タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

英雄

バンクーバーの9月のお天気は移り気なことが多い。
でも毎年この日は晴れてほしいと願ってやまない。

f0129786_8342079.jpgカナディアンなら知らない人はいない、カナダの永遠のヒーロー・テリー・フォックスの意志を継いだ、「テリー・フォックス・ラン」が今年もカナダ国内のみならず、世界中で開催された。実は日本でも開催されているのだが、おそらく日本人でしかもカナダで暮らしたことがある人でも日本で開催されていることを知ってる人は少ないと思う。というかワタシも今日検索するまで知らなかった。

テリーはウィニペグで生まれ、バンクーバー近郊のコキットラムで育つバスケット少年だった。Simon Fraser Universityに入学して間もなく、骨肉腫と診断され、右足切断という過酷な選択をせざるを得ず、人生に失望するのだが、ほどなく自分と同じようにがんで苦しむ子どもたちがいることに気が付き、「希望のマラソン」と銘打ち、毎日42キロ走り続けてカナダを横断しながらがん撲滅のための募金活動を始めたのだ。

しかしちょうど半分を通り過ぎたオンタリオ州サンダーベイで彼はこの大陸横断マラソンを中断せざるを得なかった。そう、右足と同時に消えたはずのがんは、彼の肺へと転移していたのだ。それが1980年の9月。その翌年6月、22歳の若さで彼は天国へと旅立ったのだ。志半ばのまま。

その年の9月から毎年行われているテリー・フォックス・ラン。前述したように今では世界中でテリーの意志を継いだがん撲滅活動として行われている。

おそらくテリーの影響だと思うのだが、カナダは難病撲滅キャンペーンの一環で、マラソンやウォーキング大会を開催することが多い。達成感も伴っていいんだろうと思う。

ワタシが愛聴しているcfoxでも、まぁFoxつながりということもあり、このテリー・フォックス・ランの募金活動してた。そして姉妹ステーションと協力し、「バンクーバー空港を『テリー・フォックス空港』へ改名しよう」という活動もしている。「NYにJFK空港があるなら、バンクーバーにテリー・フォックス空港があってもおかしくない。なぜなら彼は永遠のカナディアンヒーローだからだ」というアイディアからだ。
彼はカナディアンで初めてカナダ1ドルコインの肖像画(記念コインなので貴重らしいが)として刻まれたほど、偉大なのだ(カナダの硬貨はエリザベス女王陛下しか人は刻まれていなかった)。

テリーの活躍もあってこそのバリアフリーがこの国でどんどん発展したのかもしれないな~と思う。

間近に迫ったバンクーバー・オリンピック。空港の名前がバンクーバーからこの名前になっているかもしれない。それはオリンピック選手だけでなく、パラリンピック選手を大いに刺激することだろうと思う。

来年のテリー・フォックス・ランも晴れるといいな。
[PR]
by who54211 | 2009-09-14 08:59 | 人間 | Comments(6)

失敗

だいぶ前に買って、冷蔵庫に入れっぱなしだった。

f0129786_325899.jpg


梨である。
洋梨ではなく、「アジア梨」と銘打ってある。

midoriさんとこで梨の画像を見て「あぁ、日本のあのみずみずしいのが食べたい」と思って衝動買いしたのだが、買ったときは紙に包まれてて中身見えなかったんだけど、出したら白い・・・。

なんか違う・・・。

剥いてても、日本の梨のようなシャリシャリした感じがない。
そして果汁も滴ってこない。

おそらく中国産なんだろうと思う。産地までチェックしなかったんだけど、朝いつも聞いてるラジオで中国奥地の農家のおじーちゃんが「赤ちゃんの形をした梨で大儲けした」ってニュースやってたしな・・・。なんかこの梨ならそういう形のまま剥けそうな気がする(すっごい偏見!)。

食べたらやっぱり日本の梨とは違っていた。
強いて言えば、「洋梨+日本の幸水」と言ったところだろうか??豊水のようなみずみずしさはないし、シャリシャリしてないんだよね。
・・・つまりワタシにとってはとっても中途半端な味。

あぁ・・・・。
名前に乗せられて買うんじゃなかった。
もう買わない・・・。
でもオーストラリア産の柿が気になる味覚の秋であるw。

どうでもいいが、昨夜、織田裕二と付き合ってる夢を見た・・・。
その前は郷ヒロミだった・・・。
別に嫌いな人たちではないが、特別ファンというわけでもなんでもないのだが・・・。
しかもあんまり共通点が見当たらない二人なのだが・・・。
なんなんだろうか・・・。しかもくっきり覚えてるあたりが微妙である。まぁ悪夢ではなかったからいいのか・・・。ファンの人からしたら夢だとしてもうらやましいんだろうけど、ワタシもどうせ見るならもうすこし自分の好みを反映した相手とつきあってる夢を見たい・・・。
[PR]
by who54211 | 2009-09-13 03:32 | 報告 | Comments(4)

返還

朝、実習代わりのリサーチをやらなきゃ!と学校でもらってきた資料を取りだしたら、なんかが落ちた・・・。

運転免許証だった。
パッと写真をみたらワタシか?と思ったが、ワタシのものはお財布を失くしたときにカラーのものから白黒のもに変わった(なんだかセキュリティの関係らしいんだけど、カラーのやつのがかっこよかったんだけどね)からワタシのではない。

クラスメイトのものだった。
どうやら先週貸した教科書に挟まっていたようだ(というかなんで免許証をそこに挟んだのかが疑問なのだが・・・)。
気がついてないだろうな~と思っていたのだが、案の定、届けに学校に行ったら「全然知らなかった。」と言っていた。

さて、学校のあるサレーからその足でノースバンクーバーへと向かった。

実は、朝、メールをチェックしていたらFacebookを通じてメッセージが来ていた。

欧米ではとてもメジャーなSNSであるFacebook。日本のmixiと違って誰でも参加できるのだが、ず~っと安全性については疑問視されているサイトでもある。
あまりにも周りのクラスメイトが勧めてくるので、コミュニケーションツールとして参加していたのだが、個人情報は誕生日も含めて明かしていない。Facebookを通して銀行やクレジット、はたまたメールアカウントの情報まで盗む輩がいるからだ。

で、そのメッセージはなんと「自分はCapilano Mallで働いてるセキュリティのものだが、あなたのものと思われるお財布を発見した。もしこれがあなた(ワタシの誕生日が載っていた)なら連絡ください」というものだった。

これ、ワタシが万が一ニックネームでFacebookに登録してたらこのお財布は戻ってこなかったのだ。
f0129786_948222.jpg


そういえば「縁があったら必ず自分の手元に戻ってくるもんだ」と誰かが言ってたな・・・。だからいろいろお財布見ててもピンと来るもに出会わなかったんだわ。

特に汚れるとか壊された形跡はなかったが、やっぱりお金はなかった(泣)。
そしてクレジットカードもなかった。よかった~すぐ止めといて・・・。免許証も写真付きの身分証明だったから利用価値なかったのか残されていた。というかこの免許証のおかげで連絡がきたのだから感謝感謝。

クレジットカードって結構簡単に日本では作れてしまうからついつい何枚も持ってるんだけど、いらないものは今度帰国(っていつになるんだろうね?)したら解約しよう・・・。自分で把握できないものは怖いわ。

今度は盗まれたり失くしたりしないようにしなくちゃ。新しいバックパックはちゃんとファスナー付きのポッケが内側についてるからそこに確実に入れるようにしよう・・・。

失くすといえば、ワタシ、サングラスもよく失くす・・・。
日本の某メガネショップで買ったお気に入りを失くして以来、「もう3000円以上払うのはやめよう」と心に誓い、Wal-Martで$8のサングラスを二つ、スタンドショップで二つ激安のを買った。鼻が低いんで難しいんだよね、市販のサングラスは・・・。だからメガネ屋さんで買ったんだけどさ。とりあえずWal-Martのヤツは$8の割にはいいお仕事をしてくれるので愛用している。スタンドショップのはやっぱり鼻と合ってなくて、右のほほに当たるんだよね・・・。ついでに締め付けが強すぎて頭痛くなるのであんまり出番がない・・・。

というかモノを失くさないように大事にするほうが先よねw。
[PR]
by who54211 | 2009-09-11 10:01 | 報告 | Comments(6)

融通

f0129786_1143124.jpg


にしおかすみこのブログに載ってたレシピで作ってみた。
・・・いや別に特段ファンというわけじゃないのだが(でも看板に乗せられてサイン本を持ってたりもするがw)、単純に余ってたズッキーニとトマトソースを処理したくてレシピを探してたらこの人のブログにたどりついたのだ。
この人、料理うまいんだよね・・・。
というか最近芸人としてはどうなんだ???なんかブログで食べていけてそうな気がする。印税って儲かるんだろうか?

それはさておき、今日から実習!!!

・・・のはずだったのだが、案の定実習先決まらず。
昨日、Labour Dayの話題をしたが、子供たちの学校は今日から新学期、新学年の始まりである。
なので、チャイルドユースケアワーカーの実習先にあたる施設は、夏休みの終わりから学校が始まってすぐというのは、プログラムの移行期間で実習生の受け入れ先がほとんどないのが現状。
At risk youthと呼ばれる十代向けの施設なら受け入れてもらえそうだ、と言う話だったが、それではワタシのバックグラウンドはあまり生かせないし、正直そんな子たちと向き合っていける自信がない。ただでさえ英語が母国語じゃないのに、スラングばっかりの会話になんかついていけない・・・。

で、インストラクターに言われたのは

「ひとつ、受け入れてくれるところから連絡があったが、(プログラム移行期だから)3時から6時までしか実務ができない。5時間の実習ノルマをこなしてもらうためにはプレスクール(日本でいうところの保育園の年長さん)で実務もこなしてもらうことになる」

・・・保育園って、あんた・・・。ワタシャ、母が保育士してるけど、自分には向いてないことを重々承知している。
しかも障害児相手じゃないじゃん・・・。なんのためにこのコース取ったんだか分んないじゃん。

「それか、非営利団体が政府団体なんかから経済援助を得るためのプロセスについてのリサーチやるか、どっちがいい?」

本音を言ってしまえば、実習はとにかく出席だけしてその日の出来事を書くだけなので、こなすのは楽だと思う。
でも、実習は3週間きっちりこなさないといけないし、なによりも始められても来週からになる。
リサーチは、インストラクターに提出してしまえば、修了証をもらえる。

雇用主さんが待っていてくれている手前、これ以上学校期間を延長するのは気が引けたのと、ワタシ自身、早いとこ自分のカナダでのステータスを安定させたい気持ちが強かった。

で、リサーチすることになった。
ありがたいことに学校には通わなくて済んだ。本来は学校でこの課題をこなすのだが、ディレクターに相談したら「あなたはマジメだから家でもちゃんとやるでしょ?」とホームスクーリングを許可してくれたのだ。マジメにいままで課題こなしてきて良かったわ~♪

しかし家から出ないってのもな~。
図書館にでも行こうかな。
[PR]
by who54211 | 2009-09-09 11:58 | 報告 | Comments(4)

贅沢

Labour Dayの今日はお休み。
日本人からすると、3か月も、しかも宿題も何もないパラダイスな長~い夏休みのうえに、9月最初の月曜が休みなんて、なんて子供たちはラッキーなんだ?!と思うに違いないw。

・・・というかワタシもそう思うw。

今年は9月最初の月曜日が今日7日だったので、9月に入ったというもののまだこちらの学校は始まってない。明日からである。

まぁそんなロングウィークエンド、土曜は仕事だったのだが、昨日はLive-in Caregiverのコミュニティで知り合った(Mixiってなんでもあるからすごい・・・)友達に誘われて韓国料理屋さんへ。

f0129786_7303891.jpg
f0129786_7305285.jpg


7人だったんだけど、これ以外にチャプチェ頼んでそれでも残る量・・・。
一枚目は日本でもおなじみ、海鮮チヂミ。
二枚目はこのお店の看板料理であるカムジャタンと呼ばれる豚の背骨とジャガイモの鍋。

このお店、有名韓国人も訪れるところで、店先にはサインやら写真がたくさん飾ってあるのだ。

・・・しかしすごく久し振りの外食のような気がする。
たまにはいいもんだわね~。
[PR]
by who54211 | 2009-09-08 07:33 | 報告 | Comments(0)

発見

昨日、テレビで放送してた「Footloose」を見た。
ワタシ、「Footloose」というと日本でV6の坂本くんがミュージカルやってた時にCMしてたイメージが強くて、もともと舞台作品だと思っていたのだが、逆だった。映画からミュージカルになったのね。この映画、ハリウッドでは現在リメイク作品制作中。そして日本ではPaniCrewのメンバーが主役となって舞台で全国行脚するのだそうだ。

さて、ワタシが見たオリジナル「Footloose」。主役の顔、どこかで見たことあるんだけど、思いだせない・・・。
最後のテロップを見て驚いた。「ケビン・ベーコンじゃん!!」

ケビン・ベーコンといえば最近だと「ミスティックリバー」とか「フロスト×ニクソン」なんかのかなりシリアスな映画にしか出てないイメージだったのだが、若かりし頃はこんな特技(Footlooseはダンス映画)を披露してたとは・・・。いや確かにFootlooseも社会派映画だが・・・。

f0129786_6571189.jpg高校三年生の役だったのだが、このとき、ケビンは実は27才。このFootlooseのRen役で一気にスターダムを登りつめたのだ。その後の活躍はよく知られていることかと思う。日本人を含めたハリウッド俳優は幅広く活躍するケビンと何らかの作品でかかわっているのだそうだ(・・・とWikipediaに書いてあったw)。

f0129786_711755.jpgケビンの頭は相変わらずなのねw。
しかしこの映画、なんでリメイクすることになったんだろうか?もともと実際にあったお話なのだが、社会が不安定だとこういう青春映画ってヒットするのか??1984年といえば、日本はバブル景気の前兆が見え始めた時期だと思うのだが・・・。
リメイクされたら見るかどうかは疑問w。こういうのってやっぱり時代背景がかみ合ってないと面白くないんだよね。今、北米でプラム(高校卒業のときのダンスパーティ)をやらない学校なんてないだろうしな~。若者の自主性を炊きつけたいのだろうか?確かに日本なら必要だろうけど北米でも必要なんだろうか???

個人的には次のケビン・ベーコンの作品のほうが楽しみである。
[PR]
by who54211 | 2009-09-07 07:10 | 趣味 | Comments(0)

記念

バンクーバーに戻って一年が経過した。

なんというか、あっという間だったような、そうでなかったような…と言う感じである。
今日は仕事だった(土曜なんでね)。
で、雇用主さんとしゃべってて気がついたのだ「あら、そういえば一年前の今日に戻ってきたんだ」。

いまやバンクーバー、空港までスカイトレインが開通し、かなり便利になったと思う。ウィスラーまでの高速道路も順調に工事が進んでいるようだ。心配なのはオリンピック村。まだ形になってないんだけど、間に合うんだろうか?しかもかなり赤字らしいんだよね、工事・・・。

一年前、移民の計画をなんとか現実のものにしたい、と意欲だけ持って戻ってきたが、とてもいい雇用主さんを見つけ、なんとか形が見えてきた。あとは具体化するだけ。うまく労働ビザが出るようにひたすら祈るのみだ。

さて、雇用主さんのところから帰るとき、バスを待っていたらおっちゃんに話しかけられた(まぁこっちでは結構こういう手持無沙汰な時間を話をして過ごす人が多い)。最初はバスのスケジュールを見ていたので「バスはすぐ来るのか?」だったのだが、話すネタがなかったのか「マリファナ(大麻)吸う人か?」と聞いてきた。

バンクーバーはマリファナ温床の地である。
バンクーバー生活をしたことのある日本人は、こっちで中毒になり日本に帰っても続ける人が結構いるとかいないとか・・・。
ワタシはもともとタバコも吸わないし(大麻はタバコのように喫煙するのだ)、意志薄弱で一度この手のものを始めたら絶対抜けられない性格だと思うので、最初から手を出す気は毛頭ない。ただ、他人がやってるのは止めるつもりはない。それは本人の責任だからだ。

このおっちゃんは「俺、昔コカインやってて、やっとストレスから解放されてそれはやめたんだけど、マリファナはやめられないんだよね」と言う。

マリファナは精神的に依存するのだ。身体的症状はあまり出ないが「吸ってないと不安」になる人が多いのだそうだ。逆にこの作用を利用してカナダでは癌など痛みの強い疾患を持つ人は大麻利用を認めている。

つい最近、メキシコがマリファナを合法化し、アルゼンチンも合法化の動きを見せている。
「マリファナは安全」という考えからではなく取締が大変なのが一番の理由だと思う。

害がないわけがない。実際に経験したことのある人の話では記憶力は落ちるし、実際にファンクショナルMRIでは脳内の血流量が喫煙後、極端に低下するのだ。

そんな話をしているうちにバスが無事に来ておっちゃんとの会話は終わってしまった。

しかしほんとにバンクーバーエリアってドラッグやってる人が多いのね~と思う。
なんというか、「ストレス」と言う言葉を盾にしてるけど、もっと健康的にストレス解消できないんだろうか・・・。
ワタシ、日本人で良かったと思うことの一つに、我慢強い国民性というものがある。
全体に日本人の人は痛みにも強いし、ストレスに対する耐久力も北米の人に比べたらかなりタフだと思う。

なにはともあれ、これからもここで長いこと生活できますように。
[PR]
by who54211 | 2009-09-06 13:02 | 報告 | Comments(6)

大蒜

↑今日、初めて知った、これ、ニンニクって読むのねw。

話題はまったくニンニクと関係ないのだがw。

midoriさんのところで茗荷の話題が載ってて、急に食べたくなった。
日系の食材店で発見。
f0129786_13334224.jpg


一応「ローカル」って書いてあるから、バンクーバーの近所のどっかで作っている人がいるようだ。ついでにシソも買った。
f0129786_13345728.jpg


両方とも日本のものに比べるとそんなに香りが強くないような気がする・・・。

ほんとは天ぷらか茗荷ゴハンが良かったのだが、作り方が分からず。いや天ぷらはなんとなくわかるんだけど、油たくさん使うのも・・・と躊躇してしまった。

バンクーバーで手に入るものでなんとかならないかとネットでいろいろ検索してたら、「茗荷の肉巻き」なるレシピを発見。
これなら何とかなるかな~と思ったが、よくよく考えるとカナダで薄切り肉ってあんまり売ってないのだ。
アジア系のスーパーならあるのだが、割高。

で、日系コミュニティの掲示板を検索したところ、有名な激安大型スーパーで売ってるらしい、とある。
いつも行くスーパーから3ブロック歩いて探したら、あった!!

f0129786_13403738.jpg


コミュニティの掲示板を見る限り、どうもこっちで長く暮らしてる日本人の人はミートスライサーを買って薄切りにすることが多いのだそうだ。よくよく考えてみるとホームステイしてた時も薄切り肉って見たことなかったし、雇用主さんも「昔はWest Vanにあった日本食売ってたマーケットでしゃぶしゃぶ肉買ってたんだけど、なくなっちゃったのよね~」って言ってたっけ?薄切り肉を使った料理そのものがメジャーじゃないのだろう。

とはいえ韓国人とか日本人が割と多いバンクーバー、需要あると思うんだけどな~。いやだからアジア系のスーパーが繁盛するのかw。

で、作ったのは
f0129786_13454798.jpg


塩コショウで味付けしただけなんだけど、そこそこおいしかった。
茗荷以外にインゲンと人参も巻いてみた。

まだ焼いてないのがあるのだが、それは醤油で明日焼こうと思う。

・・・そして片付けをしてる時に気がついた。
インゲンと人参、ほんとはシソで巻いてから肉を巻きつける予定だったことをw。
まな板の影にシソがひっそり隠れていたのだw。

肉巻き、といえばうちの母、よくししとうとシソで作ってくれた。
たま~にカラいのがあってそれがまたスリリングで良かったんだよね~。
ししとうって英語でなんていうんだろうか?というか売ってるんだろうか?売ってるならちょっと作りたいな~と思った今日この頃である。

持て余してしまったシソ、どう調理したらいいものか・・・。

あ、写真はないのだが、杏さんのとこで教わったドライカレーも作ってみた。どうもこっちのカレー粉はターメリックが強いらしく、苦味が出てしまった・・・。これ、牛乳入れたりすればどうにかなるんだろうか・・・。あぁリベンジ図らねば。
[PR]
by who54211 | 2009-09-05 13:51 | 報告 | Comments(6)

難度

最近、エキサイトブログ不調が多くて困るな~。

さて、今週いっぱいでやっと学校が終わるのだ。・・・って先週まで夏休みだったのにw。
この一週間は「保護下にある子供の権利について」のお勉強。日本では里親教育や施設育ちというと「親の都合」で預けられることが大半だと思うが、カナダではそういう子供ももちろんいるが、いわゆる「素行が悪い」子供もこういう条件下に置かれることが多い。つまり自分の親の元ではうまいこと育っていかないと見なされるわけだ。

まぁこういう子供の場合、結構な確率で家庭環境が荒んでることが多い。さらに新しい環境も悲惨なケースになることもあるので、こういう子供がユースワーカーに相談を持ちかけてきたら、どう対処するのかを勉強するのである。

分厚い資料をもらったが、これが法律用語の羅列で四苦八苦。これってどこの国でも共通なのね。

このコース、一週間なんだけど、結構課題が重いのだ。テストはないんだけど、5日間しかないのに、プレゼン(しかもかなりリサーチを要した)が今日あって、ロールプレイが明日ある。

実はこのコース、ワタシは前に聴講だけしたことがある。
その時、プレゼンはなくて、「子供の権利を記載した子供向けパンフレットを作りなさい」というものと5分のロールプレイだったのだ。

それが今回はプレゼンもくっついて、ロールプレイは15分以上やれという。

前にGLBTのロールプレイのときはかなり準備して頑張っても7分だったのに、数日で15分もの長さのロールプレイ作るなんて無理だって!!
なんで急にこのコースこんなに難しくしたんだろうか・・・。
最後の最後にこんな重たいコースなんて冗談じゃない・・・。

しかもまだ実習先決まってないし・・・。

ワタシ、はたして来週から実習始められるんだろうか・・・。

すっげぇ不安だ・・・。
[PR]
by who54211 | 2009-09-03 07:22 | 報告 | Comments(6)