「障害年金の診断書は認定医制度ではなく、医師は希望があれば応じなければいけない」とあるのだが・・・。脳血管障害の患者さんなら、ほぼ間違いなく合併症で何か抱えてるはずなのに。施設のそばで受診してないのか?

なんだかよく分からない・・・。

さらによく分からなかったのが、前回の診断書である。
ワタシが診た限り、その患者さん、確かに麻痺はあるのだが、麻痺している側もそこそこ使えるのである。杖をついて歩くこともできたし、手すりのあるところでは階段の上り下りも出来ていた。
なのに、前回の診断書のコピーを見ると、完全に麻痺してる側の手足は使えない、歩くことなんて無理!というような動作の評価になっているのだ。

そのとき、検査をしたのは、関連施設で働く作業療法士さんである。

・・・ちゃんと測定したのかよ???

脳血管障害の患者さんの場合、発症して半年から一年で症状がおおむね落ち着くことがほとんどで、この患者さんの発症はもう5年も前である。前回の診断書は二年前のものなので、そのときからこの患者さんの状態が大幅に改善したとは考えにくいのだ。
しかも、状態が悪くなったならまだしも、ものすごい改善ってどうなのよ??

そういえば、だいぶ前にここの施設の非常勤で働いていた作業療法士さんが病院見学に来たとき、「あそこの施設にいる正職員の作業療法士、ほとんど患者診てない」って言ってたっけか。

見た目だけで実際にはなにも動作を見ないで書いたのか、それとも受給してもらうためにわざとやったのか?

なんにせよ、これ、虚偽だよなぁ・・・・。

その後、ワタシが評価した患者さんの診断書がどうなったのかは定かではない。
とりあえず、ワタシはちゃんと測定した結果を書いたまでである。

・・・というかこれはお医者さんの仕事なんだけどねぇ。
[PR]
by who54211 | 2008-04-30 18:06 | 仕事 | Comments(4)

距離

最近はこのブログに直接アクセスしてくれる人も増えたが、ワタシはmixiも利用してるのだ。mixi経由で読んでくれてる人も結構いる。
mixiの足跡がついに7777人目。そのラッキーな数字を踏んづけたのは、このブログにマメにコメントしてくれているAkiさまである。

そういえば前回の切り番もAkiだった記憶が・・・。それだけちゃんと読んでくれてるってことなのね。ありがとう。

思えばAkiとはAkiの旦那さんとともにバンクーバーで知り合って早数年・・・。向こうでもよく遊んだが、なんだかんだと沖縄に住む二人にも二度ほど会いに行っている。彼女たちが沖縄移住を決める前には大阪でも遊んでもらったな。元々二人は関西出身なのだ。

今はもうじき一歳になる娘さんの子育てで奮闘していることだろう。沖縄にもまた行きたいけど、これから計画立てるとなると死ぬほど暑そうな時期に行く羽目になるな・・・。それもまた楽しい沖縄ではありそうだが・・・。

ブログはマメに更新しているものの、実生活ではそれほどマメではないワタシ。メールが来ても読んだら満足して返信もろくにしないことが多い。そんな輩でもこうして仲良くしてくれる友達に恵まれたことはありがたいことである。Akiだけにとどまらず、中学、高校から仲良くしてる友達は、ほんとにめったに連絡しないのに、連絡するとちゃんと答えてくれるのだ。みんな偉いなぁ・・・(見習えって???)
うちの母も然りで、メールしても帰ってこないし、家族間は無料なはずなのに、メールに対する電話すら寄越してこないのもしょっちゅうである。

そんな母が珍しく、電話をしてきた。

最初に伝えてきた内容はたいしたことはなかったのだが、ワタシが「お姉ちゃんは帰ってきてるの?」と聞いたら、「今は一番下の弟が戻ってきてる」とのこと。

ワタシは4人姉弟なのだが、一番上の姉と一番下の弟は、同じA型のせいかなんとなくこういうところが似ている。マメなのだ。特に姉は子供が出来てからというもの、出来る前はまったくといっていいほど実家に寄り付かなかったのに、両親のありがたさを実感したのか、しょっちゅう母に頼っている(母もよく姉の住む滋賀に出かけるので)。

ワタシは、一番遠くにいるので(国内でも国外でもw)なかなか実家に戻れない。たまに戻ると父親がうつ病偽装(帰国したばっかりのときは大変だった)したりするから、あんまり帰りたくもないってのもあるw。(姉は滋賀だが、一番下の弟は現在京都の福知山に駐屯している)
でも一番近い県内に住むすぐ下の弟は、どうなんだろうか?まったく話題に出てこなかったな・・・。いまだに代理母出産考えてるのならば、実家の敷居はまたぎにくいのかもしれないが。

1分半の短い電話。
でもそんな短い会話でも、通じるところがあるっていうのはやっぱりつながっているんだな、という感じである。

もう母の日の贈り物は発注済だが、メッセージカードはまた別に送ろうかな。
[PR]
by who54211 | 2008-04-27 10:43 | 人間 | Comments(6)

目的

セントレア空港から実家に戻るとき(相当前だけどさ)、母が「デラックストイレ、寄ってく?」と言い出した。

デラックストイレ???

実家のある豊川市にセントレア空港から戻るには、伊勢湾岸道路を使うのだが、その道中突然現れたのは観覧車・・・。
こんなところに遊園地あったっけか?と思って、母に聞くと「あそこにデラックストイレがあるのよ」とのこと。

車を降りると、なんとそこには「デラックストイレ」と銘打った案内看板が・・・。ということは普通のトイレもあるんだろうか?

f0129786_1763216.jpg


中はさながらどこぞのギャラリー??という感じ。

f0129786_1715725.jpg


手洗い場のシンクもおっしゃれ~。

でもね、肝心の便器は普通だった。

このトイレ、男性用は大して豪華ではないらしい。コレも男女差別っていうのかしらね?

そういえば、最近は「速弁」と称したPA、SAのお弁当やサービスがはやっているらしく、それだけのために高速道路利用をする人までいるんだと・・・。

なんかズレてる気がするんだけどな・・・。

ゴールデンウィーク、ワタシは電車でしか移動できないけど、車、すごいことになるんだろうな。このハイウェイオアシスも含めて・・・。

さて、ワタシもカレンダーどおりにお休み。今日はたまったペーパーワークのために出勤したが、明日、29、そして3~6はお休みである。

なにしよっかな♪まぁどっかでお決まりの寮の掃除はするんだけどねw。
[PR]
by who54211 | 2008-04-26 17:19 | 報告 | Comments(2)

読破

一緒に働いているマッサージ君はHow to本とか自己啓発関係の本をよく読んでいるのだが、そんな彼が最近貸してくれた本。

f0129786_174609.jpg


昨日、やっと読み終わった。
「The seacret」といういわゆる思考変換を勧める本である。

この本でしつこく唱えているのは「引き寄せの法則」という考え方。

この引き寄せの法則っていうのは、とにかく自分が考えたものがどんどん自分のところに寄って来る、自分から寄っていってしまう、というものである。

最近、ワタシはこの本に影響されて、なるべく嫌なことは考えないようにしているのだ。だから掃除してても文句言わないし、いろんな嫌な人間は自分にとって、「嫌なことを教えてくれてるありがた~い存在」として認識するように心がけているのである。

まぁ、そんな簡単にいかないことも多いのだがw。

とにかく、やりたくない仕事のこととか、病気とかそういうマイナスなことを考えてるとそれらを引き寄せてしまうのである。これ、「病気になりたくない!!」と思っても、「病気」というキーワードが思考に残ってしまうため、それが病気を引き寄せてしまうのだそうだ。

同じように「○○になりたくない」と思うと、その嫌な○○が寄ってきてしまうわけである。
ダイエットのときは「○キロやせたい」よりも理想体重を常に頭においておいたほうが良いらしい。

ちょっと笑っちゃったのが、「結婚したい」と思ったら、寝床の半分を未来の伴侶のために空けて寝るといいんだってさ・・・。この発想は欧米的よね。あと小切手がいっぱい郵便受けに届くイメージとかね。

なにはともあれ、嫌なことに頭を占拠されるよりも、いいことに占拠されてたほうが人間って幸せだし、楽しい気分で活動できるから、こういう発想の転換はいいのかもしれない。

一番引き寄せたいもののイメージと、そのイメージを崩さない行動を取るようにがんばりたいものだわ。
[PR]
by who54211 | 2008-04-25 17:56 | 関心 | Comments(4)

偽物

この前、銀座に行った帰り、遅くなったから上野の駅でサンドイッチを買ったのだ。
「えびカツサンド」と銘打ってあったのだが・・・。

f0129786_17405891.jpg


エビカツ、ってワタシのなかではえびのすり身をコロッケ状にして揚げたもんだと思ってたんだけどな・・・。
これはエビカツというより、エビフライサンドだろ???

・・・なんだか騙された気もしたが、おいしかったので許す!!
[PR]
by who54211 | 2008-04-24 17:44 | 報告 | Comments(6)

吸収

今朝、台所を見たら、誰かが食器を洗わずそのままにしていた。

ワタシのなかでは共同生活してるときには、共用部分に自分のモノはなるべく置いておかないようにしている。誰がその後使うか分からないから、迷惑かかるしね。

先週は、明らかに腐っているおかずなんかが入ったまま、食器が置きっぱなしになっていた。

「自分のスペースじゃないから」気にならないんだろうな、たぶん。

結果、両方ともワタシが片付けた。

誰もお礼を言ってはこない。

ワタシが気持ちよく過ごすために、片付けたので文句はない。

同居している二人は、きっと「やってくれてありがとう」ではなく、「やってくれてラッキー」くらいにしか思ってないのだろう。
掃除にしても然りである。
先週末、ワタシは風呂場とトイレの換気扇の掃除をし、さらにずっと気になっている風呂場の鏡の水垢落としをしていた。
まだ完全にきれいになったわけではないが、相当水垢が落ちて、見えるようになった。
でも、誰も何も言ってくれない。

掃除をしてるときも、今こうして若干愚痴ってるときも、なるべくこう考えるようにしている。

「掃除して、きれいにしてるワタシは、あんたたちの運気まで吸い取ってるんだから!!」

風水的には、きれいを保つと運気があがるというし、鏡を磨くと美しさにも磨きがかかるという。

目の前で掃除しててもきっと彼女たちは「あ~掃除してるんだ」くらいにしか思わないんだろうな。

「ご近所物語」という漫画のなかで、主人公の実果子が妹の実和子に向かって、「ごめんなさいとありがとうが言える子はいい子だよ」と言っていたが、人間関係ってそれでうまくいったりいかなかったりするよな。

何事もおかげさまなのである。

自分にとっていやな存在も、その嫌な部分は絶対まねしないようにしよう!という教訓を与えてくれている立派な反面教師として感謝に値する、って考えれば、腹も立たない。

世の中、そういう風に出来てるんだよね。
[PR]
by who54211 | 2008-04-23 17:42 | 人間 | Comments(12)

準備

今日は「アースデイ」、地球環境を考える日である。

京都議定書ができてから早や数年、日本の二酸化炭素排出削減計画は、常に計画倒れに近い状況。

個人的にはエコバッグを持ち歩いている。
お箸も持ち歩きたいんだけど、ついつい忘れがち。
ペットボトルではなく、水筒も持ち歩きたいんだけど、今、1リットルのやつしかなくて、でかいんだよね・・・。どっかで小さいの買おうか悩むところ・・・。
コーヒーショップに寄る、と決めてるときは、トラベラーマグを持っていくようにしている。

ワタシがやれてること、ってこんなもんかなぁ・・・。

ほんとは電気消費量とか減らしたいんだけど、こればっかりはどうにもならないことも多い。
待機電力とかも考えないとな・・・と思いつつ、なかなかプラグを抜き差しすることができない。
しかも、寮に生活してると光熱費が込みだから、ついつい気にしないでおいちゃうんだよね。

今朝のニュースで、二酸化炭素対策に寄付金を払うシステムがある、というのをやっていた。

お金で解決できるものなのか?そのお金が木を植えたり、エコな発電へ回されず、発展途上国からの買取に回されたらそれこそ意味ないよなぁ・・・。

環境って、そこにあるのが当たり前すぎて考えない。でも考えなければ対策は進まないよな。

なにかワタシができそうなことを探してみよう。
[PR]
by who54211 | 2008-04-22 17:54 | 関心 | Comments(4)

大人

二十代、後半に差し掛かったころから欲しかったものがある。

それは万年筆である。

中学生くらいのころに、おもちゃのような万年筆を使っていたのだが、かばんなんかに入れてると、揺れるせいかインク漏れがひどく、使うのをやめてしまった。もともとそのシリーズの万年筆は小さいうえに軽すぎて、使いづらかったのである。

土曜日、急に思い立って銀座に行ったのは、半分はネグリンのため、半分は万年筆を選びに行くためだった。
銀座の伊東屋には、お手軽なものからそれこそ「これ、一財産だよな・・・」と言いたくなるような高級筆記具が並んでいるのである。

以前、midoriさんのブログで、「お手紙を書こうとしたら万年筆が壊れていた」という記事が載っていた。

そういえば、お手紙、出したいと思ってた人がいたんだった!!

きっとこういう機会でもないと買わないだろうな~と思って、伊東屋に行ったわけである。

それこそ何万本に近い単位で並んでる中から選ぶのって相当、根気いるよなぁ・・・。
近くにいたダンディな店員さんに選ぶコツを聞いてみたら、「ためし書きするのが一番ですね」とお手ごろな値段のものをいくつか出してくれた。

万年筆も、ペン先の太さがいくつかあるようだ。一番細字のもので、ちょっと重さのあるものを試す。
紙の上をすべる感覚がすごく好みだったのだ。

店員さんいわく、それこそ目が飛び出すような高級ブランドもあるが、そこまでの大きな違いはなく、使い込んでいくことで自分にあった筆記具になる、とのことだった。
海外製品よりも、日本の製品のほうがカートリッジ式も吸い上げ式も両方使えるものが多いことなど、芸も細かいんだって!!日本人ってやっぱり器用なのね。

で、ワタシのところに来たのはコレ↓

f0129786_17482196.jpg


パイロットの「グランセ」というシリーズ。あずき色と悩んだんだが、店員さんと相談した結果、緑色に。仕事用に、とボールペンもおそろいで購入した。

ボールペンといえば、バンクーバーで専門学校に通っていたときに、学校説明をしてくれたのが、当時そこでホスピタリティ(ホテル関係)のクラスを持っていたデンマーク出身の先生だったのだ。一通りの説明を聞いて、「説明ちゃんと受けました」のサインを入れるときに、その先生がスっと胸ポケットからボールペンを貸してくださったのだ。

たしかモンブラン社製だったと思うのだが、重みがあるのに書きやすかったのをよく覚えている。

同じくホテル業をしていたQuattroのGarciaさんも、ボールペンはイイヤツを使ってた、って言ってたな。「王様の仕立て屋」という漫画の中で、主人公・織部さんも「パイロットの『竹』シリーズを使ってる」って言ってた。接客業でそれなりのところで働く人は、人に貸し出すときに恥ずかしくないものを持ち歩くのかもしれないな。

病院なんかで働いてるとボールペンって、製薬会社なんかがたくさんくれるので、それを使うことが多いのだが、今日一日、この新しいボールペンでカルテを書いてみた。

筆圧の高いワタシでも、あんまり手が疲れなかったな。気分の問題もあるんだろうけど。

社会人や大学進学者に贈り物として定番のものだが、自分で納得いくモノを選ぶってのも、大切な作業のような気もするな。
[PR]
by who54211 | 2008-04-21 17:58 | 人間 | Comments(7)

再発

金曜から栃木県はものすごい強風に見舞われていた。
どうもワタシが出かけるときには、天気が荒れることが多いらしく、そのせいで電車が止まることもしばしば・・・。何気にワタシが出かけるときはなんだかんだと遅延してる率、高いのである。

でも、土曜日は前から予約していたエステの日。
ワタシが利用する烏山線の9時代の電車は、宇都宮線にそのまま乗り入れるので、それに乗るために出かけていったのである。

ある程度の遅延は覚悟していたが、20分経っても来ない・・・。これはもう今日は無理かも、と考え始めたときに後ろから声をかけられた。

「電車、大金駅で止まってっから」

声の主は、ワタシの勤める病院の運転手さん(田舎の病院なので、車がないと生活できないのだが、運転できない高齢者を中心に、この病院では患者さんの送迎を行っているのだ)だった。宇都宮で10時から用事がある、というと、最寄の宇都宮線の駅まで送って行ってくれるとのこと。宇都宮線も遅延してるとは思うが、全く動いてない烏山線よりは大丈夫だろうと言うのだ。

・・・公私混同だけど、ま、いっか。

ラッキーだったのは、駅について3分後に電車が来たこと。アンラッキーだったのは、来たのになかなか出発しなかったことと出発してからも相当ゆっくりだったこと。

でもいいの。着いたから。
若干遅刻したものの、キャンセル料を払うよりはマシ。ここまで来たらエステサロンで多少待たされるのは仕方ない。今日はきっとそういう日なんだ、とあきらめた。

エステですっきりしたら、俄然活動意欲が出てきたので、天候の荒れに強い東武線を利用し、都内に出ることにした。前々からバンクーバー滞在中にいろいろと壊れて修理に出してたネグリンを取りに行きたかったのだ。ほんとはお台場まで行って靴の修理も頼みたかったのだが、さすがにそこまでの時間はなかった。
修理品を取りに行くのは東京駅目の前の丸ビルだったのだが、東武線からだと銀座のほうが出やすいので、銀座三越を覗く。

アンクレットが出始めている!!
しかも新作が出てる!!!とも思ったのだが、連休中にmidoriさんと杏さんと連れ立ってネグリンに行こうと言ってるし、小田急のアニバーサリーもあるので、今回はパス。最近ネグリンを好きになったお友達の誕生日プレゼントにしようかな、と悩んでいたら、店員さんが「丸ビルに行かれるのなら、丸ビルにお問い合わせいたしましょうか?」と言ってくれた。細かいパーツの種類がたくさんあるネグリンでは、たとえ店員さんであろうとそのすべてを網羅できるわけではなく、電話だけのやり取りでは品物がなんとなく想像できなかった。

まぁたいした距離でもないし・・・ともし気に入らなかったら戻ってきますよ~と言って、丸ビルへ。
三越にあった星のパーツのやつ(色違いをワタシは持っているのだ)も捨てがたかったのだが、新しいパーツで出来たものがあったので、そっちに決定。

で、丸ビルで店員さんに言われた。
「あ~これ、お客様だったんですね。」

以前、このブログでもUPしたネグリンのリングの重ねづけの写真。

f0129786_1174778.jpg


この写真をmixiのネグリンのコミュニティにも掲載したのだが、どうもこの反響がワタシの知らないところであったらしく、「三つ斜めにお花が並んでて、真ん中が緑の薔薇の指輪、オーダーしたいんです(丸ビルにはオーダー用の写真見本があるので)」というお問い合わせが何件かあった、とのこと。

恐るべし、ネット社会・・・。ちゃんと「重ねづけですよ」ってコメントしたのにな。

小ぶりのリングやネックレス、ブレスレットは重ねづけの楽しさがある。

f0129786_11302440.jpg


工夫次第でいろんな表情を作れるのだ。ネグリンで使われているモチーフは、形は違っても共通点がたくさんあるからこそのアレンジである。

f0129786_11321233.jpg


midoriさんが見に行った、三越でのイベントカード。丸ビルに大量に置いてあったので、もらってきた。今年、ネグリンさんは紫色を押しているらしい。紫か~。ワタシ、そういえばあんまり持ってないかもな。

たくさん戻ってきた修理品をピルケースにしまいながら、もうひとつピルケース必要かも・・・とネグリン熱にまたうなされてしまった一日だった。整理ちゃんとしないとね。
[PR]
by who54211 | 2008-04-20 11:39 | 趣味 | Comments(4)

役得

ワタシの勤務時間が終わってからも、病院の外来そのものは1時間動いている。その時間を利用してこうして事務所のPCを使わせてもらっているのである。

電子カルテの標準装備しなくちゃいけない時期も迫ってるんだから、この際、光回線も導入したんだから、各部署にもそういう設備を投資してくれたっていいのに・・・とも思うが、ここの院長、ガメついから無理だろうな・・・。いずれは必要なんだけどねぇ。

さて、事務所で仕事をしているわけではないのだが、こうしてPCに向かっていると、仕事をしているように見えるようである。しかもキーボードを打つのがほかの人よりは若干早いらしく(ていうか事務職なのにみんな遅すぎなのはなぜ?)、カタカタやってると「すげっ」とよく言われる。

さらに、このPCが置いてあるのが事務所の隅で、目の前にプリンターなんかが積んであるもんだから、体の小さいワタシは隠れてしまうらしく、隅っこで音がしてると「何事?」とよく、いろんな人が覗きに来て、ビックリされることが多い。

すんませんね~、態度だけはでっかく成長したんだが、体はちっこいもんで、おとなしくカタカタやってる分には目立たなくって。

で、事務所にいると、外回りのお仕事の人もいるし、外部からの営業さんなんかも出入りするもんだから、時々、そういう人たちの差し入れのおコボレに預かることもある。

先週はいちごと団子をもらった。
今日は柏餅もらった。
そしてたまたま見てたこすもすさんのブログで、餃子が載ってたので、事務所のにいちゃんが「土曜日に差し入れしますよ」と言ってくれた。(このにいちゃん、この前はアセロラドリンクくれて、今日は紙パックのコーヒー牛乳くれたのだ。気前がいいなぁ・・・)

いや、ワタシ、ここで仕事終わって遊んでるだけなんだけどね~。

・・・ま、いただけるものはありがたくいただいておくのだが(にやり)。
[PR]
by who54211 | 2008-04-17 17:54 | 仕事 | Comments(8)