「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

決定

宙に浮いていた10月からのシフト。

ばーちゃんがやっとこさ了承してくれて、彼女は週2回だけ働くことに・・・。
ただ、こちらが希望した月曜、木曜ではなく、月曜、水曜がいい、と言い出したのだ。

最初雇用主さんと「ま~それで妥協してくれるなら・・・」と話していたのだが、木曜は、買い物の日なのだ。いつも行く八百屋さん、木曜だと新鮮なものが多いのでできれば木曜か金曜に買い物に行きたい。でも朝からクライアントさんのケアに入ってしまうとそれは不可能。

とりあえずほかの曜日に八百屋さんをチェックして見て大丈夫そうなら、いける曜日に買い物に行こう、とその場は収まったのだが・・・。

後々考えたら、水曜はごみ出しの日なのだ。
それを雇用主さんに言ったら
「ごみ出しだけしてくれない?」
ときた。

ごみ収集は7時前。ワタシは今も6:45にごみを出している。
ごみを出すためだけに早起きしろって??それは間違ってるだろ。

ということでそこは妥協せず、バーちゃんと相談してもらうことに・・・。

・・・・で、結論。
やはりばーちゃんは「ゴミ出しはできない」とのことで、こちらの希望通り、月曜、木曜に来てくれることになった。

これで、買い物もそのまま木曜日に行くこととなり、とりあえずほっとしてる。

問題は、夜のケアに来てくれる人がまだ決まっていないこと。一人面接に来たフィリピーノのおばちゃんはいい感じだったが、まだほかにも候補がいるとのことでまだ保留。

雇用主さんの募集広告に結構食いついてきた人はいたのだが、そのうち二人、面接の約束をしておきながら、連絡もなくすっぽかし・・・。面接の約束をする前に返事を出さないならまだしも、面接の日時まで決めておいて連絡もなくその後の謝罪もなくというそのモラルのなさにワタシも雇用主さんもあきれた。

早く夜のケアの人が決まるといいな~。

ということで10月から、火曜日は丸一日、水曜、金曜と隔週土曜は7時から3時、木曜日は1:30から10時と、やっとまともなシフトで働けることに!!

やっぱり北米は言わなきゃ損するのね。勉強になったわ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-24 12:40 | 仕事 | Comments(2)

読書

秋だから、というわけでもないのだが、図書館で夏目漱石なんぞ借りてみた。

晩年の作品「明暗」。
まだ半分くらいなんだけど、夏目漱石の本って割りと明るいポップなイメージだったのだが、この本、割と暗い・・・。
人間性を描く、という意味では坊ちゃんとか我輩は猫であると気質は似てるんだろうけど、読みづらくはないんだけど、「この先どうなるんだろう?」的などきどき感がワタシには生まれず、一応読んでるけど、楽しめてない・・・。

よく考えると夏目漱石っちゃ~「坊ちゃん」「我輩は猫である」「こころ」だよな~。
どれも中学生のときに途中で挫折した記憶が・・・w。
やっぱり今回と同じ理由でだった気がする・・・。

ま~今回はがんばって読破するつもりだけども・・・。
名作といわれる作品もやっぱり相性が合わなければ心にしみこんでこないモンなのね。

次は何を借りようかな・・・。表紙に騙されないようにしないと。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-18 06:02 | 趣味 | Comments(4)

満喫

8月中、ず~っと行きたかったんだけど行けてなかったところに行った。

それは!!
「Greater Vancouver Zoo」
ま~動物園であるw。

ちなみに「Greater Vancouver」とくっついているが、動物園そのものはバンクーバーの隣の隣のさらにまた隣にあるLangleyという市にある。

・・・えぇ、軽く2時間ちょっとのドライブw。

しかも行った日は猛暑で、動物もず~っと日陰や小屋でじ~っとしてることが多かったけど、それでもやっぱり一通り見ないと気がすまないワタシ。

f0129786_9283430.jpg
f0129786_9284778.jpg
f0129786_9291169.jpg


日本の動物園に比べるとず~っと広い。
途中、4人乗りの自転車で回ってる家族連れがいて、友達と「借りればよかったね」と後悔。

毎時間、園内のどこかでイベントを開催していて、入園するとスケジュールをくれた。
f0129786_93239.jpg

これはそのひとつ、ライオンとトラにえさをあげてるところ。あんまり暑かったので雄ライオンは生肉を見せられてもまったく反応せずw。メスライオンは飼育員さんを追いかけるようにうろうろうろうろしてたのが印象的。

f0129786_9334555.jpg

ほかにもキリンのおやつタイムとか

f0129786_9341129.jpg

猛禽類の餌付け体験なんかもある。

あと、プチサファリ体験なんかもできた。

小さいころに来たことのある友達は
「移転(昔はAbbotsfordというところにあったらしい)してからずいぶんサービスがよくなった」
といってた。昔はこんなショーもどきなイベントはなく、単に動物がいるだけだったらしい。そりゃ~お客さん来ないって。

さてこれはワタシのお気に入りショット。
f0129786_9363173.jpg

黒熊の後姿w。かわいいでしょ??

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-17 09:37 | 報告 | Comments(6)

初秋

さて、9月といえば北米ではテレビで新番組が始まる月に当たる。

日本と違って3ヶ月クールではなく、9月に始まって1月にいったん中断、その後また再開し5月にシリーズ終了、来シーズンをお楽しみに~というのが通例。ただ、最近はその合間を縫って開始するドラマや5月から9月までの穴を埋めるドラマがあったりもする。

毎年毎年この時期を楽しみにしていたワタシだったが、今年は正直どうでもよい・・・。
かなりのテレビっ子だったんだけど、残念ながら今は見てる時間がない。

あぁ、早く残りの契約期間が終わらないかしら???

来月からのワタシのシフトは宙に浮いている。
仕事はもちろん続けるのだが、どういう時間帯で働けるのかはまだはっきりしてない。

ものすご~い不安・・・。
過労で倒れないようにしないといけない・・・。

やっていけるだろうか??


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-16 06:48 | 趣味 | Comments(2)

難解

先週の金曜日は、イスラム教の新年「Eido」だった。

ワタシはホストマザーがムスリムだったので、このイベントも楽しませてもらったのだが、このEidoの前は「断食の月」なのである。ラマダンと呼ばれるこの儀式、日が出ている間は食べられないというものなのだが・・・。

イスラムカレンダーは中国の暦のように「調整月」というものがない。中国のカレンダーは、13ヶ月あるのだ。つまり、年によって3月が二回あったり、2月が二回あったりして、太陽暦と帳尻を合わせられるようになっている。

ところがイスラムカレンダーは、この「13ヶ月目」がない。つまり、毎年毎年ラマダンの月は太陽暦から見ると前倒しになっていくのだ。

今年のラマダンは8月11日から9月10日まで。
ということは来年は7月頭から8月、再来年は6月頭から7月という北半球ではもっとも日が長い時期に断食をしなくちゃならない。

・・・というか白夜だよね?北極圏あたりだと・・・。
北極圏に暮らすイスラム教徒が存在するかどうかは定かじゃないけど、いたとしたら完全に断食になるんだろうか・・・、と毎回疑問に思うが、この疑問を解消してくれる答えは今のところ見つかっていない。

日本なら6月でもま~7時半過ぎれば暗いけど、ここバンクーバーでは6月ともなると10時半まで明るい。今年から先2~3年の間はカナダで生活するムスリムは大変だろうな~と思う。

で、ラマダン明けの新年「Eido」は必ず新しい服を着て、親類・友人宅を回り歩くのが慣習。
日本の年賀の挨拶と違って、各家庭は必ずフィンガーフードを用意しておいて、お茶を提供。で、平均の滞在時間が15~30分と短い。日本なら、長居をするか、玄関先で挨拶のみで終わらせるところだが、必ず家に上がってもらって、食べ物を振舞われないといけないというルールなんだそうだ・・・。

何度か経験したけど(といってもワタシは訪問に行くわけじゃなくてお客さんをお迎えするついでに自分も食べてただけだったけど)、これはほんとに準備も大変だけど、何軒も何軒も回り歩くのも大変だな~というのが感想。今年はEidoが週末に当たったからよかったけど、平日になることももちろんあるから、そういう時は仕事も学校も休んでお祝いするんだそうだ。

ワタシ個人は宗教心がまったくないので、どの宗教のイベントもそれなりに楽しませてもらうだけで、真剣に取り組むことはないのだが、信心深い人たちからみたら、とんでもないことなんだろうな~と思う。

9/11にイスラム教の経典であるコーランを焼くとかいうことをもくろんでた人たちもいたようだが、そんなことをしたってなんの解決にもならないと思うのだが・・・。目的がよくわからなかった。当人たちからすればきちんとした主張なんだろうけど、それが伝わらなければ意味がない。

う~ん、難しいな・・・。
やっぱりあんまり信心深くないほうがいいのかもしれない・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-15 06:28 | 人間 | Comments(6)

痛手

8月の報告をし始めた矢先、それは起こった。

「PCの電源が入らない・・・」
f0129786_8383082.jpg

ウィルスでもシステムダウンでもなく、単純な物理的問題。
スイッチがめり込んでしまったのだ。いつ起きたのかさっぱり覚えがないのだが・・・。

「そういえば元彼がキーボード入力で起動させてたような気がする・・・」
とうろ覚えな記憶をたどり検索(そのときは電源入れっぱなしだったので)するも、そのような操作方法は出てこず・・・。
仕方ないのでネットでラジオをかけっぱなし(寝るときは音だけ消して)にして電源入れっぱなしの状態にしておいたのだが、この家のワイアレスシステムは時々不具合を起こして切断されてしまうのだ。
で、運悪くそれが起きてしまい、PCはスリープの状態(ワタシのPCはスリープしてるときも電源スイッチを入れないと起きてくれない)のまま、うんともすんとも言わなくなった。

仕方なく修理へ・・・。
単純なスイッチだと思いきや、店員は「これ、多分カスタマーセンターに送らないとだめ」だという。しかも1週間以上かかるとか!!

ありえない・・・普通にキーボードカバー開けてスイッチの位置直すだけじゃだめなんかい!という突っ込みは英語で言えるはずもなく、とりあえず預ける。

で、やっと昨日電話がかかってきた。

「$105になります」

うそだろ~~~~~!!!
日本で直したら3000円くらいだってネットで出てたのに~~~~~!!!

バケーションで散財したワタシにはまた痛い出費だった・・・。

雇用主さんはMacを4台(うち2台は古すぎてあんまり使い物にならないのだが)持っているので、一階にあるMacが使えるときは使わせてもらっていたが、なんせ、日本語が打てない・・・。検索も厄介なことになり、ほぼお友達のブログとメールチェックしかできない状態だった。

そんな日々からもやっと解放されるわ~~~~~。

もう壊さないようにしないとね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-11 08:47 | 報告 | Comments(8)

平地

島国日本で暮らしてたワタシは、大陸に来て、ちょっとした野望があった。

「一回くらいは大陸横断してみたい(できれば電車で)」

ということで、もらった1週間のバケーション、カナダを半大陸横断するという友達にくっついて喜び勇んで出て行った。

・・・のだが、乗せてもらった車、ブレーキ踏むとやたら振動するのだが・・・。不安になり、念のためチェックしてもらうと、ブレーキパッド完全消失・・・。おいおい、よくこんな車で長距離走ろうなんて考えたんだ??

という余計な足止めもありつつ、とにかくバンクーバーから一路東へと向かう。

余談だが、ワタシの暮らしているウエストバンクーバーは大陸横断高速であるハイウェイ1の出発地点でもある。その高速をひたすら走る。

途中滝を見たり、農場見学したり、ロッキー山脈を通過、まではよかった。

ロッキーを越えてカルガリーでいったん休憩したのだが、カルガリーは寒かった。そして人が歩いていないのだ・・・。たまたま歩いてる人に理由を聞いたら「寒いから」だって!!えっと、今8月なんだけど、と思ったが突っ込む勇気はなかった。

カルガリーを越えて、ワタシたちはいわゆる「プレーリー地帯」に突入。

あの「大草原の小さな家」はアメリカではあるがプレーリーエリアを舞台にした家族ドラマ。あんまりよく覚えてないんだけど、いわゆるアメリカの農家一家物語なのよね。

いろんな人から「ただ、平らなだけなところ」と聞いてはいたのだが・・・。

ほんと、何もなかった・・・。

f0129786_3133277.jpg
f0129786_313511.jpg

ちなみに写真は車トラブルのためあえなく乗る羽目になった飛行機からのプレーリー。

そしてワタシは決意した「やはり大陸横断は電車に限る・・・」

で、値段見たらびっくり!!$1000超えるのだ。やっぱりそんなモンよね・・・。

電車のルートとハイウェイ1のルートはほぼ同じらしい。
ワタシたちは途中ハイウェイ1から外れて別の高速を使ったのだが、この高速が恐ろしかった。

ただひたすらまっすぐ・・・。
路肩にはガードレールはなく・・・。
看板すらめったに見かけない・・・。
道を外れたら、畑にまっさかさまって日本のあぜ道か!!・・・。

しかも、トイレ休憩できるところもほぼなかった・・・。
ずっとそれをワタシが運転してたのだが、途中砂利道になり、路肩すらない高速道路でとにかく車を停め運転を変わってもらう。

緊張しっぱなしで運転してたので、その後はまったく覚えてない。起きたらサスカチュワンに入っていた。

サスカチュワンとマニトバは、カナダのプレーリーに属する2州。

うん、まったくもって平ら。

プレーリーは、先住民が多く暮らしている。そしてバンクーバーに比べるとはるかに喫煙者が多い。
何よりもびっくりしたのが、バンクーバーではよく見かけるジャージとも部屋着ともとれるものすご~いリラックスした服を着てる人がいないのだ。
みんな気合が入っている(しかも朝早くから)。

道行くジモティーにこれについて質問したら、「夏は唯一おしゃれを発揮できる時期だから・・・。寒くなるとみんな着膨れないとやっていけないからよ」と教えてくれた。

そういうもんなのね。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-02 03:23 | 報告 | Comments(6)

爆発

さて、8月も今日で終わり(って日本はすでに9月よね)。

8月最初の3週間、ワタシはSecheltの雇用主さんの別荘に滞在してたわけだが・・・。

ま~去年行って覚悟はしてたんだけど、ほんと、何もない上に、街中へ出るアクセスが限られてる(船がないとどこにもいけない)ので、たかが3時間の休憩だけだと何もできないのだ。

そう、3週間、ワタシはきっちり毎日10時間以上の労働をし、3時間しか休憩がなかったのだ(もちろん夜は眠れるけど・・・)。

最終的にキレた。

この別荘滞在だけでなく、これまでの労働時間についての不満を雇用主さんとクライアントさんにぶつけ、とりあえず来月から、昼間バーちゃんがいる間は家にいなくてもよい、ということになったのだが・・・。

それを報告したら、カナディアンの友達に、「お前、朝一時間とか夜一時間だけの労働はBC州の労働基準法違反だぞ?パートタイムでも最低4時間以上の労働を与えることが義務なんだぞ?」と逆にお叱りを受ける・・・。

だってさ~下手に逆らってクビになっても困るじゃないか・・・。

とヤキモキしながらバケーションに出かけ、帰ってきたら事件勃発。

もともと血圧の高い雇用主さん、ここ数ヶ月、2度の脳梗塞兆候を経験していたのだが、それがワタシのバケーション中にまた起きたらしい。

話すこともままならず、体も動かないため、クライアントさんがベルでばーちゃんを呼び、しどろもどろで雇用主さんが「救急車呼んで」と頼んだのだが、ばーちゃんは「まずクライアントさんのカテーテルバッグを洗ってからね」とその場に雇用主さんを放置したのだそうだ。

しばらくしてやっとこさ救急車を呼んだらしいのだが、どうもこの事件でやっと雇用主さんはばーちゃんの危険度がものすごく危険レベルであることを認識したらしい。どうもばーちゃんはきちんと聞こえてなくて、思い込みで行動したようだ。

雇用主さんが問いただしたらやはり聴力に問題があるようで、補聴器が必要だと専門家に言われたそうだが、彼女にとっては高くて手が出せないとのこと。

でもさ~そんな状況でケアの仕事は無理だろうよ???

ということで雇用主さんはやっと、彼女の労働時間をざっくり削る決意をしたそうだ(辞めさせる気はないらしい)。

これでワタシの労働条件はよくなるんだろうか?

いまいち、不安・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-09-01 06:42 | 報告 | Comments(4)