タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

世界

日本はゴールデンウィークだそうで...。
今年は週末の重なり方がよくて長いと11連休だか12連休だかできるんだそうで...。

そしてイギリスでは

ロイヤルウエディングで盛り上がっているそうで...。
イギリスの影響のおおきなカナダもむろん、お祝いムードかと思いきや!



東側はともかく、西側特にバンクーバーはとにかく
[Go Canucks Go!」
なのである。
そう、NHLの頂点を決めるスタンリーカップのプレイオフ真っ最中なのだ。東側はモントリオールが負けてしまったために盛り上がりに欠けるものの、バンクーバーカナックス、最初のシリーズを7戦までもつれて勝ち残り、昨日からのシリーズも一勝とがんばってるのだ!

もちろん、ゲームのある日はみんな早く帰宅orパブへレッツゴーなので町中が試合終了までそりゃー静かであるw。

今シーズンのバンクーバーは絶好調で、レギュラーシーズン終了する前にすでにリーグ一位通過を早々に決めており、もっともポイントを獲得したチームに贈られるプレジデントトロフィーなるものもゲットである。
その他いろんな選手も賞レースにのきなみノミネートされているという大活躍ぶり!!

これは今度こそスタンリーカップを生で拝めるかもしれない。

オリンピックのメダル以上に並ぶんだろうけど、絶対触りにいくもん!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-29 23:00 | 関心 | Comments(0)

会合

この間の日曜日、久しぶりにlive-inのお仲間とランチ。
f0129786_3391838.jpg

f0129786_3393593.jpg
f0129786_3395095.jpg


よく幹事をしてくれるMakoさんの家のご近所のインド料理レストラン[Chutney Villa]で。
ここは南インド系のお料理だそうで(といってもあんまり違いが分からないのだが)ワタシは一番下のラムのドライカレー、その次がmakoさんのフィッシュカレー、一番上がmikiさんとchieさんが頼んだ海老のカレー(どうしてmaikoさんのカレーが撮影されなかったのかは覚えてない...。彼女のチキンカレーもおいしそうだった)である。
感じとしてはホームステイしてた家のカレーに似てたな。薬味(チャツネ)もヨーグルトとフルーツソースがベースでホストマザーがよく作ってたものにそっくり。
そういえばフィジーってインドから移住してきた人が先祖、って人も多いんだよな(うちの彼氏もそうである。なので見た目でインド人と間違えられる)。

ご飯もチャイもおいしかったが、出てくるまで小一時間w。ま〜シャベくってるワタシたちには関係ないがw。

その後、2ブロックほど離れたカフェ[rhizome cafe]へ。
f0129786_3503436.jpg

f0129786_350565.jpg

店内広々としてて、お酒も出るところのようだ。makoさんの話ではビーガン(卵や牛乳もだめな完全ベジタリアン)セーフのカフェなんだそうで。
写真取り忘れたけど地元アーティストの絵の販売なんかもやってた。

なんだかんだと月に数回集まっているワタシたちである。最近ワタシはちょっとバタバタしてて参加できなかったんだけど、やっぱり同じ境遇でがんばってる日本人同士、話も盛り上がるのよね。仕事のことだけじゃなく、プライベートやカナダでの「え?」な体験とかw。
少し5月病気味だったワタシにはいい充電になったな。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-20 03:56 | 人間 | Comments(6)

二度

自分のPCがないので、どうもお友達のブログに遊びには行けるんだけどなかなかコメントのこせず...。
とりあえず、なんとなく憂鬱ながらも体は元気に(でもまた痩せたけど)やってるのでご安心を...。

*=*=*=*=*=*=*=*=*
金曜日、クライアントさんは眼科の診察だった。
この眼科さん、ワタシははじめて行くのだが(いつもばーちゃんが行ってたのと一年に一回くらいしか行かないから機会がなかった)、予約してても恐ろしく待たされるらしい。
案の定、10:45の予約で検査に入ったのは11:15、その後診察までまた小一時間ほど待たされた。

ワタシは病院にクライアントさんを連れて行くときは必ず車いすに乗せる。
じゃないと移動が大変で、時間に間に合わないことが多いのだ。

だからかどうかわかんないけど、明らかに「ケアギバー」だとわかるんだろうね、端から見ると。
今までは特にだからって何か言われたことはなかったのだが...。

待合室で薬の時間になったので、クライアントさんにお薬を飲ませて本を読んでいたらそばに座っていたおじさんが
「よいお仕事をされてますね(I am very impressed by your efficient work)」
と声をかけてきた。

いやいやそんな...という謙遜な英語のフレーズなんか出てこず、とりあえず「どうもありがとう」と言ってにっこりしておく。
その後診察を終えて、次回の予約を入れて、クライアントさんに上着を着せていたら今度はうちの雇用主さんくらいのおばーちゃんに
「テキパキ仕事しててえらいね(you are so efficient)」
とまた声をかけられた。
またしても「Thank you」とだけしか言えないだめなワタシなのだったw。

仕事なんで当たり前にやってたんだけど、そんなに一生懸命やってるように写るのか...とちょっとびっくり。
まぁ、これ、ワタシがインド系な顔(うちのクライアントさんはインド人)してたら娘だと思われて言われないんだろうね。明らかに血縁関係なさそうだから仕事として世話してるのがわかったんだと思う。

ここんところ、雇用主さん(奥さんね)以外からほめられたことがなかったので、ちょっと新鮮だったな。

さて、明日もがんばろう。
[PR]
by who54211 | 2011-04-19 13:51 | 仕事 | Comments(4)

退職

と言ってももちろんワタシのことではない。

入院のドタバタ騒ぎがあってまだもう少し入院してるかな?と思っていたので、月曜日はCostcoに買い物に行こう、と思いつき、雇用主さんに確認したら「昼間はばーちゃんが行ってくれるし、午後から私が行くから買い物お願い」ということになり、そのつもりで日曜の夜戻り(いつもは月曜の出勤時間に合わせて戻る)、月曜朝7時からしゃくしゃくと働いていたのだ。

一通りの家の中のことを終え、さてそろそろcostcoに行くか、と思っていた矢先に電話。

「退院になりますから、奥さんに連絡を入れたいんですが」

病院からである。

ていうか、退院??そんな急にかい!!これ、何度経験しても慣れない。日本なら確実に退院日を決めてからじゃないと退院しないからね〜。

costcoはとりあえず保留し、スイミングに行った雇用主さんの帰りを待ちながら、退院準備をする。
やはり退院させる、ということになり、急遽雇用主さんと病院へ....。

無事に退院させて、やっぱりcostcoに行ってほしいということになり、雇用主さんと話をしてたところにばーちゃん登場(病院から家が近いばーちゃんは徒歩で病院に行ってたので車を取りに一旦帰ったのだ)。雇用主さんが一通り家に戻ってきてからのことを説明したのだが...。

10秒後、「○○はやった?」とワタシに聞いてきた。
え?雇用主さんがさっきやったって説明したじゃん?しかもあんた了解って言ったじゃん?
ワタシと雇用主さんがまだお話真っ最中だったこともあり、しかもこれって聞こえてなかったってことよね?と思って声を張り上げて「いややりましたけど?」と言ったら、ばーちゃんキレた。

「いったいなんなの!!!」

こっちの台詞である...。と思ったが、黙っていたら雇用主さんが間に入った。

で、大量の買い物を終えて戻ってきたら3時。ばーちゃん帰宅時間である。
買い物の荷物を家の中におろしていたらばーちゃんに

「ここの家の鍵、カウンターにおいておいたらから、雇用主さんに言っておいて。もう来ないから」

と捨て台詞を投げられた。

びっくりしたのは、この宣言、ワタシにだけしてて雇用主さんにはな〜んにも言ってなかったのである。後で雇用主さんに言ったら「なんで?」と言われ、「知りません」としか言えなかった。

「もうこれで4度目なのよね、彼女。辞めるって言って引き止めてもらうの待ってるの。」

しかも7月にはどっちにしろ辞めてもらう予定だったこともあり、雇用主さん、
「もう引き止めるつもりはないわ。だって何度言っても補聴器は入れてこないし、眼鏡も新しくしてこない。危険性のほうが高い」
との結論。

そうこう話をしてたらばーちゃんから電話。やっぱり引き止めてもらえると思ってたんだわね。

翌日火曜日、雇用主さん、ばーちゃんと直接お話しあい。やはりワタシの一言に腹が立ったんだそうで。いや別にいいよ、恨んでくれて。ただその短気は損だと思うぞ、と思ったが75歳にもなったら変えようもないよね。

で、木曜日の今日、やたら笑顔で午後やってきた。
毎回「辞める」騒ぎがあるとそうなのだが、その後やたら優しくなるから気持ち悪いのだ。その切り替え、いったいどうやったらできるんだろう??

ま〜いろいろあったが辞めてくれたのでほっと一安心である。
彼女が抜けた分は夜のケアの子と週末の子がカバーしてくれるらしいが、ワタシももしかしたらどっかで長時間労働になる可能性もある。

でもま、週末の子が引っ越してくるまで3ヶ月ないから大丈夫かな。
すこし気が楽になった。この週末はゆっくりしよう。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-15 13:49 | 仕事 | Comments(2)

春眠

暁をおぼえず、ってほんとよく言ったものだな、と思う。

とにかく眠いね、春は...。

最近、日が長くなったから朝も早くから明るくなるんだけどさ、なんだか明るくなっても眠いのよね。
クライアントさんが入院してからは特に活発に仕事をしてないせいもあり、病室でうつらうつらもめずらしくない。

今日は、雇用主さんが「出張中やすみがなかったから」ということで急遽お休み。
日頃は6時起きなのだが、今朝起きたら9時近くて外からの光がまぶしかった。

う〜ん、ゆったり眠れるのって幸せねw。

明日もう一日がんばって、その後は週末ゆったり過ごそう。

どうやらクライアントさん、来週はまだ入院の模様...。どうなることやら。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-08 13:54 | 人間 | Comments(2)

騒動

さて眠るに眠れなかった土曜の夜、仕方ないのでリビングのソファで横になっていたワタシ。
やはり心配で30分置きに様子を見に行くのだが、寝てるんだけど、とにかくのどに痰が絡んでる音がすごくて、それとともにうなり声である。
ただ、本人は寝てるのだ。

そして翌朝、起こしてみると体が熱い。
ヤバい熱さ、計ると38度超えてる!!
とりあえず解熱剤を飲ませて、本人が希望するのでそのままシャワー(ほんとはだめなんだが)。時々ポンと高熱が一瞬出て下がることもあるので再度熱を測るもやはり38度を超えてる。しかもまだうるさい音が続いてる。

ナースライン(健康相談の電話窓口。24時間対応)に電話をする。一応主治医が「万が一風邪を引いたときのために」と処方されてる抗生物質があるので飲ませるべきか相談すると

「持病のこともあるので、救急に行ってください」

の指示。この日、クライアントさんの娘さん家族が来る予定になっていたので慌てて電話。
週末に来てるフィリピーノの子は、車の運転ができない(免許がない)ので睡眠不足でくたくただがしかたなく休み返上。
救急についたときは解熱剤が効いていたのか、クライアントさん、静かになり眠ってしまった。

2時間待ってやっとストレッチャーに乗せてもらい、さらに待機してたらひょこっと医者登場。

「肺炎だと思うからいろいろ検査します。念のため入院になると思いますがいいですか?」

との確認。どうしても帰りたいなら帰すけど危険を伴う、とのことでクライアントさんを説得し入院してもらうことになった。その間吸引するもクライアントさんののどの音は収まらない。看護師さんたちも首を傾げるほどの大きな音なのだ。

であ〜だこ〜だ検査して、また待機になったので、とりあえずワタシだけいったん家に戻り必要な身の回りのものをそろえ、娘さんに電話をしてからキングストンにいる雇用主さんの宿泊先に「携帯に電話するよう伝えてください」と伝言をお願いする。

また病院に戻ってフィリピーノの子には帰ってもらい、うとうとクライアントさんの車いすで居眠りしてたらゴハンが運ばれてきた。

で、食べさせてたのだが、食べ物はよかったのだ、食べ物は。ちゃんとミキサー食だったから。
問題は一緒についてた水である。これがとろみがついてなくてムセたな、と思った次の瞬間大量に戻した。
「げ!!」と思ったがもう遅い。看護師さん、3人登場し、酸素は始まるわ、吸引するわ、バイタルチェックはするわのおおわらわ。

...大反省である。

普通はこの時点で一般病棟に移されるのだが、なぜか移されず、何度看護師さんに聞いても「上(病棟)の都合だからいつになるかわからない。たまに夜中に運ばれたりもする」という。
そうこうしてたら雇用主さんから電話。
とりあえず夜10時まで粘ってくれ、とのこと。

...ワタシも寝てないんだけど...、と思ったがぐっとこらえ、とにかく移動がないかと待機。

...結局この日に移動はなかった。

翌朝、「どうしても必要なら早く帰るから」と雇用主さんに言われていたので、クライアントさんに確認するため、早朝6時45分に病院へ。

「待てるから大丈夫」と言ってくれて一安心。バーちゃんが来たのでバーちゃんと交代しワタシ、やっと眠れる...。
3時過ぎにまた病院に戻り、しばらくしたらクライアントさんの娘さんがお見舞いにやってきた。

「かなりうるさい音してるね」と言ってたが、日曜に比べれば全然マシになってることを伝えて、娘さんの子供の写真なんかを見せたりしてたら「移動しますよ」とやっとこさ、病棟に上がることになった。

今回は、呼吸器の患者さんが多い病棟へ(当たり前だが)。
肺炎ということで万が一の感染を防ぐためにカーテンは閉めっきり。医療従事者はガウンとマスク着用、訪問者もマスク着用が義務づけられている。
そして誤嚥を防ぐために食事が月曜の朝からストップされている。

今朝、「とにかく医者に会わなきゃ」と思い、また7時15分という早朝に病院へ。
そしたらビンゴ!!医者、8時少し前に現れる。

「肺炎の治療をしてますから」

...それだけかい!!!

10時過ぎにご近所のお友達がやってきて、ワタシにランチの差し入れ。どうもありがとう。
その後言語聴覚士と作業療法士が飲み込みの評価にやってきたものの「もう少し液体については検査が必要なので、食事はもう少し待ってください」とのこと。検査のために食べたアップルソースととろみがついたオレンジジュースがよほどおいしかったらしく、「もっと欲しい」と訴えられたのだが、とにかく評価が完了するまでご飯は出せないらしいから我慢して、と説明。点滴入ってるから栄養は大丈夫だから、としか言えないのよね。

その後理学療法士が来て、呼吸状態をチェック。
「とにかく座るところから始めましょう。感染のこともあるので歩行などはおいおいやっていきましょう」
という。

バイタルサインさえ落ち着いたらとにかく動かさないと痰が上がっていかないので、ほんとはがんがん動かしたいところなのだが、感染のことを考えると確かに無理か、と納得。

そして2時過ぎ、雇用主さんから「一便早いので帰ってきた」と電話。家にいったん向かう、とのことなので家にお迎えにいく。

本日4時過ぎ、やっと解放である。
あ〜やでやで...。明日も朝から病院なんだけどね。早く退院してくれ!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-06 14:35 | 報告 | Comments(0)

睡眠

2日続けて愚痴である...。あ〜なんかすごく自分がチッサイ人間だな〜と思うのだが、でもどっかで吐いておかないと溜まってとんでもないことになるので、吐かせてもらう。

雇用主さんが取材旅行に行ってる間、ワタシは家で寝泊まりをしなくちゃいけないわけで、クライアントさんが呼べばクライアントさんの様子を見に行かないといけない。
とはいえ、クライアントさんは声を出して呼ぶことがなかなか難しいので、咳してたり、やったらベッドがきしむ音がしたら自発的にワタシは様子を見に上がらないといけないわけである。

最初の3日間は特になにもなく、平穏無事にワタシも眠ることができたのだが...。
水曜日、フィリピーノの子がナイトケアに入った夜、咳をしていた。様子を見に行くと「暑くて眠れない」というのでブランケットを一枚取って、部屋に戻ったらまた咳。もう一枚ブランケットを取ってやっと静かに...。
でも朝見に行ったら、ベッドからはみ出していた。

木曜は特に何もおこらなかったのだが、水曜の夜のイメージが残り、眠るに眠れず...。
金曜は水曜と同じことが起き...。
そして今日は戻ってきたらどう見ても聞いても誤嚥してて、歯磨きが終わってからもず〜っとぜいぜいしてて、寝かしつけても咳し始め、やっとこさ(10:20pm)終わったのだ...。しかもまた咳している...。
これがあと3日も続くのかよ...。

もつのか、ワタシ...。

*=*=*=*=*=*=*
現在、午前1時をさしかかったバンクーバー。
クライアントさん、相変わらず咳き込み、時々うなるため、トイレに起こし、ネブライザーをしている。
眠れない...。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-03 14:23 | 愚痴 | Comments(4)

水増

雇用主さんが月末にいないので、代わりにクライアントさんの娘さんに今月のお給料計算をしてもらうため、ケアギバー全員の労働時間を聞いて回ったワタシ。

夜のケアに来てるフィリピーノのおねいちゃんは、時間数ではなく「何時〜何時」と書き込んだメモを渡された。計算しろってか?とちょっとカチンときたが仕方ないので計算。

彼女はバスで通っているので来る時間がバラバラになるのだが、ちょっと不思議に思ったのが開始時間がこの家の到着時間になっていることだった。
この水曜日、雇用主さんがいないので「3時に来てください」と前もってお願いしてたのだが、彼女が来たのは2:30。当然まだワタシは働いていたのだが、彼女は2:30からお給料を請求してるのだ。

...ワタシが払うんじゃないからいいんだけどさ。

そしてばーちゃんは月曜日は一日8時間、木曜日は7時間半しか働いてないはずなのだ。3月の月木は9回。どう計算したって72時間以上働いてるはずがないのだ。だって今月から月曜日もワタシが3時から仕事してるんだもん。以前、「3時以降はお願いしない限り残業としては認めてない。彼女が勝手に残ってるだけ
(←ワタシも一度「替わります」と3時過ぎに言ったら「帰ってもやることないからいいの」とばーちゃんは言い切ったからね)」と雇用主さんが言ってたので、「計算が合わない」と電話してきた雇用主さんに言ったら「とりあえず今月はそのまま報告しておいて。あとで本人に聞くから」ということになった。

うちの雇用主さん、めっぽう数字に弱いので多分、気にしてないんだろうね。こういうこと。
でもさ、それならワタシの労働時間に関してだけ数ヶ月に一回チェックが入るのっておかしくないか?
ワタシ、過去に3〜4回労働時間と勤務内容を書いた紙をチェックされたんだが...。

いや、お給料ちゃんと払ってくれてるわけだし、ワタシの懐が痛むわけじゃないんだけどさ。
なんとなく、納得できない...。
このもやもや、いつ解消できるんだろうか???


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-02 13:57 | 愚痴 | Comments(2)

笑顔

最近はリビアのニュースがメインになり、東南アジアで大きな洪水があったのでそっちの話題に移りつつあり、日本の話題はというと原発ばっかり注目されてるのよね。
放射能汚染は遠くバンクーバーにも及んでいて、海藻からセシウム137が出たとおとといの新聞に載ってた。。
もちろん人体に影響はないと大学教授さんが断言してたが。

今朝のVancouverSunから。
f0129786_12211855.jpg

記事の内容は相変わらず原発のくら〜い内容なんだけど、この写真の二人はすてきよね。仙台の中学生の卒業式からのスナップ。

春は、出会いと別れの季節。
明日からもう4月。
なんだかそれだけでウキウキである。

そのせいか今日買い物のついで(木曜日は買い出しの日)で前から気になってたシルクの専門店にふら〜っと(勤務中だぞ、こら!!)入ってしまった。

そして見つけた「シルクのパジャマ」。
美の職人田中ユク子さんも愛用してるというシロモノ。

値段を見て「うっ」となり、却下。でも店員さんはいい人で、「小さなものから少しずつ集めたらいいわよ。一度着たらやっぱりシルクが一番。特に夏場は快適よ」と教えてくれた。そして「ウェブサイト見てね」とビジネスカードを渡された。

肌触りも通気性もいいのよね、シルク...。
お給料出たら考えようかな(←パソコンは???)。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-01 13:53 | 記事 | Comments(4)