タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

現実

先週は代理の図書館司書さんだったので、ノリの悪かった息子くんも、ギターのオッチャン復活の昨日は、しっかり30分ご堪能。

バンクーバーの図書館は、こういうこども向けプログラムだけでなく、大人のプログラムも充実している。出産前は、Nigelと一緒に映画見に行ったりしてたな。
そんな大人向けプログラムの中には、就活に関するものも多くて、特に移民に対して事細かに履歴書の書き方や仕事の探し方なんかを教えてくれる。

もちろん、新卒者向けプログラムもある。
昨日はその一つ「Dream Job」シリーズ第一弾だったらしい。
f0129786_14195779.jpg
デジタルねーと思って見たら
f0129786_14230805.jpg
Nigelの仕事が!
そうなのか、憧れの職業の一つなのね〜。(ちなみにこのパネリストさんとNigelは別に知り合いでもなく、単に同じ職種なだけw)

で、気になって本人に

「憧れの対象になった気分は?」

と聞いたら、

「実際に働くと、『カッコいい』ことばっかじゃないよ」

と。まぁそうなんだろうけどw。

カナダに来て「PT」という単語が一般人にも通じたことに感激を覚えたワタシ。
日本ではPTはおろか理学療法士も通じないことが多い。リハビリって言ってようやく「あぁ」って顔をされるのだ。

ワタシはNigelと付き合い始めて初めて「VFX」という言葉を知ったが、これも割と一般的に使われているようだ。

まぁなにはともあれ、夢の仕事と言われるお仕事をしてる人が身近にいると、夢よりもリアリティが突きつけられるのはしょうがないねw。

[PR]
# by who54211 | 2017-04-13 12:54 | 仕事 | Comments(0)

行方

今日は息子くんのリトミックの先生、Risaさんがお家に来てくださった。

Risaさんは、子供達に音楽の楽しさを教えるのはもちろんだが、実はファイナンシャルアドバイザーでもある。
今回、ワタシがお願いしたのは、「Will」、遺言のことである。

カナダでは、遺言を残すのが一般的だ。
日本では遺言がなければ、法律で配偶者に半分、子供達で残りを分けるというふうに決まっている。
そういう法律のないこの国では、遺言を残さず死亡した場合、裁判所が法廷管財人を指名し、その人が遺産配分を決める。

懇意にしてる人が指名されたらいいけど、それは死んじゃった人間には分からない。

なので遺言を残すのである。

遺言もきちんと弁護士さんを通して、証明されていないと法的措置を取ってもらえない。

弁護士さんを通すということは、書き換える必要が出た時には、その都度予約を取り、費用を払って、書面を作らないといけない。

Risaさんが扱ってる商品は、その手間がなく、書き換えたければすぐ変更可能、お葬式の方法まで細かく指定できる、というスグレモノ。
遺言だけでなく、お葬式費用としての保険機能があり、万が一死んじゃったら、その保険会社がお葬式の面倒をみてくれる。

これ、ワタシのように家族が英語話せない環境だと非常にありがたい。

Risaさんいわく

「大切な人を喪った時、お葬式のことを考えなきゃいけない家族の負担を減らせる」

とのこと。確かに最愛の人を喪った喪失感に浸る暇もなく、手続きしなきゃいけないんだよね。現実って怖いわ。

そういうためにも遺言と葬式費用のカバーって大切。

まぁいつ死んでもいいようにしとくと長生きしそうな気もするし、前向きに検討しよう。

[PR]
# by who54211 | 2017-04-12 13:46 | 関心 | Comments(0)

空間

本当はヤングリヴィングのイベントに参加しようと思ってたこの週末、チケット取れずでも出かけたくってサンシャインコーストへやって来た我が家。

子連れで旅するときにワタシが気を使うことの一つに

「寝室と他の部屋が別である」

ことがある。

息子くんの就寝時間が夜8時ごろ。ワタシたちは早くても10時過ぎ。

この二時間、同じ部屋で過ごすのは難しい。

が、今回、コテージだから2部屋以上あると思ってたら、1フロアにベッド二つ、ソファセットにキッチンの造り!!
しかも窓が多くて、日が長くなった今、暗くできない!!

案の定、昨日は息子くんの寝つき悪い。

今日は、昼寝せずにいたせいか、7時半過ぎに急に大泣き。
お水飲ませて落ち着かせたら、自ら「あっち」とベッドを指差し、寝かせたら10秒で落ちた!

「魔の2歳児」って一般に言うけど、自分の意思がきちんとできて来るこの時期、もはやワタシたちじゃなく、息子くんに選んで行動してもらう方がスムーズなのかもしれない。

でも次回からはなるべく2部屋以上あるとこで泊まろうとNigelと話し合った。気を使いながら、こっそりタブレットで動画とかもう嫌だし。テレビで見たいっちゅうねん!!

[PR]
# by who54211 | 2017-04-10 13:19 | 報告 | Comments(0)

決心

日系プレースに入ってる「グラッドストーン日本語学校付属幼稚園」の見学に行った。

ワタシたちが引越しするニューウエストミンスターから一番近い日本語学校がここである。
と同時に日本語教育に関しては厳しい学校であるとも聞いている。

でも幼稚園は結局どこに入れても同じ、という先輩ママさんの言葉もあり、見学に行って来た。

この付属幼稚園は、説明会がなく、見学したかったら電話予約が可能。

まだコミュニティセンターのプログラムが始まってないので、今日は朝からニューウエストミンスターの音楽クラス(無料)に参加し、ついでに新居の工事をチェック。
f0129786_12495056.jpg
形見えて来たけど、まだまだよね、これ。

と、そんなことしてたら、まさかの事態が!!
息子くん、11時に寝付いてしまった😨

見学12:15からだから、その前に寝てくれて良かったといえばいいのだが...。
日系プレースそばのお友達に修理に出してたブツを取りに行くのにどうしたものかと思っていたのだが、「宇宙アマゾンありがとう」な出来事が!!

今日はMasakoさんと一緒に幼稚園見学に行く予定にしてたのだ!

なので、Masakoさんに車に残ってもらい、無事Harukaちゃんに修理してもらったNigelのキーチェーンを受け取る。Harukaちゃん、直してくれてありがとう😊

で、日系プレースに着いたら、息子くんも愚図らず起きてくれたので、ここでお昼。
その後クラスルームへ。

2歳児のクラスは、週に一度、保護者同伴の1時間。
うちの息子くんは、慣れない場所で落ち着かず、グズグズ...。終いにゃ脱走。見かねたMasakoさんが「わたし息子くんの相手するから、ゆっくり見学して」と言ってくれた。

なんて幸運なんだ!!Masakoさん、今日会おうって言ってくれて本当にありがとう!!

ワタシは保育園育ちなので、日本の幼稚園がどういうものなのか知らないのだが、みんな一緒に歌って、作って、お遊戯して、の1時間。なんとなく、懐かしい気持ちになった。
終わってから、学園長と思わしき方に案内されて、2017年度の2歳児クラス、入園を決めた。

決め手は「在園児優先と在園児兄弟姉妹の優先」と「日本のような環境とプログラム」、そして「通園時間」。

園庭や体育館もある「こどものくに」や「もみじ園」は確かに魅力的だった。でも通園時間に30分以上かけて通う事はワタシはしたくないと思ったのだ。
その時間を息子くんと違うことに使えるな、と。
何よりもプログラムがワタシが受けて来た教育に近い気がして、ワタシが馴染みやすそうだったのだ。
必要であれば、また他に英語でもフランス語でもいいから、別の幼稚園に通うっていう手もある。

帰り際担任の先生とお話ししたら、
「9月から数ヶ月はまず慣れることで精一杯です。特にお昼寝との戦いですよ。それが終わったら脱走との戦いです。」

そっか、もう4月。今日見た子たちはすでに3歳の子もいるんだよな。そりゃちゃんと座ってお話し聞けるわ。

でも、そうじゃなくてもこの年齢の子供は月齢で差が激しいので、時として「同じクラスもう一度」ということもあるらしい。でも稀だそうだ。

今はまだ2歳児のクラスは余裕があるようなので、枠を取ってもらい、正式な申し込みは5月からだそうだ。

とにかくこれで一つ肩の荷がおりた




デカイ
[PR]
# by who54211 | 2017-04-08 12:42 | 報告 | Comments(2)

女子

ここ2日ばかりひどく眠かった。しかもイライラし通しだった。

...生理が今日から始まった。

始まった途端、治った。

女性に生まれたからには、多かれ少なかれかかわるもんだが、産後あんまり気にならなかったんだが、ここ数ヶ月痛みはないけど、イライラと眠気が生理前に来ている。

こんな時はその日の気分に合わせたアロマオイルを嗅いで、気分を上げる。
不思議なもので、生理前後は「花」の香りが嗅ぎたくなる。
プラス「ユーカリ」。花粉症の症状が生理前後はよく出る。というか花粉症だと思ってたのだが、生理痛というかPMSの症状なのかもなぁ。生理始まった途端治った。

香りは大脳辺縁系に直接働きかける唯一の刺激。
難しく考えなくても、「これだ!」と思う香りや左手でランダムに取った香りでいいのだ。

さて、今日は何を嗅ごうかな。

[PR]
# by who54211 | 2017-04-07 11:06 | 人間 | Comments(0)