「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2009年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

同意

土曜日、ワタシと同じようにLive-inで頑張ってるお友達二人とゴハンをしてきた。

一人はワタシが半年前にmixiを通してメッセージを送り、ビザを取得するためにいろいろと教えてくれた子だ。
もう一人は、つい最近mixiを通してメッセージが来た子である。

そう、日本最大のSNSであるmixiには、Live-in caregiverのコミュニティがあるのだ。
メンバーの数としては40人弱なのだが、実際にその中でワークを取っている人というのは半分以下だと思う。他は「考えてます」というくらいの人がほとんどだ。

なので、日本人でLive-inを実際にやっている友達、というと結構珍しいということになる。

ワタシとちがって、二人はナニー(子供のお世話)をしてる。彼女たちは来年には移民申請に必要な労働期間2年間を終了し、移民申請に入るのだそうだ。

ワタシはまだまだ先だな~2年・・・。

いろんな話をしていたが、やはりこの仕事、雇用主さんによりけりだ、ということで決着がついた。
一人は、雇用主さんを一度変えている。オーバーワークに加え、昇給もなく、ホリデーペイ(カナダでは法律でお休みの日に働いたら1.5倍のお給料を払う決まりがある)もいい加減で、納得いかなかったからだそうだ。
現在はとてもいい人のところで働けているらしい。

二人と話していてもう一つ共通して納得したことがある。
それはカナディアンは割りと流動的だということだ。

雇用主を変えた子の現在の雇用主さんは、2ベッドルーム+地下の家に住んでるのだそうだが、これだと子供は一人しか持てない。

「そろそろ引っ越しかしら?」と考えているのだそうだ。

そう、日本人の感覚として、「夢のマイホーム」的に、ずっとそこで暮らす、という考えがあまりないのだ。
そういえば前にお世話になってたホームステイ先の息子さんが結婚した時にマンションを買ったのだが、「子供ができたら家買おうかな~」的なことを言ってた。

こういう感覚を日本人は「無計画」だと思うのだが、おそらく北米では当たり前なのだろうと思う。

・・・でもさ~不動産って価格変動するから、高いときに買って安いときに売ることになったら損すると思うんだけど???

そういうことは考えないんだろうな~。

まぁ国が変わればそんなもんなんだろうか・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-30 23:39 | 人間 | Comments(2)

手間

昨日、新しいパスポートを取りにいった。

無事になんの間違いもなく受け取ることができたのだが、受け取りの際に、

「ICチップの確認をしますので、画面を見ててください」

と言われた。

数年前から導入されたパスポートのICチップ。これだとスキャンしなくて機械に乗せるだけで情報がコンピューターに入るのだそうだ。
で、画面に写真と生年月日などの個人情報がばば~んと表示される。

・・・いや別に見たくないんだが・・・。

と思ったが「大丈夫ですよ~」とにっこり伝えて日本領事館を去った。

このICチップのおかげで、パスポートは幾分重くそして厚くなった・・・。しかし半年も残ってたのにもったいないな~。

もったいない、といえばビザの延長もである。

ワタシは一度却下されてるので、その時も申請料を払ったのだ。
そしてまた延長する今回、さらにまた払うのだ。

・・・なんかぼったくられてる気がするのはワタシだけか???

しかもこの延長ってプロセスに時間がかかるのもあるが、お金を払うのに、特殊な書類を移民局から送ってもらわないといけないのだ。それがまた2週間もかかるのだ。

オンラインで支払いもできるのだが、クレジットカードでしか支払えない。日本の銀行にどれだけ残高が残ってるのか定かじゃないので、これは怖くてできない。こっちでカードを作ることもワークが下りたからできるだろうけど、それを待ってる間に書類郵送されてくるからどっちもどっちだ・・・。

しかもオンラインの支払い、手続きが意外とめんどうだった(途中までトライしたオンナである)。

パスポート作りに行く前に先に書類を申し込んでおくべきだった・・・。

なんでいつもこう回りくどいやり方でしか物事進んでいかないんだろうか・・・。不思議だ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-29 05:58 | 愚痴 | Comments(0)

看病

一緒に働いてるばーちゃんは、ダンナさんをがんで亡くした。
うちの雇用主さんとこに来てるハウスキーパーさんのダンナさんは、胃がんを患っており、現在化学治療と放射線治療をしているのだそうだ。
さらに雇用主さんの親友のダンナさんも前立腺がんを患っていて、転移の疑いがあるのだそうだ。

こうやって見てみると、うちの雇用主さんもそうだけど、タフな奥方たちだな~と思う。

2週間休んでいたハウスキーパーさんは、今日やっと復帰してきたのだが、彼女の体調はよくなっていたものの、ダンナさんはがんの治療の副作用ですごいことになっているらしい。
カナダでは化学治療も放射線治療も通いで行うことがほとんどだ。なので、家に帰ってきてしばらくするとど~っと副作用が出てくるのだそうだ。

「ほんと、救急車呼ぼうと思ったくらい、すごい振るえと汗でね・・・」

とハウスキーパーさんは言っていた。

日本と違って、こちらでは「告知」は当たり前。家族に言われる前に本人に医者から宣告されるのだ。
なのでハウスキーパーさんのダンナさんも自分でこの治療を選択したんだろうと思う。

がんの治療は、治療を受けた本人にしか辛さはわからない。
でもそれを見ている家族は、本人以上に辛いのかもしれない。

「ほんとに一口しか食べてないのに、血糖値が高くてね・・・。薬を増やしてるけどこれで下がらなくなったら入院みたいなの」

とハウスキーパーさんは言っていた。消化器系のがんだとこういうトラブルもあるのだ。

もちろん、早期発見早期治療で治る病気となったがんだが、ステージ2とか3になると5年生存率は低くなり、再発率が高くなる。

病気と向き合うというのは、時として死と向き合うことでもある。

ワタシのクライアントさんの場合は、ガンのように急激に悪化する、ということは少ない。
ただ、徐々に徐々に持っている機能が低下していく。
それを直視することは本人にとってはしたくないことだ。でもしなくちゃいけない時がくる。

一時調子を崩していたのだが、ここ数日クライアントさんは調子がよい。
でも、食事中にむせることが増えてきていて、今後の食生活を考えなくてはいけない。

一度、雇用主さんが経管栄養の話をしたことがあったらしいのだが、話題を変えられてしまったそうだ。
クライアントさんの疾患を考慮すると、数年先、必ず導入を検討しなければいけない内容だが、やはり直視したくないのだ。

でも、クライアントさんの疾患は認知症も伴うもので、今後彼がきちんとこの問題に対して考える、という能力がいつまで機能するかわからない。

ここらへんのさじ加減が、進行性の中枢神経疾患では難しいところだ。

こういう疾患の予後もある程度知っているからワタシが雇われたんだけどさ。やっぱり決断させるって難しいな~と思う。まぁ日本と違って本人には医者からちゃんと予後宣告されてるからその分楽だけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-28 13:56 | 人間 | Comments(2)

机下

うちの雇用主さんは、家のいろんな塗装をメキシコ人のおにいちゃんに一括してお願いしていた。

このメキシカン、実は不法滞在者だということを昨日知った。
もともとこっちのフィルムスクール(映画関係の勉強する学校)に入っていたのだそうだが、辞めてその後は怪しいボスの元、ドカタ関係の仕事をしていたらしい。もちろん、ワークビザを持っていないので、これは完全に違法行為である。

英語では違法にお金のやり取りをすることを「Under the table」という。

雇用主さんがどういう経緯でこのメキシカンと知り合ったのか詳しくは聞いていないのだが、彼は非常にまじめにきちんと仕事をしてくれる人であったことは間違いない。

雇用主さんの話では、彼はメキシコに娘がいるという。この娘さんも実は彼の子供かどうかはわからないらしいが、彼は自分の子供だと信じているのだそうだ。バンクーバーになぜ彼がやってきたのかは分からないが、自分の子供のために違法とわかっていてもお金を作らないと・・・という頭があったらしい。

彼の学生ビザは9月に切れているため、2か月以上不法滞在をしていることになる。

北米では日本と違って出国審査というものがないのだが、飛行機に乗るときのチェックインカウンターでパスポートをスキャンされ、どれだけ滞在していたかは移民局に情報が入るのだそうだ。

なので、このメキシカンは1年以上カナダに戻ってくることは難しい。

彼はカナダを気に入っていたようだが、こうなってしまった以上、今後移民申請などをすることも無理だろうと思う。

「移民したい」というと、日本人の人もカナディアンも大体理由を聞いてくるのだ。
ワタシの場合は「周りの目を気にせずに自分らしくのびのびと生活できるから」なのだが、彼の場合はいろんな意味で安定した生活を送ることができたのだろうと想像する。雇用主さんの話では犯罪率がカナダの比ではなく多いのだそうだ。

ついでに言ってしまえば、その犯罪率の高さゆえに普通のメキシカンも違法行為に対する認識が甘いように思う。ESLに通っていたときにレンタカーでスピード違反をしたメキシカンは、チケットを切ろうとした警官を買収しようとしたらしい・・・。それがメキシコではきっと通用することもあるのだろうが、間違いなくここでは通用しない。

だからかどうかはわからないが、彼はだらだらとビザが切れても滞在していたことになる。

日本で不法滞在してる外国人は、テレビのドキュメンタリーなんかだと一斉摘発を受けたりとかしてるのを見るけど、カナダではそういう話は聞いたことがない。だから彼のような人がたくさんいるんだろうな~と思う。

以前、ビジタービザが却下されたときに素直に帰国しておいてよかったとほんとに思う。すったもんだはあったものの、今はこうして無事にワークビザを取得して、将来きちんと移民プロセスができる状態になれたんだもの。

このメキシカンが母国で頑張ってくれることを祈る。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-27 05:13 | 人間 | Comments(0)

調整

最近、夜中に目が覚めてしまう。

ワタシはもともと寝付きが悪いのだ。布団に入ってからも30分は眠りに落ちないことが多い。
とにかく、寝る前にはなにか自分の気分を緩めていく行動をするようにはしているものの、やっぱりどんなに眠くても眠りに落ちるまでに時間がかかる。

加えて日本よりも緯度の高いバンクーバーでは、この時期明るくなるのが朝8時過ぎ。寝起きも悪くなる季節である。

数か月前から寝る前に「メラトニン」のサプリメントを飲み始めた。日本ではまだ未認可だと思うのだが、欧米では割りと一般的な「睡眠を深くするサプリメント」である。メラトニンとは夜寝ている間に脳が放出しているホルモンで、これが成長期なんかだと成長ホルモンにも影響するという重要な役割を果たしている。

ここに引っ越してきてすぐのころは、メラトニンなしでもぐっすり眠れていたのだが、ここ2週間ばかり、寝付き寝起きの悪さに加えて、夜中に目が覚める。しかもトイレとかそういう生理現象に起こされるのではない。たまに掛け布団を蹴っ飛ばして寒くて目が覚めることはあるけどw。今のところ雇用主さんに「クライアントさんがおかしい」と起こされることはない。

一つ考えられる理由の一つは「運動不足」だ。
ワークも下りたことだし、早いとこコミュニティセンターのメンバー登録しなきゃな~。

介護、という仕事は重労働だと思う人が多いと思うが、体の使い方を知っていればそこまで重労働にはならないのだ。だから運動強度としてはさほど強くないと個人的には感じている。
ましてワタシのクライアントは一人だし、そのクライアントさんはまだそこそこ動けるのだ。ワタシが全身使ってよっこいしょと寝がえりさせたりすることなど皆無。ただガイダンスと時間が必要なだけなのだ。

そういえば、ハウスキーパーさんが休みで、掃除を代打でした先週、先々週の金曜日はぐっすり眠れた気がする・・・。

・・・やっぱり運動不足だw。
寝る前のストレッチだけじゃだめなんだわ。

エクササイズボールとかを買おうかどうか真剣に悩む今日この頃である。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-26 04:49 | 報告 | Comments(2)

効能

9月ごろから、経口避妊薬を飲むのをやめた。

ワタシがピルを飲んでいたのは、避妊目的ではなく、ニキビの治療のためだった。
日本でもだんだんニキビのためにピルを処方してくれるお医者さんが増えてきてるというが、北米ではもっとポピュラーな治療法として認知されているのだそうだ。

処方箋がないと買えないし、ストックが尽きたのもあったのだが、もう三十路に入ったし、いい加減ホルモンバランスも良くなっただろう、と飲むのをやめた。

最初の一カ月はよかったのだが、やはり10月に入ってから顔もそうだが背中にもまたでき始めてしまった・・・。

まぁワークビザとかばーちゃんとかのストレスもあるとは思うのだが、できたらできたでそれがまたストレスになる。
またピルを飲むことも考えてはいるが、始めるとなると生理が来るのを待たないといけないし、効果が出始めるのは3カ月先になるのだ。

で、悩んだ挙句、土曜日に購入。
f0129786_931223.gif日本では昔真鍋かおりさんがコマーシャルしてた記憶があるが・・・。今はどうなんだろうか?こっちだとジェシカシンプソンだが・・・。
通常は通販の商品だが、でっかいショッピングモールのキヨスクショップで販売してるので、そこのおねいさんといろいろと相談をし、お得なセットを購入(それでも$90したけど・・・)。

おねいさんの話では早い人なら2週間くらいで効果を感じる人がいるとのことだが、2か月続けてみることを勧められた。

なんでこんなに焦って治そうとしてるのかというと、1月に専門学校の卒業式があるのだ。
それは別にいいのだが、その前にあのガウンと学帽をかぶって写真撮影があるのだ(有料だけど)。
だから即効性があって割りとお手頃な治療法を探していたのである。

口コミサイトなんかを見ると、効果が出た、という人もあれば、乾燥して駄目だったというのもあるが、7~8割くらいの人はきれいになったという感想だった。ワタシは特に乾燥を感じることはなく、マスクをした後なんかはニキビのないところもつるつるしてご機嫌である。

ただ、おねいさんにも言われたのだが、「目の周りには使えない」のだ。
ちょっと洗顔がついただけでも目の周りはやっぱり乾燥してしまった。ワセリンで保護したら治ったけど。
まだ使い始めて数日なので、効果は?というと微妙なところだが、特に合わない、ということはないので、そのうち効果が出てくると信じて使い続けてみようと思う。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-25 09:42 | 関心 | Comments(2)

交換

欧米生活で許せないことの一つに「お風呂のシャワーが固定式のことが多い」ということがある。

これ、ホームステイ先もそうで、前にルームシェアに移った時に固定式じゃなくなってすご~くうれしかったのだ。
だが、雇用主さんとこは典型的な北米の家なので、もちろん固定式。お風呂はうれしかったがこのシャワーだと掃除がうまいことできない。

なので、ワークが降りたら絶対シャワーヘッドを変えてやろうともくろんでいたのだ。

念のために今ついてるシャワーヘッドを外して見るが、シャワーヘッドは簡単に取れたのに、そのベースになってるところが取れない。
よくよくみると接着剤でねじのところを留めてあるようだ・・・。

仕方ないので、外れた部分だけもってDIYのお店へ。

アジア人が増えてるせいか、いっぱいあるじゃん、ちゃんとホースがついてるシャワーヘッド!!

とりあえず、もともとあったシャワーヘッドと似た感じの色合いのものを持って、店員さんに
「ここしか外せなかったけどつけられるか?」
と聞いてみたら、
「担当の人を呼ぶから待ってて」

なので、待つのだが、一向にやってこない。
でも担当者いるはずなのだ。だって机にトラベルマグが置いてあるんだもん。

しばらくしたら、若いおにいちゃんがやってきて
「自分は担当じゃないが、なにか手伝えるか?」
と聞いてくれたので事情を説明すると、担当者にもう一度電話をし、つながらなかったためにさらに上のスーパーバイザーに電話をしてくれた。

・・・が、このにーちゃんはそのスーパーバイザーの言ってる部品がどれかわからなかったのだ。

内心「だめじゃん・・・」とつぶやきつつ、「そういえば接着剤みたいのでくっついてて外れなかったから、接着剤はがしみたいなのがあれば・・・」と言ったら、それは発見できた。

「これ使ってさらにお湯であっためると外れやすいよ、あとスパナとか使うといいかも」
とにいちゃんからさらにアドバイス。

帰ってきて、にいちゃんのアドバイス通りに少しお湯を出してパイプを温めておいてから、溶解剤をかけて、スパナを使ってひねってみたら、無事外れた。これで余分な部品を買わずに済んだわ~。

そのまま浴槽を洗ったのはいうまでもない。
雇用主さんに報告すべきかどうか、ちょっと悩んでいるw。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-24 16:02 | 報告 | Comments(2)

晩餐

昨日、近々帰国してしまうお友達とランチ→お茶→ディナーのフルコースで楽しんできた。

彼女はもともと薬剤師さん。ワタシと同じ学校で薬剤師補助の資格を取って実習をず~っとしていた。
まぁワタシと同様、本当は実習先からワークのオファーがあればこのまま滞在し、こっちで薬剤師免許の更新をしようと思っていたのだそうだ。でもこの不況ではやはり難しく、今回は一度帰国してすこし考える、とのことだった。

ランチは
f0129786_10105438.jpg

ウクライナ料理。ここのランチはこのボリュームで$7とかなりリーズナブルである。

2年前に晩御飯をここで食べたことがあるのだが、ここのボルシチはあんまりおいしくなかった。・・・がこのランチにあったミートローフはおいしかったな・・・。

その後ワタシのお買いものに付き合ってくれた。

彼女はワタシのお薬辞典w。クライアントさんのお薬から自分のお薬のことまでいろいろ聞くといつも親切に調べて、丁寧に解説してくれるのだ。
カナダの薬局はお薬の説明書をくれるのだが、すっごい細かいうえに読みづらいことが多い。ワタシもER騒ぎのときにヘロヘロになりながら読んだ記憶がある。調剤してくれる薬剤師さんも親切な人ならいろいろと教えてくれるが、決まった説明しかしない人もいたりする(まぁこれは日本でも同じだと思うが)。
カナダでは処方してるお薬を患者さん一人一人データベース化してるらしい。なので日本のようなお薬手帳のようなものがない。

ディナーは
f0129786_10122449.jpg

アフリカ料理である。ラムケバブとマッシュルームのカレー。

アジア料理と違って少し変わった香辛料を使っているアフリカ料理。ここのお店は雰囲気も良い。

12月に入ったら彼女は日本に戻る。
通った専門学校のキャンパスでできた数少ない日本人の大切な友達だ。
彼女は日本でまた薬剤師としてしばらく頑張りつつ、カナダに戻るかどうか考えるのだそうだ。
彼女なりにいい決断が出せることを祈っている。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2009-11-23 10:22 | 報告 | Comments(2)

問答

雇用主さんと相談し、とにかくワークビザの延長手続きすぐ入らないといけないので、昨日、バンクーバーにある日本領事館にパスポートの更新に行ってきた。

まぁシアトルのカナダ領事館に比べると、いつも思うけど、日本領事館ってガラガラなんだよね。
待たされても一人か二人。昨日に至っては誰もいなくて警備員のおっちゃんも相当ヒマそうだった。

前もってHPで調べたら10年のパスポートは$172かかり、「戸籍謄本もしくは抄本が必要な場合があります」とある。
一応手元戸籍謄本があったのだが、すっかり持っていくのを忘れていた。

・・・が、特になにも言われず。

ワークが下りたので、やっと住所変更もできることとなり、パスポートの更新とともに在留届と在外選挙登録の住所変更をお願いする。

で、パスポートの更新手続きのための書類にこんな質問がある。
「海外で退国命令もしくは犯罪を犯したことがあるか」

微妙な質問である。だってワタシ去年実際にビジタービザが下りなくて退去命令出たんだよね。
なので「はい」にチェックを入れて提出したら、受け付けてくれたおねいさんに詳細を聞かれたのでありのままを答える。

「問題ないと思います」
とのことだったので、じゃ~お願いしますと頭を下げて、領事館を後にする。

バスを待っていると、携帯が鳴った。

「すみません、領事館なんですが、退国命令のことですが、別につかまったりとかしたわけではないので、これは『いいえ』になるんです。こちらでは訂正印が押せませんので一度領事館におもどりいただけますか?」

ということで、また領事館に戻り、拇印を押し、『いいえ』に再度チェックを入れる。

日本でパスポートを申請したとき、確か2週間以上待たされた記憶があるのだが、

「来週金曜にはできます」

一週間でできるのか~。
早いな~。

ということでワークビザの延長手続きにもすぐ入れそうである。
あと半年残っていたパスポート、ちょっともったいない気もしたが、安心してここで生活するためにはとにかく早め早めに手続きをしないと、期限が切れる可能性が高い。何でも時間がかかるのだ、カナダのお役所業務は。

とはいえ、一週間パスポートが手元にないってのも不安なんだよね~。

早くできないかな~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-11-22 04:53 | 報告 | Comments(8)

盲点

さて、続きである。

無事に領事館での手続きをすべて終え、バスの時間変更も済ませ、11時15分。
少し早いが、お昼御飯を食べることにした。

映画「めぐり逢えたら(原題:Sleepless in Seattle)」でトム・ハンクスがゴハンを食べて有名になったという市場にあるレストランへ。

f0129786_745111.jpg

天気が良ければ絶景なんだろうな~。
お向かいの席にはナイスミドルなおっちゃんがやはり一人でご飯を食べてて、目があったらにっこり笑いかけてくれた。

f0129786_7461397.jpg

とにもかくにも、これでやっとワークビザが手に入ることとなり、一人だけど祝杯w。

シアトルは、もともと漁師町なので、シーフードが名産といえば名産。「牡蠣」がオススメというので
f0129786_7474333.jpg


感想は・・・う~ん、東北の夏牡蠣のほうが断然おいしいと思う。大きいし。

f0129786_7483434.jpg

それと本日のランチメニューだったタコス。
ワタシは一度たりともタコスをきれいに食べたことがない。どうやったらこの物体をこぼさずに食べられるんだろうか?誰かコツを知ってる人がいたら教えてもらいたいもんだ。

その後、スターバックス一号店でコーヒーを買い、荷物を預けてあるホテルへ。
ホテルでトイレを借りて着替える。この時点で靴がかなり厳しかった。正直どっかで長靴買おうかと思ったくらいである。

そしてバスへ乗り込み、さようなら~シアトル。

今までグレイハウンドを利用していて子供に遭遇したことがなかったのだが、今回は3人もいた。しかも一人はワンワン泣いてた。かわいそうに・・・。

3時間ほどして国境手前のトイレ休憩のときに雇用主さんに電話をし、無事にビザが下りたことと早い便で帰ってくることを伝える。

で、国境である。

シアトルの領事館で言われた通りに、一番最初に税関審査をするオフィサーに書類を渡すと、奥にある移民局へ通される。

珍しいことに、今回、ビザをもらいに行ったのがワタシ一人(大体10人くらい乗客がいると2~3人は通されることが多いのだが)だった。

特段、ここでは質問されることもなく、オフィサーがなんだかいろいろとデータを打ち込んでいた。

そしてパスポートをチェックし、一言。

「パスポートの期限が来年の7月までだから、ビザも7月までしか出せないよ」

えええええええええええ!!!!!

というか知ってたけど、完全に忘れてた!!!パスポートの有効期限・・・。

オフィサーは続けて
「ま、延長するのは国内からで大丈夫だから。そんなに大変じゃないと思うよ」

ほんとかよ・・・。というかヒューマンリソースからの手紙の期限が1月なんだよ!

だがまぁなにもイチャモンつけられることはなく、有効期限がもし十分にあれば余裕で3年のビザを出してくれそうな感じだった。

とにかく、これで晴れて働ける!

奇しくも学校からもらっていたワークビザ(実習用なんだけど、同じフィールドの職業であれば有給で働けるというもの)の期限が今日までだったのだ。

帰ってきたら、雇用主さんもクライアントさんも大喜びしてくれた。

まだ延長手続きはしなくちゃいけないものの、やっと落ち着いて生活基盤を築けそうだ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-11-21 07:59 | 報告 | Comments(10)