「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

急遽

HAPPY EASTER!!

といっても卵の絵付けとかしてないけどw。
ウサギすら飾ってないけど(去年は飾ってたような気がするんだけどな、この家・・・)。

イースターってクリスチャンにとっては重大な日みたいだけど、日本人にはなじみが薄い・・・。でもやっぱりファミリーディナーをする日なんだそうだ。ちなみにうちは明日月曜の予定(もちろんお休み返上で仕事なのさ、ワタシは・・・)。

さて、北米ではイースター前後の金曜と月曜は祝日でお休みになる。ということで普通に働いてる人や学校に言ってる人は4連休。
そんなイースターウィークエンドの初日の金曜に、ホストファザーの甥っ子さんと結婚したYukiさんが「うちにおいでよ」と言ってくれたので、ずうずうしくお邪魔しにいった。

とりあえず手土産~と思って前々から気になってたワインショップで日本産の梅酒を買っていくことにした。
ほんとはね、彼女、日本のビールが飲みたいってずっと言ってたから日本から買って帰ろうと思ってたんだけど、やっぱり重くて断念したのだ。
代用品にはならないけど、ちょっとだけ日本っぽいかな~と(でもこっちで買ってるから意味ないんだけど)購入。ついでにMakoさんに前もらった日本のラスクも持参。

仕事終わってから行ったので、着いたらもう始まってた。

チヂミとか唐揚げとかワタシ、日頃作らないものがたくさん並んでてうれしい。
メインはちらしずし。
f0129786_7152296.jpg

玄米と白米を混ぜて酢飯を作ったから味の保証できない、と言ってたけど、おいしかったな~。

この日はYukiさんのマイミクさんばかりを呼んでいて、ワタシだけはそうじゃない人だった(←一応mixiはやってるんだけど、mixi上でYukiさんとはつながりがない)。で、一体なんの集まりなのかを聞いてみたら

「実は今日、誕生日なの」

・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・。

え~~~~~~~~~~!!!

すみません、食べるだけ食べてプレゼントも用意しなくて・・・。
そういえば誕生日4月って言ってたな・・・。

来ていた他のお友達も「知ってたらホールケーキ持ってきたのに(パン屋さんで働いてるんだそうだ)」と言っていた。
と言うわけで来年はちゃんと何か用意しようと思う。

で、この日、Yukiさんから「ファミリーディナーを日曜にやるってことでwhoにも声をかけておいてって旦那のお母さん(ホストファザーの妹さん)に頼まれたんだけど、来れる?」と言われた。
日曜は大丈夫!月曜だったら無理だったけど。ってことで今夜はホストファザーのお母さんの家でパーティだそうだ(初めて行くんだけどね、ここには)。

みんなでホッケー見たり、Wiiやったりしてて楽しく盛り上がって気がつけば12時近い!!

お片づけも手伝わずにしかもYukiさんの旦那さんをアッシー(スカイトレインの駅まで送ってくれた)に使ってごめんなさいw。その代わり、SuperDry売ってる酒屋見つけたから買って今日持って行くね~。

金曜の夜はバンクーバー市内の友達の家に泊めてもらい、ほんとは土曜も泊まる予定だったんだが、友達の家のボイラーが故障し、セントラルヒーティングが止まってしまった。
とてもじゃないが寒くて無理・・・。

土曜日は家に帰ることにしたのだが、ほんとは帰りたくなかった。
なぜなら土曜の夜にうちの雇用主さんはお友達を呼んでパーティーすることを知っていたから。
帰れば確実にお手伝いせざるを得ない。
でも寒くて風邪を引くわけにもいかない。

案の定、昨日寝たのは1時である(終わったのが11時15分前だった・・・)。
で、クリスチャンのフィリピーノの子が今日、昼には帰らなきゃいけないってことなのでピンチヒッターで今日も仕事・・・。

・・・ワタシ、いつ休めるの???

土曜日のナイトオフを今日日曜に振り替えても働きすぎのような気がする・・・。

しかも今月雇用主さん2回も日曜日にいないので、フィリピーノの子が来ようが来まいが、ワタシ、働くんだけど・・・。

来月はまっとうに休みたい・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-05 07:28 | 人間 | Comments(2)

格差

日本で会った友達からいろんなものをもらった。
f0129786_3364361.jpg

親友からは首にかけられるタイプのストラップ(これも長いものだから厄除けになりそうだw)。

f0129786_3372486.jpg

お会いできなかったけど、しっかり杏さんのお宅に届けてくださったこすもすさんからは夏に活躍しそうな半そでのパーカー。

f0129786_3384148.jpg

mihoguma姐さんからはクスリと笑わせてくれる写真集w。

f0129786_339149.jpg

杏さんからはイタリアのあの伝統と歴史のあるノッヴェーラ薬局のスキンケアセット。最近手荒れがひどいのでこれですべすべに戻そう・・・。

f0129786_3402246.jpg

midoriさんからは和物な巾着に加えて日光東照宮の健康お守りをもらったのだ。

でもお守りは「どうせばーちゃんに何にも買ってないでしょ?」とばーちゃん用だったのだ。
一応ばーちゃんには交通安全のお守りを厄除けのときに買ったのだが、midoriさんにいただいた草鞋の形のお守りのほうが見た目もよさそうなので、ばーちゃんにあげたらことのほかお喜びでw。その反応の良さにワタシは正直ビビった・・・。

しかし改めて思うが、ばーちゃんの家事に対する考えが分からない。

うちのクライアントさんはベッドに防水シーツを敷くのだが、そのシーツや雇用主さんの水着を平気で高い温度設定で乾燥機にかけるし、床がどんなに散らかっていようと絶対掃除機かけないし、リサイクルのごみの分別しないし、「○○持ってきて」と頼まれたものを奥から取り出して持ってくるのはいいけど取りだした他の物を戻してくれないし、一番意味不明なのは一度使った食器を彼女にとっては「見た目きれい」だから、食器棚に戻すことである。

あの~パンくずついてるんだけど・・・。

と言えないまま早半年・・・。

実は若干働きすぎなワタシに雇用主さんが「お昼御飯の準備を彼女にやらせたら?」と言ってくれたのだが、正直自分の身を守るためにも彼女にはやらせたくない。今までよく雇用主さんもクライアントさんもおなか壊さずにやってきたな~と思う。
というか結局彼女がやってきれいにならなかったらワタシがやり直すんじゃないか・・・。二度手間なんだって・・・。

…という言葉を飲み込んで、「あんまり彼女にやらせたくないんです」とだけ言った。「お昼についてはチャージ(給料請求)しません」と今度聞かれたら言おうと思う。というか今だって残業したって請求してないだが・・・。前もって「払えない」と言われてるのでやるだけ損してるんだけど、時間になったら家に帰るばーちゃんと違って、キリのいいところまでやらなきゃいけないのが住み込みの悪いところで、しかもばーちゃんのできない(というか少なくとも雇用主さんを満足させることのできない)家事も全部回ってくるから、週に40時間に抑えたくても抑えられるわけがない。買物行ってその週末にパーティーなんかがあったら余裕で週に50時間働くこともある。

日本から買ってきた佐伯チズさんの本に「グチったって道が開けるわけじゃない」的なことが書いてあったんだけど、頭では分かってるけど、ワタシやっぱり愚痴りたい・・・。

ワタシがどんなに頑張っていろいろやったってワタシのお給料は彼女と時給$5も違うのだ(もちろんばーちゃんのほうがもらってるのよ)。
納得できない。
納得できないけど、今更雇用主さんの期待にこたえられないいい加減な仕事はしたくない。

ここら辺につけこまれてるんじゃないのか?とカナディアンの友達にも言われた。いいように使われてるんじゃん?と。

そうかもしれない。

でもま、3年(移民権取れるまでに大体2年半かかるのとワタシの契約とワークビザそのものが三年)経ったらこの仕事を続けるつもりはない。
というか12月になって万が一雇用主さんがワタシのお給料を上げてくれなかったら、即効辞めると思う。いくらイイヒトたちでもこれでは割りに合わない。

たぶん、彼女やフィリピーノの子がいなかったら、こんな愚痴を言わず残業も気にせずにやってたと思う。比較対象があるから文句が出てくるのだろうと思う。

でもね、やっぱり納得できないのよ。

そんな時は
f0129786_4445275.jpg

Erikoさんにいただいたこの本を開いて、心を静めている今日この頃である。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-03 04:45 | 人間 | Comments(4)

考察

世間はエイプリルフールだが、特段うちではなにもなくw(あってもいやだけど)。怖くて友達に電話できずにいる。ワタシはコロっと騙されてしまうほうなのだ。悔しい思いをしたくないので(←負けず嫌い)今日はおとなしくしておこうw。

さて、カナダに戻ってきてすぐにmixiのコミュのオフ会があった。
mixiにはワタシが参加している移民プログラム「Live-in Caregiver」のコミュニティがあって、そのメンバーの一人で仲良くしてもらってるMakoさんが「交流会しよう!」と呼びかけたのだ。

ワタシはコミュのメンバーじゃないのだが、専門学校で一緒だった友達を誘い、コミュを通して3人の参加確認があったものの、一人は風邪で欠席。管理人もしている人がお友達を二人連れてきていて合計7人でバンクーバーでは割りとメジャーな「Cactus Club Cafe」へ。

今回参加してくれた人のうち、一人は「Live-inを考えている」段階の看護師さんだった。
ワタシもMakoさんも一番最初に彼女に言ったのは「まず看護師免許の書き換えしたほうがいいよ」である。

以前は看護師免許の書き換えにIELTS7という英語の高い壁があったのだが、現在はIELTS6でBC州の看護師試験を受けることができる。正直言ってIELTS6なら少し頑張れば取れるレベルなので、まずはそっちでトライしたほうがいい。

確かにLive-inって98%確実に移民権が取れるという意味で安全ではあるものの、2年(実質はオープンワークが取れるまでに半年かかるので2年半)という長期にわたる拘束期間がある上に、お給料が看護師に比べたらはるかに安いのだ。
フルタイムの看護師は日本もそうだと思うがカナダでもず~っと不足と言われていて需要があることを考えると、ワークビザも降りやすい。

ワタシもMakoさんもできることならLive-inは避けたかったクチである。
このプログラムは移民のための最後の手段といっても過言ではないように思う。

今回コミュの管理人さんも参加してくれていたので、思い切って「最近急にメンバー増えてますけど、あんまり良くわからないで参加してる人もおおいですよね」と聞いてみた。

管理人さんいわく、日本でも広く「Live-in Caregiver」を斡旋する留学エージェントが増えてきたらしく、「これなら簡単に移民できます」と言われてじゃ~とりあえずコミュ二…と言う人が急増しているのだそうだ。一応承認制のコミュなので、管理人さんがあまりにも「ちょっとこの人は・・・」と思う人は承認しないようにしているのだそうだが、それにしても自己紹介の時点で時折「???」と思う人物に出くわすこともある。

お節介とは思いつつ、「ちょっとこれは・・・」と思う発言があるときにはメッセージを送っていたりするワタシ。驚いたことに、ほとんどの人が「移民=Live-inがベスト」と思っている人が多いのだ。

手堅く移民、と言う意味ではベストなのかもしれないけど・・・。他の方法は考えなかったんですか?と聞くと全く調べてなかったりする人もいるくらいで相当びっくりした。

移民って、人生の分岐点だと思うんだけど・・・。ま~確かに日本に帰りたくなかったらいつでも帰れるっていえばそれまでなんだけど・・・。
本人がいいと思ってれば、それでいいのかもしれないな・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-02 09:39 | 関心 | Comments(0)

性分

さて、今回の帰国の大きな目的の一つは、厄除けだったのだが、うちの母が「厄年のときに、『長いもの』をもらうのよ」と言っていた。
ちょっと調べたら厄年に長いもの→長生きに掛けているのだそうだ。厄年で亡くなる人が多かったころからの風習なんだろうね。

うちの母はお仲人をしてくれた例のちゃんぽんやのおかみさんに帯をもらったんだそうだ。
ワタシ、帯もらっても着物ないし、大体自分で着物着られないし・・・。

ダメモトで言ってみた「お母さん、ワタシ真珠のネックレスが欲しい」と。

母「あげたじゃん・・・。カナダに持って行ってなくておいてあるわよ」とw。

そうだっけ?いやもらったような気もするんだけど、確かにカナダには持って行ってない。というかどこよそれ?と母と二人で母の宝石の類が仕舞ってあるタンスをひっくり返すも、それらしきものはない。というか空箱ばかり・・・。

母「盗まれちゃったかしら?」
ワタシ「誰が盗むのよ?泥棒に入られたの?」
母「そんな覚えはないんだけど・・・」
ワタシ「別のジュエリーボックスとかに入れてるんじゃないの?」
母「あんたのは確か、別の箱に仕舞って2階のどっか(←だからどこだっていうんだ???)に入れたはず・・・」

実家は床暖房を入れるために改築して、その時に『これは大事だから』と見つけにくいところにわざわざ仕舞ってくれたようだ。

で、倉庫状態になっている弟②くんが昔使用してた部屋にほんとに隠してあったワタシあての宝石の入った箱w。
f0129786_912725.jpg


ワタシ、真珠だけは日本産のものが一番きれいだと思う。やれやれこれで厄除けグッズは手に入ったわw。

ついでに「鞄も欲しいな~」と言ったら母の寝室の押し入れの天袋から落ちてきた。
f0129786_952052.jpg

うちの母IBIZAのファンで、相当なコレクターでもある。国内生産にこだわっているこのメーカーさんのかばんはイタリアで修業した社長さんが皮と製法にもこだわりをもち、さらにカスタマーサービスも評判の良い会社だ。使い古して汚れてきたバッグを染め直してくれたり、ショップに行くと無料でお手入れしてくれたりと親切なんだそうだ。お値段はピンキリなんだけど、お手軽なものもあって、なんだかんだと『節目』になるときには必ずIBIZAのバッグとか財布とかをくれる母である。

と言うとすごく大事に保管してそうなんだけど、中に詰め物はしてバッグ用の保管袋には入れてるんだけど、上記したように「天袋から落ちてくる」状態で保管してるのだ、うちの母w。この母を見て育ったワタシが収納上手になるわけがないわw(でもちょっと頑張ってもらった鞄は詰め物して立てて仕舞ったが)。

さて、今回の帰省でびっくりしたことの一つは

「あ~雛人形ね。あれね、寄贈した」

とあっさり言った母である。ワタシ、まだ嫁入り前なんだけど・・・と念のために言ってみると

母「あんた、カナダと結婚したようなもんじゃない」

・・・・・。
どうやらうちの両親としては「手元から離れて自立」=「嫁入り同然」と考えていたようだった。

・・・そういえば大学に入って一人暮らし始めたときも「もう嫁に行ったようなもんだから」と父親に言われた記憶が・・・w。

替わり、というのも変なんだが
f0129786_916367.jpg


杏さんとこではひなあられをごちそうになり(このあられがまたおいしかった♪)、

f0129786_9181061.jpg

母にはこの「雛人形モビール」をもらう始末・・・。

f0129786_919659.jpg
f0129786_9192291.jpg


彦根で泊まった旅館には旧暦で雛人形が飾ってあったんだけど、かわいかったな~。

来年のひな祭りまでに母にもらったモビールが完成させられるのかどうか、いささか不安ではあるが、作らないとほんとに嫁に行けないような気がしてきた・・・。がんばろう・・・。
というか厄除けよりも縁結びの神さまにお祈りしにいったほうが良かったんだろうか???

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-01 09:21 | 人間 | Comments(2)