「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

訓練

さて生後半年になって別室で眠るようになった息子くん。
寝入り端の眠りは順調なものの、同室の頃からその傾向があったのだが、明け方の眠りが浅く、4-5時に頻回に起きるようになった。ワタシもNigelもこれには困ってしまい、ネントレに踏み切った。念のため保健師さんにも相談し、詳しい方法をおさらいしてもらう。

こっちで推奨してるやり方は泣き始めたら
①10分なだめて(おしゃぶりと「シー」、抱っこ厳禁)2分退室。
②10分なだめて4分退室
③10分なだめて6分退室
④10分なだめて8分退室
⑤10分なだめて10分退室
以降⑤を繰り返す。夜は眠るまで、昼寝は③(40分)まで。

授乳スケジュールはほぼ3-4時間空いてるし、昼夜の区別はしっかりついてる。昼寝だけは不定期だが、就眠時の儀式も入浴、授乳でほぼ寝てるので、そのままにして、まずは夜、泣いて起きた時に抱き上げるのをやめて、
頭を撫でながら「君は眠れる。大丈夫だよ」とくりかえし教えることにした。

初日、夜11時少し前に泣き始めた息子くん。まずは寝言泣きでないことを確認(数分様子観察)して頭ナデナデしてみる。

...これ、泣き止むのか?と思うほどのギャン泣き。

その後も泣き続ける息子くん。

生後間もなく昼寝ですごく悩んだときは、この泣き声で鬱になったのだが、今回意外と平気で、ひたすらナデナデ、退室を繰り返す。どんなに息子くんがワタシを掴もうとしても身をかわして(鬼母)、ひたすらナデナデ。そのうち息子くん、身体を時計の針のごとく回転し始めるので、若干直しつつ、でも抱っこせず。

そうこうしてるうちに、寝た。およそ1時間。
で、そのあとは4時(授乳)まで熟睡していた。5時に寝言泣きしたものの、6時まで眠ってた。

二日目、2時過ぎに泣いたのでそのタイミングで授乳、5時に泣き始めたけど頭ナデナデですぐ眠る。6時前に完全に起床してしまったけど。

そして今夜からは授乳寝落ちをさせず、お風呂、縦抱っこ授乳で起こしておいて、クリブに入れてから読み聞かせをし、まだ眠ってなかったので、頭ナデナデ。泣くこともなく、3分で寝た。現在(22:45)まで寝言泣きもなし。

NaomiちゃんがFBに夜の睡眠サイクルはネントレでも矯正されない、むしろ遺伝子の影響が強いという面白い記事を載せていたのが、うちの息子くんには効果があったようだ。

しかしだな、昼寝もネントレしてるものの、相変わらず昼寝はしてくれないか、しても短時間で起きてしまう。その記事によると昼寝は遺伝子よりも環境因子による影響が大きいらしい。

...ってことはワタシのせい??ショック。動き始めたら昼寝もしてくれるかな。頑張れ、息子くん!!


[PR]
by who54211 | 2016-02-27 15:25 | 報告 | Comments(0)

試作

Chieちゃんに教わったパンのレシピの応用でマルチグレインの強力粉でシナモンロールを作ってみたのだが、うまくいかなかったと以前記事にしたのだが、いろいろ試していたらいい感じで焼けるようになってきた。
f0129786_13294156.jpeg
クリームチーズ入りくるみパン。息子くんのおふろとかぶって若干焼きすぎたが、美味しかった。

マルチグレインや全粒粉のパンは、普通の精白された小麦粉とは違うレシピで作る人も多いのだが、ワタシはChieちゃんのレシピに添って、混ぜる時にまとまるまで粉を足すことでうまく膨らむようになったのだ。

グルテンの量が足らなかったのかなぁ。

最近パンを焼いているのは、息子くんに手作りパンで離乳食を作ってあげたかったからだ。まぁ息子くんは白パンからだけど、ワタシとNigelは体のためにできるだけ精白してないものを摂取するようにしている。玄米クリームはうまくいってるので、来週あたりパン粥あげてみようかな?

息子くんをおんぶしながらパンを捏ねてたら、息子くんは背中で笑いながら、半分寝てた...。パン作りが眠りを誘うのは分かるが、笑いも誘ったんだろうか?





[PR]
by who54211 | 2016-02-24 13:27 | 趣味 | Comments(0)

別室 baby

生後半年でやりたかったことその弐。
それは
f0129786_12540771.jpeg

息子くんに自分の部屋で眠ってもらうことである。

日本人のワタシは、赤ちゃんと一緒に眠るのがちょっとした楽しみだったのだが、Nigelがどうしてもそれを受け入れてくれなかったので、諦めて、息子くんはバシネット→ベビーベッドで同じ部屋で寝ていた。
同じ部屋で寝るのも彼にとってはかなり抵抗があったらしい。でもワタシが息子くんの部屋で寝るのも嫌だったらしく(その場合ワタシはエアマットだったから、よく眠れないだろうと気を使って反対してたのだ)、乳児突然死症候群のリスクが高い生後6ヶ月までは、親子3人同室で寝ていたのである。

今になって思えば、添い寝せずに来たので、息子くんは昼寝はともかく夜はベビーベッドでしっかり眠るのが習慣になってくれたから、良かったのかもしれない。最近は欧米でも添い寝するおかあさんが増えているらしいのだが、辞めるタイミングが難しいのだそうだ。子供の方が一緒じゃないと寝付けなくなってしまい、自分の部屋で寝かしつけても、夜中に起きて両親のベッドに潜り込むことも多いらしい。もちろん添い寝してなくてもそういう子はいるんだろうけど。

まだ夜間授乳があるし、時折目を覚まして泣いたりするので、ワタシが動くことには変わりないのだが、少なくともNigelに気兼ねしてすぐ抱っこしてなんとかしなきゃ、と焦らずに済むようになるのは嬉しい。Nigelが起きてる時間ならともかく、寝てる間はやっぱり寝ててもらいたいので、なるべくうるさくさせないように、させないようにとしてて、息子くんに1人でまた寝付く練習をさせられずにいたのだ。

一昨日くらいからずっと「日曜日から自分の部屋で1人で寝ようね」と言い聞かせて、ちょっと心配しながら寝かせてみたところ、アッサリ授乳で寝落ちw。

今の所順調に眠っている。このまま朝まで、とは言わないけどいつもと同じくらい寝てくれるといいな。





大声コンテスト
[PR]
by who54211 | 2016-02-22 12:52 | 報告 | Comments(0)

半年

息子くんは今日無事に6ヶ月になった。

6ヶ月になったらやろうと決めていたことの一つが離乳食である。
割と座るのが早かったし、ごはんに興味を示していたので、もうちょっと早めに始めても良かったとは思うのだが、ワタシの中で迷っていたことがあって、今日から始めることにした。

それは玄米である。

離乳食はこっちでもライスシリアル、つまりお米から始めるのが一般的なのだが、白米にするか玄米にするかで悩んでいたのだ。

以前マクロビシェフのAkoさんに相談したら、「玄米クリームから始めたらいい」ということだった。でもいろんなところで玄米は乳児には向かないだの何だのという情報も入ってくる。それで悩んでいた。

はなちゃんのみそ汁で有名なはなちゃんは離乳食から玄米だったっていうし、ワタシも出産直後はさすがに白米にしてたけど、基本的には玄米か雑穀で食べてるので、とりあえずやってみることにした。

Akoさんにももう一度相談して、いろいろアドバイスしていただき、ネットで「病後回復に」という名目であげている玄米重湯からあげてみることにした。
玄米を洗って乾かして(本当は天日干しが良い)、きつね色になるまでから炒りし、10倍のお水でコトコト1時間煮る。

f0129786_13473599.jpeg
と、こうなる。
重湯はこの上澄みで
f0129786_13494302.jpeg
玄米の香りがしっかり出てるものだ。味見をしたワタシもNigelも白米のお粥より美味しい、と思った。
とりあえず今日はこの重湯だけをあげたのだが、まだうまく飲み込めないからスプーン入れた瞬間は変な顔をするけど、飲み込んだ後は美味しそうにしている。
その後特に変な反応も出てない。お腹も張ってないし、元気なのだ。明日からは玄米クリームにしようと思う。

玄米クリームはできた玄米のお粥をすり潰して濾したものだ。玄米のネックはその繊維の多さなのだが、これで繊維から来る胃腸への負担はだいぶ軽くなるはずである。しかも美味しかった。繊維の多い残り物はワタシが朝ごはんにするから、一石二鳥。

これでうまくいってくれるよう祈ろう。ちなみにライスシリアルも玄米のものである。

しかし6ヶ月もよく生きてきてくれたもんだ。そのままたくましく育てよ、息子くん!!




アロマベビーマッサージ
[PR]
by who54211 | 2016-02-21 13:37 | 人間 | Comments(0)

宝物

たくさんのお誕生日メッセージをもらった。
毎日息子くんにべったりで、息子くんの成長を楽しんでいる分、自分の時は止まってる気分だったのだが、時間はみんなに平等に与えられているわけで、また一つ歳を無事に重ねた。

ワタシの日本の家族にお祝いしてもらったのはいつだったろう??Nigelと付き合い始めてから、Nigelはもちろん、Nigelのイギリスの家族からも毎年お祝いをいただくようになった。
今年は
f0129786_13213574.jpeg
これらが届いた。ありがたいことだ。

息子くんが初めての誕生日だったが、もちろん息子くんは理解してるのかどうかわからないけど、そこにいてくれることが、ありがたいというものである。

誕生日だけでなく、いつもワタシを支えてくれる人がたくさんいてくれてありがたいなーと思う。大切な存在は人生に潤いを与えてくれる。人生がこれからもみずみずしくありますように。


[PR]
by who54211 | 2016-02-12 13:13 | 報告 | Comments(0)

腕力

毎度お馴染みのChieちゃんのベーキングクラス、今年からはパン!
初回はシナモンロールである。

ワタシはケアギバーしてた時、食パンを手作りする家で働いていたのだが、そこはこねる工程をブレッドメーカーでやってたので、基本的に材料入れちゃうだけで良かった(成形はしたけど)のだが、Chieちゃんはよく手ごねでパンを焼いている。このクラスももちろん手ごねでの作成である。

とにかく15分捏ねて捏ねて捏ねまくる。2人一組なので交代しながらコネコネ。Chieちゃんは休まず1人でひたすらコネコネ。二の腕が締まるはずである。

パンは発酵させるので、その間にパン焼き基礎講座。
今までなーんにも考えずにパンを焼いてたが(仕事の一つだったので)、工程一つ一つにやっぱり意味があるのね。

で、二次発酵の間にお待ちかねのお茶タイム!!キッチンRyuuでml出してるなめらかプリン!
Chieちゃんの旦那様、Kenjiさんがバケツで食べたいというくらい大絶賛のシロモノ。お茶をSayaさんが入れてる間にみんな食べ終わるというw。

そうこうしてるといい匂いが...。

ジャーン!!完成!!
f0129786_02350709.jpeg
パンは焼きたてが一番!ということでChieちゃんが焼いたものを試食(自分のは持って帰る)。美味しかった!!

家ではアイシングをタップリ塗りたくってみた。
f0129786_02354015.jpeg
Nigel、ご満悦だったw。

そしてまた家でチャレンジしたのだが、マルチグレインの粉を使ったら、どうもうまくまとまらず、膨らんだけど、焼いたらペシャンコになってしまった。

小麦粉以外のものが入ってるからかなぁ??まぁいいや、またやってみよう。そのうちうまくいくだろう。

今月はちぎりパンだって。それもたのしみだわ

[PR]
by who54211 | 2016-02-06 14:05 | 趣味 | Comments(0)