タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

考察

昨日はデートナイト❤️
ずっと行きたかった「くるムーチョ」でゴハン。
f0129786_06513835.jpg
f0129786_06511156.jpg
Shizenyaさん系列なので、オーガニック、ビーガンフレンドリーである(肉食べたけどw)。
デザートがビーガンプディングさんプロデュースということもあり、甘さ控えめ、大人の味である。安心して子供にも「食べて」って出せるもの。
実は息子くんとAkoさんのお弁当を半分こした後だったのにペロリとタコス、スープ、デザートフルコース行ってしまったw。それくらい美味しかった。

その後「Dunkirk」を見た。
第二次世界大戦中、フランスでドイツ軍に囲まれた英軍30万人の兵士を救出する映画だ。

ものすごかった。
生きるか死ぬかの瀬戸際って人間の本性見えるよなー、という一方、味方救出のため、自分の命を犠牲にして戦う人もいる。
そして、兵士を助け出すために近隣の国々から集まってくる漁船、観光船たち。
改めて思う。人ってすごいこと、そして争いが馬鹿らしいこと。
戦争映画としては短めの1:45の作品。オススメである。


久しぶりに
[PR]
# by who54211 | 2017-07-29 06:50 | 人間 | Comments(0)

相談

たまたまなのだが、ちょっと立て続けに個人的なお悩みを打ち明けられた。
まぁワタシはカウンセラーではないのだが、DVやら産後うつでいろいろ専門家のお世話にもなり、今現在は「え?マジでうつだったの?」というくらい普通に楽しく暮らしているので、話しやすいんだろうか??

人の悩みを聞いてると、「え?そんなことで悩むの?」ということから「え?そんなに深刻なのに大丈夫なの?」ということまで千差万別なのだが、共通点は同じ。

悩んでる本人は、「聞いてもらいたい」のだ。



これはワタシの産後うつブログの中でも紹介したのだが、「外へ出す」ことで自分の思考を整理するのだ。それだけでかなりすっきりする。このブログの中でも紹介してるのだが、トイレにフェルトペンを置いておいて、マイナスの感情が出てきたときはトイレットペーパーに書いて流してしまうと案外その感情が一緒に流れて行ってしまうものである。

うちの近所に一軒の空き家がある。数か月前に中国系の人が引っ越してきたばっかりだったのに、数週間前になぜか大きな粗大ごみ回収用のコンテナが置かれた。
そして壁に裁判所からの調停書と思われる書類が貼られ、更に「中国人が失礼で尊敬を念を失ってるからだ」と大きな落書き。

バンクーバーの不動産はいまだ高騰し続けており、もはや市内で家を買うには数億単位のお金が必要である。その原因の一端が中国系投資家の不動産購入ともいわれている。全員が全員そうだとは思わないが、「家を買った」→「数か月住んだ」→「家財道具そのままで逃げる」という悪質な購入者が後を絶たないらしい。うちの近所の家もその被害にあったようだ。

ただね、この落書きという行為、正直言っていただけない。
その怒りは分からないでもないけど、落書きすることでその分、この家を再度販売する時には塗りなおしたりしなくちゃいけないわけでしょ?その分また価格に上乗せされちゃうと思うのだが(専門家じゃないからこの辺どうするのか知らないけど)。結局不動産価格が落ち着くということには全然つながっていかないような気がする。

マイナスの感情を誘因するような行動に、更にマイナスの感情を引き出す行動を取っても堂々巡りなだけなのだ。

悩みも同じ。特に対人関係で悩んでいるときは、お互いにぶつかるだけではうまくいかないことも多い。だからこそのセルフケアなのである。

そのセルフケアでワタシが大事にしてるのが「香り」。いい匂いがすると悩んでるのが馬鹿らしくなるのだ。別にね、アロマにこだわらなくてもいいのだ。晩御飯のにおいでもいいし、お水をまいた後のお庭のにおいとかね、平和でいいなーとワタシは思う。最近はBBQのにおいがそこかしこから漂ってきて、幸せであるw。

まぁとはいってもアロマはそういう意味では手っ取り早いので、是非9月24日はアロマフェアへお越しいただきたいと思う。





[PR]
# by who54211 | 2017-07-26 05:47 | 関心 | Comments(0)

収穫

お友達に誘われて、今が旬のブルーベリーピッキングへ。

長年バンクーバーで暮らしていながら、実はフルーツピッキングは初めて。
ウエストバンクーバーで働いてた時は、庭にラズベリーやブラックベリーが群生してて勝手に採ってたけど、それはカウントしないw。とげがすごくてほとんど採れなかった・・・。

が、ブルーベリーは、程よい高さの木だし、とげがない!!

ということで母は張り切っていたのだが・・・。
f0129786_11404781.jpg
息子くんは、果物を全般に食べないこともあり、ほかの子供たちが我先にと摘んでは食べ、摘んでは食べ、とはしゃぐ中、一人土と戯れる。
おかげで母はグループから離れ、息子くんが見えるところじゃないと作業できず・・・。ただ、逆に言えば、邪魔が全く入らないので、集中して青いのをせっせと摘んでいた。

で、そのうちに土に飽きた息子くんが
f0129786_11410563.jpg
覗きに来たついでに、3粒だけ収穫手伝いw。今日一番の収穫は、息子くんが「ブルーベリー」と言えるようになったことw。
暑い日差しもあって、この後かなりグロッキーに疲れていた息子くん。公園に移動してランチするまでに寝ちゃうんじゃないかとひやひやしたものの、着いたら大興奮して、ほかのお母さんたちと戯れるゲンキンな息子くん・・・。やはり大物かw。ま、その後車中で爆睡してたがw。
f0129786_11411882.jpg
なんだかんだと4ポンドの大収穫。来年は息子くんもちゃんと参加してくれますように。

[PR]
# by who54211 | 2017-07-25 11:40 | 報告 | Comments(0)

招待

あの興奮と感動が再びやってくる!!

というというわけで、無事に告知に至ることになったアロマフェア第二弾は9月24日、アロマージュコキットラム教室で行われることになった。
コキットラム教室と言えば
f0129786_14061606.jpg
アロマージュ会員の中では言わずと知れた香りの宮殿、乙女になれる空間であるw。
今回はアロマージュの教室を使うこともあり、前回よりもグレードアップである。反省点を生かして、2か月前告知!!
こうなったら9月24日、日曜日は空けておくしかないでしょ!といわんばかりである。
イベント当日スケジュールも、ゲストの皆様にゆったりとくつろいでいただけるよう、時間にすこし余裕を持たせてある。

イベントの詳細については

こちらをご覧いただければありがたい。さらにご質問があれば、ワタシに連絡していただければ、詳しくお答えできると思う。
今回はスケジュールにゆとりを持たせるために、トリートメントのセッションの枠の数がかなり少なくなっているので、体験を希望される方は、ぜひぜひご予約をおススメする。「セッションはいいわー」と思ってても、実際に教室に行ったら受けたくなること請け合いなのがアロマージュのアロマジック。セッションを受けたら、ワタシがこの教室に行くたびに「今日は大丈夫だろ」と思ってても、毎回号泣して心の💦をしっかり流してくる理由がわかるはず。

さぁもうこうなったらお問い合わせあるのみ!!ご連絡おまちしている。



[PR]
# by who54211 | 2017-07-22 13:49 | 報告 | Comments(0)

思考

今日で息子くんは満23か月。2歳の誕生日まであと一か月になった。

やっとリトミックの歌に興味を持ち始めて、家でも歌うようになり、クラスでも積極的に踊ったり動いたりするようになってくれた。8か月から通って、Risaさんの熱心かつ辛抱強い指導のおかげで音楽が「楽しい」ものだとわかりつつあるらしい。
アルファベットをKまで言えるようになった。
骨折したNigelの影響で「肘、痛い」とはっきりした二語文(ただこれだけだけど)が出るようになったw。
この一か月で言葉の覚え方がスピードアップしていて、日本語英語共にボキャブラリーが格段に増えたが、まだ意味とつながってない言葉も多くて、二語文は使えないようだ。でもバイリンガルの環境で良くここまで言葉がうまいこと発達したなと思っている。ほんとに頭の中を覗いてみたい。最近ははっきりNigelには英語、ワタシには日本語を使うようになった。

離れることへの不安は相変わらずで、昨日のリトミックでは「今生の別れか?!」という勢いでトイレに行くワタシに向かって「かあちゃーん」と泣いた(Caholiさん、ずっとなだめててくれてありがとう)。シッターさんの時は数分で大丈夫になるらしいが、やはり近くにいる、すぐ戻るとわかってると相当ぐずぐずするらしいw。そのくせ、公園でもオープンジムでもWade Poolでも平気で遠くに行くw。見える距離にいることが重要らしいw。

牛乳が大好きで4リットルのジャグが4日持たない・・・。一日1リットルの勢いで飲んでいるw。まぁいいか。
食事は相変わらず。食べたくないときは食べないので、食べるものを出す日々。でもAkoさんのお弁当は喜んで食べるので、週に一度そこで集中的に野菜摂取でヨシとする母(だって戦うの疲れるもん)。

お昼寝がちょっと短くなったりする日もあるが、基本朝からよく遊び、昼寝、おやつ、また公園でバンクーバーの夏を思いっきり満喫中の息子くん。ブランコに30分以上乗ったり、大きいお兄ちゃんたちの使う遊具に乗って走り回ってお兄ちゃんたちの鬼ごっこのお邪魔をしたりと本人は楽しいらしい(母は落とされやしないかひやひやしている)。
最近🏀バスケ熱が冷めて、シュートしないが、相変わらず「バスケット!シュート!」とは連呼している。シャボン玉がブームらしく、ひたすら棒を振り回して職人のごとくシャボン玉を出している。

f0129786_05475213.jpg
いつまでこうやって手を引いてくれるんだろうか??そういえば最近「抱っこ」っていう回数が減ったな。
いつかこうやって手を引く相手が彼女になるんだねー。

そういえばこの前、Akoさんのお料理教室のポットラックピクニックに行ったとき、面白い父ちゃんを発見。
しっかり会話のできる男の子だったので、おそらく4歳くらいだと思うのだが、一人、一生懸命遊んでいた。何かお手伝いが必要な時に

「お父さん、これやりたいから手伝って」

とちゃんとお願いしてたのだが、この子の父ちゃんは、座ったベンチから動かず

「自分で何とかしなさーい」

というだけ。できないことはするな、ということもあったが、その男の子、少し年上の子たちが遊んでるのを見て、やり方を学んで、ちゃんと自分で遊んでた。そのうちにこの男の子が移動し、別の遊具で遊んでたら別の女の子(多分3歳になってないくらいの子)がそれで遊びたいと駄々をこね始め、女の子のほうが泣き始めた。女の子のお母さんは必死で女の子をなだめていたが、この男の子の父ちゃんは

…完全無視w。

ある意味、徹底しててすごいと思った。子供がある程度コミュニケーションが取れるようになったら、こうやって子供を信じて全部任せてみるのもアリだよな、と思う。

公共のおもちゃや遊具で遊ぶ場合、どうしても取り合いになることがあるのだが、ワタシは基本的には「早い者勝ち」だと思っている。先に遊んでる子に優先権があるので、その子が納得しない限り、順番変わる必要はないと思う。そこに力で割り込もうとしたときはよその子であっても叱るけど、ちゃんと待ってる時は一応「次の子が待ってるよ」と息子くんには声をかけている。でも無理に終わらせることはさせない。

これに関しては賛否両論あるだろうけど、一番大事なことは、人が使ってるものは勝手にとっちゃだめだと教えることにあるんだと思う。

さてさてうちの息子くんは一体どうやってこれを学んでくれることやら。



[PR]
# by who54211 | 2017-07-21 05:47 | 人間 | Comments(0)