「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

耐久

今日は午後一時から歯医者さんでクリーニングだったので、ファミリーセンターに歩いて行った(いつもは車)。バスでも良かったんだが、Nigelをお見送りに行って家に帰ってまた出るとなると、家戻ってすぐ出るハメになるので、お見送りに行ってそのまま向かったのだ。バスだと早く着きすぎるので、歩いて1時間かけて行った...が、歩きたい息子くんが、ストローラーに乗ってるのがご不満(最近は車も10分くらいで文句言う)らしく、グズグズ。なんとか人と車通りの少ない道を選び、センター着いたら、息子くん、超ご機嫌で遊ぶ。

ハッスルしたので思惑通り、ダウンタウンに向かうバスで眠りに落ちた息子くん。しめしめとばかりに前から試したかったWakWakバーガーの
f0129786_14210531.jpg
メンチカツバーガーを食べる。ワタシはこっちのポテトを食べきれないことが多いので、これと一緒にチーズバーガーも買う。
f0129786_14321635.jpg
こんな手描きのイラスト付きの袋に入れてくれて、心ほっこり。
で、買ってから気づいた。

「今晩、メンチカツだった...」

どっちも美味しかったので良しとする。ちなみにメンチカツはその食べきれないポテトのリメイクである。そういえば日曜日もハンバーガーだった...w。

それはさておき。

ランチブレイクのNigelに息子くんを託し、歯医者さんへ。
出だしに
「まずマウスウォッシュしてください」
とリステインを渡される。

以前、使っていたのだが、Miaさんのクラスでアロマオイルのマウスウォッシュの作り方を教わってから使ってなかった上に、YLの歯磨き粉に変えたので、

「!☆?@$€#!!」

な衝撃。30秒漱げと言うが、苦行でしかない。口の中が痛くて痛くて仕方なかった。

YLのシーブス歯磨き粉にしてから、すこぶる口の中は快適、歯もつるつるになってるなぁと思ってたのだが、いつもは1時間以上かかるクリーニング、今日はずいぶん早く終わった上、
「すごく状態良いですね。」
と褒められた。

その後息子くんをお迎えに行き、一旦家に帰っておやつを食べさせてから、雨が降ってないので、公園で遊び、帰りにスーパーに寄り買い物をして、帰ろうとしたら、鍵がない🗝

ワタシの鍵は
f0129786_14333665.jpg
こんだけ色々ついてるから、落としたらまず気づくのだが、ない。

スーパーのカートに息子くんを乗せる時一度落としたが拾ったので、確実にスーパー内か駐車場のどこかにあるはずなのだが、見て回ってもなく、カスタマーサービスにも届けられてないと言う。

何度か見て回り、諦めて、タクシーを呼んで(4リットルの牛乳、2リットルのエッグノッグ、1キロのヨーグルトプラス12キロの息子くん-靴も車の中!!-を抱えて歩くのはバス停まででも難しかった)、大家さんが家にいるか確認し、Nigelに仕事帰りに車を拾って来てもらうようお願いして、帰った。

息子くんは、辛抱強く待っていた。泣きそうな母を息子くんの言葉でワタシには理解できないけど、励ましてくれてた。

タクシーを待つ間、そしてタクシーの中でぴったりくっついてくれてた息子くんはあったかかった。

いてくれてありがとう。一人だったら泣いて歩いて帰ってただろうな。

で、息子くんをお風呂に入れてたら、Nigelが帰って来て

「鍵あったよ」

と持って帰って来てくれた。
なんとNigelが念のためにカスタマーサービスに行ったら、ちょうど鍵を届けに来た人がいたんだそうな。

世の中、捨てたもんじゃないなー、と思う。

息子くんなりに色々気疲れしたのか、今日はあっさり寝てくれた。明日もいっぱい遊ぼうね。

鍵、と言うか貴重品用のパースを持ち歩く習慣をつけようとまた決意するワタシである。冬場はどうもコートのポケットになんでも突っ込む癖があっていけないわ

[PR]
by who54211 | 2016-11-30 14:13 | 報告 | Comments(0)

裁縫

ずーーと気になってたけど、なかなか手を出さずにいたものの一つ、「布ナプキン」。

息子くんは絶対布おむつがいい!と思った理由の一つが「ゴミ」である。
今でこそそう大して紙おむつでもオムツ替えしなくてもいいが、それこそ新生児の頃は日に10回以上取り替えるわけで、それででてくるゴミって相当なものだ。

妊娠してから2年近く生理がなかったのが、やっと戻って来た時に、ちょうど使い捨てのナプキンがなくなりそうになった。

「これ、もう次は買わない」

そう思い、布ナプキンを買いに行った。

でも、実際どれくらいあったらいいんだろう、洗濯は?などなど疑問がいっぱい。
そんな矢先、子宮の会で会ったMayumiさんが「布ナプキン作り」のイベントをやると言うので、もうこれは行くしかない!!と申し込み。

バンクーバー市内に移転してから初めて行った「Tama Organic」さんが会場。もちろんここでも買い物したw。

布ナプキン作りの前に「Eco Moon Pad」のYuiさんが布ナプキンについて色々説明してくださった。ワタシはとにかくゴミが嫌での切り替えだが、布ナプキンっていろいろ効果があるとのことだ。
婦人系のトラブルが減り、経血コントロールができるようになる人も多いらしい。

そして何より見た目が可愛い😍
手作りが好きな人はそれこそ自分の気に入った布で作ってしまうこともできる。

で実際に縫う。
f0129786_15074921.jpg
Yuiさんのお家にある桜の木で染めた布をチクチク。
ホッとする落ち着いた黄色。
f0129786_15094944.jpg
これをホルダーに装着して使う。この折りたたみのハンカチタイプは反対側を表にして更に使ったりできる。
このほかにもパッドタイプもあって、数枚購入。以前買ったものも含め、ホルダー4枚、パッドが10枚。

実は生理中なので、今日早速着用。

一番の違いは暖かさ。紙のあの冷たさがない。布だから本当に心地いい。

もうこれはやめられない!と一瞬で虜である。

洗濯もつけおきをしっかりしておけば、簡単に落ちると言うことなので、空いたヨーグルト容器に入れることにした。

いらないタオルとかNaokoちゃんが帰って来たらナプキンに改造してもらおう(他力本願)。

このイベントにはMs BrightsのSayaさん、そこで知り合ったEnaさん、アロマージュの講座で知り合ったHisaeさんもいて、みんな和気あいあいと楽しい作業だった。

カナダ在住で布ナプキンに興味のある方は是非Yuiさんにご連絡を。ecomoonpad@gmail.com

[PR]
by who54211 | 2016-11-21 14:43 | 報告 | Comments(0)

体力

今日で息子くんは15ヶ月になった。

随分大きくなったが、いまだにプニプニポチャポチャの赤ちゃん体型で、座ってる姿勢は7-8ヶ月の頃とあまり変わりはないw。脚をまだまっすぐ伸ばして座ることが少ないのだ。お腹が出てるので、18ヶ月の服を着せても腹が入らないこともしばしばである。

脚力は確実についてきて、段差の昇り降りが大好き。よじ登れるところはよじ登るようになったが、まだイスやソファには登れないので安心。
持久力もついてきて、今日は10ブロック以上上り坂を含めて歩いた。動くのが好きな子になってくれて良かった。このまま活発であってほしい。

言葉も少しずつ増えて、英語日本語混ぜこぜではあるものの、「バナナ」を「バッバ」とか犬に向かって「バウバウ」と言ったりする。「お父さん」と言うとNigelを指差し、「お母さん」と言うとワタシを指差すようになった。

「お願いします」の手話を乱用し、何とか自分の要求を通そうとしたり、思い通りにならないと身体を二つ折りにして泣いて訴えたりしてる。

夜は寝言泣きも減り、通して寝る日が増えた。その代わり昼寝は短いw。

でも以前よりは一人で大丈夫な時間が増えて、家事に少しずつ余裕ができるようになった。
ジーーっと本を眺めたり、ウクレレを弾いたり、あっちこっち動いてみたり、相手がいなくても遊ぶ方法を見つけたらしい。でもどうしても相手が欲しい時は、手や服を引っ張って連れていくという方法も覚えた。

Risaさんのリトミックでも音楽に合わせて動くことができるようになり、嬉しいかぎりである。

本は本当に大好きで、気に入った本は何度も繰り返す。最近は「ピノキオ」がお気に入りで1日に5回は読んで聞かせてる気がする。

食べるものも味付け前の夕飯のおかずを少し小さめに切るだけで済むようになったので、冷凍保存の必要が無くなった。出来上がったものをハサミでチョキチョキするだけなので、楽チン。
煮干し出汁が大好きで、味噌を入れる前の味噌汁を喜んで飲んでいる。
おっぱいはまだ日に2-3回。Nigelのクリスマス休暇に合わせて、断乳予定。

特に大きな病気も怪我もなく、ここまで来た。このままスクスク育ってほしいもにだ

[PR]
by who54211 | 2016-11-21 14:21 | 報告 | Comments(0)

蛍雪

f0129786_14250176.jpg
息子くんのリトミックの先生、RisaさんがFBで

「今日指揮する!」

とお知らせしてたので、ご近所だし行こう!と息子くんをお風呂に入れて、あとはNigelに任せて、久々に合唱を聴きに行く。

f0129786_14274434.jpg

2年半暮らしてて、2ブロック先なのに入ったことがなかった教会が会場。ここはよく何かの撮影でも使われてる。

Risaさんは一曲目に日本語で朗々と歌い、そのまま指揮。衣装も着物をアレンジした長いベストで素敵だった。

この合唱団は歴史のある合唱団で、55歳以上でないと入れないんだそうだ。Risaさんはお師匠さんが、この合唱団のディレクターで、そのご縁で今回の大役を仰せつかったとのこと。

プログラムはミュージカルからの引用、カナダの作曲家の歌などバラエティに富んでいて、加えてこのディレクターさん、話が面白かった。

終盤、観客参加の歌もあり、「蛍の光」を英語で初めて歌った。Nigelに今聞いたら、ケルト語だから、意味が分からないらしい。

たまにこうやって夜一人で出歩くのもいいかも。
これからクリスマスシーズン。また合唱聴きに行くのもいいな。

[PR]
by who54211 | 2016-11-19 14:24 | 報告 | Comments(0)

必然

11月11日、リメンブランスデーが終わるとバンクーバーは一気にクリスマス一色になる。

アメリカと違って、サンクスギビングが10月なので、11月の週末はいろんなところでクリスマスのクラフトフェアをやってる。

その一つが「Circle Craft」。
入場料$15もするのだが、北米のいろんなところから出展者が来る大きなイベントの一つ。病み上がりだが去年行けなかった(Nigelが忙しかったのとワタシ一人では不安だったから)が、もう息子くんも大丈夫だろ、と親子で参加。
三連休の頭だったが、すっごい人だかり。でも2年前Nigelのイーグルドリームキャッチャーを買ったお店で息子くんのを買った。

f0129786_15375827.jpg
一番見入ってたのでサーモン。豊かさの象徴らしい。

f0129786_15421710.jpg
ガラスのストローはみんなのイニシャルのものを一本ずつと
f0129786_15430224.jpg
息子くんにはパンダも買った🐼
そして木製のオモチャ屋さんでサンプルを触らせてたらすっごく気に入って離さなくなった
f0129786_15460625.jpg
クジラ12号(勝手に命名したけど、クジラかどうかは定かではない)。買ってからずーっと引きずって歩いてて可愛かった。

その後昼寝に入った息子くん。チャンスとばかりにGyoza Barへ行くもお休み。なのでできたばかりの「家家家」へ。
f0129786_15493348.jpg
さて写真も撮ったし食べるぞ、となった時点で息子くん、起きる😞

世の中、そうはうまく行かないもんか。

今日は今日で日系プレースのクリスマスクラフトフェアへ。
f0129786_15520370.jpg
開場前から行列が出来てた。
息子くんが寝てしまったので、Nigelに車に残ってもらい、ワタシだけ買い物に行く。

入り口でYukoさんに会って、一緒に蕎麦と塩麹を買う。ここで糀もゲットしたので、低温貯蔵の甘酒作りしようと思う。

Yukoさんはそれで買い物終了だったので、お別れし、開場を見てたら、布のお箸入れが売ってて、昨日買ったストローにいいな、と購入してたら、指圧師のTomさんに声をかけられた。また行きますね〜。

思いがけず美味しかった食べるラー油を衝動買いし、会社の空気が悪いというNigelにマスクを買い、自分にシュシュと三年番茶を買って、出口に向かうとTomさんがTamakoさんと喋っていた。そしてTamakoさんと一緒にいた方がなんと5年前習ってたフラワーアレンジで一緒だった人だった。偶然ってすごい!

そのすぐ後に「朝活カフェ」のHitomiさんにもバッタリ。いろんな人に再会。なんか嬉しい😆

買い物終えて車に向かうとNigelがストローラーを出して来たのだが、まだ息子くんを下ろしてなかったので、そのままメトロタウンへ。とてもじゃないがあの人混みでストローラーは自殺行為だ。

メトロタウン内を走る汽車に初めて乗った。Nigelはメトロタウンがとんでもない大きさのモールだと知らなかったらしい。なかなか戻ってこない汽車にビックリしていた。

息子くんは、特に汽車に関心なくイルミネーションかクジラ12号をいじっていた。そンなもんである。親が一番楽しんでるw。



熱の原因
[PR]
by who54211 | 2016-11-13 15:32 | 報告 | Comments(0)

不眠

午前2時草木も眠る丑三つ時だというのに眠れない。

おそらく高熱でうなされて二日間寝込んだせいだろう。隣でNigelはよく寝てる。息子くんは隣の部屋でよく寝てる。

こういう時のスマホはいけないと思いつつ、さすがに午前一時を過ぎたらどうにもこうにも考えが行き詰まり、こうしてブログを書いてみたりする。

熱と頭痛から解放されて、「元気でいるって幸せなんだな」としみじみ実感。そしてふと「もし明日死んじゃったらどうするよ?!」が浮かんで来た。

いかん、遺言書かねば。

日本と違い、カナダでは遺言がないと遺産は裁判所が認定した人が勝手に相続配分してしまうのだ。なので、借金も含めて財産がある人は遺言を書いておくのが普通。

ワタシたちも大きな財産があるわけではないが、コンドも買ったし、やっぱり引っ越す前には、一度考えないと。

まずは...弁護士探しからだな。どっかにいい弁護士いないかな。

朝起きたらNigelに相談しよう。

何はともあれ、連休前に回復した自分に拍手👏
さ、楽しむぞ。

まずは...ねよう

[PR]
by who54211 | 2016-11-11 18:53 | 報告 | Comments(0)

育成

この二日間、本当に寝込んでいた。
今日はともかく、昨日は本当に動けず、Nigelも調子が悪かったのだが、ワタシよりは動けたので、全面的に息子くんのお世話をお願いした。

こういう時にこの人がお父さんで良かったとつくづく思う。
「イクメン」などという言葉が聞かれるようになって久しいが、これもお互いにどれだけ相手に要求するかが鍵になる。

母親がやってることを全て父親がやるのは無理なのだ。逆に言えば、父親にしかできないこともある。

赤子は肌身離さず、乳児は手を離さず、子供は目を離さず、は母親じゃなくてもできること。だからそれをお父さんにお願いすればいいのだ。

ワタシ自身、以前こうやってお願いすることを「悪い」と思ってたけど、今は「うふふ、イクメン教育大成功だわ」。挙句に「まだまだ甘いな、Nigel。ワタシは息子くんが昼寝してる間に晩御飯を作り、洗濯ものを片付けてるぞ(だからNigelも調子悪いんだって)」とも思う。

外で仕事をするのも大変だと思うが、子育て、特に赤子は「ひどく注文が多い上、言葉が通じず、そのくせ怒って帰ってもくれないお客さん」を24時間相手にしているようなものだ、と最近思う。それをいかに機嫌よく過ごしてもらうのか、その上道徳心を養ってもらうのはすごいことなんだ、とそれをそれなりにやってる自分を褒めておくw。

息子くんは、二日間ワタシが身近にいないので、顔を見るたび、おっぱいを欲しがっていた。なんだか品切れ直前商品になった気分だった。ある意味希少価値感を味わった二日間。無事に回復しており、「ビール飲みたい」と思える今はもう大丈夫かな。




精油
[PR]
by who54211 | 2016-11-10 12:25 | 人間 | Comments(0)

発達

朝、雨が降ってない日は、息子くんを三輪車に乗せて、Nigelをバス停まで見送りに行くのだが、いつもだいたい同じ時間のバスに乗るので、運転手さんに覚えられたらしい。

雨の日にお見送りに行かなかったら、運転手さんに

「今日は三輪車のお見送りはないのかい?」

と言われたそうだ。

で、この前、その運転手さんのバスがバス停に停まってて、でもワタシたちは信号待ちしてたので、間に合わないね〜、と言ってたのに、お客さん降ろしてもまだ停まってたので、信号変わるとともにダッシュした。やっぱり三輪車を見て待っててくれたのだ。

そんなバンクーバーの人たちが好きだ。

息子くんは昨日から急に食欲減退して、ほとんど食べていない。
あれほど飲み食いする子が、1日トータルでバナナ半分、トースト一枚しか食べていない。牛乳も200ミリリットル行くか行かないかぐらい。

ただ、機嫌は悪くないし、戻してないし、お通じはゆるいけど、下痢が止まらないという感じでもないので様子を見ている。昨日は夜中やっぱりお腹が空いたのか、いつもすぐ眠りに戻るのに、1時間以上、うつらうつらし、ワタシが部屋を出ると泣いて結局あまり寝てくれなかった。
牛乳飲ませて、やっと落ち着いたところで、Nigelに代わってもらって睡眠確保。今日がサマータイムからの切替え日で良かった。

まぁ他に症状がないので、対応しようがないんだよね。別におっぱいも欲しがってないので、そのうち食べるだろうと気長に行くことにした。

心配といえば、息子くんは人見知りをしない子なのだが、それなりに警戒心は育っているらしく、未知の人に未知の場所で会ったら、近づいて行かないことが分かった。ファミリーセンターやチャイルドマインドでは、初めて会う人でも仲良くしてるが(最近迎えに行っても、喜んでくれずずっと遊んでてワタシにツレない)、レストランやバスで会った見知らぬ人に触られそうになると戸惑って、近づいて行かなくなった。

身体的には転ぶことが減って、走るようになり、ジャンプのまねごともし始めた。

そうそう、数回だが
「おかーしゃん」
とも言った。

まぁまだまだ言葉で会話は成り立たないが、ワタシとNigelが望んだ通り、本は大好きで、最近一人でパラパラじーっと読んでることが増えた。

いろいろ小さいながらに覚えて、実践しててえらいなーとおもう


[PR]
by who54211 | 2016-11-07 06:51 | 人間 | Comments(0)

親子

親の心子知らずという諺がある。

息子くんを育てるにあたって常に思っているのは

「とにかくいつでも受容できる親でありたい」

ということだ。ワタシ自身、4人姉弟の2番目で、小さい頃から「橋の下から拾った」だの「男の子が次生まれるように名付けた」だの言われ続け、それを『お前は重要じゃない』とワタシが勝手に翻訳して育ってしまったため、小学生の頃からあまり両親にきちんと自分の気持ちを話すことが怖かったからなのだが、いろいろな「子育てクラス」を取って今更思うのは

「お父さんもお母さんも精一杯やってたはず。ただワタシの要求にぴったり答えられないことが多かっただけだったんだ」

f0129786_13591347.jpg

今、Family Centreで受けている「Circle Of Security」というプログラム。子供は冒険に出るが、それを支えるには常にもどって来る所、見守ってあげることでいい親子関係を作る、というものである。

ワタシもそうなのだが、子供が泣くととにかく泣きやませようとしてしまうのだが、「泣く」ことで子供自身が自分の気持ちを整理していることので、それを手伝ってあげることが大事なのだ。もちろん泣く前に気持ちを汲んで、「こう思ってるのね」と伝えてあげることができるのが、より良いのだが。

ワタシは一人でも四苦八苦してるのに、4人しかも共働き家庭で4人全員にそれをするのは相当難しかっただろうと思う。親だって人間、体調が悪かったり、夫婦仲を中心にした人間関係のストレスで全力で子育てしてても、ゆとりを持って一人一人に接することは無理だったと思う。

でも、ワタシは今でも思うが、照れ隠しだったのかもしれないが、『お前は大事じゃない』と取られてしまうような発言だけはして欲しくなかった。自己否定にしかワタシは繋げていけなかった。大事にされるよう頑張るガッツがあれば良かったのにな。

ワタシは息子くんに答えられてないかもしれないし、これはワタシにとって自己満足なだけかもしれないけど、でもそれでワタシはいいと思う。思い込みでも息子くんといい関係を作ってると思えたらいい。

だってワタシの人生だもん。息子くんは息子くんで模索していけばいい。

絶対に「君は大切だよ」はいい続けていく。息子くんはワタシにとって宝物だから。




[PR]
by who54211 | 2016-11-05 13:49 | 人間 | Comments(0)

参加

昨日はハロウィンだったので、息子くんにNigelのお兄さんに去年もらったバットマンのワンジーを着せて、マント着けて(中古$4.99)Nigelの職場のあるYaletownへ。

f0129786_13050018.jpg
なんせうちの息子くんは17:30にゴハン、18:30にお風呂、19:30には寝てしまうので夜はどう頑張っても出歩けない。ここのイベントは早めの夕方、15:30からだったので、ランチ休憩を30分ここで取ってもらってNigelも参加してもらった。

いくら子供に優しいバンクーバーといえ、人混みでごった返す商店街のお店にストローラーで出入りするのは大変なので、Nigelの会社にストローラーを置いて、抱っこと本人徒歩併用。
あちこちで「かわいいー😍」と言われるも、うちのバットマンは何故か最初にもらったチョコレートを握りしめ、せっかく差し出されたお菓子に見向きもしないツンツン振りw。

まぁ去年よりは楽しんでくれたかな。来年以降は自分で仮装を選んで、自分で回ってくれるだろう(と母は期待)。

f0129786_13134066.jpg
バットマン、大収穫であるw。
まぁ、本人食べられない(というか食べさせない)けどね。ご馳走さま〜。



嫌味
[PR]
by who54211 | 2016-11-02 13:04 | 報告 | Comments(0)