タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

風邪

昨日の昼過ぎから息子くんが珍しくダウン。

リトミックの後ごはんを食べなかったのだが、その後寝たら機嫌も良くなったので、図書館にアクティビティに参加したのだが、帰ってきてもやっぱり食べなかった。

機嫌は悪くないので、お風呂に入れたが、その後、寝ない。

「頭痛い」「膝痛い」「お腹痛い」「水飲む」「抱っこ」を数分置きに繰り返し、まとまった睡眠をワタシも取れず。

熱かったりそうじゃなかったりするので、熱が上がったり下がったりしてるらしい。今朝は辛うじてヨーグルトを喜んで食べた。こりゃまたしばらく離乳食に戻るのね。

車を修理に持っていくのとAkoさんのお弁当を取りに行く都合があったので、Nigelに午前休を取ってもらい、ワタシだけグランビルアイランドへ。
出てくる時も珍しくNigelにべったりしてて、グッタリしてた上、後追いして来ず。相当来てるな。

ワタシ自身もここ数日ちょっと嫌なことが立て続けにあって、リフレッシュが必要だったので、こういうひとり時間は相当ありがたい。

明日の幼稚園は、明日の朝判断しよう。




怒り
[PR]
# by who54211 | 2017-09-15 02:59 | 人間 | Comments(0)

初日

息子くん、今日が幼稚園の初日。
・・・といっても2歳児のクラスは親同伴の一時間。
f0129786_08345395.jpg
ある程度予測はしてたが、移動中から眠気と戦う。
泣かせながらも起こしてなんとか到着。でももうぐずぐずでお昼ご飯は食べず。次回はもうちょっと近くで遊ばせて、移動距離を短くしようと思った。

教室に入ると、なぜかおもちゃに見向きもせず、まっすぐ向かったのがラジカセ(今時?!)。
流れてる音楽に合わせてゆらゆら揺れていた。この時点では割と機嫌が良かった。でも名札は拒否。

うちの息子は、シールペタペタにまだ興味を示していないため、ほかの子が飛びつくこの作業も「うぎゃー」と拒否。
お返事のコーナーも無視。
工作に至ってはノリを手に付けた時点で不快だったらしく、全面拒否。
お遊戯と紙芝居は楽しそうだったけど、男の子に服を着せるゲームは「うぎゃー」とまた拒否・・・。

最後の5分は教室から出たくて仕方なく、ドアにしがみつく始末・・・。

終わった途端、笑顔で飛び出して行った息子くんを見た時、「早まったか?」とちょっと思った。

しかしだな、ほかの2歳児はなんて積極的なんだ、と思った。
どんどん前に出ていくわ、工作で全面的にノリ塗るわ、自分の順番を待てずに割り込んでいくわ・・・。でもそれが2歳児だよなぁ・・・。
うちの息子くんはどうも機嫌が良くてもそういう面があまりないので、実は社交的な面が弱いのかもしれない。
まぁそれも個性だからそのままやらせようとは思うが、人と違ってもいいんだよとワタシとNigelがおおらかに受け止めてあげとけばいいか、と思えたからきっと大丈夫だろう。

しかしだな、おやつ代を払うのはいいんだが、配られたこのお菓子・・・。これ、うちの息子はまったく興味を示してなかったので、あげないんだけど、普通は喜ぶのね(そういえばベビーシッターしてた時にそこの子供は2歳になってなかったけど食べてたか)。
いずれ飛びつくようになるだろうけど、今のところはワタシのおやつになるな・・・。っていうかこれらを毎週くれるのか??いらんなぁ・・・。

[PR]
# by who54211 | 2017-09-09 08:34 | 報告 | Comments(0)

会話

今朝の公園での出来事。

基本、ワタシは、人の子供にはあまり口を出さない。
うちの息子くんがなにかやらかした時、注意をしてもらったときは、「ごめんなさい、ありがとうございます」とは言うけども。

うちから一番近い公園は、あんまり人が来ないのだが、今日は若干混んでいた。
うちの息子くんは、相変わらずマイペースに遊んでいた。

滑り台が3つある公園なのだが、そのうちの一つは赤ちゃんでも滑れるくらい、小さいものである。これ、息子くんくらいの子だと、立って砂利をかけると砂利が滑り台をざざーっと滑って面白いらしい。

ワタシも誰も滑ってないときには、気にせずに息子くんに砂利を流させて、終わったら砂利を滑り台から全部落としておくのだが、さすがに別の子が滑ろうとしたり、あんまり人が多い時には止めている。

で、今日も息子くんは砂利をザーザー流して遊んでいたのだが、ほかの子が来たので、やめさせて砂利をどかした。そのうちにうちの息子くんも滑り台を滑ろうと階段を昇って行った。
息子くんの前には息子くんより少し小さい女の子。なかなか滑らないのだが、息子くんは待ってたので放置。この女の子のお母さんはほかに4歳のお兄ちゃんと、3歳くらいの女の子(いとこかなんかだと思う)の面倒を見てるようで忙しそうだった。最終的に気がついて

「早く滑りなさい」

と促してくれて、ここまではよかった。

滑り置いた女の子は、息子くんがまさに滑ろうとしてる滑り台に向かって砂利を投げ始めたのだ。息子くんが滑り始めてもやめない。

さすがに危ないので

「それはよくないよ。人に向かって砂は投げないんだよ(That's not nice, u can not throw sands towards people)」

と言ったら、お母さん飛んできた。

で、ワタシに放った一言。

「私が母親だから大丈夫です。大体この子2歳になってないからそんなふうに言っても分からないから(I am her mother, I can take care of it. She is even 2 yet, so she can not understand those words)」

・・・。
この後、ワタシは静かに怒っていた。すぐにはなんでそんなに怒ってるのか分からなかったのだが、分析してみたら

ーこのお母さんは、何が起こったのかを聞いてこなかった
ー女の子が悪いことをしたのに、謝っても来なかった
ー2歳の息子を育ててるワタシに「子供の言語発達を知らないの?」的な発言をした

確かにこのお母さんはワタシより経験値が多いんだろう。もしワタシがアジア人じゃなかったらもっと違う対応をしたのかもしれない(たまに「英語分からないくせに」的な態度を取られることが今でもある)。っていうか、このお母さんがこの後この女の子に注意してたフレーズ、ワタシが使ってたのとほぼ同じだったけど???むかつくわ~~~。

見てたら4歳のお兄ちゃんも結構注意されたことを何度もやってる子だったから、このお母さんもいっぱいいっぱいだったのかもしれない。だとしてもだな、少しは敬意をもってほかのガーディアンにも接してほしいわ。大体「そんなふうに言っても分からない」って子供の前で平気で言うのはどうなのよ??

人のふり見て我がふり直せ。息子くんがトラブル起こしたときは、まず冷静に「何があったんですか?」と聞けるようにしとこう。


[PR]
# by who54211 | 2017-09-02 06:26 | 人間 | Comments(0)

本音


ものすごい大きな台風がアメリカ南部を襲ったのは、日本でもきっと広く伝わっていることだろう。



今朝、ラジオから流れてきたこのCNNの音声。
この女性の怒りは確かにもっともだ。「ふざけんな、のんきにこんなのにコメントしてる余裕なんかねーんだよ!!」と言いたい気持ちはよーく分かる。

この後、ラジオのパーソナリティが言ったのは、

「この人の怒りは確かにもっともなんだけど、こうやって報道することでたくさんの人が共感して寄付や援助を申し出る可能性があるのに、怒りをあらわにすることで報道陣の意欲をそいで、援助が遠のいてしまうかもしれない」

正直、このリポーターさん、ほんとにハズレくじを引いた、としか言いようがない。

台風や地震のような自然災害は、予期せぬタイミングでいつ襲ってくるか分からない。
バンクーバーも比較的災害の少ないエリアだが、一応地震帯に入ってるので、大きな地震がくると言われている(が、ワタシはそう言われ続けた東海エリアで育って、何もまだ起きてないw)。

この女性もまさかここまで台風が猛威を振るうとは思っていなかったのかもしれない。どうして自分たちだけが、と思ってもそれは仕方のないことだ。

息子くんが産まれてから、うちでテレビをつけっぱなしにすることがなくなったので、ニュースももちろん見てないことが増えたのだが、この音声は、ラジオで聞いててもかなりショッキングだった。

何度も言うけど、この女性の怒りはほんとにわかる。

ワタシも日本で地震が起こるたびに、「その報道ヘリで物資運べよ」と思ってた方である。

でも、報道陣には報道陣の役割があるのだ。災害時には現状を伝え、援助を広くもとめていくことだ。
だとするならば、被災者は、報道陣もうまく使って援助を申し出ていけたらいいのにな、と思う。切羽詰まったパニック状態で冷静にそれをやるのは難しいと思うし、実際に自分がそうなったらうまく立ち回れる自信はないが。

いずれにせよ、被災した皆様には心からお悔やみ申し上げると同時に、募金にも参加していこうと思う(canadaではいろんなところで赤十字が災害時に寄付金を集めている)。










水難
[PR]
# by who54211 | 2017-08-31 14:00 | 人間 | Comments(0)

強靱 baby

息子くんの誕生会で、来てくださった方にはご報告をしたのだが、改めて。

f0129786_06120751.jpg
現在二人目を妊娠中。写真は高齢出産のためにやるNT超音波検査の超音波画像である。8週目で写真を撮った時は

f0129786_06475525.jpg
こんなだったのに、たった一か月で人間の形になり、手足ができていた。息子くんの時にもやったのだが、その時もそう思った。

「え、もう人間じゃん」

てね。このNT超音波は、出生前診断の一環で行われる。お医者さんによっては高齢出産だと羊水検査までやらせたりするのだが、うちのお医者さんは、ここで異常が出なければ、そこまでは希望しなければやらない。息子くんの時もそうだったけど、人間の形になってるのを見ちゃうとたとえ「異常があるかもしれません」と言われても「育てたい」と思うのが親心である。人にもよるか。技師さんによると、特に異常はなさそうだし、順調に成長しているとのことだ。異常があったらそういうことは言わない。「お医者さんに聞いてください」の一点張りになるので、大丈夫なんだろう。

さて、息子くんの時には胎児のときのニックネームが「Spot」だったのだが、今回は、最初の超音波で検査技師さんが

「ほら、見て。ここにピーナツがいるわ」

と言ったので、ワタシはそのまま「じゃぁお豆さんって呼ぼう」と思っていたのだが、Nigelが漫画の「The Peanuts」から取って「Snoopy」がいいと言うので、この子のニックネームは「Snoopy」。Spotもこっちでは結構有名な犬なので「犬繋がりw」と喜んでいる。父ちゃん、単純ねw。

で、そんなSnoopyさんは、計算上
f0129786_06151053.jpg
これをやってる時には、お腹にすでにいたことになるw。この時妊娠4週目くらいか。Nigelはこの妊娠週の数え方がよくわかっていなかったらしく(息子くんの時は一応2週間ほどトライの期間があったので、いつのか本人は認識してない)、

「え??だって作り始めたのってここだから…計算が合わない」

とパニくっていた。妊娠週は最終月経終了が妊娠0週になるので、実質その2週間後の排卵期に授精してることがほとんどだ。しかもワタシは生理も順調だったし、超音波でも「計算通りです」と言われた。つまり狙い撃ちでできた、ということである。

予定日が来年の3月3日ということでいろんな日本人の友達には

「女の子だね」

と言われる。今回も性別診断はしてもらわない方向でいくのだが、どっちが産まれてきても、バンジージャンプに耐えた子供だからたくましくなるに違いない。

世の中不妊で悩むカップルが多い中、高齢にも関わらず計算通りに子供を授かったことに感謝している。
後は新居に年内に引っ越せたら文句はない。早くできてくれないかな・・・。

今回は息子くんの時よりも早めのご報告になった(息子くんの時は5か月に入ってから)のには理由がある。
息子くんを見ながらの妊娠生活が大変になることを予測したからのだ。
そうでなくても、6-8週目までの先月半ばから今月頭は、つわりで辛かった。息子くんの時にも思ったのだが、一番不安定な時に声を大にして「妊娠してるんです。手伝ってください」と言えないのは本当に大変だった。毎日毎日体調不良と睡魔と戦いながら息子くんを公園に連れていっていた。
息子くんの時は休めたけど、今回は元気な息子くんと一緒にいるので、それができない。引っ越しも控えてる。
絶対にお手伝いが必要だ、と判断したのだ。なので、完全な安定期には入っていなかったが、息子くんの誕生会の直前の検診で再度心音を確認したのもあって、ご報告をした。
そして、今回の出産には、母に来てもらうことにした。これもワタシの中では大きな決断。親にお願い事が苦手なのだ。

だが、意外にもあっさりと

「あぁ、二人目の時は行くつもりだったから」

と言われ、しかも2か月近く滞在してくれることになった。感謝感謝。言ってみるもんだw。

さて、来年お兄ちゃんになる息子くんは
f0129786_06124130.jpg
相変わらずマイペースに遊ぶ。最近はこうして一人で遊ぶ時間もだいぶ増えてくれたけど、その分何をやらかすか読めないので、やっぱり目が離せない母だったw。



[PR]
# by who54211 | 2017-08-27 06:11 | 人間 | Comments(2)