「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

決断

新居探しを始めたばかりだったのだが、お友達で息子くんのリトミックの先生でもあるRisaさんが「私が買ったところ、まだ3ベッドルームが残ってたはず」と教えてくださったので、その日にメールして、翌日プレゼンセンターに行ったところ...。

まさかのクローズ!!

そこで不動産屋さんのBradさんにも連絡し、改めて土曜日にプレゼンセンターへ大雨の中赴いた。

どのお部屋もキッチン、ダイニングリビングの作りは似ているらしい。広さも今使ってる家具をそのまま持っていける。3ベッドルームはトイレも二つあるし、ウォークインクローゼットも二部屋についている。
ワタシたちが行った時点で3ベッドルームは二つ残っていた。部屋の真下が駐車場の入り口だったので、3階の部屋を希望。
問題は手付金である。

Nigelのロンドンのコンドは契約締結したのだが、お金の振込そのものは6月半ば以降。つまりそれまでワタシたちの手元にはまとまったお金がない。でも契約時点で価格の5%を支払わないと契約成立にならない。

プレゼンセンターのTaraさんに事情を説明し、手付金をどうにかずらして納金できないか?と交渉するも、やはりそれはできないと。

そこは百戦錬磨のBradさん。ワタシたちが気に入った物件を一時ホールドしてもらって、金策も含めた計画を練るための時間をTaraさんに作ってもらった。

その脚で建築現場を見に行き、ますます夢広がるワタシ。Nigelも試しにそこから会社へ行ってみる。

通勤には問題ないようだった。

その夜、Bradさんからメールがあり、ワタシたちが去った後、他にも同じ場所を買いたい、と言う人が現れた、とのこと。これはもう時間勝負になる。

Nigelとどうやってお金を工面するか話し合い、果てはキャッシュローンをするか?なんて話まで飛び出す始末。

とりあえず、昨日の朝まで悩み、プレゼンセンターに行く前にもう一度Bradさんと相談。
5%は無理だが2%ならセービングから工面できる。ただ、そのお金をトランスファーするのに1週間弱かかる。
普通は契約を交わし、7日間は小切手を現金化しないということなので、その期間の間にトランスファーを完了させる、ということをトライする。
後はTaraさんに2%で後々支払う手付金で3%を埋め合わすという条件を飲んでもらうしかない。

交渉術に長けたBradさんは、うちの息子くんを引き合いに出すなどしてTaraさんを説得してくださり、その後ワタシたちだけでプレゼンセンターへ向かう。開店前だったので、近所を散策ついでにブランチ。
オープンと同時にTaraさんと掛け合い、契約書類を作成。この時点でファイナンシャルプランナーのYasuyoさんにも連絡し、セービングからのお金のトランスファーをお願いする。
この時点ではまだ完全ではなく、今日、建築事務所の方がその条件でOKということでサインしてくださり、購入手続きに入った!!

やった!!これで来年には新しい家で暮らせる!!

Nigelはこの物件しか見てないので、ほかと比べてないから、若干不安も不満もあるようだが、Bradさんに言わせても新築でこの値段ではこれだけ不動産の値段がつり上がりっぱなしのバンクーバーエリアではもう絶対に出ない、という言葉に後押しされたようだ。

夢がひとつまた叶った。
いいご縁に感謝!!


[PR]
by who54211 | 2016-05-30 13:52 | 報告 | Comments(0)

探索

Chieriさんの旦那様、不動産屋さんのBradさんにお願いして新居を探し始めたワタシたち。
いくつか候補をメールしていただいて、条件のいいところから、「見たい」とお願いして今日はその初日。

4件の物件を見に行った。
「現地集合でもいいですよ」と言われたが、慣れないところを運転するのも気が引けたので、お迎えに来ていただいた。
Chieriさんのところにも赤ちゃんがいるので、カーシートもちゃんと設置済み。しかもBradさんが毎回息子くんを乗降させてくれて、助かった。重いのにもうしわ
うちの息子くんは、車が動いてる間は割と機嫌良く過ごしてくれて助かった。

まずはNigelが「ここいいなぁ」と言っていたポートムーディのタウンハウス。
幹線道路から一本入った静かなエリア。敷地内にプレイグラウンドもあった。
メインフロアは改装済みだったが、ベッドルームエリアはやっぱり作りも古く、クローゼットがない。
窓も一枚窓なので、冬、雪の降るこのエリア、電気代が恐ろしい。

二件目はバーナビーのタウンハウス。
ウッドデッキのパティオは魅力的だったが、ベッドルームエリアの作りがワタシ好みではなかった。ここもメインフロアとバスルームだけ改装済み。公園も目の前にあり、バス停も近い。頑張ればスカイトレイン駅まで歩ける距離。

三件目は同じエリアの別のタウンハウス。
個人的にはここが広さといい、作りといい、ワタシは気に入った。すぐそばに小学校があり、とても安全なエリア。お買い物には車がいる。
すべてのフロアが改装済みなうえ、広〜いストレージもあった。

四件目は割と新しいビルのバンクーバー市内のコンド。
やっぱり郊外のものと比べると、新しいこともあり、狭い。でも立地は徒歩圏内でなんでもできる。何よりもNigelの通勤時間は今と変わらない!!
デンと呼ばれる小さな部屋を改装したらベッドルームにできなくもない感じ。
週末にオープンハウスがあるというので、Nigelにも見てもらおうと思っている。

いろいろ見てるとやっぱり長短いろいろ。Nigelと話し合ってもう少し条件を絞り込んで、いいところ見つけよう。

[PR]
by who54211 | 2016-05-26 11:34 | 報告 | Comments(0)

立位

息子くんが無事に9ヶ月になった。
相変わらずハイハイしないのだが、立ちたいらしく、寝かせたり、座らせたりすると、「抱っこして立たせろ〜」と騒ぐ。
両手を上げて、抱っこをねだるのだ。自らは立とうとしないのはオオモノの証拠か?!
立ってるとしばらく保持できるようになり、つたい歩きもし始めたので、歩行器欲しいな、と思って検索中である。多分、ハイハイぶっ飛ばして歩く子なんだと思う。
立ってる方が好きなので、最近はよくおでこから転ぶ。抱っこしててもバランス崩してデコから行く。まぁ高いとこから落ちてないからいいか。

最近は拍手、パチパチパンチ(というか、ゴリラ??)、ETとゲイ達者になり、言葉も「ダダ」に加えて「ババ」というようになった。いつか「ジャイアント」と付け加えてやろうと思う今日この頃。

全身プニプニなのは、幸せtp夢がギッシリ詰まってるからだ、と前向きに考え、離乳食もしっかり食べてもらっている。もう三回食にしてもいいんだろうけど、日本から帰国するまでは、ちょっと面倒なので、二回のままdr行く予定である。

最初の歯が出てきた時はそうでもなかったのだが、今、上から4本一気に出てき始めてて気になるらしく、夜起きることが増えた。でも昼間は機嫌よく過ごしてくれてるし、お昼寝もするようになったので、ずいぶん楽になった。

本当に順調に育ってくれて嬉しい限りである。

ワタシの鬱の方もだいぶ良くなったのだが、旅行前に不安が増えるので、念のため薬を少し増やしてもらい、様子を見ることにした。ワタシは両親のことがずっと怖くて仕方がないのだ。もちろん感謝してるし、大切な人であることに変わりはないのだけど、どうも萎縮してしまって、うまく自分のことを表現できないまま37年経過してしまっている。

多分、この旅行さえ乗り切ったら、大丈夫になるような気がする。

息子くんはもうじき旅行なのに現在鼻垂れ小僧。
何が何でも治してもらわなきゃいけないので、鼻水吸うチューブを今更購入。嫌われながら、鼻水を吸う毎日であるw。




転機
[PR]
by who54211 | 2016-05-21 13:20 | 人間 | Comments(0)

爪先

日曜日、Miaさん主催のEnaさんによるネイル教室に参加。

Miaさんの素敵なお部屋で和気あいあいとしたクラスだった。
Enaさんは10年のキャリアのあるネイリスト。この日も
f0129786_13112254.jpeg

こーんな素敵なサンプルを作ってきてくださった。

ワタシ、一時期ジェルを定期的にやってもらったりしてたのだが、合わないのか、すぐ取れてしまうことが多くて、やめてしまった。
それからは、結婚式なんかがあるときにサロンで単色で塗ってもらい、自分でシール貼ったりしてデコレーションしたりしていた。

Enaさん曰く、こちらのサロンで一般的に行われる甘皮切りは、あまりオススメしないらしい。それよりも入浴時に甘皮を押し上げる方が良いらしい。(実践中)
ケア用のオイルはできれば気づいた時にマメに行うと良いのだそうだ。

さて、ワタシはネイルカラーよりもケアの方が興味があったのだが、やっぱりこーんな素敵な見本を見たらやる気がメラメラ。

で、Enaさんに聞きつつ、挑戦してみた。
難しいと思ってたドットや、サランラップを使ったマーブル模様の作り方はコツさえつかめば意外とイケることが分かり、ちょっと今後もやってみようと思う。

でもたまにはサロンで贅沢もしたいな。
Enaさんの施術も受けてみたいなー。

素敵なお部屋で素敵な方々とたくさんおしゃべりしながらのクラスは本当に楽しかった。またさんかしたいな





[PR]
by who54211 | 2016-05-19 13:06 | 趣味 | Comments(0)

外見

週一の母子教室で、ワタシが参加している産後うつのサポートグループからゲストスピーカーがやってきた。

ワタシは初めて母子教室、この人が来たクラスだったな。
今回は2度目だし、最近調子も良いので、産後うつと診断されたこと、薬を飲んでることだけ伝えて、今はだいぶ良くなったと言った。

もうじき9ヶ月になる息子くんは、クラスでもう一番歳上になる。
他のお母さんたちの話を聞きながら、「あぁ、そういう時期もあったなぁ」と少し振り返ってみたりした。
息子くんは、ほぼスケジュールが決まっており、あんなに悩んだお昼寝も割ときちんとしてくれるようになった。
離乳食もまた最近完食するようになった。
歯が生えてくるから、最近ちょっと夜は頻繁に起きるけど、なんとか頑張れる回数だ。
まだ息子くんは動かないから、そういう意味では今が一番楽かもしれない。そういう余裕がやっとできたように思う。

クラスが終わった後、前回のタームから参加し始めた5ヶ月半の女の子がいるお母さんから

「あなたは私から見たら『完璧な母』だと思ってたけど、鬱だったのね。打ち明けてくれて嬉しかった」

と言われた。

彼女は息子くんがネンネの頃を知らないからというのもあるだろう。息子くんは3ヶ月頃からよく笑い、社交性豊かに愛想を振りまいているので、常に「Happy Baby」とよく言われる。成長も著しいしなw。母子教室も長いので、ある程度ワタシも息子くんの行動パターンがよめて、あやすのも慣れたというのもあるのだろう。

それにしても「Perfect Picture Family」と言われたのは初めてだった。そう見えることもあるんだね。




月月火水木金金
[PR]
by who54211 | 2016-05-14 12:20 | 人間 | Comments(0)

毛布

以前紹介したSayaさんに作っていただいたブランケットホルダー。

想像以上にお役立ちである。
暑くなってきたバンクーバーだが、日陰に入ると極寒だったりするので、夏でもブランケットは携帯してることが多い。
ブランケットは息子くんにかける以外にも
f0129786_13340915.jpeg
f0129786_13343222.jpeg
こうやって日除け(というか暗幕だな)としても大活躍である。Sayaさんにいただいたブランケットホルダーは長さがあるので、ストローラーの持ち手に引っ掛けて、ストローラーの傘の上からなら日除け、
f0129786_13390508.jpeg
下からなら息子くんにかけてあげられる。そして落とす心配がない。

いや〜、わがまま言ってみるもんだ。

出産後もゆとりがあったら是非またお願いしたい。でもまずは養生してもらって、二人のペースえお確保してもらおう。
元気な赤ちゃんがSayaさん夫婦のところに産まれますように。

[PR]
by who54211 | 2016-05-12 13:23 | 報告 | Comments(0)

質感

すべてのお母さんとそのお母さんを支える人たちへ。
Happy Mother's Day!!

昨日、前々から「遊びに来てー」と言ってくれてたRitsukoさんのとこへ遊びに行ってきた。

というのも日系プレースで古本市があったからだ。彼女の家はそこから近いので寄らせてもらった。
ちなみに古本市では
f0129786_11292698.jpeg
これは息子くんに。
f0129786_11295880.jpeg
自分を励ますために。

で、これらとともにお昼ご飯を買って、Ritsukoさん家に向かう。

Ritsukoさんの家は「モノがない」シンプルライフの家である。
モノが増え続ける我が家とは大違いだ。
ひろびろとしたリビングルームで愛娘ちゃんはのびのび這い回り、立つ練習をしていた。

全く動かないうちの息子くんにその機敏性を分けてもらいたい...。
Ritsukoさんといえば、毎日パンを焼いている。
今、そのパンを食べる旦那さんが出張中なので、お菓子をよく作ってるとのことで
f0129786_11363724.jpeg
ビスコッティとバナナブレッドをいただいた。
ちなみに一番手前にあるのは
f0129786_11372743.jpeg
動かずプヨプヨなままのうちの息子くんの腕を想像して作ってくれたちぎりパン。明日息子くんに食べさせる予定w。

[PR]
by who54211 | 2016-05-09 11:27 | 人間 | Comments(0)

裁縫

ワタシは縫い物の類いは必要最低限しかできない。
なので、息子くんが日本の学校に行くとしたら、真っ青になるだろう。なんせ規定の靴袋とか体育着の袋とか手作りせねばならないとこが多いらしいのだ。

でもまぁ世の中にはこういう縫い物が好きな人もたくさんいるわけである。
そしてそういう人が友達いると
f0129786_13533584.jpeg
こーんな可愛いオリジナルエプロンを作ってもらえちゃう💖
図々しくもいろいろお願いして
f0129786_13550968.jpeg
ストローラー用のブランケットホルダーにオモチャホルダーまで作ってもらっちゃったワタシである。ほんとにありがとう、Sayaさん⭐︎
もうすぐ出産を控えている彼女は、もちろん自分の子供のためにいろいろ作ってあげている。こんなに愛情かけてもらったら、きっとたくさんの人に愛情を注げる子供になるだろうな。
彼女は
f0129786_13594315.jpeg
着なくなったシャツを再利用して授乳ケープも作ってくれた。
商売できるよな、間違いなく...。

商売と言えば
f0129786_14011982.jpeg
ワタシも愛用している抱っこ紐カバー。日本ではお馴染みのもの。ワタシは出産時に日本に帰省してた友達にお願いして買ってきてもらったのだが、カナディアンのママに「便利ね」とよく言われていたのだ。
で、バンクーバーの日系ママさん3人が立ち上げたこの会社。
今日、保健所の母子クラスで紹介したら、案の定ママさんたちから大反響!!
Emiさんに教えていただいたのだが、身近なママさんたちに広まっていくといいなぁ。

さて、Sayaさんにもらったエプロンは日本に行く時に持って行く予定。そろそろ準備始めなきゃ。



[PR]
by who54211 | 2016-05-05 13:46 | 人間 | Comments(0)