「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2010年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

給料

ここんところ、ちょっといやなこと続き(やっぱり前厄だけど、厄年ってあるんだなと実感中)だったので、ワタシの運がないぶん、日本代表に運が回っているはずだから、試合見れないけどきっと大丈夫!と意味不明な自信を持って仕事をしていた。
一応音だけ消してテレビはつけさせてもらったがw。

どっちにしろ、7時から9時(バンクーバー時間で試合開始が7時)はほとんど見られなかったんだが・・・。運よく(?)延長戦へ。
延長戦も前半戦はほぼ見られず、後半戦はなんとか。
そうこうしてたらPKになり、それと同時に雇用主さんに「今月の労働時間を出して」と言われて泣く泣くあきらめた。

7月1日はカナダデー(日本でいうところの建国記念日)で休日となり、どうもお給料の計算をしてくれるクライアントさんの娘さんが出かけてしまうらしく、給与支給を明日中にしたい、ということだった。

先月は特になにも言われずこちらの申告通りに給与が出たのだが、今月は雇用主さん、厳密にワタシの労働時間をチェックしはじめる→試合は見れない。

その間電話がかかってくれば中断し、人がくれば中断し、ワタシのイライラはかなり限界だった。

しかも最後に
「あなた、お給料稼ぐために残業増やしてない?」
と来た。

ワタシは静かに切れた。
「ワタシは好きで残業はしてません。以前にも伝えましたが一週間に一度以上、買物や用足しに行くとその時点で時間をオーバーします。それを頼んできたのはあなたで、ワタシにとっては必要な残業だったと考えてますが?」

それでもなんだかんだ(車の修理代のこととか)と言ってくるので

「じゃ~残業代はくれなくて結構ですよ」

と言った。そしたら雇用主さん折れた。

ワタシはほんとに好きで残業してるわけじゃない。日曜の夜、友達の家族に夕食に招かれたから、遅くなってもいいか?と聞いたら「帰ってきて」と言ったのは雇用主さんで、そんなことが毎週ワタシの休日には起きるわけだ。ワタシも二日以上連続して夜のケアが雇用主さんには負担になることを知ってるからなるべく空けないようにはしているが、それでも、その日はワタシはお休みのはずで、何もしなくてもいいはずなのにわざわざ家に戻って仕事してるのに、それを請求するな、というなら確実に完全な休みをくれ、とワタシは言いたい。

ワタシは住むところと食べ物が提供されているので、最低賃金でも生活そのものはできているのだ。
あ~でもないこ~でもないといちいち干渉してくるなら、残業代なんかいらない・・・。

そんなこんなでクサクサしてたら、試合が終わっていた。

日本、がんばったのにね。

こうなったらやっぱりドイツかな~。でもアルゼンチンなんだよね、次・・・。
アフリカ勢で残ってるガーナも応援しがいがありそう。

とにかく、どこが勝ってもチャンピオンにふさわしい戦い方をして欲しいわ。
前回のジダンのような悲劇は見たくない。いい大会で終わってくれますように!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-30 10:10 | 愚痴 | Comments(8)

便利

さて、25日に告示された参議院選挙。
海外在留者は各国大使・領事館で投票可能。そうじゃない場合は自分で投票用紙を取り寄せて行うのだが、海外からの投票の場合、期日が日本の投票日2週間前なのだ。なので、告示とともにマニフェストに目を通し、立候補者を確認し、投票。自腹切って郵送となるのだが、カナダポストの仕事は遅いので
速達便で送っても5営業日かかる→間に合わない、ということは前回の投票で分かった。

なので今回はちゃんとバンクーバー日本領事館へ。

必要なのはパスポートのような写真付き身分証明と、在外選挙登録証。
これをもとに郵送でやった時と同じ方法で投票するのだ。

・・・ま、考えてみれば投票に来る人の選挙区がバラバラだからそうするしかないのよね・・・。
ただ、領事館で投票すると確実に「投票完了」となるのでその辺は郵送よりもいいかな~(郵送の場合、間に合わなかったら無効)。

会場にはまず案内係がいて、投票用紙の請求書の書き方を説明してくれる。たまたま請求書書いてたら、前に座ってた年配の女性が栃木の方で黒羽の選挙登録証を持っていたが、市町村合併で黒羽町はもう存在せず、どうやら在外選挙登録証の番号や選挙管理委員会も変わってしまっているらしく、係員四苦八苦。合併したときに自動的に再発行はされず、自分でまた発行をお願いしないといけないらしい。面倒臭いのね。

で、記入が終わったら受付で投票用紙をもらう。投票用紙は前述したとおり、郵送投票と同じ。

ワタシは日本でも遠隔地不在者投票をしたことがあるが、在外選挙は日本の不在者投票よりも親切だ。
なぜなら、ちゃんと立候補者一覧を選挙区別に用意してくれているから。念のため事前にネットで調べてはおいたのだが、こういうの、にほんの遠隔地、特に大学があるエリアはやるべきだと思う。

その後、投票証人の人のサインをもらって、金庫に投票用紙が納められ完了となる。

ちなみにこの人たちは日本政府からきちんとお給料が出ている(当たり前だけど)。選挙の前になると毎回領事館は「選挙のための人員」募集をかけているのだ。

ネットというものは非常に便利で、ワタシはこのサイトも利用。党名を隠したうえで、自分の考えに近い政党を教えてくれる、というものだ。

やったんだけど、これがまた、全部のカテゴリー全部違う政党になったというとんでもないオチw。

結局全部読みなおして決めたけど、この通り頑張ってくれるといいな~。

ということでワタシは一足お先に投票完了である。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-29 12:58 | 報告 | Comments(2)

盲点

昨日、気がついたことがある。

それはカナダポストは国際郵便料金を値上げしていたのだ!!

ワタシの手元にあったのは$1.65の切手。確かオリンピック前に買った。
半年もたたずにまた値上げかよ!!ワタシが最初に来た時は確か$1.55だった記憶があるのだが・・・。

とにもかくにもここ数年で値上げの嵐。
しかも来月からは新しい税金システムが始まり、切手も課税対象になる、ということであわてて購入したら、5セントの値上がりに気がついた。

で、思い出したのだ。
「そういえば母の日のカードも父の日のカードも、$1.65の切手貼って普通にポストに入れたわ・・・」

日本の場合、郵便料金が不足してると受け取り拒否、もしくは受取人が不足料金を支払うことで郵便配達が完了するけど、カナダポストがそこまで丁寧に仕事してくれるとは思えない。
しかも国際郵便だし・・・。
料金足らないから廃棄されてる可能性も高いけど、だとしたらひどく失礼だよな・・・。

いろいろ検索したのだが、料金不足の場合どうなるのかが分からないのだ・・・。もしかしたら気がつかないでそのまま郵送してる可能性も高いな~。

うちの両親から音沙汰がないから、届いてない可能性もあるよな~。

う~ん、ま、終わっちゃったイベントだからいいか!



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-26 09:18 | 愚痴 | Comments(6)

騒然

実質大会が始まる前は、まったくもってチームジャパンに期待をしてなかったワタシ。

だが、カメルーン戦で勝って、オランダ戦もま~がんばったし、他のチームの勝敗を見てたら
「ひょっとしたら、ひょっとするかも・・・」
と思い始めた。

なので、サッカー好きのYukiさんから「日本ーデンマーク戦、Pubに見に行こう!」とお誘いが来た時は1も2もなく「行きます(ま~実際は雇用主さんの許可を得てからだったがw)」の一つ返事だった。Yukiさんは早朝4時にも関わらず、オランダ戦をワタシがお世話になったホストブラザー夫妻(奥さんがオランダ系なんで)とYukiさんの旦那さんと見に行ったんだそうだw。ベッドの上でうつらうつらしながら見てたワタシとは気合違うね。

さて今日は、同時にカメルーンーオランダ戦もやってて、Yukiさんが事前にお店に問い合わせをしたところ今のところどっちをメインで流すか分からない、とのことだった。画像としては両方出すのだが、音声はどちらかの試合しか流せないので、それがどうなるか分からなかったのだ。

ただ、CBCももうオランダがリーグ突破をしていることから、日本ーデンマーク戦とスイッチ(ほんとはCBCでは録画放送の予定だった)したことから、おそらくこっちがメインの試合になるだろうと大方の予測。

Yukiさんは「古いんだけどね~」と気合を入れて日本のユニホームを着てた。
ワタシも一応ジャパンブルーのシャツを着て。青い靴下履いてLibraRoomへ。
実はその前にイタリアが予選敗退を決めていて、このお店があるエリアはイタリア人が多いから、大丈夫かな?と心配してたのだが、特に混乱もなく・・・。

やっぱり日本のビールだよね♪ということになり、サッポロ黒ラベルをピッチャーで頼む。

ワタシたちがお店に入った時には全然お客さんがいなかったんだけど、試合が始まったらポツリポツリと席が埋まり始め、ほぼ満席状態。時間前に来ないのがカナダ流よねw、とみんなで笑う。日本人のワタシたちは普通に「やべ、予約しないと席ないかも?」と不安がってたんだが・・・。事実、日系のとあるお店は定員を決めて予約限定だったんだよな~。

試合開始とともに静かになるワタシたち。かなり真剣に見入る。
そして17分、本田のフリーキックが決まると店中拍手喝さい、ハイタッチの嵐。その中心はワタシたち8人なんだけどw。そんな盛り上がってるワタシたちを見て、日本人の他のお客さんが「一緒してもいいですか?」と合流w。
そういう出会いも、スポーツバーでは結構あるのだ。

その後遠藤もフリーキックを決め、後半PK後のシュートが入った時にはちょっとがっかりしたものの、交代した岡崎が得点し、岡田監督渾身のガッツポーズが大きく映し出される。

ちょうどワタシの前にいたカナディアンのお客さんが「日本はこれが初めての決勝進出か?」ときいてきたので、「前に進出したのは自国開催だったから、これはまた特別」と言ったら、納得していた。一昨日決勝進出を決めた韓国同様、日本も他国の大会では予選敗退ばかりだったのだ(だからCBCも録画放送の予定だったんだわ。きっとCBCはカメルーンとオランダが進出すると踏んでたんだと思う)。

そ~んなこんなで大盛り上がりのワタシたちを写真に納めてる人がいたのだ。
お店の外にでたら、話しかけてきてくれて、バンクーバーの中国系新聞のカメラマンさんらしく、ワールドカップの諸国の応援の盛り上がりぶりを撮りたかったんだそうだ(ま~中国出てないもんね)。
聞けばおばーちゃんが日本人で1/4日本人なんだそうだ。日本語は話せないんだけど、鯖江に親戚がいるらしく、「いつか日本にも遊びに行きたい」と言っていた。

名刺をYukiさんに渡してくれて、「メールくれれば写真を送ってあげるよ」とお店の前でもみんなで記念撮影。

みんなはこの後お茶しに行ったけど、ワタシは仕事のためそのまま帰宅。

次はバンクーバー時間で火曜日の朝7時にパラグアイ戦。
残念ながら、思いっきり仕事、しかもばーちゃん来ない日なので、試合は見れない可能性大・・・。

う~ん、でもこうなったら頑張って次も勝ってほしいな。
もちろん、火曜日には青いシャツを着て見れなくても気合だけは送るつもり。

頑張れ!日本!!




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-25 09:52 | 報告 | Comments(4)

長居

ワタシはこの家に引っ越してきてからというもの、食生活の改善のおかげでお通じが毎日どころかすごいときは日に数回あったりするというほどの快腸ぶりである。

反対にうちのクライアントさんは一時下痢と原因不明の粘液排出に悩まされていたものの、便秘傾向なのだ。

便秘傾向、というか1~2日に一度はきちんと出てるのでそこまでひどいわけでもないのだが、クライアントさん本人は、病気になるまで毎日2回出てた人らしく、いまだにそうじゃないと本人的には納得できないらしい。

うちの父親もそうだったけど、トイレに入るとなかなか出てこない人っていると思う。
日本人なら特に本だの新聞だの持ち込んで読みふけったりする人もいるけど、お尻のためにはほんとはトイレに座って長いことその体勢を保つのはよろしくないらしい。それを聞いたせいもあるが、ワタシはカナダに来るようになって、トイレとお風呂が一緒という異様な空間と妙に広々としているトイレと言う感覚が異様に思えるのか、トイレの長居をしなくなった。

ところがどっこい、うちのクライアントさんは長い。平均して40分くらい出ても出なくても座ってる。
お尻のためにはよろしくないよな~。

でもま~本を読んだりとかはしない(きっと前はしてたんだろうけど)。その代り水とかお茶とか飲むのだ。

ここんところ、飲みこぼしが多くて、床とか靴とか足とか濡れて大変だったのだ。
そこで購入したのがこれ。
f0129786_4505046.jpg
f0129786_450596.jpg

こっちのダイソーで売ってた「食べこぼしキャッチポケット付きプラスチックエプロン」。音がガサガサうるさいのはたまに傷だが、これでこぼれる心配はだいぶ解消。

今までは
f0129786_452881.jpg

布地にプラスチックの裏地がついてるものを使っていたのだが、食べ物ならともかく飲み物は垂れてしまうが問題だったのだ。
しかも、これ、布があるせいで食べ物や飲み物を吸収し、時間が経つとそれがまた臭うのである。

ばーちゃんは、鼻があまり効かないので気にならないようだが、ワタシと雇用主さんはたまらない。

雇用主さんに「同じように$2で長さの長いタイプのエプロンも売ってたんで今度買ってきますね」と伝えた。

布だとやはりきちんと洗たく機で洗濯しないと汚れが落ちないけど、プラスチックならその場で水洗いで済む。乾くのも早いし。
日本の病院や施設でどうしてこのプラスチック素材を使ってるのか理由がよく分かった。

ま~これをつかったからってクライアントさんのトイレタイムが短くなるわけじゃないけどさ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-24 04:57 | 仕事 | Comments(6)

中抜

バンクーバーの日本領事館から「参議院選挙」のお知らせがきた。

毎回思うんだけど、公示から一週間で投票完了せよ、って無理だよね。

ま~今回は領事館での投票だからいいけどさ~。
バンクーバーの日本領事館での投票期間は6月25日から7月3日までの一週間。
土日も領事館を開けてくれる、ということなので、その点は親切かも・・・。

で、一応ダメモトで雇用主さんに「4時間休憩をくれ」と言ってみた。
カナダでは投票日、雇用主は労働者に4時間の休憩を与える義務があるのだ。で、投票率を上げてもらおうって魂胆ね。

ワタシの場合、昼間はほとんど仕事してるわけじゃないから、何しても自由なはずなんだけどさ。念のため・・・。

というか、ほんとは明後日の日本ーデンマーク戦の中継見に行きたい・・・。ワールドカップを放送しているCBCではこの試合、録画放送しかしないのだ。で、たまたまサッカー好きのYukiさんが、「ライブの試合を見れるお店知ってるから、行かない?」と誘ってくれたのだ。

この際、選挙は自分の休日に行くことにして(というかそれが日本式だしね)、サッカー見に行くのを優先しようかな~(←まじめに働けよ・・・・)。

でも正直、家にいても仕事するわけじゃないんだし、お昼御飯の支度は朝全部終わらせておけばいいし、ばーちゃんとの交代時間までに帰ってくれば問題ないよな~。
・・・一応雇用主さんに聞いてみよう・・・。

無事、木曜は試合観戦に行けることに。正直に言ってみるもんだわ♪

*=*=*=*=*=*=*=*

ここんところ、また手荒れがひどくなってきた。
右手の人差指、中指、薬指の指の腹と、薬指の第一関節、中指の第二関節が部分的に荒れている。
なんかのアレルギーかとも思ったのだが、どうやらいわゆる「主婦性湿疹」のようだ。医者にかかってないけど。

ネットで調べて一番簡単かつ経済的な治療法は
「日に数回、小さじ半分ほどのワセリンを刷り込んで、そのあと車のワックス磨きのように布やペーパータオルでべたつきがなくなるまでふき取る」
というものだった。

つまり、皮膚の油脂分を適度に外から補いなさい、ということなのだ。

これで治るなら、安いもんだ。
ちょっと頑張ってみようと思う。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-23 09:52 | 仕事 | Comments(0)

初日

北米では、「夏至」が夏のはじまりなのだそうだ。
つまり今日、6月21日が今年の夏の始まり。

・・・のはずなのだが。

バンクーバーはず~っとお天気が不安定。
春先のような感じで、雨だったり曇りだったり。でも寒くなくなってきたのはいいかな。

バンクーバーの夏、といえばさわやかにからっと碧い空が広がるのが例年なんだけど、今年はオリンピックのときに晴天を持っていかれて雨や雪が少なかったから、今更だけど取り戻しにかかってるのかもしれない。

それはそれでいいのだ。大体毎年夏になると「水不足」になって「スプリンクラーの使用制限」が出るから(ま~全員守ってるわけじゃないんだろうけどさ)。

ただ、やっぱりお天気がいいと気分がいいのよね~。
曇天よりはやっぱり晴天がいい。

明日は晴れるかな???

日本はそろそろ梅雨入りだよな~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-22 14:23 | 愚痴 | Comments(0)

恐怖

父の日だな~。

母の日同様、父の日のカードを出したが、反応なし・・・。
届いてるのかどうかも分からないが、ま~いいか、とりあえず、ワタシが元気なことは伝えたから、任務完了ということで(←親不孝)。

ワタシは、いまだに父親という存在が怖い。
別に悪いことはしてないんだけど、いつも顔を見るといつ怒られるんじゃないか?とひやひやしているのだ。

なので、頼みごともよほどのことがない限りしない、というかできない。

そうなってくると、コミュニケーションをとるのがすごく難しい。

世間の父娘はなんであんなにうまいこと父親に甘えられるのか、うらやましくてしょうがない。

・・・いや傍から見たら、ワタシも相当経済的に援助されてはいるけども・・・。

この前日本に帰った時に母にこっそり教えられた。

「(カナダの専門学校に通っていたときに)頼まれた送金は、お父さんは『送るな』の一点張りでね。あれは私(母)が勝手に送ったの。だからお父さんにはお礼を言っちゃだめよ」

お母さん、ありがとう。
でもこれを聞いてますます父親に何も頼めないなと再認識。

・・・って父の日なんだって。

ワタシは自分の父親がけして嫌いなわけではない。ただ、怖いだけで。
だから近寄りがたいのだ。それは小さいころからまったく変わらない。
孫に対して優しいおもしろいじーちゃんをしてるけど、それを見てもワタシの父親に対するイメージは変わらない。

なので、たとえ英語であっても、誰かから怒鳴られると父親を思い出してしまい、その場で固まってしまうのだ。たとえ相手の言い分が屁理屈だと分かっていても、言い返せない。言い返したら最後、手が飛んでくるのが父だったのだ。

こういうの、トラウマっていうんだろうね。

・・・って父の日なんだってば。

なんだかんだとうちの父親ももう70近いのだ。そろそろ仕事も引退(自営業なのでまだ働いている)かもしれないが、できるだけ好きなことして頑張ってもらいたい。
・・・ただ、もう手と声は張り上げないでね。ワタシ、やっぱりいまだに怖いから。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-21 14:35 | 人間 | Comments(2)

物持

この前、ハウスキーパーさんに雇用主さんのパンのレシピを教えてあげたら
f0129786_157117.jpg

おかえしに~、とプレゼントをもらった。

こういう心遣い、嬉しい♪

f0129786_1575347.jpg



スロベニアの伝統的なキッチンウェアのミニチュアなんだって!かわいい。
ハウスキーパーさんはもともとスロベニア出身。旦那さんにくっついてカナダに移住したのはもう50年近く前のことなのだそうだ。
今なお母国語の訛りがしっかり残っている彼女は、移民した当時、まったく英語が喋れなかったのだそうだ。そしてお金もない。ずいぶん長いこと、ベースメントを間借りしていたのだそうだ。
そんななかで二人の息子さんを育て、現在はお孫さんの面倒、そして胃がんを患っている旦那さんのお世話もしている。働き者である。

雇用主さんとのお付き合いは40年以上にわたるのだそうだ。

ま~それだけ長いお付き合いがある=ハウスキーパーさんも70代=重たいものを運ぶのはしんどいのだ。
そんな彼女がず~っと文句を言っていた掃除機。何十年使ってるんだか知らないけどやったら重いうえにあまり吸いこみもよろしくない。ついにブラシが動かなくなり、修理に出していた。
昨日、修理屋さんからもらってきて、と雇用主さんに頼まれて取りに言ったら、

「これ、もう直しようがない」

と、修理屋さん・・・。そんなことワタシに言われても困るのだが・・・。というかその旨雇用主さんに言ったのか?と疑問に思ったが、とりあえず買い替えるしかないようだ。
とりあえず直ってないけどそのまま掃除機を持ちかえり雇用主さんにいきさつを話すとやっぱり知らなかった。

で、やっと買い替える決心をしてくれたようだ。
やれやれ。
個人的にはダイソンがいいんだけど(でも修理屋のおっちゃんはダイソンを勧めなかった)、どうやらMieleというメーカーさんのを買うみたい。

ま~軽くて吸いこみが良ければ何でもいいんだけどさ、ワタシは・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-19 02:07 | 人間 | Comments(2)

共感

木曜日はお買物の日。

たくさん買い出しをして帰ってきたら、携帯にtextが入ってるのに気がついた。

「電話くれ」

と、カナディアンの友達からである。
何事かと思って電話をしたところ、この友達の親しい友達が脳出血で倒れて、現在「脳死」状態にあるということ。
で、とにかく誰かと話をして落ち着きたかったようだ。

・・・いやそれはいいんだけど、ワタシESLだし、こういうときのとっさの英語の一言なんて出てこないよ~、とちょっと思ったが、多分、医療従事者だから話をしたかったんだろうと踏んで、ちょっとだけ詳細を聞いて、「あ~申し訳ないけど、それはもう覚悟が必要だから、行けるなら会いに行ったほうがいいよ(ちょっと遠いところで暮らしている人なんだって)」とだけ。この人が「延命拒否」の書類にサインをしていなければ、家族がサインすれば生命維持装置を外されてそれでおしまいなのだ。だから早いほうがいい。

医療に携わる身として、死は身近にあるものと意識しているワタシだが、死はけして慣れるものではない。
だからと言って、その感情に流されてしまうと仕事にならない。
その線引がきちんとできない限り、ワタシはプロだ、と言えないと思う。

一カ月ほど前、ばーちゃんが「だんだん機能が落ちていくクライアントさんを見るのが辛い」というような旨を話していた。
正直、ワタシはこの人これでよくこの仕事を十何年もやってきたな~と思った。

確かに人間として深くかかわるクライアントさんに思い入れがあるのは仕方のないことだ。
でも彼の持っている疾患は進行していくものであり、高齢である以上、疾患のみならず、身体の機能は落ちていくのだ。

ワタシたちの仕事は、その落ちていく機能のスピードをいかにして緩めるかにあり、一緒に落ち込むことではない。

EmpathyとSympathyという言葉がある。
ユースワーカーの勉強をしていたときに常にインストラクターに「ユースワーカーに最も必要なものはEmpathyを常に持つことよ」と言われてきた。

心理学でよくつかわれるこの二つの単語。
Sympathyはいわゆる「同情」であり、相手のことを「かわいそう」と思うことで自分が幸福であることを実感する、というものだ。
Empathyは一定の距離を保ちつつ、相手の立場に自分を置き変えて状況判断をすることである。

<分かりやすい解説>
シンパシーとエンパシーの違いは微妙なものですが、最大の違いは発想の前提にあって、相手のことがわかるという前提で考えるのがシンパシー、相手のことがわからないという前提で考えるのがエンパシーです。

 シンパシーは「感情移入」、エンパシーは「自己移入」と訳します。エンパシーを「共感」と訳すことがありますが、これだとシンパシーと混同しやすいですね。

 国語の問題でいうと、「その時、主人公はどんな気持ちでしたか?」と問えばシンパシー型、「あなたが主人公と同じ立場に置かれたら、どんな気持ちになると思いますか?」と問えばエンパシー型です。シンパシー型だと「主人公の気持ちになって考えましょう」ということ。一方、エンパシー型では「主人公の気持ちは本人にしかわからない」ということで、自分自身に置き換えて考えます。

(「対話流~未来を生み出すコミュニケーション」清宮普美代・北川達夫、三省堂、114頁)

ばーちゃんの発言を不思議に思ったのは、ワタシがクライアントさんの立場だったら、そういう風に周りには見てもらいたくないと思ったからだ。
落ちていく機能を止めることは難しいけど、彼はそれでもできるだけ自分の生活を維持しようと頑張ってるとワタシは感じているからだ。

自分自身に置き変えて、自分がその状況にあったらどうしたいかを常に考えながら仕事をしたいといつも思っているが、ま~ワタシも人間なので精神状態にも身体状態にも波があり、時々感情的にもなる。その辺はご愛敬ということでw。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-06-18 06:43 | 仕事 | Comments(0)