「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

帰国

といっても残念ながらワタシのことではない(泣)。

Nigelが無事に生まれた甥っ子くんを見に、イギリスへ今日旅立った。
今回はイギリスに置いてきた荷物も完全に処分して貸し倉庫を解約してくるらしい。
その代わり、今借りているアパートについている貸し倉庫を借りて、荷物を入れられるようにした。
そしてロンドンの元職場(今の職場の支店でもあるのだが)に寄って、オスカーと写真を撮ってくるのだそうなw。

生まれたばかりの甥っ子くんと、ちょうどNigelが帰国中に2歳になる姪っ子さんと、母の日のカードを作った。
f0129786_1691778.jpg


イギリスの母の日は3月末にあるのだそうだ。
いろいろ調べたのだが、カーネーションよりもケーキを贈ること多いらしい。5月の母の日と同様にこれも教会系統の行事が元になってるようである。
Wikipediaによれば、結構国に寄って母の日の日付が違うのね、びっくりだわ。

さて、2週間、ワタシはとにかく忙しくなりそうな予感である。
[PR]
by who54211 | 2014-03-30 16:20 | 人間 | Comments(0)

伝統

大晦日にそば、元旦に雑煮、節分に恵方巻き、もちろん昨日はちらし寿司を食べてくれたNigelだが、今日は

「Shorve Tuesdayだからパンケーキだ」

と言ってきたので、あぁ、そうですか、と晩御飯がパンケーキになったw。
明日はアッシュウェンズデーなので、前日である今日はイギリスではパンケーキを食べるんだそうな。
アメリカではマルディグラ(これはフランス語)で大騒ぎしてるイメージがあるのだが、明日からカトリックのみなさんはイースターまでの44日間、基本的に動物を食べないのだ。プロテスタントはあんまり食べ物のことは気にしないらしい。
ということで

f0129786_15354788.jpg


晩御飯らしくない晩御飯w。
しかもだな、彼の家ではこれを丸めて筒状にして、レモンを絞り、砂糖をかけて食べるのが風習だそうで・・・。

試してみると意外と美味しいw。
そして腹持ちする。
おそるべしパンケーキ!!
[PR]
by who54211 | 2014-03-05 15:35 | Comments(0)

評価

昨日は日曜だというのにイベント盛りだくさんの日だった。

朝からNigelのお仕事先に付き合い、その後カナックスのアウトドアゲームへ。
アウトドアといっても、オリンピックの開閉式で使われたBCプレースなので、屋根あるけどもw。
でもいつものロジャーズアリーナと違って外での催し物も多く、
f0129786_15533139.jpg


チームカナダ女子ホッケーチームも来てた。
f0129786_1554233.jpg

バンクーバーはカナックスとしてはまだスタンリーカップを手にしたことがないのだが、その前に存在したミリオネアではスタンリーカップを勝ち取ったことがあるのだ。今回はその復活戦みたいなもんで、選手はミリオネアのユニフォームを着て、対戦相手もその当時スタンリーカップを争ったオタワ・セネターズである。

なにがって満席のBCプレースにびっくり。
f0129786_1554412.jpg

こんなに人が入ってるのはオリンピック以来のはずw。
しかもだな、BCライオンズやWhiteCapsの試合のチケットの3倍以上の値段のチケットなのだよ。

ホッケー熱、熱すぎw。試合は残念ながら負けた・・・。

その後は、オスカーである。
なんたってNigelが手がけて長いこと冬眠してたGravityが特殊映像でノミネートされてるのだ。
去年は元同僚のお友達の手がけた作品が受賞、Nigelにとっては3度目の正直の作品(過去ハリーポッターシリーズでノミネートされたけど受賞を逃している)。

そして無事に受賞。
おめでとうNigel。
残念ながらロンドンで手がけた作品なのでバンクーバーの職場にはオスカー像は来ないんだそうなw。あ、もちろん去年のはかざってあるのだが。

でも4月に一時帰国したときに、写真を撮ってくるつもりでいるらしい。

その後音響効果賞の時にNigelが作った映像(消火器が暴れてるシーン)が流れて本人大騒ぎであるw。

そんなこんなでオスカーを見終わってから

「いつかあの舞台に立って『これはすべて君のおかげだ』とか言おうか?」

と聞いてきたのだが、そのために毎日深夜まで残業、、土日も仕事のようなハードスケジュールをこなしては欲しくないので遠慮しておいたw。

ミーハーだから一回くらいあのレッドカーペットを歩いてはみたいけど、そのために無理してもらっても嬉しくはないわ・・・。
授賞式に招待されるレベルの人はやはりかなりの量の仕事をこなす立場にあるようで、昨年の受賞作品のスーパーバイザーさんはほんとに鬼のように仕事していたらしい。
シビアな世界なのね・・・と思っていたのだが、

「あ、そういえばこのGravityのときはみんな(スーパーバイザーも含めて)6時にきたくしてたなぁ」

という。


・・・あ、なら頑張れw。(←ゲンキン)
[PR]
by who54211 | 2014-03-04 15:51 | 報告 | Comments(0)

輪廻

信心深い人間ではないのだが、死んだらまたいつか生まれ変わるものだと思っているほうである。

最近ワタシの周りはおめでたいことが多いのだ。バンクーバーのLiveーin仲間の二人が婚約に至り、Nigelの妹さんは間も無く出産、Nigelのお友達の奥さんが妊娠したのを聞いたのもSuperBowlの時だから一ヶ月も経ってない。そんで昨日はお掃除に行ってるクライアントさんから3人目妊娠中と聞いたのである。

季節の変わり目には、慶事忌事が多いのかもしれない。

そんななか、一昨日大学の同期からメールが来た。

別の同期の友人の旦那さんが亡くなったそうだ。

そのカップルは大学の先輩後輩カップルなので、旦那さんは30代後半のはず。3人のお子さんを残してさぞかし無念なことだろう。

そうこうしているうちにまた別の同期からfbで連絡が来て、お花を送るからもし一緒に送るなら連絡してほしいとのこと。
まとめ役をしていたのが彼女ではなかったので、まとめ役のまた別の同期から無事に贈りましたとメールが届いた。

そういえばこのまとめ役の子と最後に会ったのは、このカップルの結婚式だった。

不思議なもんだなぁと思う。

なんにせよ、生まれてくる命には祝福を、亡くなった命には冥福を祈る今日この頃である。
[PR]
by who54211 | 2014-03-02 15:22 | 人間 | Comments(2)