タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

穴場

今日は朝ごはんを食べに「Salt Spring Inn」へ。ここはトイレにオムツ台もあるし、ストローラー用のスロープも裏手にあって親切だった。地元産のソーセージが美味しかった。

息子くんは慣れない長い車の移動にストレスがたまっているらしく、やたらとおっぱいを欲しがるが、朝昼晩1回ずつ以外はあげていない。レストランでの待ち時間も長いため、ウェイトレスさんにお願いしてスプーンをお借りしたり(光ってる金属の方が触りたい)、余分にトーストを頼んだりして、機嫌を取る。

朝食後はMt Maxwellへ。
島の最高峰で、眺望ポイントがあるので車で向かうが...。
すっごいガタガタ道😲
おまけに到着寸前に息子くん寝てしまい、降ろしてキャリアに入れたら超不機嫌。
f0129786_13454735.jpeg
心配してた霧も晴れて、すっごいいい眺めだった。
この後トレイルに入ったが、急勾配過ぎてキャリアで行くのは無理と判断し、途中で引き返す。そして不機嫌マックスになったので授乳して、車でまた出発。数分で寝る息子くん。そのままコテージに戻り休憩。
しっかり寝かせてお昼へ。今日は「Auntie Pest」というカフェ。ワタシはムール貝、Nigelはペンネ。息子くんは離乳食とトースト。
それからRukcle Parkへ。お目当はファームで動物と触れ合うことだったが...。

牛、鶏、七面鳥しかいなくて、触れ合えず...。しかも息子くんは怖がって歩いてくれず...。
でも
f0129786_13520996.jpeg
f0129786_13523930.jpeg
そこから歩いて数分で行ける海は綺麗な景色だった。
来年あたりはキャンプしてこの公園のトレイルを制覇するハイキングトリップもいいなぁ。

それからワイナリーへ。
試飲して気に入ったものの中に息子くんの生まれ年(つまり去年)のものもあったので、それを二本買った。息子くんのお祝いで一緒に飲めるように、と思ったが、19歳まではもたないかも、とワイナリーの方に言われた。残念。

綺麗なブドウ畑で走り回るかと思いきや、ブドウを掴むことに執着してた息子くん。食い気か!!でもそのブドウは食べても美味しくないぞ。

そこからワタシが行きたかったモンスターラボにより、縫いぐるみ購入して中心地に戻り、絵を買った(といってもプリントだけど)。息子くんの部屋用に。

息子くんよNigelは公園で遊び、ワタシはキッチン用品の店へ...と赴いたものの、田舎なのでほとんどのお店は5時に閉まっていて入れず...。

今日はお寿司を食べてコテージに戻り終了。

明日はバンクーバーに戻る。でも帰るまで目一杯満喫するぞ。


More
[PR]
by who54211 | 2016-08-30 13:37 | 報告 | Comments(0)

日程

昨日からベビームーンで訪れたソルトスプリングアイランドに今度は家族で来ている。
昨日まず驚いたことが、前回と同じコテージに宿泊しているのだが、オーナーが代わり、名前が変わっていたことだ。
どうやら数年かけて全改装するらしい。昔懐かしかったテレビデオがなくなって、HDの薄いテレビにケーブル、Wifi使ったビデオサービスになっていた。
そして寄せ集めだったパティオ家具がちゃんと揃ったものになってた。

前のオーナーさん、フレンドリーで好きだったんだが。

さてさて移動で終わってしまった昨日tp打って変わり、今日は朝からお出かけモード。

...が、ほとんどのお店やギャラリーは開店が11時以降。しかも朝寝で息子くんベッドから落下し完全に起きてしまったため、もうこれは出るしかない!でもどこへ?ということで、ハイキングへ。
f0129786_11340956.jpeg
しかしここからどうやって落ちたのか?相当寝相悪いな(ダブルベッドくっつけて、夜は足元にNigel、横にワタシが寝て防御壁になっている)。

案の定ハイキング中に寝た息子くん。起きるまでワタシたちはしばし読書。
f0129786_11392627.jpeg
ハイキング用のキャリアでスヤスヤ眠る息子くん。

起きたところでNaomiちゃんに薦められたサイダー工場へ。
f0129786_11271559.jpeg
今はりんごだけでなく、杏とエルダリーフラワーのサイダーもあり、ワタシはエルダリーフラワーが、NigelはDryのりんごサイダーが気に入り2本ずつ購入。

その後、島にいくつかある港のひとつ、「Vesuvius Bay」のそばのレストランへ。ここのFish &Chips オススメ(Nigelが頼んだのをちょっともらっただけだけど)。
f0129786_14314126.jpeg
そこから「French Country Fabric」というお店に向かう。手作りのテーブルクロスやクッションカバーが売ってて、一枚テーブルクロスを購入。

その後一軒陶磁器のお店に行ったがピンと来ず、息子くんのお昼寝のために一度コテージに戻り休憩。

本日のメインイベントは「チーズ」。
これもNaomiちゃんのオススメだったのだが、まずは少しワタシたちの宿泊先に近いジャージー牛チーズ販売所へ。
なんとここ、無人販売!!お客さんは勝手に試食し、お金を置いて購入商品を記入していくという、性善説を信用しきったシステム!!
美味しかったのだが、現金を持ち合わせてなかったので、購入は後日、ということになった。
そして羊、山羊チーズの方へ。
ここはちゃんと人が売ってたw。
それに
f0129786_14301927.jpeg
こんなんとか
f0129786_14305699.jpeg
こんなんがいて、息子くん、興味津々!
チーズ以外にもジャムやオリーブの試食もあり、閉店間際まで雨なのに賑わっていた。

そんなこんなな観光はまだまだ明日に続く。

[PR]
by who54211 | 2016-08-29 11:26 | 報告 | Comments(0)

感覚

昨日久しぶりに取り出したものがある。

生理用ナプキンだ。
妊娠した2014年の12月から止まっていた月経が20ヶ月ぶりに帰ってきた。
出産後の生理は、個人差が大きい。一般的には母乳を続けている人は戻りが遅いと言う。

お友達のKyokoさんも夜間断乳したら、戻ってきたと言ってたのでどうかなーと思っていたのだが、夜間断乳して三週間で戻ってきた。やはりホルモンの影響が治るまでそれくらいかかるのだろう。

個人的には、心も身体も次の子作りに準備できましたよーと言われてるような気がする。
息子くんは帝王切開だったので、2年開けて普通分娩にチャレンジしたいと思っているが、年齢の兼ね合いもあるので、考えるところだ。

しかしまぁ、20ヶ月もなかったものが戻るというのは不思議な感じだ。
そういえばワタシの友達は出産後生理痛が嘘のように軽くなったと言うが、もともとそんなにないワタシは相変わらず眠くなって、足が浮腫んで、頭が重い。
夜間断乳したとは言え、息子くんは時折寝言泣きするので、あやしたりはしないけど、その度起きることは起きるし、身体がまだ夜長時間眠ることに慣れていないのか、トイレに起きてしまうので、これらの症状が生理痛なのか、睡眠不足のせいなのかは定かではない。

一つ言えるのは着実に身体は回復していることだ。

最近、息子くんは滑り台を登りたいらしい。無理だと知ってるからか、ワタシの手を持って手伝えと言わんばかりに引っ張ろうとするが断固拒否、を毎日繰り返す。砂を滑り台にかけるのも、食べるのも毎日繰り返すw。
f0129786_13402806.jpeg
成長してるんだろうが、まだまだ右脳のおもむくままな息子くんである。そのままイケイケ。


River Market
[PR]
by who54211 | 2016-08-27 13:39 | 報告 | Comments(0)

一気

ワタシは、マヌケなことに今日お医者さんと予防接種の予約を両方入れてしまっていた😱

予防接種はお医者さんのとこでも受けられるのだが、息子くんはいつも保健所で受けているので、半年前の摂取の時に予約してて、すーーーーーーっかり忘れていた。昨日お医者さんからのリマインドメールと保健所からの電話で発覚。

幸い時間帯はズレてたので、なんとかなった。

お医者さんでは「順調に育ってる」と太鼓判を押された。ただ、身長の割に体重が増えてないから(79センチで11キロ)、牛乳飲ませなさい、と言われた。つまりもう母乳では育たないということ。3食オヤツ付きでさらに牛乳ね〜。朝少し飲ませてるけど、もっとか。

まぁもう母乳は食後のコーヒーだよなぁ。

ただ、今週、日曜日に丸一日授乳しなくて、昨日からやたらおっぱい指差して、服をめくって来るようになってしまった。

「3回食になったら欲しがる時にあげましょう」

と言われてるけど、毎時間欲しがる昨日今日。
食事前にあげることはないけど、どうしたもんかなぁと思っている。

無事にお医者さんから帰って、ごはん食べて、今度は保健所へ。

1:30の予約だったが、珍しく2時まで待たされた。
一歳の予防接種は三種混合、肺炎、脳炎、そして水ぼうそうの4本。
クリニックによっては分けて2本ずつ打ってくれたりもするらしいが、保健所では4本まとめて打たれる。

前回までは太ももだったが、ムチムチの息子くんは、今回から腕になった(細い子は引き続き太ももらしい)。

やはり打たれた瞬間泣き、4本打ったのでその分長めに泣いたものの、念のため持ってきてたパックのすりおろしりんごあげたら機嫌治った。

しういえば、6ヶ月までは授乳しながら打ってOKだったが、一歳からは勧めないのね。

保健師さんは

「心配するほど体重少なくないから大丈夫よ。おっぱい欲しがるのは暑いせいかもしれないから、授乳する前にお水飲ませて」

とのこと。
そうか、じゃ欲しがったらそうしよう。

帰り道、限界が来て寝てしまい、その後4時まで寝てしまう。

が、起きてから、なぜかおっぱい欲しがらず。会話聞いてたのか、君は。

今まで予防接種で体調悪くなったことないけど、今回はどうかな。


[PR]
by who54211 | 2016-08-24 12:21 | 報告 | Comments(0)

至福

今日は初めてアロマージュのコキットラム教室へ足を踏み入れた。

香りの御殿、Saki先生のご自宅である。
習わしなので、初上陸のワタシから敷居をまたがせていただいたのだが、もう数メートル先からいい香りが漂っている。

ワタシにアロマージュとヤングリビング(以下YL)を教えてくださったEmiさんからいろいろ聞いていたのだが、噂に違わぬ乙女の城!!
f0129786_13535283.jpeg

うーん、こんな空間でアロマセラピーしたら、姫になれそうな気がする。

それはさておき、今回受けたのはアロマ調香、香水講座である。
香水は普通、精油をアルコールに溶かして作るのだが、この講座では贅沢にYLの精油のみで作る。YLの精油は飲んでもOKな完全なオーガニック。
それを気分に合わせて組み合わせていくわけなのだが、その前にまずは脳の仕組みと心理について学ぶ。

アロマセラピーと脳みそには深いつながりがある。香りは脳に直接働きかけるからだ。

なので脳、そして脳によってもたらされる心理について学ぶことによって、夢を実現させるための香りを作ることができるというわけである。
左脳は生命維持のためにあり、右脳は自分らしさのためにある。

このお話を聞いてすぐに思い浮かべたのはうちの息子くんである。赤ちゃんは快か不快かだけで行動する。蓄積されてる情報の絶対量が少ないので、何にでも興味を持ち、面白いと思えばずーっと続け、飽きるともう見向きもしない。産まれて半年くらいまでは手足も上手に動かせないのであまり目につかないが、動くようになると顕著だ。
つまり、人間は右脳でまずは行動し始めるところから成長し、ある程度データが溜まると危険認知が働くようになるということである。なので、子供には親がデータ供給者としても必要なのだ。

それだけじゃない、右脳は感覚の脳なので、具体的な言語表現が苦手である。なのでオノマトペの世界。赤ちゃんも喃語を喋るがあれもそうなんじゃないかとワタシは思う。

さて、この講座を始める前にスタッフのKeikoさんに「夢を10個書いてください」という課題を出されたのだが、ワタシはつらつらつらーと20以上書き出した。抽象的なこともあったが、具体的ななこともあった。

講座の最初にSaki先生がおっしゃったのが
「その夢、本当に叶えたいの?」
である。
つまり世間体のためにとか誰かが望むからとかで夢としてあげてないか?ということである。

夢は夢が叶った時を想像できると叶うのだとSaki先生は断言された。それを助けるための香水を今日は作ってきたわけである。

と言っても自分のものは自分で作らず、パートナーの方に調香していただいた。

ワタシがなんせYL使い始めて数ヶ月の超初心者。持ってる精油も少ないし、今日が初めての対面講座だったこともあり、いくつもすでに受けてる方にパートナーになっていただいて、その方にこういう香りが好き、これはちょっと、とコンサルタントしてもらいながら、作り上げていった。

ワタシは直前に幾つかのブレンドオイルを試させてもらい、そのうち数本を選んで、そこにさらに精油を加えていく。
調香する時には、バランスが大切で、花、木、ハーブ/スパイス、柑橘系のどれが欠けてもいい香りにはならない。
ただし、香りの重さがあるから、量を同じにしてもいいってわけでもない。そして本人の好きな香りだけを入れていってもダメで、逆に「嫌だ」と言ったものを入れることで、香りがぐんと本人の望むものに近づいたりする。これがSaki先生のいう「左脳によるフィルター」の影響。感覚は必要なものとしてるのに過去のデータのために左脳が拒否信号を出してしまう、ということである。

うーん、こんな風に人間はできてるのね。

そして出来上がった香水はもちろん本人以外の人が嗅いでもいい香りなのだが、本人が身につけるとさらに香りが引き立ち、時間とともに変化する。変化して違う香りになってもやっぱりいい香りである。

家に帰ってきたら、Nigelがある程度家の中を片付けて置いてくれた。

実はワタシの夢の一つは、家をきれいに保つこと。関連していつでも人を呼べる家を持つ、お掃除ロボット買う、断捨離実行、日本の家族に遊びに来てもらうというのがあったのだが、すでに家に香水振りまく前から何かが始まってて嬉しさ倍増である。

そして、Nigelに作った香水を吹きかけてお互い匂いを嗅いでみると...

「Nigelがつけてる方がいい匂いがする」

うーん、アロマ、深いわ。



おっぱいなし
[PR]
by who54211 | 2016-08-22 13:49 | 趣味 | Comments(0)

一年

息子くんは、無事に今日一歳になった。
去年の今頃は病院で妙なハイテンションのまま、授乳してたっけ。

産後鬱になり、些細なことでむやみに悩んでた日が遠い過去のようであり、最近のような気もする。

ワタシが頑張らなきゃ、頑張らなきゃと無理をして、息子くんとの時間を楽しむ余裕がなかった。

そんないっぱいいっぱいな母に必死でついてきてくれた息子くん。そして穏やかにワタシのすべてを包んで休ませてくれたNigel。
何よりも支えてくれたたくさんの友達。
家族がカナダに居ないワタシたちにとって、友人知人の支えなしでは、今日お祝いをしようとは思えなかっただろう。

バンクーバーが一番美しく、楽しい時期に産まれた息子くん。そんな素敵な日に集まってくれたみなさん、来られなくてもお祝いしてくださるみなさんのおかげでワタシたちは今日をジックリ堪能することができた。

たくさんの人に祝ってもらえて息子くんは幸せものだと思うし、そんな息子を持てたワタシたちはもっと幸せだと思う。

これからも悩むだろうし、人間としてまだまだ、と思うことにたくさん出てくるだろう。でもこれだけたくさんの人に恵まれたワタシたちはきっとやっていけると思う。

息子くん、お誕生日おめでとう。これからもどうぞよろしく。
Nigel、理想のお父さんでずっといてね。
ワタシはワタシらしく生きていこうと思う。

素敵な息子くんの誕生日を毎年迎えてあげたいな。


[PR]
by who54211 | 2016-08-21 13:37 | 人間 | Comments(0)

回復

夜間断乳に踏み切ってから約二週間。
今週に入ってから、息子くんは夜寝かしつけてから朝5時まで起きなくなった。寝言泣きはするけど、抱っこして落ち着かせる必要もなくなった。

ワタシはまだ体がついていけてないのと、ずーーと我慢してたアルコールが夜飲めるようになったおかげで、若干おトイレが近くなり、夜中起きちゃったりするのだが、Nigelはしっかり眠れるようになったらしい。

睡眠って本当に大事なのね。
ワタシの調子はすこぶる良くなった。

体調はもちろんだが、鬱の方は本当に良くなった。
息子くんの10ヶ月以上の母子クラスとかぶることもあり、産後鬱のグループも来月半ばで卒業しようと思っている。

このグループにはお世話に成ったが、今のメンバーは半分以上2人目がいるお母さんたちで、彼女たちの話を聞いていると2人目を考えるのを躊躇したくなるくらい、酷いのだ。

産後鬱は、一般的に2人目以降は軽快することが多いらしく、ワタシの産科のお医者さんもかかりつけのお医者さんも「2人目も欲しいなら頑張ればいい。普通は2人目に鬱は出にくいから」と言っていた。ワタシの場合は出産前に鬱になった経験が大きく影響しているので、なんとも言えないが。

彼女たちの話を聞きたくないのが理由の一つでもあるが、ワタシがグループで話すことがなくなってきた、というのも大きな理由だ。

最近は息子くんの行動一つ一つが興味深くなってきたし、たとえ彼が泣いても喚いても、ワタシがやらなきゃいけないこと、やりたいこと、息子くんに教えたいことはいっかしてやるようになった。以前はこれに悩み、罪悪感を抱いていたのだが、ワタシだって人間、感情があって当たり前だと思うようになったら、悩まなくなった。
もちろん、自分が悪いと思ったら息子くんにも謝るし、きちんと間違いを認める。

これからも子育ての悩みは尽きないだろうけど、Nigelも支えてくれてるし、必要であれば保健師さんやその他のリソースを使うこともできると思う。
何よりも息子くんは随分成長してくれた。

元気になれて本当に良かった。
今後もこの調子が続きますように。


[PR]
by who54211 | 2016-08-13 13:23 | 人間 | Comments(0)

色彩

美を追求してやまないMiaさんのイベントで「パーソナルカラー」を診断士のSaoriさんに見ていただいたのがちょうど一月前。

ワタシはSaoriさんのカテゴリーでは「Summer」。夏といえば原色のイメージをお持ちの方が多いと思うが、Saoriさんのカテゴリーでは少しくすんだグレイの混ざった色というのがSummerの特徴。ワタシは中でもライトブルーやラベンダーが映える、ということだった。

その時はプロのメイクアップアーティストのHisakoさんにきちんとメイクもしていただいて大変身を遂げたのだが、自分でやるとなると、なかなか難しい。

そこで流石のMiaさん、パーソナルカラー続編として、Saoriさんにコーディネートしてもらえるお買い物ツアーを企画してくださったので、Nigelから軍資金もいただいて今日の午後、張り切って参加!!

が、この張り切りが息子くんに伝わったのか、今日に限ってお昼寝全くせず。まどろむのに寝付かず、微妙なまままずは化粧品からお買い物スタート。前回も一緒だったMikaさん(二児の母)と。

案の定息子くん、始まって10分もせずグズグズ。こういう日に限ってエルゴ持ってこず...。抱っこしながら試す。Hisakoさんは色を混ぜてチークを作ってくださったが、一色で印象をガラリと変えるチークを選んでいただく。口紅やグロスは迷ったので今回はパス(使ってないというのもある)。

その後Zaraへ移動...も息子くんさらにグズグズ、ギャン泣き。仕方なく立ったまま授乳。少し落ち着いたのdrストローラーに乗ってもらって、いろいろ見る。

...がやはりグズグズ治らず。試着室には鍵を渡してなだめつつ、トライ。流石のSaoriさん、もうこれは買うしかないでしょ!!の連発。
レジのに並んでる間もグズグズなので、バナナを与えてなだめる。バナナが買う予定の服についてレシートに「返品不可能」と注意書きされる。いや着るから良いんだけどw。

それから「Forever21」へ。初めて入ったが、開店したばっかりらしく、ところどころに掘り出し物。$3のキャミソールとかw。
一つ気に入ったものをSaoriさんに見てもらったら、合っているということで、その場dr羽織ったら、サイズがMにも関わらずちょうど良かったのでご購入。

f0129786_13233888.jpeg

今日の戦利品。$160くらいで悠々予算範囲内。
秋口になったらジャケットも欲しいなと思う。

息子くん、今日は全く昼寝しなかったが、乗り切ってしまった。体力ついたってことだけど、これが毎日は辛いな。明日はちゃんとお昼寝しますように。

[PR]
by who54211 | 2016-08-09 13:07 | 報告 | Comments(0)

調整

イベント満載だった三連休だが、ワタシたちはそれと同時に一つ大きな決断をした。

それは「夜間断乳」。

歩き始めてすぐ、息子くんは6-7時間連続して寝てくれるようになったのだが、熱波が来たのと同時にまた2-3時間おきに起きてしまうようになった。パジャマだけで寝かしたり、扇風機つけたりするのと同時に、もし暑いだけで起きてるなら授乳しなくても寝られるんじゃないか?と思ったのだ。

一般的には生後半年過ぎて離乳食を始めたら、夜間の授乳は必要ない。
続けていたのは、授乳すると静かになって8-9割すぐ眠ってくれるからだ。

以前は就眠前の授乳で寝落ちが多かった息子くんも体力がついてきたせいか、「もうおっぱい結構です」から寝かせてもクリブで立ち上がって、柵でポールダンスするようになってしまったemoticon-0107-sweating.gif

仕方ないので抱っこして歌うわ読み聞かせするわとエンターテインメントを提供する。Nigelも帰宅してたら手伝ってくれる。

ただ、夜間は翌日仕事のNigelに頼るには気が引けて、とにかく飲ませて寝かせていた。

でも2-3時間おきには身体が辛くなってきたので、思い切って夜間断乳。Nigelにも相談し、連休に入る前日金曜日からスタート。本人にも「朝ごはん食べるまではあげない」と言い聞かせる。

覚悟していたが、22時過ぎから泣き始め、断続的にギャン泣き。スリーパーを脱がせて、扇風機回して体温調節。水飲ませると一瞬静かになるけど、抱っこしてても荒川静香もびっくりな背中反り具合(イナバウワーは足のポジションの技であって、背中を反ることじゃない)で暴れる。深夜過ぎにようやく寝付く。
その後3時、4:30、そして5:30には完全起床...。

土曜日、スイミング、長い昼寝(3時間)、その後パウエル祭。この日から夜はパジャマのみ。
疲れていて久々に授乳寝落ち。やはり23時過ぎに起きてギャン泣き+暴れん坊将軍。が、30分ほどで落ち着く。その後また3時、4時と起きて、6時に起きてたが、泣いてなかったので放置。

日曜は朝ごはんをデニーズで食べて帰宅後朝寝を45分ほど。そしてNigelと父子クラスにヒルクレスト図書館へ。その後昼寝するかと思いきや、寝付かず13時過ぎにダウンタウンの図書館へ息子くんの英語の本とワタシの日本語の本を借りに向かう。案の定、ストローラーで1時間半ほど爆睡。インターナショナルビレッジに寄って帰宅。
授乳後、Nigelが寝かしつけてくれる。
この日は寝言もなく3:30まで熟睡。そのあと1時間半ごと泣くけど、ギャン泣きはもうない。

BCデーの月曜日、朝ごはんの後スコーミッシュへドライブ。車中で1時間弱朝寝。その後ロープウェイやら吊り橋で楽しむ。帰りも車中で1時間半ほど昼寝。帰宅後、落ち着いてから公園で遊ばせる。
この日も授乳寝落ち。そして3:30まで起きず。ただ3:30から4時過ぎまで起きてて今朝辛くて起きられなかった。

今日は午前中産後鬱のサポートグループで子守をしてもらい、帰りの車中で寝てしまうが、クリブに移して昼寝続行。1時間くらいで泣き始めたが授乳してまた寝かしつけてそこからまた1時間寝る。天気悪くて公園に行けず、YMCAのドロップインに行くには時間が中途半端だったので、買い物に行く。
授乳して寝かせてもやはりポールダンスし始めたので、抱っこして歌い、うとうとしたら寝かせてみるを3回やってやっと寝る。

こんな感じである。

連休中はやはりおっぱいが張って仕方なかったが、今日はもう落ち着いた。

やはり授乳せずとも夜は寝られるらしい。もっと早くにやってあげればよかった。

自然に乳ばなれしてくれればな、と思っていたがやはり決断も大事なようである。昼の授乳はできるだけ続けていきたいが、夜間断乳すると昼も自然に欲しがらなくなることが多いらしい。まだ分からないが、どうかなぁ??近いうちに長時間Nigelんk任せる予定なので、その辺が機会になるかもしれない。

連休に思い切ってやって良かったと思う。こうしてドンドンおおきくなるのね






[PR]
by who54211 | 2016-08-03 11:39 | 報告 | Comments(0)