「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

社交

今週から産後鬱のグループセッションに参加することになった。
バンクーバー市内にもグループがあるのだが、一つはウェイトリストが長蛇の列で、もう一つはペアレンティングクラスと重なってしまうため、リッチモンドのグループに参加することになった。距離的にはあまり変わらないが、車がないと行きづらいところである。

ここではチャイルドマインダーが利用できるので、息子くんを初めて赤の他人に2時間(途中で授乳とおむつ替えはあったけど)預けてみた。

今日から参加がワタシを含めて3人でうち1人は生後8週間なので預けず、9ヶ月と前から参加している10ヶ月の子が預けられていた。

うちの息子くんはまだ人見知りをする月齢ではないのだが、いま成長期にまた差し掛かっていて、頻回授乳になってるのが気がかりだった。11時ごろちょうど授乳のタイミングでものすごい泣き声が聞こえてきたので、息子くんかと思って出たら、9ヶ月の子だった。
はじめのうちは新しい環境に興味津々で気にならなかったみたいだが、お母さんがいないことに気がついて泣き始めたらしい。
しばらくしてうちの息子くんはマインダーさんに抱かれて飄々とやってきた。おむつ替えが必要だったらしい。ついでに授乳してまたお願いする。

落ち着いたと思われた9ヶ月の子、再び大泣きしてお母さんのところへ。

そうこうしているうちに本日のセッション終了。

迎えに行くと、床でゴロンゴロン(寝返りしないが、横向きにはなるので)してる息子くん。

ワタシいなくても大丈夫なのね、母は若干複雑である。
その後車のライトバルブを交換してもらいにディーラーさんに行った時も、待合室にいたおねいさんに愛想を振りまく息子くん...。

家に戻ったら、愛想を外で振りまき過ぎたのか、ひたすら抱っこを求める息子くん...。ここでか!!とツッコミ入れつつ抱っこする。
やっぱり初めての場所で疲れていたらしい。その後寝てしまった。

セッションの方は、自分がどういう状況にあるのかをシェアして、それをファシリテーターの方がもう少し掘り下げて聞く、というもの。ディスカッションではなく、自分の中に閉じこめてる気持ちを吐露させるのが目的だ。
産後鬱は多かれ少なかれすべての出産後の女性は体験する。悪化するのは鬱の経歴がある人、鬱気質の人、物理的なサポートを得られにくい人らしい。

今後出産を控えている、考えている人は覚えておいて欲しい。産後鬱はだれにでも起こることであり、サポートがあることを。

9ヶ月の子のお母さんは今後この大泣きが続くのかと心配していたが、ファシリテーターさんは数回参加すると慣れて大丈夫になることがほとんどだそうだ。

うちの息子くんもいつかそういう人見知りをするんだろうか?ちょちょ怖いなと思いつつ、いま、誰でもいいという状況が少し哀しいともおもう


[PR]
by who54211 | 2016-01-27 12:59 | 人間 | Comments(0)

茶道

先週、Ms Brights 主催のお茶会にお呼ばれしてきた。

ワタシも大ファンのTea Lani、Mayumiさんのお茶にChieちゃんのスイーツという強力タッグのお茶会である。
f0129786_13514546.jpeg

美味しくないわけがない。加えてSayaさんのこの演出である。雰囲気もすごーく素敵。

今回は授乳中のママ3人に妊娠中のSayaさんのために、Mayumiさんが簡単にカフェインを抜く方法を教えてくださった。

「茶葉が浸るくらいのお湯を入れて、20秒抽出したらそれを捨てるか誰かにあげて、それ以降の茶葉はカフェインがほとんどなくなる」

のだそうだ。
市販されてるデカフェの紅茶は化学的にカフェインを抜いてるらしい。
こんなに簡単にカフェインが抜けるなら、お茶もっと楽しめるなー。

息子くんも綺麗な女性みんなに抱っこしてもらえてご満悦だったw。

そして日曜日はNigelの日本語の先生にお招きされて、お抹茶をいただきにいく。
さすがに和室ではなく、椅子に座ってだったけど、きちんとお作法に則って入れていただくお抹茶は、美味しかった。

その後息子くんへのカフェインの影響が気になったが、疲れていたのか、ぐっすり眠ってくれた。

いろんな文化を楽しめるのが、バンクーバーのいいところである

[PR]
by who54211 | 2016-01-26 13:48 | 報告 | Comments(0)

固形

今日はMOMの離乳食トークへ行ってきた。

ワタシ離乳食ってお粥のイメージが強かったのだが、カナダではシリアルから始める人が多い。母子教室で離乳食の講義もあったのだが、こっちの離乳食の進め方はかなり強引。

「6ヶ月過ぎると母乳の鉄分が不足するので、肉を早くから食べさせる」
だの
「授乳してたら、水分摂取は足りてるから余分にあげなくていい」
とか
「最初から2回食で」
極めつけは
「1歳までには普通食を食べられるように」

離乳食の知識のないワタシでも無理無理無理、と思ったくらいである。

うちの息子くんは最近はハイチェアでまっすぐ座れるようになってきたので、ごはんを食べる時は一緒に座らせている。よだれも増えてきてるし、食事に限らず、モノを食べたり飲んだりしてると気になるのか、じーっと見てることが増えてきたので、来月くらいから離乳食を始めようかなと思っている。

MOMのミシェルさんの離乳食の進め方は
「あぁ、これならできそう」
と言うものだった。2歳まではとにかくバラエティに富んだ食材で、穀物から始めて、イモ類、野菜、魚、肉と段階を追っていく。

鉄分のことも聞いてみたら

「お母さんがしっかり鉄分取ってたら、母乳の鉄分が不足することはない。ただ生理が戻ってきたら気をつけて(そんなものの存在すら忘れつつあったが)」

とのことだった。なーんだ、そうなのね。でも一応お粥の次は鉄分が強化されてるシリアルをあげようと思ってるけど。

とにかく食事は食事ということを覚えさせることと、無理強いして食べさせないように気をつけることが大事なんだそうで、一回ダメでも間を置いてまたあげてみたら食べたりもするらしい。

ワタシは小さいころピーマンが苦手だったのだが概ね好き嫌いなく食べられたが、Nigelは相当偏食だったらしい。息子くんはどっちだろうか??

とにもかくにもそろそろ準備をしないといけないことだったので、いいお勉強になった。



[PR]
by who54211 | 2016-01-22 13:44 | 関心 | Comments(0)

延長

息子くんは、今日で満5ヶ月になった。

寝返りは半分から進まず、極稀にうつ伏せから寝返り返りするけど、ほんとに稀(Nigel見たことがない)。うつ伏せにしたら、腕をまっすぐ伸ばすようになり、どうも寝返りするよりも前に進みたい様子。

座るのはほんの一瞬だが出来るようになり、ハイチェアで座ってても安定してきた。ワタシたちと同じテーブルにつけて嬉しいのか、座らせるとハイテンションになる。そして勢い余って傾くw。

4ヶ月後半に入り、お昼寝の入眠がスムーズになり、1時間以上寝る日が増えてきた。特に朝。特に運動量が極端に増えたとも思えないが、ありがたいことだ。

年明けからベビーバスを卒業し、一緒にバスタブに入るようにしたら、広いのと一緒に入るのが嬉しいのか、ニコニコしてバシャバシャと泳いでいる。スイミングの時もそうだが、顔に水がかかっても気にならないらしい。
楽しそうなのでワタシはついつい長湯させがちにw。
Nigelは親子で風呂に入る習慣のない家庭で育ったものの、週末はちゃんと息子くんとお風呂に入ってくれてる。

裸の付き合いは日本人の文化だから大事にしてもらわねば、とお願いしたのだが、Nigelも楽しそうなので良かった。

今日はお祝いで
f0129786_12525120.jpeg
f0129786_12530916.jpeg

Minamiでランチ。当の本人、熟睡してたけどw。というか息子くんをダシに食べただけであるw。

5ヶ月もよく頑張ってくれたな、と母は感謝している。今後どうなるかは、息子くん次第だが、息子くんらしく大きくなってくれればいい。

[PR]
by who54211 | 2016-01-21 12:41 | 人間 | Comments(0)

年月

今日は3年目の記念日でChamberで親子ランチ。
f0129786_12090976.jpeg
f0129786_12093147.jpeg
f0129786_12095016.jpg
贅沢にダインアウトコースを頼んだ。ここはいつも満足させてくれる良いレストランの一つである。

記念日のお祝いの前にファイナンシャルプランナーのYasuyoさんにお会いして、息子くんの生命保険の契約をしてきた。
これは生命保険というよりもむしろ積み立てで、20年保険料払えばその後も資金が増えていくタイプのものである。もちろん息子くんに万一のことがあればお金がもらえるのだが、そんなことはないように祈るのみ。20年後に息子くんが使い道を考えればいいシロモノである。
同じものにワタシもNigelも加入しているが、大人と違って子供の保険契約はシンプルで質問事項も少なかった。

そんなYasuyoさんを講師にお招きして行われたMs Brightsのファイナンシャルセミナーに火曜日子連れ参加。
ワタシはNigelと一緒に一通り説明された内容なんだが、英語だったので、日本語でもっと詳しく説明してもらい、うやむやだったところがクリアになって良かった。
そのセミナーも楽しみだったが、もう一つのお楽しみは
f0129786_12180064.jpeg
話題のRyuu Japanese Kitchenのスペシャルランチと
f0129786_12184559.jpeg
ベーキングクラス講師、Chieちゃんのスペシャルスイーツ(洋ナシのムース)と写真撮り忘れたけどTea Lani のMayumiさんのお茶。
もうどれもこれも美味しくいただいた。このレストランのマネージャーのMakikoさんのプロフェッショナルなサービングも素敵だった。

このセミナー、多岐にわたりカナダでの資金運用について日本語で詳しく説明してくれるので、また次も参加したいな。


3年目
[PR]
by who54211 | 2016-01-15 12:07 | 報告 | Comments(0)

久々

日曜日、7月以来行ってなかったTsutomuさんの指圧へやっとこさ行けた。

行きたい行きたいと思っていたのに、なんだかんだと予定が合わず、以前のように空いた時間にフラッとお願いすることができなくなったため、随分と間が空いてしまった。

タイミングって重要だと思う。

で、それこそ一年以上ぶりにうつ伏せでガッツリ指圧を受けてきたのだが...。

「別人のように硬くなってます」

と言われた。

そりゃー8キロ近くある乳児毎日抱えてたら、身体も凝るよなぁ。しかも運動不足だし。

「肩はひどいけど腰はそうでもない」

と言われたのが唯一の救いか?

運動不足解消も兼ねて、最近は息子くんをエルゴに入れて夕方お散歩している。ストローラーでもいいんだけど、まだ仰向けでストローラーに乗る息子くんはあんまり景色が見えないので、前向き抱っこでエルゴに入ってもらう方がワタシは好き。

「ちょっと明日ダルくなるかもしれません」

と言われるほどひどかったのだが、そんなこともなく、息子くんを抱っこすることができた。

また定期的に行かないとな。

[PR]
by who54211 | 2016-01-14 13:12 | 報告 | Comments(0)

今更

4ヶ月に入ったあたりから、困ってることの一つを医者に相談しようしようと思ってたのに、こないだの健診の時聞きそびれてしまった。

それは乳頭の痛み。

うちの息子くんは、なぜかワタシの左側の乳首を噛むことが多くて、歯がないとはいえ、噛まれると相当痛いのだが、それはその時だけ。歯が生えてるとそれで血豆になったり切れたりすることもあるらしい。
で、最初はそのせいだと思ってたのだが、噛まれてなくても授乳中痛くなり、そして何かあたると痛くなるようになった。

パッと見た目は血も出てないし、腫れてもいない。
痛みが右側に移ったり、息子くんが口の中を痛がってる様子もないので、感染するものじゃなさそうだ。

で、よくよく見ると痛む部分にマメのようなものができてた。吸いだこみたいなもんなのかは謎だが、原因ふめいでできたものが痛いようだ。

ドラッグストアで

f0129786_10063327.jpg
ラノリン軟膏を買ってきた。日本では馬油も使えるが、こっちでワタシは馬油を見たことがない。ラノリンは羊の脂である。
一か八かで塗ってたら、1-2日で痛みが治まってきた。やはりマメだったようだ。

しかしもう5ヶ月になろうっていう時期におっぱいで悩まされるとは思わなかった。悪化する前に気がついて良かった。早く治りますように。

[PR]
by who54211 | 2016-01-12 10:06 | 報告 | Comments(0)

水泳

...と呼べるシロモノではなかったがw。

今日から息子くんはスイミングに通い始めた。
お風呂が大好きで、3ヶ月過ぎた頃からベビーバスの中でバシャバシャやり始めたので、4ヶ月になったらすぐプールだ!と思っていた。

本当は家にもうちょっと近いところにある大きい新しいところに行くつもりだったのだが、やはり人気があるらしく、1月からのクラスは満席。2月からのには申し込んだが、少し遠いとこで1月からのクラスに空きがあったので、そこにも申し込んだのだ。
ここのクラスは土曜日なので、Nigelも行ける。

息子くんにはクリスマスにプール用のオムツをあげたので、それで行こうと思っていたのだが、念のため、プール経験者のMaikoちゃんに赤ちゃんの水着のことを聞いたら、スイミング用のオムツに水着を上から着せてた、とのこと。ネットで調べたら、体温維持のために赤ちゃんは全身スーツタイプの水着が推奨されているらしい。

なので、一応、水着に見えるオムツももう一着買い、夏の外プール用の紫外線対策水遊びシャツを着せて息子くんには参加してもらったのだが...。

普通にプール用のオムツだけの参加者2名。
慣れてきたらオムツだけでもいいかもしれん。

赤ちゃんのスイミングクラスは「スターフィッシュ」と呼ばれる。ヒトデである。

言い得て妙な表現だなーと思う。

参加者の赤ん坊はほぼ動かず、お父さんかお母さんにぴったりくっついてるだけなのだ。
このクラスの目的は、赤ちゃんに水に慣れてもらうことなので、親が一生懸命動いて、うまくいったら赤ちゃんも親のマネするかも?!程度のものである。

うちの息子くんは毎日お風呂に入ってるし、水は怖くないらしく、顔に水がかかっても、目に入っても、「だから??」って顔をしていたw。

うちは心配だったので、Nigelもワタシも一緒に入ったが、一人、ママっ子と思われる男の子は、お父さんと入ってて、ギャン泣き。何度もプールサイドのお母さんに抱っこされてなだめられて戻ってくるも、すぐ泣いちゃってギブアップした。後で「うちは心配だったから2人して入った」と言ったら「この子ママっ子なの。来週は私が入るつもり」と言ってた。子供もイロイロだね。

たださすがに疲れたのか、帰りの車で爆睡。授乳時間がずれ込んでしまって脱水しないか心配だったが、その後も元気だったので大丈夫だったらしい。

機嫌も良かったし、きっとプール好きなのね。早く泳げるようになるといいな。

[PR]
by who54211 | 2016-01-10 14:15 | 人間 | Comments(0)

代替

f0129786_13255119.jpeg
一月七日なので七草粥を作った。
もちろん、カナダには七草セットなどないので、どうしたものかと悩んでいたのだが、結構違うもので七草の代用品でお粥を作ってる人もいるので、作りたいとNigelに言ったら、興味があったらしく、北米で見つけられる近い野菜を教えてくれた。

大根(すずしろ)とカブ(すずな)は問題なく見つかるので残りの5つ。
サラダによく入ってるArugulaとRapini、パセリ、ケール、そして水菜が代用品になるらしい。

で、他にも買い物をしたかったので韓国系スーパーに行ったところ、ArugulaとRapiniは見つからず。
まぁいいや、代わりに白菜とニラでw。

で、大根とカブは
f0129786_13390871.jpeg
親子にしか見えない代物だったが、切ったらやっぱり違った。丸いカブが見つからなかったのだ。
お米を朝から水に浸けておいて、根菜だけ軽く茹でておいて、他の野菜は細かく刻む。
お米を昆布と一緒に煮始めて、沸騰したら昆布を出して、お米が柔らかくなったら野菜を加え、お粥になったところで切ったお餅を加えて火を止める。
そのあと塩で味付け。

大してご馳走を食べ続けたわけでもないが、お粥は身体に優しく染み込んでいいな。

[PR]
by who54211 | 2016-01-08 13:25 | 報告 | Comments(0)

寒冷

年末年始お天気だったバンクーバー。
そのおかげで珍しく初日の出を拝むことができたのだが、晴天=冷え込むわけで、Nigelの仕事始めの月曜日には雪まで降った。

そんなNigelのお休み最終日、3人で

「夕陽を見よう」

とジェリコビーチにお散歩。途中で息子くんが眠くなってしまったので、夕陽は諦めたのだが、代わりに

f0129786_13253324.jpeg
蟹漁をしてる人達に遭遇し
f0129786_13262564.jpeg
池の上でホッケーをする人達を発見した。
バンクーバーは氷点下が続くことが少ないので、氷は張っても分厚くならないから、危ないのだが...。

今日は比較的あったかくなった。でもまた晴れるから冷え込むのかな?
晴れるとお出かけが楽になっていいな。



[PR]
by who54211 | 2016-01-07 13:19 | 報告 | Comments(0)