「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2011年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

作法

火曜日の主なお仕事は食料品の買出しなのだが、その買出しを終えて、さ~帰ろうと車に乗り込んだら声をかけられた。

「僕は友達を探してるんだけど、これ、連絡先が書いてあるからもらってもらえませんか?」

と、おそらく40近い、南アジア系と思われる男性だった。

これはナンパなんだよね?と思ったが、ごめんなさい、興味ないです、と受け取らなかった。

だってビジネスカードを渡してくるならまだしも、普通にプリントアウトした紙をはさみで切って配ってるんだよ?
明らかにナンパ目的でそれを準備して作ってきてるわけで、手当たりしだい配ってるのが目に見えてしまったのだ。
しかもワタシそのときサングラスかけてて顔ほとんど分からないのに東洋系だから声かけてきたんだわね。

その努力は見上げた根性だと思うが、成功率は低いと思うぞ?と逆に心配になったが、ま~そのうち日の目を見るかもしれないので、そのままがんばってほしいかもw。

声をかけられた、といえば、バンクーバー美術館にシューリズム(これについては後日UPする)のイベントが着てて、新聞に入館料$5offのクーポンがあったので、見に行った。

ワタシ、こういうものは一人で静かに見るのが好きなのだ。
映画もそうだけど、一人で見に行くか、投影中はちゃんとマナーを保ってくれる人と行くのが好き。変に途中で声をかけられて世界を壊されるのがいやなのだ。

で、美術館の中には学芸員さんが各コーナーにいるのだが、大体どの学芸員さんも質問されたら答える、ルール違反をしてたら注意する、程度にしかしゃべらないのが普通。これは、世界共通だと思ってた。

...というか前にバンクーバー美術館に来たときはそうだった。

とあるコーナーでひっきりなしにしゃべってる声が聞こえてきたので、普通に鑑賞してるお客さん同士がしゃべってるのかと思えば、学芸員がいちいちお客さんに声をかけていろいろ説明してるのだ!!

とにかく、声をかけられる前にそのコーナーから退散しよう、とばばっと見て、そっから早々に立ち去ろうと思ったら、捕まった。

「あなたはこの美しい作品の前に立ち止まらずに行くのか?」

...いえ、ゆっくり見たいんですが、あなたの説明はいらないんです、とは言えず、しかたないので一応相手にしゃべらせる。

こういうのをありがた迷惑っていうんだよな...。

うちを訪れる人にだれかれ構わずご飯やらお茶やらお菓子やらをやたらに提供するうちの雇用主さんみたいだ...。

あんまり好感触で説明を聞いてないのがバレたのか、途中から説明の熱が冷めていくのが分かった。
いや、あなたの好意はわかるんだけどね、人には好みがあるのだよ~。

でもこの人一人だったな、積極果敢に説明してたのは。すぐ隣のコーナーにいた学芸員さんはその様子を見て苦笑してたw。

ま、それもシュールだよねw。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-31 09:13 | 人間 | Comments(4)

醜態

よくクライアントさんを連れて散歩(歩行と車いすと両方ね)するAmbleside公園には海沿いに舗装された歩道があり、脇に池があるのだ。
池にはいろいろ鳥がいる。
f0129786_6595625.jpg

こうやって普通にしてると優雅な白鳥だけど
f0129786_6595945.jpg

潜ってるときはちょっと無様よねw。
f0129786_70168.jpg

ちなみに鴨さんは
f0129786_70493.jpg

お尻が上がってちょっとかわいいよねw。

今朝、やっとクライアントさんの息子家族が帰っていった。
昨日のお誕生会でもカードを渡しながら涙ぐんでた息子さんだったのだが、今日も涙ぐんでた。
そういえばクリスマスのときはお別れのときにワタシは休みだったから立ち会ってなかったな。涙もろい人だとは知らなかったよ。

...ま、クリスマス時期にはまた来るんだろうけどね。

婚約者さんとの結婚はちょっと先延ばしにしたんだそうな。
でも、婚約者さんの息子くん(この子が13歳なんだがかわいい)は一生懸命新しい苗字の綴りの練習をしていた。
婚約者さん自身の苗字も相当長いし難しい綴りなのだが、うちのクライアントさんの苗字も長いしとてもインディアン(インド出身なんで当たり前だが)なので、覚えるのが結構大変なのだ。
ワタシもお医者さんとかで「苗字は?」って聞かれるたびに保険証とかをしばらく差し出していた。だって覚えきらないんだもん(さすがにもう覚えたが)。

こうやって息子くんの公式な名前はどんどん長くなるのだったw。

その息子くんによると、クライアントさんの息子さんがクラッシュアイスというスケートでやるスキークロス、スノーボードクロスみたいな競技に参加したときに、選手紹介をするアナウンサーの人がどう発音するのか分からず、ちょっとの沈黙の後、普通に名前の方だけを長めに紹介するという荒技をかましたんだそうな。

いや、名前ね〜。
ワタシも苗字も名前も変わってるから日本ではよく間違えられたが、あんまりカナダにいると間違えられないかもしれない。
...覚えてはもらえないけどねw。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-30 06:58 | 報告 | Comments(0)

全国

昨日、指圧が終わって、ちょっと作業したいことがあったので図書館へ。
図書館のすぐそばにはCBCという日本で言うところのNHKの支局があるのだが、なんだか騒々しいな〜と思っていた。
つい先日ワタシのブログでも記事にしたのだが、
f0129786_740894.jpg

5月の選挙で第一野党に躍進したNDPの党首だったJack Laytonの国葬だったのだ。それがバンクーバー時間の11時からで、なんとCBCはそれを全部放送。しかもカナダの至る所でパブリックビューイングまで開かれるという力の入れよう。
図書館周りのイベントもそれに伴うものだったのだが、図書館の映写室でもパブリックビューイングが行われていた。
たまたまランチ用にコーヒーを買いに外に出たら看板を見つけて、ワタシも途中からお葬式の放送を眺める。

...日本じゃないよな〜。小渕さんが任期中倒れてそのまま亡くなったときもこんなふうに放送とかした記憶がない。

こっちのお葬式に参列したことがないのだが、明るいポップなゴスペルとか歌ってて、なんか暗い感じがしないんだよね。しかも国葬だからJackの棺はカナダの国旗にくるまれてて赤と白でおめでたいしさ(ま、日本の日の丸も同じ色だけどさ)。

そんで出棺のときに司祭の人が言った言葉がすごく良かったのだ。
一体どこから引用したんだろう?と思っていたのだが。
f0129786_7401178.jpg

f0129786_74013100.jpg


新聞にも出ていたというJackの遺言。その最後に記された言葉だったのだ。
「Love is better than anger. Hope is better than fear. Optimism is better than despair. So let us loving, hoping, and optimistic. And we"ll change the world」
〜愛は怒りよりも良い。希望は恐怖よりも良い。前向きなことは絶望よりもよい。だから愛し、希望を持って、前向きになろう。そして世界を変えよう〜

党民からだけではなく、多くのカナディアンから愛されていた政治家の一人である。
このパブリックビューイングを開いたBCのNDPの人が放送が終わってから献杯の音頭を取ってくれたのだが(これもさ「To Jack」って言って飲むからいいよね。「献杯」って堅苦しくてさ、ワタシ好きじゃないのよね)、彼女は涙ぐんでたな〜。
彼がカナダ国民に残した遺言をコピーして配っていたのでワタシももらい
[#IMAGE|f0129786_7401592.jpg|201108/29/86/|mid|299|400#]
ワタシも記帳、というか添え書きをして帰ってきた。

しばらくは彼のこの言葉を励みにがんばれそうな気がする。
ありがとう、Jack。天国でもがんばってね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-29 07:39 | 人間 | Comments(0)

軽快

今日は待ちに待っていたTsutomuさんの指圧の日である。
こういう日は目が早く覚めるのだ(←遠足の日に早起きする子供と同じ)。

平日は出張マッサージをしてるTustomuさんだが、週末は美容室の一角を借りて、きちんとマッサージベッドで指圧をしてくれるのである。
その上、ご予約先着3名さまに限り、一時間$40で指圧をしてくれるのである。
張り切って家を出たのはよかったが、出るのが早すぎて、お店のそばに着いたのが9時半過ぎ。
そりゃ~早すぎるだろ、とお天気もいいことだし、朝早くて人通りも少ないので気分よく散歩なんかしたのが間違い。

気がついたら予約時間の5分前。

あわてて戻るとTsutomuさん、店先で待機しておられるし(←恐縮)。

ま~そんなこんなはありつつも、指圧を始めてもらう。

前回、maikoちゃんとこでやってもらったときは
「運動不足です」
と言われたのだが...。その後特に生活改善をすることもなく...。

「つらいところどこですか?」
と聞かれたので素直に
「顎なんですよ~」
という。すんません、難しい注文して。

やはり顎は、ストレスから来ることが多いんだそうで...。とりあえず首肩中心にやっていきますね~となる。

そんでもって
「80%ストレスから来てるコリです」
だそうで...。あははははは~仕事やめるしかないね、これはw(←現実辞めるわけにはいかないのだが)。
というかそれこそ運動して発散しろよ、ということよね。

「やっぱり薪割りとかしてきてせい?腕がやたら疲れてる」
「肩甲骨周りにへんなこりができてる」

ということだったのだが、
「でも思ったよりもほぐれやすいこりだった」
なんだそうで。
これであんまりにも頑固だったらどうしたもんかと思ったが、ちゃんとケアをすれば反応する状態をまだ保っているから、まだワタシ、大丈夫かな。

...いやでも運動しないとだめだよね。部屋で筋トレか?
がんばろう...。

しっかり一時間指圧してもらって、体がすっかり軽くなったのだった。

聞けば、今は週末だけお店を借りてるのだが、近々平日にも借りられるようになるんだそうで...。
そしたらもっと通いやすくなるな~。
うちは人を呼んではいけない、というルールがあるから出張してもらうわけにいかなかったんだよね。呼べたとしても遠すぎるし。

バンクーバー近郊にお住まいの方はぜひ一度Tsutomuさんの指圧を受けてみてもらいたいものだ。
http://ameblo.jp/asapshiatsutom
↑詳しくはTsutomuさんのブログからどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-28 04:03 | 報告 | Comments(4)

未定

「別荘滞在中に浴室を改築するから」
ということだった。ほんで、ワタシが戻ってきてすぐ
f0129786_6255580.jpg

こんなになった。

雇用主さんたちが戻ってくるころには
f0129786_6255690.jpg

こんな風になった。

...ただ、この時点で浴室にはドアがついておらず、いったいどうやってシャワー浴びるんだよ?状態だったのだ。
...案の定、床、水浸しにしてたけどね。

やっとこさガラスが入って
f0129786_6255741.jpg

こんな感じなのだが...。ちょっとわかりづらいが、これ、端のほうには何もないのだ。
つまりそっからはやっぱり水が駄々漏れになるわけでさ、結局床は水浸しなのである。

普通、こういう設計をする上で、タイルを全面的に張り替えるとなったら、シャワールームの出入り口(今ガラスドアが入ってない空いてるスペース)の足元にグレーヂング(細長い排水溝)を作るべきなのだ。実際、ワタシの実家がお風呂を改装したときは入ってた。浴室のドアが全面的に浴室を遮断する設計(つまりこの家のシャワーのようにガラスがない、という空間がドアのところにはなく、ドアを閉めると完全な箱になる)であったにもかかわらずである。

...雇用主さんのお友達は建築家なんだけどな...。

写真のような状態でクライアントさんをシャワーに入れるのは苦肉の策である。シャワーのほうに顔を向かせてしまうと水が空いてるところからどんどん出てしまうのだ。

去年、床を張り替えた時もそうだったんだけど、結局納期が遅れるので、完成してないところに帰ってくるのはどうなのか?と思う。
今日お休みのワタシが朝ごはんを食べてたら、フィリピーノの子が
「あの状態で私一人でお風呂に入れるのは無理」
といってた。まだ手すりもついてないし、キャスターつきのシャワーチェアもないのだ。両手を引いて滑りやすい浴室をクライアントさんに歩いてもらうのは彼女には難しいことだろう。

ワタシがそれをできるのは、知識と経験があるからであり、医療や介護の経験のない彼女にそれを最初からやらせるのは無理だろう。

やらせようとしてたけどねw。フィリピーノの子の必死の反対によって回避されたけど。ちゃんとできませんっていえる彼女は偉いと思う。ワタシ、いえないだめな子なので。

カナダの医療福祉制度にも問題がたくさんあるのだが、そのひとつが福祉用具が高いことにある。日本だと介護保険認定が降りていれば、簡単にレンタルできるし、買うときもそんなに負担がかからないのだが、カナダではプライベートの保険にかけてないと特定の障害者認定や低所得者認定を受けていない限り、自腹なのだ。

うちのクライアントさんの状態であれば、日本の介護認定ならおそらく4、絶対に3は出る状態だ。
その状態なら、車椅子とかシャワーチェアなんてほんとに何千円単位の負担で借りられるのに...。

うちの雇用主さんとクライアントさんはもちろんプライベートの保険に入っているのだが、残念ながらこの保険、この手の福祉用具の申請を受理するまでに時間がかかるのだ。しかも今回は一度不受理されたため、医者と作業療法士から手紙を書いてもらい、必要であることを証明した上でもう一度受理してもらわないといけないらしい。

...だからさ、シャワーチェアはいつ来るわけ??

そうやってワタシたちの負担はなかなか減らない毎日なのである。
ワタシは移民権かかってるけど、フィリピーノの子はもうカナダのパスポート持ってるんだし、8年もナニーしてた経験があるんだから、転職を真剣に考えてもいいと思う今日この頃...。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-27 06:25 | 仕事 | Comments(0)

共通

ずいぶんと長いことかかったけど、やっと小説「武田信玄」を読み終わった。
どうも武田信玄っていうと、信玄もちと川中島の合戦のことしか思い浮かばなかったのだが、この人、ほんと天下統一まで後一歩だったのね。
京へ上って織田信長を討とう、という一歩手前で結核のため永眠した、というのがこの作者さんの推測。
作者の人も記していたが、武田信玄の死については時期もはっきりせず、死に場所も歴史書によってさまざまなのだそうだ。天下統一一歩手前まで近づいていた信玄だが、自分の死期を悟って息子・勝頼に「死んだことは3年間伏せよ」と遺言したらしい。
彼の京都に武田菱の旗を立てる、という夢は夢のまま終わってしまったのね。
ま~小説書くくらいだから、この作者さんは信玄の大ファンだったと思うのだが、今なおファンが多いんだよね、この人には。政治のやり方も侵略の仕方も非常に手堅く賢い方法だったんだ、ということをこの小説を読んで実感した。もちろん小説なのだが、歴史上の出来事をそのものはきちんと反映されているので、信玄公が行ってきた政治のやり方も親切に説明してあった。

ワタシの地元で戦国時代の有名人といえば、この武田信玄の息子、勝頼に磔にされた「鳥居強右衛門」という人がいる。この人はほんとに地元の中学のエリアの出身なのだ。「忠義を尽くす」ということで非常に有名な人で、うちの弟くんは中学のときに何かのイベントでこの人を演じていた。
ただ、実は武田信玄にゆかりが深い地元出身者はこの人だけではなく、あの軍師「山本勘助」も豊川市の生まれだと言われている。この人って存在そのものが疑われてるのだが出身地も歴史書によって違うみたいなんだが、この小説のなかでは牛久保の生まれになっていた。

そこまでふるさと愛があるワタシではないが、こういう発見はうれしかったりするw。

ワタシがこの小説を読み終えるころ、カナダの偉大な政治家が一人この世を去った。
Jack Laytonである。
f0129786_845454.jpg

カナダに国民皆保険制度を取り入れさせた政党「NDP(New Democratic Party)」の党首。
前回の選挙でNDPが躍進したのは彼の努力の賜物といっても過言ではないだろう。
お隣にいるのは奥さんなのだが、奥さんは中国系なのだ。なのでレイトンさんは中国語も話せたらしい。
そして、移民政策に対して寛大だったのだ。

前回の選挙で、現政権が再選を果たしたんだけど、NDPが野党第一党になったのはカナダ史上初めてのことで、毎回与党がリベラルかコンサバティブで野党第一党はそのとき負けたほう、という2大政党(実際には小さい政党が協力して勝ってるらしいんだけど)だったカナダに3番手が現れた、というわけである。

ところが5月の選挙で躍進してまもなく7月の終わりに「がん治療のためいったん国会を長期欠席する」と会見し、そしてこの月曜に突然の訃報である。
61歳という若さ。奥さんもお父さんも癌に打ち勝ったが、本人は勝てなかった。

死を目前にNDPの次期党首についてしたためた手紙を彼は残している。
どうやら選挙のときも癌は進行していたようで、死期も悟っていたようだ。

...だが、彼に代わるリーダーをNDPはまだ育成しきれていなかった、というのが現状だろう。

風俗店で警察に事情聴取なんかされたこともあるやんちゃなレイトンさんだったが、力強いリーダーだった、と思う。

ワタシは政治に詳しいわけではないし、ニュースもきちんと追っているわけではないのだが、武田信玄の小説を読破したタイミングでこの人が亡くなった、と聞いてやはりここに残しておきたかった。

ご冥福を祈りつつ、NDPの次のリーダーが彼をしのぐ人物であってほしいと願う。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-26 09:03 | 人間 | Comments(4)

先物

昨日のお買い物にて。
f0129786_934596.jpg

いや、確かにこういうものって早め早めの準備が大事だけどさ~。
いくらなんでも早すぎないか?今8月だぞ??
子供たちはまだ夏休み中なんだぞ??

やる気があるのはわかるが、先走りし過ぎだ、Costco...。

店内をぐる~っと回って一通り買い物してたら、これまた冬物のコートやもこもこブーツなんかも売り出し始めてた。
実は持ってないもこもこブーツ。子供サイズがある!と喜んでみたものの、残念ながら子供サイズにもワタシのサイズがなかった...。

ちくしょ~。ほかの店舗で絶対見つけてやる!(だからまだ夏だって)


f0129786_935057.jpg

で、これが昨日の買い物ね。言っとくけど、このカートでかいのだ。
昨日は一台で済んだからまだいいほう。多いときはこの量が入ってて2台になる。
出口でサインアップすれば運搬と車への詰め込みを手伝ってくれるけど(あとはあんまりレジが忙しくないときはレジでカートに荷物を積んでくれる係りの人が車まで運んでくれたりもする)、そのサインアップするための紙を持ってる人を探すのがいつも大変なうえに、担当者が来るまで待つのも時間がもったいなくて、いつもがらがらと一人で持っていくのだ。
一台は押して、一台は引っ張ると同時に運べる、というのをレジのおねいさんが教えてくれた(確かその日は忙しくて手伝うことが不可能だったのだ)。

...こういういらない知識が増えていくと同時に、負担をふやしているおばかなワタシであるw。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-25 09:34 | 報告 | Comments(4)

転職

なぜかIphoneから写真が送れなかった...。なにが起こったエキサイト??

さて、楽しかったお泊り会ののち、普通の仕事に戻ったワタシである。
ある程度覚悟はしてたのだが、またしてもうちの雇用主さん、まったくもって連絡もなく

「今日ファミリーディナーだから」

とかいいやがった。しかもクライアントさんの息子家族が来るだ~?あいつら別荘に行くって言ってたじゃないか!

「だってあなたに会うの今日が最初でしょ?」

いやいやいや、なんのためにワタシは携帯持ってるんだよ、どうでもいいことは気にせず電話してくるのに、そういう心の準備が必要なことは連絡しないのは変だろう???

当然ワタシのシフトは長くなる上に休憩ってなんだろうね?状態になる。

...もういいよ。

別にこの息子家族がいやなわけじゃないけど、ただでさえ他人の家に暮らしてるワタシは、さらに気を使うっていうのがわからないんだわね、この人は。
またこの息子が
「せっかくだから来週の日曜、父さん(クライアントさんね)と自分の誕生会(二人とも9月生まれなんだってさ。ってまだ8月だけどさ)しようよ」
とか言い出した。

...2週連続かい。
せめてさ、土曜とか金曜にやってくれればいいのに(そしたらフィリピーノの子が担当だから、公平じゃん?)...。

こうなってくると、やらざるを得ないらしいね、雇用主さんは。
だから今日は行くつもりなかったのに、Costcoにお買い物である。

まずお買い物に行く前に
「昨日のうちにお掃除はしましたから(ハウスキーパーさんはいるけど、一応月曜か火曜に浴室とフローリングのエリアだけはクイックルワイパーをドライとウェット両方かけてる)」
と言ったら
「あら、あそこはやったの?」

...あの、ワタシはクライアントさんが安全に移動できるようにいつも掃除をしてるだけであり、そのエリア以外のお掃除は基本的にあなたの仕事のはずなんだが...。
という言葉を飲み込んで「そこもやってあります(一応フローリングのところはついでにいつもやるので)」と答える。

その後買い物に必要なものをいろいろ聞いてたら
「ポテトチップス」
とのこと。息子家族が来る日に買い物に行けと言われてそのときにも買ったはずですが?と聞いたら
「あれは栄養空っぽだから」

...栄養がたっぷり入ってるポテトチップスなんてあるのかよ。

ふざけんなよ!!と叫びたい気持ちを抑えて免許証を取りに行く振りして部屋に戻って枕を殴る。

...ワタシ、感情コントロールの方法とか習ったほうがいいかもしれない。

そういえば昨日は昨日でやっと仕事終わりだ~というころに
「なんてことしてくれるの!!」
って叫ばれたんだよね。聞いたらお気に入りの黒いズボンに漂白剤が付いちゃったらしくて...。でもクライアントさんのカテーテルバッグの消毒に漂白剤使うんだからしょうがないじゃん?って思ってたら「必ずふき取れ」と言われて...。ふき取ったって付くときは付くと思うんだけどな...と思いながらワタシは悲しかった。些細なミスも許されないのか...と。しかもこれってぜんぜんクライアントさんの病状とかに関係ないことなのに。

ま~そんなこんなで買い物してきて、小分けしなきゃいけないものは小分けして、全部収めるところに収めたら、もう1時。
ワタシは12時に終わるはずだったんだけどな、今日...。

1時半にカイロの予約があるから、いい加減に家を出ないと間に合わないので、雇用主さんに
「サラダはできてませんけど、スープの準備はできてますから」
といったら
「え?なんでできてないの?」という顔をされた。

今日は浴室のドアが入ったばかりでシャワーが使えず、クライアントさんは清拭になったから、いつもそこでランチの準備(雇用主さんが一緒に入るからワタシは時間ができる)をするのだが、できなかったのだ。その上急にCostcoという大きな買い物でその後始末も時間がかかったので帰ってきてからもそんな余裕はなかった。

こういうことが立て続けに起こるとワタシはこの仕事向いてないな、と思う。

仕事に対して完璧主義者だからだ。
理学療法士してたときは、リハビリのことだけだったが、ケアの仕事、特に今の職場だと家事も含めてすべて先回りしてやろうとするから無理が出てくる。
先回りしてやっていかないと、いやみが飛んでくるのだ。いやいやみで言ってないと思うんだけど、がっかりしてるのが伝わってくるのがしんどいのだ。

どっちにしても胃が痛くなるのは当たり前なのだ。
ワタシの場合、胃は痛くならないんだけど、唇が荒れるのだ。これ、外的要因じゃなくて、内臓から来てるのがはっきりわかる。だってリップクリーム塗ってもよくならないのだ。

いくらCaregiverとしてはよいお給料が出てても、ちょっと考えてしまう。
どうせ超過勤務手当てでないのに、今日も超過してるわけでさ。それに対してなんの対価もないのだ。

さて、息子家族は、今日別荘へと旅立っていった。
木曜には戻ってくるそうで...。
ほんで月曜までいるんだってさ。もう笑うしかないよね。

しかもだな、「クリスマスにまた来る」「来年の9月は父さん(クライアントさん)の80歳の誕生日だからそこも来たい」みたいなことを言ってた。

...一年に一回にしてくれないかな...。
っていうか、去年のクリスマス、来たじゃん?今年はやめてくれよ...。
と思うのと同時に、クライアントさんがいつまでしっかり気を確かに持っていられるのかがわからないので、できるだけ着てもらったほうがいいのかな、とも思うワタシである。

でも今はとっととウィニペグに帰ってほしい...。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-24 08:22 | 愚痴 | Comments(4)

集合

写真だけの記事になってた...。文章も入れたはずだったのに。ごめんなさい。

ということで、毎月恒例Live-inの集まり。今月は雇用主さん家族が旅行中でお家使い放題(?)のmaikoちゃん家でパジャマパーティー。
...単にお誕生日の人がいない月なだけなのだがw。

夏休み中だったワタシは集合時間より早くmaikoちゃんとこへ。
したら同じく休み中だったchieちゃんが既に来てたw。chieちゃんは先月日本に帰国してて不参加だったんだけど、今月からまた復活w。お酒に強い子(かわいい顔をしてchieちゃんはほんとに強い)が戻ってきてくれてうれしい飲んべなワタシであるw。

集まる日の前日、Facebookで連絡を取り合っていたのだが、

「ピザのデリバリーはいや」
という意見があり、じゃ〜なにがいいの?と質問したが返事がなかったので、

「もうピザじゃないもんならなんでもいいか。文句いわせね〜」
ということになり、結局
f0129786_74356100.jpg

お寿司。
f0129786_744077.jpg

野菜のほとんどはワタシが雇用主さんとこから盗んできて(?)chieちゃんがサラダにしてくれた。あ、キュウリは浅漬けにしてったけど、醤油が足りずあえなく失敗作だった...ごめんね。
f0129786_744457.jpg

あとはmaikoちゃんの近所の中華レストランのお肉たちw。
f0129786_744898.jpg

そしてやっぱりお料理上手なchieちゃんがぱぱっとスパゲティを作ってくれた(ぱぱっと作れるのがいいよね、こういうお嫁さんが欲しい)。
ほんで食べて飲んで(主にワタシとchieちゃんがw。ほかの人たちはほとんど飲まない、というか飲めない)しゃべって盛り上がる...のは毎回のことよねw。
そんなで夜は更けていったのだが、今回のメインは
f0129786_830933.jpg

日本でも大ヒットした映画「告白」。makoちゃんがナイトマーケットで格安でゲットしてきたのだ。

非常に質の高い、よくできた映画だな、というのがワタシの意見。本を読んだことのあるmaikoちゃんは「なんかすっごい血みどろすぎ」と言いながらも、やっぱり良かった、と言ってたので、相当作り込んである映画だと思う。
血がだめな人には薦めないが、ぜひ一度はチャレンジしてもらいたい作品だ。

金曜に集まったワタシたちだが、土曜に用事がある人たちは朝早くからめかしこんで出かけていったものの、ワタシとchieちゃんとmaikoちゃん、とくに用事もなく...。
そのまま起きた格好で、うだうだうだうだ過ごす。
そのうちyogaを終えてmakoちゃんが戻ってきてみんなで「都市伝説」なんか見てるし。
しかもこの日めっちゃ天気よかったのに(今日は大雨w)。

...ま、そんな時も必要w。
そんなこんなしてたらまたお夕飯の時間となり
f0129786_7441276.jpg


chieちゃんがまたしてもぱぱっと焼うどんを作ってくれたw。
いや〜やっぱりこういうお嫁さんが欲しいw。

あ〜たのしかったな〜。また遊びたいな(←働け〜〜)。
ほんとみんなありがと〜。これでワタシはまたしばらくがんばってこの環境で労働するわ。
[PR]
by who54211 | 2011-08-22 07:42 | 報告 | Comments(4)

遅延

さて、うちの雇用主さん達、今日の午後帰宅予定である。

...まだ終わってないんだけど、バスルームの改築。

昨日は結局10時近くまで左官屋がいて、今朝も朝7時半に来たからね...。

...あのさ、これ、ぜんぜん夏休みじゃないよね?
この上庭のみずまきまでしてるんだから、完全に仕事じゃん...。

去年の床の張り替えのときもそうだったけど、絶対こっちのこの手の業者、納期の期限が遅れるのだ。
遅れるなら遅れるでいいから、ちゃんと現状を雇用主さんに伝えて欲しいんだけど...。そしたら一日滞在のばしてくれるわけじゃん?そんな慌てて期日になってから根つめて仕事しなくていいわけでしょ??

うちはレストランとかそういうのを営んでるわけじゃない、普通の一軒家なんだからさ〜。

現在朝11時半、やっと終わったみたい...。
でもトイレの便器とシャワーヘッドとかを付けるのは義理の息子で、彼はいつくるんだ??

...やっぱりもう一日延ばしてもらえば良かったのに...。

ハウスキーパーさんも「バスルームに入れないんじゃ仕事にならない(バスルームの掃除のためにわざわざ雇用主さんは彼女を呼んだ)」って言ってるし。

もうほんと、こっちの人たちって自意識過剰っていうか、考えが甘いっていうか...w。

*=*=*=*=*=*=*
で、確かに左官屋の仕事は終わってたんだけど、キャビネットの棚は入ってない(つまりでっかい箱だけで使えない)し、シャワーも手すりもついてない。明日どうするつもりなんだろうか?

しかもランドリーシンク(普通のシンクではなくて洗濯や大きなものを洗う用のでっかいシンク)が入るはずのところがカウンターになってた...。ためしにカウンタートップが蓋になってるのかどうか動かそうとしたが、完全にカウンターになってるんだけど...。いいのか??

とりあえず重たいものを運べないハウスキーパーさん(なんせ73歳なんで)の代わりに、地下に一時保管してあったタオルとか引き出しに入ってた中身が入ってる箱だけ浴室に運び込んで、ワタシは退散。

...だって、家にいたら絶対なんだかんだ言って別荘からの荷物の荷解きとか浴室の整理とかやらされるに決まってる。ワタシ、明日で夏休み(名前だけだけど)終わりなんだから!!

ハウスキーパーさんに言ったら
「そうね、そのほうがいいわ。いってらっしゃい」

と笑顔でお見送りw。さすが雇用主さんとの付き合いが40年にわたるだけあって、よくご存知w。

で、とっとと家の抜け出して、現在図書館。これからmaikoちゃんとこに行って、今日はlive-inのお友達みんなでお泊り会であるw。

さて、そろそろ出発するかな。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-20 03:29 | 仕事 | Comments(0)