「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2008年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

多種

カナディアンは犬を飼ってるイメージが強いのだが、うちの近所には何軒か猫を飼っているお宅がある。

f0129786_8141962.jpg

この子は隣の隣の家の猫。

f0129786_8144085.jpg

この子はよく知らないが、近づいていっても逃げなかったところを見ると飼い猫だと思われる・・・。
このほかにも黒猫とかも見かけた記憶があるんだよね・・・。どっかに猫屋敷があるんだろうか?

f0129786_8151479.jpg

昔は巨大なレトリバーとかを連れてる人をよく見たが、最近は小さい犬を連れてる人が増えた。この子は、たまたま日本領事館の玄関先で暑さにやられてたのだ・・・。ちょうどその日は日本でいう敬老の日で、領事館は休みだったのだが、知らないで行ってがっかりして降りてきたワタシを癒してくれたw。
日本領事館、カナダの祝日と日本の祝日、すべてではないがおおむね休むらしい・・・。う~ん・・・。

f0129786_818015.jpg

普通にリスが道路を横断してることもよくある・・・。轢かれないんだろうか?

f0129786_8192115.jpg

ラスカルも集団になると迫力だw。
これはスタンリーパークにいたんだけど、妙に人だかりができてるな~と思ったら、木の中が巣になっているらしく、あとからあとからラスカルが・・・w。いったい何匹中にいたのかは謎である。

そういえばスタンリーパークにビーバーレイクっていう湖があるんだけど、ビーバーいるんだろうか?見たことがない。

スタンリーパーク内には、バンクーバー水族館がある。結構な料金を取られるので一度も入ったことがないのだが、つい最近、この水族館にいたラッコが亡くなった。このラッコ、エクソンのオイル流出事故の被害者で、バンクーバー近郊でオイルまみれの真っ黒な状態で発見され、この水族館で保護されていたのだ。
このエクソンのオイル流出、TOEFLの勉強してた時に文献でちょっとだけ読んだのだが、甚大な被害をもたらしたらしい。アラスカからオイルをコンテナ船で運搬中に浅瀬に乗り上げ、転覆し、積んでいたオイルすべてをぶちまけたのである。
TOEFLはアメリカ一番の考えに基づいてるので、裏話は掲載しないのだが、その時の先生の話では、船長さん、居眠りしてたんだとか・・・。人的なミスの被害者だったラッコだが、その後20年も存命したことを考えると、長生きだよな~。

ラッコが天国で幸せでありますように・・・。合掌。
[PR]
by who54211 | 2008-09-30 08:27 | 報告 | Comments(4)

追悼

スタンレーパークだけではないが、バンクーバーのみならず、大きな公園には結構いろんなモニュメントがある。

f0129786_8465623.jpg


これはスタンレーパーク内にある、アメリカとイギリス領カナダ(だと思うんだけど)の和平成立の記念碑だと思う。あいまいなのは、ところどころ説明文がかすれて読めなかったからなんだけど(単に読み解くのが面倒だったというのもあるw)、旗がイギリスとアメリカだったし、双頭の鷲があるから、たぶんそうなんだと思う・・・。
バス停から歩いてすぐのパビリオンと呼ばれるエリアにあるのだが、今は修復中でパビリオン広場には入れなかった(爆)。

f0129786_8494987.jpg


これは日本人にとっては所縁のある記念碑だ。

f0129786_8502112.jpg


第一次世界大戦中にカナダ政府の徴収礼状に応じた日本人に対する記念碑らしい。

カナダに日本人が移民して、125年以上経過するが、一昨年バンクーバーエリアでは「水安丸寄港100周年」の記念イベントがあったらしい。日系のテレビ番組で初めて知った。
今、バンクーバーで暮らす人たちのほとんどは、ワタシもそうだがこの水安丸のことも含め、パイオニアである彼らの歴史を知らない。
日露戦争後、日本は勝利に喜んでいたが、その一方で飢餓で苦しむエリアも少なくなかった。その折に、カナダでは日本では貴重な海の赤いルビー「筋子」が捨てられている、という事実を知った及川甚三郎さんという人が、宮城からはるばるこの地を訪れ、その後、飢餓に苦しむ地元の人たちを水安丸で呼び寄せた、という事実がある。戦後間もなかった折、政府はそう簡単に若者にはビザを出してくれず、密航に近い状態でカナダの地を訪れた彼ら・・・。何もない荒野に家を建て、畑を耕し、そしていくらの工場を築いた。

数年の月日を経て、事業は大成功したのだが、そうこうしているうちに第二次世界大戦がはじまる。そして日本人はこれらの事業をカナダ政府に奪われ、BC州内陸での強制労働へ就かされるわけである。

バンクーバーエリアに築かれていた日系の文化も、これを機に大きく縮小されていく。

今でこそ、留学生やワーホリで訪れる日本人が豊富なバンクーバーであるが、彼らの苦労はのほほんとやってくるワタシたちから見ると、それこそ想像もつかないほど過酷なものであったに違いない。

今、バンクーバーエリアにあるこういう第一次日系移民世代の足跡を保存しようと、Simon Fraser Universityと日系団体が協力して調査を行っているらしい。

美しく、日本人に便利な街、バンクーバー。
暮らしていくうちに、こういう歴史的背景ももう少し勉強していければいいな、と思う。
[PR]
by who54211 | 2008-09-29 09:04 | 関心 | Comments(4)

森林

雨のシーズンが始まった、と思いきや、一転していい天気になったバンクーバー。

f0129786_1310192.jpg


木曜日にPCのクラスの最後のテストが終わって、金曜日、何をやるのか分からないがとりあえず学校に行ったら、先生に「あら、テスト終わったのに何しに来たの?」と言われた・・・。来なくていいなら最初に言ってよ・・・。
とりあえず、ビジネスの生徒さんがタイピングの練習に使うタイピングソフトでちょっとだけタイピングの練習をして、いつもの時間より早く、学校を後にしてイングリッシュベイへ・・・。
そこでランチのサンドイッチを食べてたら、歩きかかった普通のおっちゃんに「くれ!」と言われてちょっとびっくり。(相当おなかすいてたらしい・・・。数メートル先にホットドッグやがあるのでそこで食べたに違いない)

いつもコメントをくれるAkiはワーホリ時代、このあたりで暮らしていた。

このイングリッシュベイから、反対側のコールハーバーまで、400ヘクタールを超える広さの高大な公園がバンクーバーといえばここ!という「スタンレーパーク」と呼ばれる巨大な公園である。
公園、っていっても

f0129786_13145322.jpg
f0129786_13153382.jpg


うっそうとした森がほとんどなんだけどさ。いちばん最初にカナダに来た時に、ここで襲われて四肢マヒになった韓国人留学生がいたが、昼間でも結構暗いのに、夕方、ヘッドホンをしてこんなとこでジョギングしてたら危ないだろうよ・・・。
時間ができた金曜日、荷物も軽かったこともあって、スタンレーパーク内を散策。最初はシーウォールと呼ばれる海岸沿いの散歩コースを歩いていたが、途中からトレッキングエリアへ・・・。

中には
f0129786_13183210.jpg
f0129786_1318468.jpg


ハロウィンの時期になると走るミニチュアSL(お化け列車)の線路があったり、

f0129786_1319344.jpg


トーテムポールもいくつかある。

f0129786_13203468.jpg


実はこのスタンレーパーク、樹齢500年を超えるでっかい杉が何本もあるのだが、2年前、大きな暴風雨に襲われて、相当な被害を受けたのだ。散歩コースのシーウォールもところどころ工事して修復していたが、トレッキングコースのなかにもかなりの数の倒木があった。
このHollw Tree、何十年前かにあの女王陛下もこの中に入ってお写真を撮影なさった、という非常に有名なアトラクションなのだが、残念ながらその暴風雨の被害に遭ってしまい、修復可能かどうか検討中なのだそうだ。今はフェンスに囲まれた痛々しい姿しか見ることができない。

ワタシは何度かこのスタンレーパークにきているが、ほんとに広大過ぎて、いつも大体トレッキングコース中途半端で終わってしまう・・・。やっぱりチャリンコレンタルしたほうがいいのかしら?と毎回思うが毎回借りないで頑張って、結果挫折の繰り返しである・・・。

ウィーウォールだけでも全周10キロもあるんだもん・・・。歩いて制覇しようと思ったらそれこそ一日がかりだよなぁ・・・・。

いつか完全装備でのぞんでみたいが、とりあえず、雨シーズン前に歩けて良かった。
[PR]
by who54211 | 2008-09-28 13:26 | 趣味 | Comments(4)

長寿

どうでもいいが、少し前にマッサージ君のmixiのプロフィール写真が「カピバラさんのぬいぐるみ」に変わったのだが、それが巨大なマフィンにしか見えないw。

ぬいぐるみといえば、
f0129786_920567.jpg


ちょっと離れてると「誰か座ってる!」と思ったのだが、巨大ぬいぐるみだった・・・。人騒がせなお土産屋の一部・・・。

*=*=*=*=*=*=*=*

今日からバンクーバー国際映画祭が始まった。カナダの主要都市では国際映画祭って普通に開催されていて、ちょっと前、モントリオールの映画祭で邦画が受賞してた。
「国際」とつくだけあって、いろんな国からいろんな作品を呼んでいる。邦画では大体毎年「キタノ作品」が来るのがお約束となっている。今年も「アキレスと亀」が上映予定になっている。
それ以外にもマイナーな作品がいくつか来る。去年は「それでも僕はやってない」が来てて、周防監督が来てたんだよね。今年も何人かの監督さんは来ているようだ。

ほんとは見に行きたいんだけど、来週から本格的な専門の勉強が始まるので、今年は我慢。中東や東南アジア、東欧の作品なんかはレンタルすらしてない作品も多いので、見たいことは見たいんだけどね。

カナダドルがこんなに強くなる前は、「ハリウッドノース」と呼ばれたバンクーバー。80年代から90年代にかけてバンクーバーで撮影されたハリウッド映画もかなりの数がある。
今はシュワちゃんがカルフォルニア知事だし、相場が悪くてバンクーバーで撮影するメリットが減ったが、それでも時々撮影現場に遭遇することもある。いつか有名な俳優さんに遭遇することもあるかもなぁ・・・。

ハリウッド、といえばアカデミーだが、先週、テレビ界のアカデミー、「エミー賞」の発表があった。ゴールデングローブと並ぶテレビ界では非常に名誉な賞なのだ。

このエミー賞の発表もそうだが、北米では9月から10月(一部は1月スタートだけど)にかけてが新番組のシーズン。先週から「シーズンプレミア」と呼ばれる新しいシーズンが始まるドラマばかりだ。
日本をはじめとする東アジアのドラマの大半と違い、こちらのドラマは何年もかけて完結させるのが普通。10年以上続いているドラマも結構ある。
しかもね、「シーズンフィナーレ」と呼ばれるシーズンの最終回も、切りよく終わるドラマもあるが、「え?!このあとどうなるの!?」という状態で終わり、3か月以上も待たせる、という作品も結構あるのだ・・・。昨日シーズンプレミアだった「Criminal Mind」もそうだった・・・。基本1話完結のドラマなのだが、連続爆発犯逮捕のために奔走してる最中、クルーがターゲットになって爆発の被害に!!ってところで前シリーズは終わったらしく、ものすごい惨状で新シリーズが開始・・・。「Lipstick Jungle」っていう日本では映画が公開になって話題の「Sex And The City」のスタッフが作ってる似たようなドラマも、どうやら前シリーズが「浮気を止めて旦那とよりを戻すと決意した」ところで終わってて、そのエピソードが続いてる感じだった・・・。

まぁ待機期間3か月の間にDVDを買ってもらうためにはそういう駆け引きも必要なのかもなぁ・・・。

どうでもいいが、日本でも割とポピュラーだった「ビバリーヒルズ高校白書・青春白書」シリーズがリニューアルして再開。でも全然違う話で往年のファンはがっかりしている・・・。おなじみの俳優さんも3人(あのピーチピットのナットさんは健在よ)しか出てないし、主人公は今時の高校生になっちゃったので一回しか見なかった。でもおなじみのOPの音楽は一緒だったな。ついでにリバイバル、といえば「ナイトライダー」が発達したCG技術とともに戻ってきたらしいが・・・。興味ないので見てない。

さて、ワタシ個人は今シーズン、絶対見逃したくない作品がある。
日本でも一大センセーションを巻き起こした海外ドラマ「ER」である。
どうして見逃せないか、というと今シーズンが最終シーズンなのだ!!15年も続いたドラマシリーズがついに完結するのだよ。

・・・といっても初代シリーズに出てた主要なメンツはもういないのだがw。脇役さんは残ってるけどね。

どうやって終わるのか、気になって仕方ない。というかなんで終わらせる気になったんだろうかねぇ??
ちなみに今日がシーズンプレミアだ。

まぁこのほかにも、同じく今日プレミアの「Ugly Betty」とか日本でもマシ・オカくんの活躍で有名になった「HEROES」、気違いな医者の「HOUSE」、今年まったくの新シリーズとして始まる「My Worst Own Enemy」などなど、番組宣伝を見てるだけでもかなり興味深い作品もたくさんあるのよ。

・・・どれだけテレビ見てるんだ?って話よねw。すんません。ぐうたらで・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-09-26 09:47 | 趣味 | Comments(6)

凝縮

ワタシは朝と夕方、こっちのニュース番組を見る。
朝は交通情報や天気が気がかりで、出来事はどちらかというと夕方6時からのニュースでしっかり見るようにしている。

こちらの朝のニュース番組では、画面の下のほうに主だったニュースのヘッドラインを流していることがほとんどだ。

で、今朝目にとまったヘッドライン。

「Japan names Taro Aso as Prime Minister」

麻生太郎、と漢字で書くとどってことないんだけど、英語表記だと「短かっ!!」と思ってしまった朝のひと時・・・。
そういえば前回カナダにいたときは、夕方のニュースで安陪さんが辞任したニュースやってたっけか。
麻生さんの検討を祈る・・・。

こっちでは解散した国会とはいえ、まだカナダの首相はStephen Harperさんのまんまだ。万が一国際的な問題が勃発したときは彼がまだ矢面に立つことになるらしい。選挙活動で忙しいのに大変ね。今、彼はBC州に滞在しているらしい。

日本もカナダも政治の世界は混沌としてるよなぁ・・・。
最近あまり話題に出てこないが、アメリカの大統領選挙もオバマさんの圧勝かと思いきや、ここにきてマケインじーちゃんが盛り返してるとか盛り返してないとか・・・。でもマケインじーちゃんの副大統領候補、アラスカ州かなんかの上院議員だかなんかの女性なのだが(たぶん、女性票獲得のために女性を立てたんだと思う。ちなみにオバマさんは男性の方が副大統領候補だった気がする)、この人、変な人なんだよねぇ・・・。言いたいことがよくわからないでそれをパロディに思いっきりされてた。

こっちの笑いって、ものすごくブラックか下ネタ、もしくは政治ネタが多い。
それを笑って受け入れるだけの度量が政治家にも必要だと思うのだが、いかんせん、この副大統領候補さん、めっちゃ怒ってた・・・。副大統領になってからならまだしも、これからまだ選挙で戦うのに、国民の反感買ってどうするんだろうか?

日本もカナダもアメリカも、今後の政界の動きはおもしろそうだ。
[PR]
by who54211 | 2008-09-25 09:50 | 記事 | Comments(6)

人事

もう4度目になるが、ワタシは留学サポートエージェンシーを利用している。
万が一なんかあったときのため、なのだが、さすがに前ほど頻繁には利用しない。

こちらの考え方だとキャリアアップのために転職するのもどちらかというと良いステップとしてみてくれるし、日系の企業だとワーキングホリデーの雇用も少なくない。それを理解してるつもりだが、担当のカウンセラーが毎回変わるのは非常に面倒くさい。

ワタシのように長期、しかも4度目の滞在ともなると、相談する内容も込み入ったりもするし、それを毎度頭から説明するのも手間だし、なによりも築いてきた人間関係をまた一から作り直すのは、どんなにヒトとコミュニケートするのが好きな人間でもしんどくなる。

この会社、年々企業として大きくなって来てて、移民コンサルタントとかも始めたんだよね。
古い顧客としては非常にありがたいサービスではあるが・・・。

日本だと、担当が変わるときに大体顧客に形式は違えど、挨拶がある。
微妙にカナダナイズされ、顧客数も多いこのエージェンシーでは残念ながらそういうシステムはない。しかもワタシは前回カナダに滞在した時に、学校の申し込みからお金の振込みまでおおむねエージェンシーを通してやらなきゃいけないことは済ませてきてしまっているため、さほどエージェンシーまで顔を出さなくても良かったりもする。

でもたまに行われる就職関係の講習や移民関係の無料相談会なんかはやっぱり参加したいので、時々HPを覗いては、興味のあるイベントには参加させてもらっている。

ただ参加するだけならいいんだけど、毎回来るたびに「あら、どなた?」って顔をされるのはちょっとゲンナリ・・・。いや、ワタシもマメに来れればいいんだけど、同じダウンタウンの中とはいえ、ガスタウンからダウンタウンの中心通り過ぎてオフィスまで来ると結構な距離がある。
これでサレーキャンパスに通うようになったらもっと足が遠のくかもしれない・・・。

・・・まぁちょっと嫌な気分になるのを我慢すればいいんだけどさ。お客なのに遠慮するのってなんか腑に落ちない・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-09-24 06:21 | 愚痴 | Comments(6)

近所

うちのホームステイ先から歩いて15分程度のところに「Queen Elizabeth Park」という公園がある。
ワタシはここが好きで時々一人で散歩に出かけるのだが、「15分」といえど、この公園そのものが小さな山になっているので、行きは相当登る。

昨日までは雨風ともに強かったバンクーバー。北米では今日が秋初日。晴れてるとはいえ、気温は16度前後で風は完全に涼風というよりは寒風だ。

f0129786_9215978.jpg


高台なので景色がいいのだ。オリンピックに向けて、さらにここに展望タワーを建てる計画があるとかないとか前にいたときにニュースで話題になってたが、どうなったんだろうか?
どっちにしろ冬のバンクーバーは雨ばかりでタワー建ててもオリンピックの時期には人があまり来ないだろうけど。

f0129786_9245299.jpg
f0129786_92649.jpg


さすがに秋めいてきて、お花の盛りはだいぶ過ぎてしまったようだ。

f0129786_9264917.jpg


バラ園ではおじちゃんがせっせと冬支度をしていた。

f0129786_9273553.jpg


バンクーバーに限らず、北米の公園と呼ばれるところには大体タダでテニスコートや3on3のバスケットコートが使えることが多い。このQueen Elizabeth Parkではこのほかにフリスビー場なんかもある。Pitch and Puttと呼ばれるパターゴルフはさすがに有料だがw。

f0129786_9293052.jpg


犬を飼ってるカナディアンが多いためか、ドッグランを設けている公園やプレイグラウンドもある。子供がたくさんいる遊具付きのところは犬は連れ込み禁止だったりもする。
ちなみに黄色いのは犬用のエチケット袋だ。カナディアンの皆さんは割と犬の散歩のマナーがしっかりしてることが多いが、「ついうっかり」のためになんだろうか?

f0129786_931519.jpg


さて、この公園を好きな理由の一つは↑の立派なソメイヨシノがあるからだと言っても過言ではない。ただ、残念ながらまだ一度も咲いてるところを見てことがないので、次のシーズンこそは、とかなり期待している。
バンクーバーにはソメイヨシノは少なくて、桃の木とか違う桜の種類の木が多いと聞く。公式にソメイヨシノがあります、と銘打ってるのはこことUBCにある新渡戸稲造の記念ガーデンくらいじゃないのかな?

近くにこういうスポットがあるのはほんとにありがたい。願わくば晴天が続いて違うところにもお散歩に行けますように・・・。
[PR]
by who54211 | 2008-09-23 09:34 | 報告 | Comments(10)

抱擁

昨日、一緒にステイしていたスイス人の男の子が去って行った。
といってもスイスにまっすぐ帰るのではなく、友達と一緒にロッキー山脈を回り、カルガリーからトロントへ飛んでカナダの東側も旅行してから帰国するとのことで、3週間はカナダにまだ滞在するとのことだ。ただ、バンクーバーでの生活は昨日が最後。学校も木曜日に無事に修了式を迎えた、と言っていた。
同じくステイしてるメキシカンの女の子も今日、メキシコに帰るらしいが、なんだかんだと彼女、ほとんど家にいなかったんだよね、彼女。顔を合わせたのもワタシが来て2週間になるが、ほんとに数回程度。数時間前に彼氏同伴でホームステイ先に戻ってきてパッキングを今している(夜9時の飛行機って言ってたけど間に合うの??)。

うちのホームステイはどうやら一か月に一回入学許可のESL学校と契約しているようで、今日新しい生徒さんが来ないということはもしかしたらこのさき一か月は新しい生徒さんはいないのかもしれない・・・。部屋が空いてもったいないなぁ。

一か月やそこらの滞在だからなのかもしれないが、彼らは本当に毎日深夜まで遊んでた。タフだなぁと思うようになったのは年齢のせいか?それともたんにうらやましいだけなのか。

ワタシのように一年以上もの滞在ともなると、やっぱり金銭的なことも考えてそう簡単に毎日遊び歩くわけにも外食ばかりするわけにもいかない。3食込のホームステイ料金を考えるともったいないようにも思えるし、食事がハズレのステイ先ならともかく、うちのホームステイ、ご飯ほんとにおいしいんだもん。

さて、日本を発つときにいろんな人にお別れの挨拶をしたが、大体シメは「握手」である。
こっちでもビジネスの世界ではそうなのかもしれないが、割と見知った仲だと軽くハグをするのが普通だ。ワタシは、未だにこれには慣れない・・・。こっちに戻ってきてすぐにホストファミリーとハグをしたのだが、相手が女性だろうと男性だろうと緊張するものである。これがヨーロッパ、特にラテン系の国だと両頬にフェイクキスをするのが普通(こっちではやっても片頬)。

スイス人の男の子にお別れをするときに、「スイスってどっちなんだろう?」とちょっと悩んだが、とりあえずカナダ式に軽くハグをしてお別れをした。

メキシカンはきっとラテンなんだろうなぁ・・・。でもほとんど顔合わせてないから何もなしになるかもしれない・・・。

郷に入ったらある程度郷に従うと物事はスムーズに行くと個人的に思っている。協調性の高い日本人でよかったと思うのはこういう時だ。
[PR]
by who54211 | 2008-09-22 09:08 | 人間 | Comments(6)

色彩

カナダも含め、アメリカ大陸には「先住民族」と呼ばれる人たちが存在する。
過去には「インディアン」と呼ばれていた(コロンブスがインドと勘違いした大陸なので)人たちだが、カナダではインディアンはインド人のことを指し、現在彼らは「ファーストネーション」「ネイティブ」と呼ばれることが多いのだ。
お隣アメリカではまだインディアンと呼ばれることが多いようだ。シアトルに去年行ったら、「Indian 〇〇」というような看板をよく見かけた。

日本でもアイヌの人たちを擁護するようになって久しいが、カナダでも政府からこの先住民族の皆さんにかなりの「恩赦」と称されたお金が払われている。もともと文化的に大麻やその他の麻薬を使用する彼らは、このお金でアルコール中毒や麻薬・覚せい剤中毒になることも多いのだそうだ。

前に教わっていた先生はオンタリオ出身だったのだが、彼女いわく、「BCではネイティブの文化をよく見かける」とのことだった。東へ行けばいくほどヨーロッパからの移民の影響が強くなる。世界地図を見ていただくとわかると思うが、カナダもアメリカも東側からヨーロッパからの移民がはいってきて、徐々に西へと移動してきているのだ。それに伴い、ファーストネーションたちもどんどん追いやられてきてしまったわけである。

BC州はカナダで最も西に位置し、一番西にあるのがバンクーバー島である。バンクーバーもファーストネーションの文化をところどころで感じるが、バンクーバー島では現在も先住民族の文化が色濃く残っている。さらに、北のテリトリーと呼ばれる3つエリアでは、過去にイヌイットと呼ばれていたファーストネーションの皆さんがかなりの割合で暮らしている。ホワイトホースでは一目見て、ファーストネーションだとわかる人たちを普通に見かけた。

TOEFLの勉強をしてたときに、彼らがどうやってアメリカ大陸に広がったか、という文献を読んだことがあるが、アラスカとシベリアが永久凍土となる前、つまり氷河期以前、現在ベーリング海と呼ばれるエリアは非常に水深が浅かったのだそうだ。そんで、マンモスとかそういう獲物を追いかけて移動しているうちにアメリカ大陸へと進出してきたのだ、というのが歴史家の大半の意見だ。

だから、こちらのネイティブの皆さんは、アジア系の顔をしている。
前に一緒のクラスにいたファーストネーションの子も、よくフィリピン人と間違えられると言っていた。東アジア、というよりは東南から南アジア系のちょっと彫りの深い浅黒い肌をしている人が多いのだ。

日本が鎖国や遣唐使廃止の期間に独自の文化を築いたように、ファーストネーションの皆さんもベーリング海の水位が高くなってアメリカ大陸で暮らす時間が長くなるにつれて独特の文化が華やいでいった。

f0129786_7294858.jpg
f0129786_730422.jpg


日本でも全国各地にそれぞれの特産品があるように、ファーストネーションの人たちも各部族によって色づかいや物の作り方が若干異なる。
でも、共通しているのは、動物がいろんなイメージの象徴であるということ、色づかいが鮮やかであること、そして作り出されるモノは彼らが伝え聞いている伝説に基づいている、ということである。

外国の人が日本の浮世絵やきものを見てただただ感嘆し「美しい」というのと同じで、ワタシも彼らの作品を見て「あぁきれいだな」と思うだけである。その作品の背景をよく調べてみると、もっと面白いのかもしれないなと、たくさんの絵や彫刻を見ながら思った。

日本では木村拓哉のドラマで有名になったドリームキャッチャーももともとは彼らの文化の産物だ。日本ではどうも車のルームミラーにぶら下げている人が多いが、ドリームキャッチャーはもともと赤ちゃんの頭上に飾り、悪い夢を網目で捕まえて、ビーズや羽飾りを通してよい夢に変える、という伝説に基づいているのだ。だから本来は枕もとや寝室に飾るのが正しい。
なんとなく、赤ちゃんの上でぐるぐる回るヤツを彷彿させるよな~。きっとそうやってあやすための道具の一貫だったのだろう。

それ以外にも羽を使ったお守りだとか、石の彫刻だとか、ほんとうに独特である。
いつか彼らに関する本をきちんと読んでみたいなと思った。
[PR]
by who54211 | 2008-09-21 07:38 | 関心 | Comments(6)

瞬間

ワタシは日本でもFMラジオの愛聴者だったが、バンクーバーでもラジオを聞いている。

日本のラジオ局と違って、こっちのラジオ局って、自分の好みの音楽を流してくれるところにチューニングできるから、便利である。
それこそクラシックしか流さないところから、ソフトミュージック、ヒップホップ、民俗音楽とかも流してくれるところもあるが、ワタシがいつも聞いているのは、FOXというロックしか流さないと豪語してるFM局である。こっちのFM局はHPからもラジオが聴けるから便利よね。

・・・いや別にロケンローラーな人間ではないのだがw。
この局の朝のおバカな番組が非常に好きで、なんとなくそこにチューニングしたままになっているため、外でも家でもこの局しか聞いてないんだけどさ。

ロックしか流さないので、ロックミュージシャンがバンクーバーに来るときは、かなり大騒ぎをするのが通例。
11月は「AC/DC」、12月に「メタリカ」が来るので、先週も今週もずっとその話題をどの時間帯の番組でもしている。

会場は

f0129786_9371748.jpg


NHLチーム、バンクーバー・カナックスのホームでもある「GMプレース」である。
このすぐ近くのCFLチーム、BCライオンズのホーム、「BCプレース」というドームがあって、オリンピックの開・閉会式はそちらで行われる。
今ちょっと検索したけど、オリンピック期間中にGMプレース、名前が変わるらしい・・・。

でも、大体有名なミュージシャンが来るときはGMプレースでコンサートをやる。メタリカやAC/DC以外にも、レニー・クラビッツやサラ・ブライトマンもここでコンサートを予定してる。ドームだと音響とかが悪いからなのかな?でも日本ってドームでよくやるよねぇ???
チケット売れないからか?とも思ったんだけど、先週発売になったメタリカは、30秒で完売、今日発売のAC/DCも数分で完売した。PCのクラスの先生がAC/DCのチケットを買うつもりだったのに、あまりにも早すぎてだめだったらしい・・・。

さて、去年ここにホッケーの試合を見に行って、「チケット高い!!」と憤慨していたワタシだが、今年はさらに値上がるらしい・・・。これはもう見に行けない。2階席で100ドル以上なんか払えない。
どうやらオリンピックに向けていろいろな設備を改善しているせいらしいが、それにしても急に値上げしすぎだよ・・・。一般市民には高嶺の花になってしまったNHLゲームのチケット・・・。

オリンピックのチケットも10月3日からカナダ国内向けの先行販売が始まるらしい。開・閉会式もだが、なんといってもアイスホッケーの決勝戦はものすごく高騰するだろうとどのメディアでも取り上げている。
・・・ビザの期間が確実に2月いっぱいまであるなら、どっか見に行こうかと思っていたが、残念ながら2010年の1月に切れるので、延長できない限りチケットは買えない(泣)。

チケットといえば、メタリカもAC/DCも同じ場所でやるのに、チケットの料金が微妙に違うのだ。
メタリカは、客席の見やすさなどを考慮して、$40~$100前後まで幅があるのだが、AC/DCは全席$99。そう、一番上の3階席の一番後ろでも、アリーナ最前列ど真ん中でも同じ値段。しかもどっちもプレセールやらファンクラブ優待なしときたもんだ。うちのPCの先生、ファンクラブかなんかの会員なのにチケット手に入らず、かなり悔しがっていた。

このAC/DCのプレミアムチケット、ワタシが聴いている朝のおバカ番組ではプレゼントしてたのだが、朝7時過ぎにスカイトレインの駅やスターバックスで「あなたのはいてるズボンとチケット、交換しましょう♪」とすれ違う人や店内にいる人に声をかけているのだ。名づけて「AC/DealC」。

・・・もちろん誰もDEALしてくれなかったのは言うまでもないw。その時間帯のダウンタウンの駅やカフェでは無理だろうな。ちょっと郊外ならやりたがる人もいただろうに。

そのチケット、結局どこに行ったのかは謎である。
 
[PR]
by who54211 | 2008-09-20 10:02 | 関心 | Comments(4)