タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

祝福

日頃なるべく息子くんの就眠スケジュールは崩さないようにしているが、昨日はどうしてもお祝いしてあげたい人がいて、夜、Nigelが遅くなるので、早めのお風呂、夕飯にして息子くんも連れて出かけた。

それは

f0129786_13561109.jpeg
本の出版記念パーティー。
というと住み込みしてた時の雇用主さんかと思うかもしれないが、違う。因みに彼女はまた本を書いてるらしい。

今回は産後鬱のグループで一緒だったママさんの本である。

彼女はもともとブロガーで、それがきっかけで「本を書きませんか?」と言われ、コンテストの締め切りまでたった二週間で書き上げたのだそうだ。
そのコンテストは女性のノンフィクション小説である。

彼女は2人の女の子のお母さんだが、二度の流産を経験しており、その時、誰も体験談を本にしていなかったことに気がついてブログに書き始めたのだそうだ。

彼女の作品はカナダで最終選考まで残った。少しさわりだけ読んだが、すごく読みやすいし、引き込まれる作品である。英語だけどね。

ワタシは流産の経験はないが、12週以内の流産は遺伝子異常によるもので、母親のせいではないとはいうものの、喜び勇んで超音波を受けて、「心音が確認できません」ということになった時のショックは、想像したら身が凍りつくようだ。
それを二度乗り越え、ようやく妊娠、でも彼女は絶対安静で妊娠発覚すぐに寝たきりだったそうだ。そして上の子の赤ちゃん返りと2人の子の夜泣き。それで引き起こされた産後鬱。

加えて交通事故後遺症による痛みやめまい。

いろんなことを乗り越えての出版。
たくさんの人がお祝いにかけつけていて、彼女の人徳を見た気がした。
この本の収益は全てワタシもお世話になったPacific PostPertum Support Societyに寄付される。
f0129786_14144467.jpeg
こんな可愛いお土産付き。しかも息子くんは可愛いおねいさん2人に面倒見てもらって、ご機嫌だったw。

彼女の本が少しでも多くの女性の励みになってくれますように。


[PR]
by who54211 | 2016-09-30 13:55 | 人間 | Comments(0)

安心

今日はEmiさん家で前から気になってた上にお誘いを何度も受けてた「子宮委員長 ハル」さんのDVD鑑賞会。

女は子宮でものを考えると言われてるが、ワタシはこの言葉が好きじゃなかった。

この言葉から感じてたのは、「ヒステリック」。生理痛のイライラしか思い浮かばなかったのだ。
女にだって頭はあるし、ほかの体の部分は男と一緒じゃん、とずーっと思っていた。

妊娠出産を通じて少し考えが変わりつつあったのだが、その流れでハートリー明子さんのメルマガを読んだりして、子宮の偉大さを感じつつあった。
だが、今日の鑑賞会でそれが確信に変わった。

子宮は「宮」と言う字が当てられている。女性器はその名の通り「お宮」なのである。子供はこのお宮で大切に神の子として育てられ、参(産)道を通って(うちの子はお宮から直接出てきたがw)産まれてくるのだ。

「子宮でものを考える」は神の声を聞いてるのと同じなんだ、と思ったら、自分の直感を信じていいんだ、自分にとって心地いいものや人を選んで良いんだと納得がいったのだ。

もちろん、物事を円滑に回していくための最低限のマナーは必要だが、少なくとも自分の欲求に素直になることが自分だけでなく、周りにも好影響を与えられるんだと強く思った。

人間の三大欲求、食欲、性欲、睡眠欲。このどれが欠けてもそこから上の段階の欲求(自己顕示欲とか)は満たされないのだ。

もうこりゃ美味しいもん食べて、セックスして、スッキリ寝るのが何よりも大事ってことね。
やっぱり人間素直に生きていかなきゃね。



[PR]
by who54211 | 2016-09-27 14:03 | 人間 | Comments(0)

財産

「キャンセルが出た」と聞いてギリギリで申し込んだSonoさんのローフードデザート教室。

ローフード、ゴリラフードが閉店して以来、ワタシは最近ご縁がなかったのだが、Miaさんの「砂糖なし子供にも安心、罪悪感なし」のキャッチフレーズに絶対やってみたい!!と思っていたのだが、なかなか自分のスケジュールが決まらずギリギリ申し込んで、運良く参加できた。

お伺いしたのはAkoさんのマクロビクッキング教室でもお邪魔させてもらったことのある素敵なMichiyoさんのお家。

まずはアーモンドミルクを作る。
豆乳は作ったことがあるが、アーモンドミルクは初めて。8時間以上水につけておいたアーモンドを水と一緒に砕いて濾すだけ。しじゃもナッツミルクバッグという便利な道具まで教えていただいた(明日Naokoちゃんに作ってもらおうw)。でも美味しいのなんのって!!
これで杏仁豆腐作ったら激ウマだろうなーと思いつつ、このミルクに水でふやかしたチアシードとイチゴを混ぜてプディングを作る。
f0129786_13463645.jpeg
上にトッピングを自由に乗せて楽しむ。

続いてアップルクランブル。
これも材料をフードプロセッサーに入れて混ぜ砕くのみ、でもこーんなに綺麗でオシャレな一品!!
f0129786_13483012.jpeg
もう一品は「焼かないブラウニー」。
もうこれは、幸せを噛み締める一品!それが簡単にフードプロセッサーでできてしまう。デーツの自然な甘さとカイエンペッパーの辛さがうまーく調和して、そこにカカオの素晴らしい風味が口いっぱい広がるのだ。
これ、混ぜ終わったら丸めるだけなので、粘土細工ができる年齢の子供と一緒に楽しめそうである。

今日のクラスで教わったデザートはうちの息子くんでも全部食べられる固さの物ばかり。これはもう作るしかない!!幸いほぼ材料があるので、まずはブラウニーからやってみようかな?

作り終わったら、お楽しみのお茶タイム❤️
f0129786_13553372.jpeg
f0129786_13555923.jpeg

お菓子を引き立てる素敵な演出はみちよさんのお家だからできるのだ。すごい!!

さてさて今日の講師Sonoさんは、ローフードだけでなく、「さとう式リンパケア」の指導もなさっている。
ワタシ、このさとう式はいろんな人からお誘いを受けて、受けたい受けたいとずっと思っていたのだが、タイミングが合わなくて、受講できずにいた。
今日一緒にクラスを受けたAkikoさんもやってらっしゃるそうで、試しに少しだけやっていただくと...

「え?なに??顔が違う...」

この衝撃、カヅキ式マッサージ以来かも。しかもさとう式は化粧や服の上からでもできる!!すごすぎ!!

次はさとう式だな...と目論むワタシであった。

またお料理も教わりに行こうっと。

[PR]
by who54211 | 2016-09-26 13:38 | 趣味 | Comments(0)

検索

f0129786_03050474.jpeg
息子くんの頭に白髪発見005.gif
「若すぎる白髪」だなw。

つい最近、Nigelのお母さんからチェーンメッセージが届き、今後送らないで欲しいと言えないでいる今日この頃である。
バンクーバーはすっかり秋めいて、雨が増えてきた。こうなると困るのが、「息子くんの遊ぶ場所」である。

午前中はなんだかんだと遊びまわるスペースが解放されていることが多いのだが、午後は少ない、というか3時以降は皆無に近い。
息子くんは1-3時でお昼寝することが多いので、午後早い時間だと参加できないのだ。3時以降、どこかで探すと通ってるジムのチャイルドマインドくらい。でもないよりマシ。
3歳以降なら参加できるものも多いのだが、13ヶ月って微妙である。

やっとたくさん動いてくれて、夜しっかり眠るようになったので、できるだけ朝も午後も動いて欲しいが、雨だと公園に行けない。
Muddy Buddyという全身雨合羽を買うことも考えてるが、使用後の処理がなー(面倒くさい)。

とりあえず、本人が長靴を履くのが嫌い、というのを理由にして、雨の日はチャイルドマインドで誤魔化そうw。

今日はスイミングに来てるのだが、
f0129786_03202579.jpg
これを見て、「ワタシがやりたい」と思ってしまう母であったw。どっちにしろ息子くんはまだ無理だ。

[PR]
by who54211 | 2016-09-25 03:03 | 報告 | Comments(0)

儀式

息子くんは今日13ヶ月になった。

1歳を過ぎてから、お昼寝が一回になり、それが長かろうと短かろうとその後は全く寝なくなった。
そして泣いたりわめいたりするより、好きな本をワタシに見せた方がすぐ台所から離れて来てくれることに気がついた。
ソファや柵を乗り越えようとすることが増え、おでこのあざが一向に減らない。
それなりに言葉を理解するようになったようで、本を真剣に見入るようになり、長いお話も最後まで聞けるようになった。
靴のサイズが一つ大きくなった。

そして一番の成長は、寝る前の授乳がなくなったことだ。
夜間授乳は8月の頭にやめたのだが、夜、寝る前の授乳は続けていたのだ。
歯医者さんに「夜、おっぱいあげるなら、その後歯磨きか拭き取りをしてください」と言われたこともあり、どうせ口腔ケアをするなら、ワタシがいなくても寝かしつけられるようになって欲しかったので、まずは週末、Nigelがお風呂に入れてくれた後、牛乳飲ませてみて、様子観察。本人が欲しがってぐずったらあげようかと思っていた。

...が、あっけなく牛乳飲んで、歯を拭いた後本を読んで段々本に集中しなくなったところで、クリブに入れてトントンしてたら、多少寝ぐずりするも、呆気なく寝た。

いやもしかしたら、この日だけかも、と思って翌日も同じようにしてまた寝てくれて、その翌日はワタシがお風呂に入れてNigelに後を任せて、アッサリ寝た。

どうやら息子くんの中で、なんか飲んで、その後本を読んで、寝る、というのが習慣になっていたらしい。
この際、歯磨きもお風呂の前じゃなくて、牛乳の後にしようかな。

次の目標はベビーシッターさんに寝かしつけてもらえるようになること。
そして今シーズンは行くぞ、カナックスのゲーム!!


[PR]
by who54211 | 2016-09-21 14:24 | 人間 | Comments(0)

消失

今週はじめあたりにこの記事をFBでシェアした。

古川夏好さんという日本人の方がバンクーバーで失踪したのだそうだ。
ほんとに忽然と姿を消してしまったようで、日ごろ使うもの以外は部屋に残っているのだそうだ。
失踪した当時、学校には通っておらず、仕事もしていなかったとはいえ、誰にも何もいわずに長期連絡が取れなくなることがおかしいということで、バンクーバーの警察に届けが出たのだ。

ワタシは息子くんが起きてる間、スポーツ以外のテレビを見せないようにしているので、こちらのローカルニュースでどの程度取り上げられているのかわからないのだが、Nigelが知っていたところをみると、結構大々的に取り上げていると思われる。

今週の水曜日に図書館に息子くんのプログラムに参加しに行ったら、帰りに情報収集のビラ配りをしてる協力者のみなさんに遭遇。
その中の一人の男性が、目に涙をいっぱい浮かべて「なんでもいいんで情報があったら教えてください」と英語で呼びかけていたのが印象的だった。愛されてる人物だったのね。

この事件、日本ではどれくらいの人が知っているのだろうか??

もちろんご家族や友人は一生懸命に足取りを追っているのだと思うのだが、年間、何人の日本人が海外で行方不明になるんだろうか、と思って調べてみた。

届けが出されてる人だけでも年間数人は確実にいるらしい。
ただ、彼女のことをひらがなで検索しても「小川菜摘」のほうが出てきたくらいなので、日本での取り上げ方は微妙な気がする。

一日でも早く無事が確認されるといいな。

こちらではハイキングに行って行方不明とか、認知症の老人が行方不明で、テレビで捜索協力を呼びかけたりよくしている。アンバーアラートという子供が行方不明になった時の警報システムもある。バスやラジオ、ありとあらゆるメディアを通して「この子見ませんでしたか?」という情報を一斉送信するのだ。

そういえば、国境越えるときに片親だけで子供をつれてるときは、その両親の関係にかかわらず(DVの被害者などは別だと思うけど)、必ずもう片方の親の承諾書類が必要なのだ。日本は要らないよなぁ・・・。平和。

彼女が単純にWifiのない環境にいるだけで無事でいてくれますように。
[PR]
by who54211 | 2016-09-16 13:44 | 人間 | Comments(0)

卒業

今日で産後鬱のサポートグループを離れることになったワタシ。
きっかけは来週から10ヶ月から18ヶ月までの親子学級が始まるからだが、ワタシにはもう必要ないと日本から帰国してから感じ始めていた。

息子くんが定期的に安定して昼寝するようになり、授乳回数も減り、それとなくコミュニケーションもとれるようになってきたことは大きい。
遠く近くの友達から支えてもらい、一番心配してた両親からもまっすぐ息子くんが愛されていてNigelが受け入れられて、安心したのも大きく影響した。
そしてアロマの世界の片鱗に触れ、悩んでたことがバカバカしくなるくらい、香りに心が解かされた。
何よりもいつも穏やかに包み込んでくれる最愛にして最強のパートナーに恵まれた。
もう大丈夫と胸を張って去ることができた。
f0129786_13370527.jpeg
一緒に頑張ってきたママさんたちから、お守りとして、ワタシを象徴する言葉を書いた石をもらった。子育てでつまづいたらまた見ることにしよう。

産後鬱グループから出るのと同時に参加を始めたのが「Nobody's Perfect」という両親クラス。親としての悩みを共有し、解決策を見出していくという六週間のプログラムだ。
運良くこのグループは息子くんと同世代の子がいるお母さんがいて、日本人のお母さんも2人いる。共通した悩みも多い。ざっくばらんに話しつつ、お互いも子供同士も仲良くなる。

こうやって溜まってることを1人で悩まないようになれただけでも、グループに参加して良かったと思う。薬も11月から段階的に減らし、年内には終了する予定だ。

産後すぐに息子くんとの繋がりが見出せなくて、母親失格なんじゃないか?とずっと思ってた。
歩けるようになった息子くんは、歩くときには、ワタシを探して、手を差し出してくれるようになった。

母としてのワタシを迷わず信じてついてきてくれた息子くんが一番の功労者だと思う。

いつまで手をつないでくれるかわからないけど、いつまで抱っこさせてくれるのかわからないけど、今こうしてくっついていられるのが、お互いとっても幸せだと実感できるようになって嬉しい。

いつか「このクソババァ」とか言うのよねw。まぁそれも成長の証かw。



[PR]
by who54211 | 2016-09-14 13:36 | 報告 | Comments(0)

感謝

昨日は親子でスタンリーパークのシーウォールを一周。
f0129786_11572775.jpeg
途中で公園で遊んだり、
f0129786_11590432.jpeg
今週で最後の参加になる産後鬱のグループのために石を浜辺で拾ったりしつつ、4時間ほどのお散歩。
その後、図書館でもう少し遊んでもらって、その間交代でNigelと本を借りる。

本当は今日も出かけたかったのだが、昨日から喉が痛くなったワタシ。
YLの天然抗生物質を服用し、喉の痛みに効くという精油さんたちを塗り、その精油をはちみつレモンに入れて飲み、早め就寝。

...が、朝早くに息子くんが起きた時から喉の痛み倍増😱

昨日からNigelに今日は休ませてくれと言っておいたので、今日はしっかり甘えさせてもらい、1日ベッドにいた。合間合間にも精油さんのお世話になる。
息子くんは、父ちゃんと仲良く遊んでくれて大助かり。

やっぱり眠りたかったようで、今日はズー〜と眠ってたワタシ。エネルギー充填したかったんだね。

最近まで知らなかったのだが、9月の祝日、レイバーデイの後の日曜日は「祖父母の日」だそうで、じーちゃんばーちゃんとお茶を飲む日なんだそうだ。
日本もそういえば敬老の日だよな、と思って日本の両親と初めてFacetimeをする。

タイミングが合わずなかなか繋がらなかったのだが、なんとか息子くんがお風呂に入る前に繋がった。
息子くんが歩いてるの見せて、満足。何よりもこれで簡単にコミュニケーションが取れるのはありがたい。

無事に息子くんをお風呂に入れてから、友達と飲みに行ったNigel。昨日今日と息子くんと仲良くしてくれてありがとう。息子くんもご機嫌でいてくれてありがとう。
母は元気になるよ!!


[PR]
by who54211 | 2016-09-12 11:56 | 報告 | Comments(0)

見物

バンクーバー夏の風物詩「The Fair」。
去年は息子くんが産まれたばかりだったので、行けなかったのだが、今年はギリギリ最終日に親子でPNEに行った。

今年は宇宙開発やら恐竜が展示されており、メインはファーム。他は毎年のお約束でお馬さんと犬のショー、そしてスペシャルグッズの販売である。

最近昼寝が二回だったり、一回だったりするため、タイミングが悪いと朝9時に寝ないで10時過ぎに寝て3時間とか寝てたりする。
この日もそうで、寝かしつけても寝なかったので、11時のオープンに合わせて出かけたら、車で寝てしまい、降ろしてもそのまま寝ていたので、寝てる間にお買い物。

長い間欲しかったものを買ってもらった。

f0129786_12133801.jpeg
焦げ付かない鍋セット!!
以前、フライパンを焦げつけかせて以来、大きいフライパンがなくて困っていたのだ。

いくつかのデモを見て回ったのだが、ドイツのStonelineにした。生涯保障してくれるというのがポイント。5つの鍋をセットで買って、中華鍋を付いてきた。
他にトイレブラシとかたためる保存容器が欲しかったけど、鍋が手に入ったので、今回は見送る。

鍋をお店の人に保管してもらって、まずはお昼ごはん。
f0129786_13304644.jpg
去年のカナダチャンピオンのRIBのお店へ。The Fairでは毎年スペアリブのコンテストをやってて、売り上げ勝負をしてるのだ。なのでどのお店も「うちはこのコンテストで優勝した!」とかがげ、トロフィーも飾ってあった。

そのあと、乗馬競技を見に行く。
息子くんは、馬よりも階段昇り降りに興味があり、上がって下がってを繰り返す。
その後、家畜を見に行く。
馬やら牛やら羊がいたが、息子くんが気に入ったのはやっぱり鶏。動きがわかりやすいからだろうな。

その後息子くんが好きな恐竜展示を見に行く前に授乳し、準備万端で向かう。

恐竜は鳴くし、動いたのだが、息子くんが見てるときにそれが起きればいいのだが、そうじゃないことも多くて、反応微妙...。

ま、来年からは「あれ買って!」が始まるだろうから、そう思えば今年は楽だったんだろうな。
こうしてバンクーバーの夏はすぎていくのだった


[PR]
by who54211 | 2016-09-09 11:39 | 報告 | Comments(0)

惣菜

日本のパンやさんがえらいと思うこと。

それは栄養のバランスの取れたパンが色とりどりに揃っていることだと思う。

月に一度のお楽しみ、Chieちゃんのベーキング教室、今回はカレーパン!!
しかも焼きカレーパンと揚げカレーパンの二種類!!

ワタシは小さいころから「好きな食べ物:カレー」と書き続けているカレー好き。

みんなでわいわいこねてると、大変な手ごねの作業もあっという間。
パン粉の作り方や保存の方法まで教わった。結構長持ちするものなのね。

そしてお待ちかねの発酵時間のお茶タイム。
f0129786_14124394.jpg


金魚が浮かぶ桃のパンナコッタ!!
なんて素敵な発想!!
一緒に参加してたChieriさんと「来年の息子君の誕生会はこれで!」とリクエストしてしまうほどかわいい。

f0129786_14171339.jpg


金魚鉢風の器に入ってるともっと素敵!来年の息子君のケーキはこれで金魚すくいだな。

カレーパンはパン粉をつけるために成形して二次発酵が終わったら、揚げるほうは霧吹きで水を吹き付けてパン粉をくっつけて、焼くほうは、卵液を塗ってからパン粉をくっつける。

そして焼き、揚げて完成なのだが・・・。

揚げるとパンがまん丸に膨らむのがすごーく分かって面白い。ガス抜きが甘いと泡ができたりしてまたそれもいい。
f0129786_14232043.jpg


揚げたてのパンはもっちりしてて、中のカレーがじゅわー。

f0129786_1428972.jpg


さめてもおいしいカレーパン。また作りたいな~。
[PR]
by who54211 | 2016-09-07 14:29 | 趣味 | Comments(0)