タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

芸術

北京オリンピックで引退した富田選手の入れ違うように現れた新星、内村航平選手。
北京のときはまだなんだか幼いというか、時々見せるにやけ顔があんまり好感触ではなかったワタシ。

たまたま世界選手権をこっちのTVでやってる時間に見ることができたのだ。ライブではなかったんだけど。



団体は残念ながら、別の選手のミスが出てしまい、中国に金メダルをさらわれてしまったが、この個人総合、特にこの床の演技はほんとに見事。一瞬の揺るぎもなく見ていてはらはらすることなど一度もない安定感。肩の故障から復帰したばかりとは思えない身のこなし・・・。

時折画面に映る見覚えのある顔は富田選手だ。いまは後世の育成をしていらっしゃるのね。
27歳、男子体操選手としてはまだがんばれる年齢だったが、こうして日本の体操界にまだまだ貢献してるんだな~とうれしくなった。

内村選手はこれで世界選手権2連覇。ぜひ来年の東京で3連覇をしてもらいたいものだわ。

個人的にはこのオランダ大会で5位入賞と奮闘した日本女子チームも今後の活躍に期待である。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-25 12:23 | 趣味 | Comments(2)

記念

f0129786_9391553.jpg

バンクーバーオリンピックの聖火である。これは大会期間中のもの。

この聖火台そのものはまだカナダプレイスに設置されているのだ。

昨日、新聞を見てたら、

「聖火再点灯!!みんな集まれ!!」

とでかでかと広告が・・・。
広告によると開幕直前になくなった大会委員長を偲んで再点灯する、と書いてあった。

ちょっと調べたらワタシは知らなかったんだが、カナダデーである7月1日にも再点灯してたんだってさ~。
なんかイベントがあるときには今後も点灯するらしい。

ま~あるものは利用するに越したことはないよねw。

ちなみに今回点灯された10月22日はメジャーリーガー・イチローとワタシの姉の誕生日でもあるw。
お姉ちゃん、おめでとう。二人の娘の子育てがんばってね~♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-24 09:44 | 記事 | Comments(0)

効率

クライアントさんはここのところ息切れが激しくなってきた。
その上血液検査でなにか異常が出たらしく、医者からお呼び出しが来た(カナダでは検査に異常がない限り、医者には呼ばれない)。

で、かかりつけの医者に予約時間である1:45に行ったのだが、受付のおねいちゃんは
「え~と予約は1:15だったはずですが・・・」
という。
雇用主さんは
「電話がかかってきたときにその場でコンピューターにデータを入れたから絶対間違いない」
と断言していたのだが、いったいどこで間違ったのか・・・。
しかもかかりつけの医者は、すでに就労時間終了だそうで、診察できないという。

あら~予約取り直しか?と思っていたら、受付のおねいちゃんが
「代わりのお医者さんでもよければ・・・」
と、言い出した。やめてよ、残業になるじゃん(この時点で2時過ぎ。ワタシは3時に終業予定)・・・と思ったが、雇用主さんはとにかく血液検査の説明と現時点の問題を話したくてしょうがなかったらしく、快諾(涙)。

で、2時半にクリニックを出てこれで3時に終わる~と喜んだのもつかの間、代理の医者はレントゲン、血液検査、さらに検便の指示を出していたのだ。

・・・そりゃ、受けに行くよね・・・。

ということでレントゲンを撮りに行く。カナダでは検査部門はクリニックに併設できないためにレントゲン設備のあるビルへ。

ここで雇用主さん、車をぶつけられる・・・が、特に傷もなにもつかなかったのでそれはよし。

レントゲンは意外と込み合ってて「20分くらい待つ」といわれた。
この時点で2:45。残業やむなし。

ワタシが腹立たしかったのは、この時点で「悪いけど30分延長してもらえる?」という言葉がなかったことだ。

そしてレントゲンを無事におえ、車にみんな乗り込んだ時点で
「やっぱり臨床検査に行って、検査キットもらってきて」
という。

ちなみに臨床検査のオフィスはレントゲンのオフィスの隣にあるのだ。
なぜいまさら言う??

と頭に来たが、黙って階段を駆け上って検査キットをもらってくる。

雇用主さんに限ったことじゃないが、要領が悪いというか、段取りが悪い人っているよな・・・・。
それに振り回されるこっちはたまったもんじゃないわ・・・。

ちなみに雇用主さん、現在トロント出張中。ワタシの仕事と残業は増量中・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-23 09:18 | 仕事 | Comments(2)

激突

ちょっと落ち込む事件がおきた。

先週の金曜日、クライアントさんを電動車椅子に乗せてお散歩に連れて行こう、と張り切ってリフトがあるベランダに出て、リフトの扉を開けようとしてたら背後で物音。

振り返るとクライアントさんがベランダにおいてあるテーブルに電動車椅子もろともぶつかっていた。

かなり痛みに強い人なのだが、苦痛で顔が歪んでいたので、おそるおそるぶつけたであろう脛をチェックすると・・・ひどい出血、しかもえぐれてる。

とにかく靴下を下げ、雇用主さんを呼ぶと同時に応急手当の準備。
消毒して、ガーゼをあてて止血を試みるが止まりそうにない。

雇用主さんの提案でERに連れて行くことになった。たぶん普通のクリニックでも縫ってくれる医者もいるんだろうけど、確実なのは救急外来なんだそうだ。

結局、救急車に電動車椅子をワタシが操作して(一応介護者用の操作ボタンもある)連れて行って8針ほど縫ってもらった。

この2ヶ月ほど、クライアントさんの反射・反応時間は相当遅れてきている。普通の人なら熱いやかんに触ったらすぐ手を引っ込めるが、ウチのクライアントさんはそれができなくなってきている。今回の事故も、ぶつかるとわかってても車椅子の操作が間に合わないことで起きたのだ。

ほんとにちょっと前までは、この電動車椅子の操作も細かい移動はともかく、ドアからリフト、リフトから出て車までの移動は問題なくできていたのだ。
過信していたワタシは責任を感じ、落ち込んでいた。

ただ、この電動車椅子、クライアントさんの自立性を保つためにあるのだが、これまでそんなに出番がなかった=練習の機会がなかったのだ。
そうこうしているうちにクライアントさんの機能低下は進み、反応時間の遅延も同時に起きているのだ。
自立性を保つための道具なのに、常に介護者がくっついてないと使えない道具って自立を促してるっていえるんだろうか?

進行性疾患を持ってる患者さんのケアは、最終的に「本人の満足度」をいかに満たすかにかかってくるとワタシ自身は考えている。クライアントさんにとって、今回の事件はやっぱりトラウマのようで、今日もう一度トライしたときは、いちいちワタシの顔色を覗って様子だった。これじゃ~自立した移動とはいえないと思うのだが・・・。

少なくともクライアントさんが受け入れてるからいいのかな~。

まだクライアントさんの傷は癒えておらず、傷を見るたびに考えさせられるワタシである。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-21 14:44 | 仕事 | Comments(4)

母性

昨日の夜、親友からメールが届いた。

「心配かけたくなかったから事後報告させてもらうけど、10月6日に子宮筋腫摘出の手術をして、今は実家で静養中」

という内容だった。

彼女は妊娠と同時にこの筋腫を発見され、最初にかかった産婦人科の医者に

「これ、でかいから出産と同時に子宮取ることになる」

と断言されていたのだ。結局その個人経営の産婦人科では手に負えないのと、新居が隣の市だったこともあり、別の大きな総合病院で出産することになった。

で、そこのお医者さんにはあっさり

「うん、取らなくて大丈夫。二人目欲しいでしょ?」

と言われたんだそうでw。
3月に帰省したとき、「最初にかかった医者はどの患者にも脅しをかけるんで有名なんだってあとから知ったよ」と笑いながら言ってたが、初めての妊娠でただでさえ混乱してるのにそんな脅迫してどうするんだよ!!と医療人としてはちょっと許せなかったワタシであるw。
で、その時「出産の後だから、手術は早くても夏になる」という話は聞いていた。夏、という話を聞いて「傷が化膿する可能性が高くなるから、少し涼しくなってからのほうがいいよ」とアドバイスをしたのだ。

病院に入院してる間はともかく、その後2週間ほどは自宅静養になるから、汗をかく環境におかれないとも限らない。

「whoちゃんのアドバイスどおり、秋になってから手術したんだ」

簡単にアドバイスしたけど、日本ではお休みを取るのも難しかっただろうに・・・。でも自分の体だもんね、大事にしてくれててうれしい。

彼女の報告によると、筋腫は子宮内ではなく、子宮の外にできていて、直径9センチ(デカいよな・・・)にもなってて(妊娠当初は8センチ)、腸にも癒着してたとのこと。でも、無事に手術を終え、今月末からは職場復帰、そして二人目にもチャレンジする!と意気込んでいる。

彼女は中学のころから

「子供はたくさん欲しい。少なくとも兄弟は絶対作る」

って言ってたもんな~。

なにはともあれ、彼女が無事で幸せでいてくれることがワタシはなによりもうれしい。
次に会うときは二児の母になってるかもな~。
楽しみだわ~♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-16 11:26 | 人間 | Comments(4)

親心

うちのクライアントさんの息子さんは、飛行機で2時間かかるマニトバ州在住である。

その息子さん、去年からず~っと「遊びに行くから」といい続け早1年(去年ワタシが引っ越してきたときから言ってるからちょうど一年)。「(去年)クリスマスに」→実現せず、「春休みに」→実現せず、「夏休みに」→実現せず、「サンクスギビングに」→雇用主さんがトロントに行くかもしれない予定が入りキャンセル、「リメンブランスデーあたりに」→いつの間にか立ち消え。
こうなってくると言うだけ言っててワタシが住み込んでる間は来ないんじゃないかと思っていたのだが・・・。

親ってのはいくつになっても子供には甘いんだな、というのはうちの雇用主さんにも当てはまる。

言っておくが、クライアントさんの息子さんは、もともと養子で、しかも再婚同士なので雇用主さんからすれば「結婚相手の息子」という関係なのだ。

でもま~、親子は親子なのよね。

甘いな~と思ったのは、

「今年のクリスマスに来るように飛行機のチケット手配した」

と雇用主さんが言ったことだ。

息子さんは、もう40近い。来年結婚を控え、結婚相手とその子供を養っている立場とはいえ、ここまでしてもらわないとだめなのか??

と疑問に思った独身・子無しのワタシであるw。

確かにクライアントさんの状態を考えると、この先しっかりした状態をいつまで続けてくれるか疑問とはいえ、ず~っと「来る」といって予定をけってきたのは向こうなんだけどな~となんとなく解せないワタシである。

ま~来るのは仕方ない。クリスマスから年明け3日まで8日間も滞在だってさ・・・。気疲れしないようにしないとな~。

あ~憂鬱だ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-15 05:03 | 人間 | Comments(2)

寿司

バンクーバーにはMLBのマイナーAチーム、カナディアンズがある。

ワタシ、ずっとこのカナディアンズのマスコットは
f0129786_12202283.jpgこの「ボブ・ブラウン」と名づけられた熊だと思っていた。

いや、正確にはこの熊だけだと思っていた。

ところがどっこい、この前何気なく新聞を見ていたら、「バンクーバーで活躍するマスコットたち」の一覧に日本で言うところのいわゆる「ゆるきゃら」がいる!!でも見たことなかったぞ?今まで・・・。


それは
f0129786_12224846.jpg

その名も「すし・マスコット(まんまじゃん・・・)」

この3人(匹?)、4回の攻防が終わるとレースを繰り広げて観客を楽しませてくれるんだそうなw。

新聞に載ってたのはもっともゆる~い「シェフ・わさび」だった・・・。一瞬「なにこれ?山??」と思ったが名前が「わさび」だったんで、へ~なるほど!と思ったワタシであるw。

意外と探すと意味不明な面白キャラがマイナーリーグには転がっていそうな気がする・・・。

・・・でも
f0129786_12264777.jpgこのユルさと芸の深さに勝てるキャラは北米にはいないだろうなw。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-14 12:27 | 報告 | Comments(6)

予後

さて、新しいシフトで仕事を始めてはや2週間。

体はしごく楽になった、のだが、またしても問題が・・・。

今度はばーちゃん、「辞めます」と雇用主さんに言ってきたんだそうな・・・。

どうするんだろうか?と思っていたのだが、その後新しい人を募集してる様子もないので、もしかしたら撤回したかな?と期待している。

「住み込み」という条件さえなければ、新しい人を探すのはそんなに大変ではないのだが、この職場、始まるのが早いのだ。「朝7時」に出勤できる人となるとやっぱり近所で暮らしてる人に限られる。夜のケアの仕事に人が集まったのもその理由かもしれない。

ま~車を持ってる人であれば、多少遠くてもそんなに大変ではないんだろうが。

しかし何があったんだか知らんが、すごい気の変わりようだな、ばーちゃん・・・。

クライアントさんのほうは、大きな変化はないものの、やっぱりちょっとずつできることが少なくはなってきている。
ただ、5年高齢者ケアをリハビリ視点から見てきたワタシからすれば、大きな怪我(骨折とかね)や肺炎なんかを起こさない限り、おそらくこの先1年以上寝たきりになることは考えにくい。

・・・と思ってたんだけど何を思ったか雇用主さんは

「もう今年いっぱいで寝たきりになるかも・・・」

と言い出した。

いや、そうなってくれると7月から来るフィリピーノの子(あまり医療やケアの知識がない)の都合がいいからでしょ?

自分の足で歩くことはきっと次の春くらいに限度が来ると踏んでいるが、正直今の状態でクライアントさんは踏ん張るような気がする。大体78歳なんだし、寿命でいつ他界してもおかしくない年齢だと思うのだが・・・。

どうしてそう思ったのかは置いておいて、それを望んでるように見えてしまうのはちょっとな~と思った今日この頃である・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-13 06:32 | 仕事 | Comments(2)

不明

読書は好きなのだが、ワタシは日本の文学賞関係にはうとい・・・というか気にしたことがない。

毎年毎年「直木賞と芥川賞は絶対チェックする」という人も少なくはないだろうけど、ワタシは「へ~」というくらい。今回ノーベル文学賞を逃した村上さんの作品も実は過去に挑戦したけどへこたれたうちの一人である。

でもま~こういう賞を取った作品は少なからず話題にのぼり、そして否が応でも耳に入ってくるので、タイトルだけ覚えていたりもするのだ。

なので、タイトルだけ見て「あ~聞いたことがあるな~」と読んで、読み終わってから「第○○回直木賞受賞」という事実を知ることもよくある。

直木賞一覧をずら~っと見直してみて、読んだことがあったのは
モブ・ノリオ「介護入門」
なかにし礼「長崎ぶらぶら節」

くらい。どっちも結構楽しんで読んだ。

ちょっと調べたら直木賞って中堅作家が受賞対象になってるのね。そして短編・長編関係なく受賞できるときた。

今回、受賞作品と知らずに読んだのは
森絵都「風に舞いあがるビニールシート」

短編集だと知らずに読み始めて、最初の短編が終わったときに「え?だから???」と思わずつぶやいてしまった。
なんというか、どの作品も結論に欠けるというか、この先どうなるの??想像しろって??という作品がほとんど・・・。表題になってる作品はま~納得いく結末で結んであったけどもさ~。

バンクーバーは横浜市と姉妹都市提携をしていて、この本も横浜からの寄贈品だった。もしかしたら直木賞作品を選んで送ってきてくれるのかもしれないな~。

本は相性もあるから、やっぱり「どっかで見たことがある」ってだけで読むのはだめなのかもしれない。食わず嫌いはよくないから一通りはちゃんと読んだけど、また借りたいとは思わなかったな~。

いつかバンクーバー図書館にある日本語の本を読みつくす日が着ちゃったとしたら、困るな・・・。どんどん横浜から送ってもらえないかな(他力本願w)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-10 14:54 | 趣味 | Comments(0)

始動

今日はNHLのシーズン開始の日。

・・・といってもワタシの心は弾まない。

だってうちではスポーツチャンネルが見られないんだもん!!
楽しみ半減どころか激減だっつ~の!!

しかも頼みの綱だったクライアントさんも、最近は口数がめっきり減った上にほとんどテレビを見なくなったために、スポーツチャンネル復帰はほぼ絶望的・・・。
かすかな望みは、来月来るかもしれない(これもまだ未定なのだが)クライアントさんの息子さんが

「なんでホッケー見れないんだ??(本人もホッケーを趣味でやってるので)」

と切れてくれることである(←なんか間違ってるよねw)。

でも期待薄だな・・・(涙)。
ネットの速報で我慢するしかないか・・・。

さてそのNHL、ここ数年開幕ゲームはヨーロッパでやることになっている。
ま~ヨーロッパ出身の選手が多いからなんだろうけど、開幕ゲームにする必要性がよくわからない。
プレシーズン(オープン戦)ゲームじゃだめなんだろうか??

お正月の屋外リンクのゲームは楽しいけどね~。

そういえば屋外リンクのゲームといえば、バンクーバーでもやれないか?とバンクーバー・カナックスのGMさんが言ってるとか言ってないとか・・・。

これ、でも無謀だと思う。
バンクーバーは真冬でもマイナスの気温になることは少ないのだ。
つまり、屋外リンクを張るには相当なエネルギーを要することになる。そりゃ~もちろんほかのエリアでも気温だけで氷を張るのは不可能なんだけど、ボストンとかカルガリーとかシカゴとかならまだまだ自然の力で張った氷を保持できる。なんてったって裏庭に水まいて自家製アイスリンクを作れる環境なんだからね。

そんなこと言い出したらLAとか砂漠のどまんなかフェニックスとか常夏フロリダとかタンパとか「何でこんなあったかいところにホッケーチーム??」というところは相当無駄なエネルギー使ってるのよね、毎試合・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-10-08 02:06 | 趣味 | Comments(0)