タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:アロマージュ ( 10 ) タグの人気記事

招待

あの興奮と感動が再びやってくる!!

というというわけで、無事に告知に至ることになったアロマフェア第二弾は9月24日、アロマージュコキットラム教室で行われることになった。
コキットラム教室と言えば
f0129786_14061606.jpg
アロマージュ会員の中では言わずと知れた香りの宮殿、乙女になれる空間であるw。
今回はアロマージュの教室を使うこともあり、前回よりもグレードアップである。反省点を生かして、2か月前告知!!
こうなったら9月24日、日曜日は空けておくしかないでしょ!といわんばかりである。
イベント当日スケジュールも、ゲストの皆様にゆったりとくつろいでいただけるよう、時間にすこし余裕を持たせてある。

イベントの詳細については

こちらをご覧いただければありがたい。さらにご質問があれば、ワタシに連絡していただければ、詳しくお答えできると思う。
今回はスケジュールにゆとりを持たせるために、トリートメントのセッションの枠の数がかなり少なくなっているので、体験を希望される方は、ぜひぜひご予約をおススメする。「セッションはいいわー」と思ってても、実際に教室に行ったら受けたくなること請け合いなのがアロマージュのアロマジック。セッションを受けたら、ワタシがこの教室に行くたびに「今日は大丈夫だろ」と思ってても、毎回号泣して心の💦をしっかり流してくる理由がわかるはず。

さぁもうこうなったらお問い合わせあるのみ!!ご連絡おまちしている。



[PR]
by who54211 | 2017-07-22 13:49 | 報告 | Comments(0)

芳香

f0129786_06071768.jpg
・・・のっけからすごい写真だw。
これは、土曜日に行われた「アロマフェア」の一幕。夢の国からこのフェアのためだけに現れた「オイリーマン」であるw。

ワタシに産後うつから救ってくれた素晴らしい精油とその使い方を教えてくれるアロマージュを紹介してくれたEmiさんの思い付きで急きょ決まったアロマフェアが27日土曜日に無事終了した。

f0129786_06073290.jpg

f0129786_06075541.jpg

あれだけ急な告知だったにもかかわらず、大盛況だった。関係者一同、参加してくださったすべてのバンクーバー素敵女子の皆さんに感謝♡
いろーんな反省点、改善点も発見したけれど、何よりもたくさんの方に来ていただいて、来てくださった皆さんが「いい香り♡」と喜んでくださったことがありがたかった。

先週「アロマ初級」 の時にも書いたけど、ワタシ、ほんとにこのイベント乗り気じゃなかったのだ。
最初にEmiさんが「イベントやります」ってFBで告知した時から、「あーじゃぁ『お客さん』として遊びに行こう」の気分だった。
個別にメッセージで「こんなことやってくれませんか?」と言われたときは「じゃぁそれなら・・・」くらいだったのだが、最終的にイベントがアロマージュと共催になってそのアイディアが却下になり「セラピストしてください」になった時に

「は(怒)???」

とメッセージを読んで叫んだくらいに「ふざけんなよ」と思ってた。

私はアロマでサロンを開いてひと様にサービスを提供しようとは今のところ考えてない。アロマはまだまだワタシを癒してくれるものであって、ワタシ癒されきってないのになんで人に提供しなきゃいけないわけ!?とブツブツ文句を言っていた。

加えてこのフェアのオンラインミーティングのたびに、ワタシは焦ってしまい、息子くんのお昼寝寝かしつけがぜーんぜんうまくいかず、

「もうこれはワタシより魂のレベルの高い息子くんが『参加するな』って言ってるんだ」

と思ってた(←全部自分が勝手に「参加しなきゃだめ」焦ってただけなのに)。

一週間前に「アロマ初級」を受けて考えが変わってきて、そしてイベント前日にたまたまばったりとあったHirokoさんが「行きたいんです」とおっしゃってくれて、急きょ手続きをしてたのだが、前日だったために、息子くんの晩御飯の最中にテキストやらメッセンジャーやらやり取りが忙しくて、ワタシは息子くんをしっかり見てなかったのだが、なんとか一通り終わって息子くんもごはん終わって、ハイチェアから下してあげたら、ワタシの脚をぎゅーっと抱きしめてくれた。

「がんばってるねー母ちゃん、こういうイベントの裏方やるの好きなの知ってるよ」

って言ってくれてる気がした。

そうなのだ、ワタシはイベントごとの裏方をするのは大好きなのだ。
好きだからこそ、全力で準備に従事できないから、だからやりたくなかったのだ。

岸本あいさんの講座で「女性の優先順位はライフイベントで変わる」ということを教わったのだが、ワタシの中で息子くんのことが一番だと思いこもうとしてた。というかそうじゃなきゃいけないと思ってたんだと思う。

息子くんはもちろん大切だし、優先順位も高い。でも、自分のやりたいことがやはり一番に来る方がワタシに負担がすくないということを今回思い知った。

やりたかったらやったらいいし、やれない、やりたくないと思ったら断ればいいのである。
今回もどうしてもやりたくなかったら、「やりたくない」って言えたはずなのだ。

だってワタシがいなくても世界は回っていくんだから。

27日、朝9時からワタシは家を出て夜9時過ぎるまで戻らなかった。
でも息子くんはNigelと仲良く過ごし、帰ってきたら無事に眠っていた。

同じことがこのイベントでも起こりえたわけである。結局ワタシミーティングは中途半端にしか参加してないけど、ちゃんと成立してたんだから。ワタシが行かなきゃ行かないで、きっとどうにかなってたはずだ。

このイベントはアロマージュ代表、Saki先生のアロマ講座も2回行われたのだが、その中で参加者全員に「Sensation」という精油を嗅いだのだが、先生の誘導の声を聴いて、誘導にそって扉を開けたら、家族で草原に立ってる映像が浮かんで涙がすーっと出てきた。
新しい扉を開くには、家族の力がワタシには必要だったのかもしれない。「Sensation」は「Wow!」と叫びたくなる香り、と先生はおっしゃったが、感覚を、特に第六感を刺激する香りなんだろうなーと思う。

このイベント、恒例になると思うので、次の機会には是非もっとたくさんの人に参加してもらいたいと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-30 06:06 | 報告 | Comments(0)

意欲

f0129786_13551174.jpg

毎度おなじみ、アロマージュSaki先生の香りの宮殿♡
f0129786_13552536.jpg
今日も素敵なおやつとともに。

本日は「アロマ初級」講座。ワタシは結構長いこと「受けたい」とお願いしてたんだが、なかなか開講されず、やっと今日開講!!
教室での講座の前に、動画の予習学習があったのだが・・・。

ヤングリビングのアロマオイルをお使いの人はよくお分かりだと思うが、ヤングリビングには「シングル(その植物単独で作られたオイル。ラベンダー、レモン、イランイランなど)」と「ブレンド(シングルオイルを独特の製法で組み合わせて作られたオイル)」があるのだが、どうしてもブレンドオイルの名前がとても素敵でわかりやすいので、ブレンドオイルに走り勝ちなのだ(ちなみにワタシが一番最初に感動した「ジェントルベイビー」もブレンドオイル)。ブレンドオイルは確かにいい、でもお値段もすごかったりする。しかもカナダでは手に入らなかったりもする(アメリカのサイトから購入することは可能)。

でもね、どの動画予習で勉強してるとね、「っていうかシングルオイル、しかもお手頃で欠品しにくい精油で組み合わせたらいいじゃーん」っていう新発見がたくさんあった。
初級で学ぶオイルは、ベルガモット、イランイラン、ラベンダー、ペパーミント、オレンジ、ローズマリー、ユーカリ、ゼラニウム、レモン、ティーツリーの10本。ワタシの手元になかったベルガモットとゼラニウム以外は香りを嗅ぎながら動画学習。もう聞けば聞くほど、使いたくなる!!!

今日の教室での講座では、もう少し「アロマセラピスト」として、オイルをどう紹介するか、この10本以外のオイルとのお勧め組み合わせ、セラピストとして「ひけらかすべき知識の覚え方」をアロマージュスタイルで教わる。
毎度のことだけど、大爆笑のクラスであるw。おかげ様で酢酸ベンジルとかユーカリとティーツリーはフトモモ科とか、ベルガプテンが光毒性の元だとかをすらすらいえるようにw。

その後は生徒同士で「オイルコンサルタント」の練習。今回は「ヤングリビングの精油初めて」というNanamiさんとペアで行わせてもらった。

このコンサルの練習で得たものはすごく大きかった。

実はワタシ、27日土曜日に行われる
このイベント、すっごく憂鬱だったのだ。
ワタシの中でアロマは、ワタシを癒してくれるものであり、アロマージュの講座をお金払って受けるのもSaki先生のセッションを直接受けられるからであって、セラピストとして何かしたいからではないのだ。
でもこのイベントでは、「セラピスト」として参加することになっていて、「え?ワタシ、むしろ客で行きたいんですが??」と心の中で何度となくつぶやき、当日家族のだれかを病気に仕立てて欠席しようかと思うほど、セラピストをしたくなかったのだ。
今日のクラスでもSaki先生が初めて受講されるNanamiさんとMiyukiさんのMTを取ってバスソルトを作ってるとき、Mayumiさんに「私で練習しとく??」と言われたけど、「ううん、やめとく」といったくらい、ほんとにやりたくなかったのだ。

でもね、Nanamiさんとコンサルの練習してるときに、出てくるわ出てくるわすらすらとこじつけがw。
Saki先生もおっしゃったのが

「90%は精油がお仕事してくれるから、残りの10%、ふたを開けたり、運ぶのをやってあげればいいのよ」

そうだよ、ワタシ、全然労力要してないじゃーん。

何を怖がっていたんだろうか??そうだよ、いい香りを作って楽しんでもらえばいいんだよ、ということに気づかされた。
大体ヤングリビングの精油使って嫌な香りになるわけがない。というかなったらなったで別の精油を混ぜたらいいし。

あーんなに行きたくなかったけど、今はとっても楽しみになってきた。

そして今日もバスソルトのアロマリーディングでしっかり泣かせてもらった。ワタシは受けてないのだが、ほかの人が受けてても、それが「え?ワタシのことですか??」というくらい、すっと心に入ってくるのだ。

そーんなアロマリーディングを受けるチャンスもあるこのアロマフェア。ご予約のお客様のみの最大特典!!
27日、「香りのアフタヌーンティー」、ぜひとも香りを楽しみに来ていただきたい。


[PR]
by who54211 | 2017-05-22 13:54 | 人間 | Comments(0)

告知

5月27日、土曜の午後はぜひぜひ空けておいてほしい↓↓↓
ワタシも愛用するヤングリビングの精油をバンクーバー近郊にお住まいの女性に広く知ってもらうための楽しいイベントが行われるのだ。
ワタシはスタッフとして参加の予定。

このイベントの準備を通して、気が付いたことがいくつかあるのだが、それはイベントが終わってからまとめて書こうと思っている。

入場は無料だが、もしセッションを受けたいというのであれば、ぜひチケット購入をお勧めする。ワタシたちアロマージュの生徒がどうしてここまでSaki先生を慕うのかの一端を垣間見ることができるからだ。

セッションを受けなくても、アロマグッズを購入することも可能なので、アロマに少しでも興味があればぜひぜひ遊びに来てほしい。
15歳以上の女性限定なので、お母さんはお父さんに「よろしく!!」しとおくことをお勧めするw。


[PR]
by who54211 | 2017-05-13 13:59 | 関心 | Comments(0)

新生

ー今日のブログ長いので、そこんところよろしくー

今年はキリスト教のイースター、ユダヤ教のパスオーバー、シーク教のバーサキが同時にやってきた。

そんな三連休の中日の今日は、香りの宮殿、Saki先生の教室へ。
f0129786_14115370.jpg
f0129786_14120907.jpg
今日もいい香り❤️チューリップ🌷が可愛かった。
先々週受けたMTの続編。あんまり練習できなかったけど、Yukaさんと直前にさらっと復習し、なんとか間に合わすw。
今日ワタシの潜在意識が選んだのは
f0129786_14144359.jpg
ココナツと白い薔薇のカード。何事も無駄にならないと言うココナツに浄化の白いバラ。さてここからなにが起こったか?

今回Saki先生のセッションを受けたのだが、ワタシは

「右手の親指人差し指の手荒れを治したい」

それを直接潜在意識に聞いてもらったところ、ワタシの潜在意識、なんと「拒否」😱反応。答えたくないと。
そこは百戦錬磨のSaki先生、質問を変え、潜在意識に働きかけて行く。

手荒れが始まったのは、大学に入った頃だが、増悪寛解を繰り返し、現在また悪化している。

「9歳8ヶ月の時にお母さんと何かあった?」

ちょうどその頃、両親は家を買い、引っ越しが決まった頃である。

で、引っ越しが決まった時に、転校するかしないかで親にワタシたちは質問された。ちょうど2学期が終わって引っ越しになるので、学年が変わるまで学校を変わらないでいるということもできた。

でもワタシは「変わりたい」と言った。理由は転校前の学校でイジメがあったから。
被害者はワタシではなく、ワタシのすぐ下の弟。
で、ワタシは実は加害者の一人だったのだ。

イジメをしてる自分をずーっと後ろめたかったから、そこから逃げたのだ。
長女長男に挟まれた二番目の子供のワタシは、家庭の中で、自分のヒエラルキーが低いと思い込んで育った。
つまり弟を妬んで育ったのだ。その反動でイジメた。体力はそんなに差がないからケンカしても勝てないから、周りを巻き込んで。すっげー性格悪いw。

弟とは23ヶ月違い。つまり今のワタシの息子くんくらいの頃、ワタシの母は妊娠後期だった。
もちろん子供にもよるんだろうけど、母は産休制度も整備されてない当時に仕事もしてたし、特に男の子を妊娠した時はすごくヒステリックになっていたらしく、もちろん弟産まれてからは、そのお世話で2歳にならない当時のワタシは、抱っこや手を繋ぐことはもちろんだが、断乳されたのも早かったんじゃないかと思う。

断乳といえば、ワタシも二人目が欲しくて、Nigelのクリスマス休暇中に断乳し、息子くん、その後離れると泣くようになった。

ワタシは、自分のやりたい方法で甘えられなかったことを、息子にも強いていた。そら泣くわw。

ワタシは母の大事なものである弟をいじめたことをずーっと自分で後ろ指を指してきたのだ。だから家族と離れてから人差し指中心に手荒れが始まった。指を指すから人差し指。今もぱっくりひどいひび割れがある。

ずーっと大事じゃないと思い込んで育つには、それなりの理由もあった。

自分の名前の由来が「弟が生まれるように」と願って付けられたと言い聞かされたら、誰だって「自分いらなかった?」って疑問に思うだろう。時には「橋の下から拾った」とか。大人になった今は、それは冗談だし本当にそうなら子供には言わないと理解できるけど、産まれて数年しか経ってない時分に言われたら、どうだろうか?

面白いと思って当時の両親はそう言った(ワタシが両親どちらにも似てないので)のかもしれないけど、ワタシは本気でその頃「いつか世界名作劇場のように富豪のほんとの親が迎えに来るのかも」と信じてた。

Saki先生はうちの母も呼び出し(MTは本人じゃなくてもできる)、母の潜在意識にも問いかけてくださった。

「愛してるに決まってるじゃないですか!」

母は先生に強い口調で答え、その波動を受け取った先生も涙しそうになったとおっしゃった。

親子の愛に限らずだけど、愛は発信者と受信者のちょっとした勘違いで全く受け取られなかったりする。でもね、親だって他人、子供が受け取ってるかどうか、どの方法なら受け取れるかなんて分からない。と、親になった今は思う。

38年、ずーっと受け取り方を知らずにいただけだった。

手荒れもそうだが、ワタシがDVの被害者で耐え続けたのも同じこと。「ワタシってそうやって我慢しないと愛してもらえないんだ」と勝手に思い込んでただけだった。
ワタシの潜在意識が選んだ精油は「メルローズ」と「ファイナンス」。強力な浄化、消毒、そして再生を助けるメルローズ。大好きなオイルの一つで小さいころ両親が寝る前に塗ってくれたヴェポラップを思い出させてくれる香り。

物心ついた頃から大嫌いだった名前についても

「『美』っていう字を名前に入れるのは愛してる証拠よ」

とSaki先生はおっしゃった。名前の由来って日本では当たり前だけど、親の想いだけじゃなく、自分のことを好きになるには、自分なりの解釈を加えるのもいいな、と思った。

ワタシの名前は、それこそ滅多にあるものではない。だからこそ、思い込みに囚われず、素敵な意味を考えていこうと思う。それこそ新しい自分をつくっていけるきがする

そーんなすごい浄化の後にはYukaさんとお互いにMTのセッション。ワタシたちは食べ物の取り方とか必要なサプリメントとか分かりやすいものを聞いて行く。

ワタシは「Cortistop Women's」が出たのだが...。
帰ってから調べたら、製造中止されたもののようで、カタログになかったw。

Yukaさんの潜在意識にいろいろ聞いていったら、彼女のモヤモヤが一つ消えたようで、彼女はまた一歩すすんで行けそうだった。良かったね。スパイナルクレンズできっと彼女は更に進化して、新しい自分を楽しんでいくことだろう。

時間がかかったけど、その遠回りも無駄じゃないんだよ、と「ココナツのカード」は言ってくれてる気がする。

Saki先生は

「今回はここまでだけど、まだまだ潜在意識はいろいと伝えたいみたいよ。」

とおっしゃった。ははは、次はスパイナルクレンズでもっとビックリを出さないとねw。























無事に受信
[PR]
by who54211 | 2017-04-16 14:08 | 人間 | Comments(0)

革命

今日はすっかりお久しぶりになってしまったアロマージュの講座。
香りの宮殿、Saki先生のおうちは今日も素敵。

f0129786_12082527.jpg
先生が日本から仕入れてきたというリーディングカードもどれも面白そう。

f0129786_12085691.jpg
いつものようにエレベーターを降りた瞬間から香ってきた今日のオイルたち。もうね、どれもこれも「自分を変えよう」「新しい自分を作ろう」というものばかり。
f0129786_12085499.jpg

そしてアロマージュの講座には欠かせないおいしいスナックたちw。Costcoで手に入ると聞いて、パッケージの写真も撮らせてもらい、次行ったときに買おうと決意。
f0129786_12092558.jpg
さてさて今日はYukaさんというワーキングホリデーでcanadaに滞在してる素敵なお嬢さんと二人での受講。
超贅沢w。
受講したのはLANI MT。筋肉の反射を利用して、潜在意識の声を聴くという手技である。

このテクニックを使うと、心や体の悩みを潜在意識から答えを聞いて改善していくヒントがもらえるのだ。

ほんとか??って思うのが普通。
でもね、実際にSaki先生のセッションを聞いてると、ワタシ(今日はワタシは受けず、再来週二回目の講座で受けるようにと、クラスの潜在意識が言った)が受けてるんじゃないのに、もう涙が・・・。

「Yukaさん、そんな頑張らなくてももう十分苦しんだじゃん」

と心が共鳴したのだ。潜在意識の力、すごい。

潜在意識は、心の声。それを引き出すテクニックである。
とても便利なツールだけど、Saki先生は繰り返しおっしゃった。

「これは自分を大切にするための道具。占いではないし、まして重要な決断に使うべきものではない」

決めることは自分の直感を信じてやること。あくまでも考えても考えても結論が出ないときにヒントをもらうために使う手技なんだそうだ。

ワタシが今回一番印象に残ったのは、Saki先生の言葉の選び方である。
人は多かれ少なかれ、他人に言われたことに影響を受ける。それが権威のある人や親しい人間であればなおのこと影響は大きい。
で、あるならば、その影響をプラスの方向へ、その言葉を受け取った人間がどうしたら行動へ移してくれるのかを考えながら言葉を選ぶ大切さを教えてくださった。

もうね、毎度思うけど、アロマージュの講座は受けるだけで癒しである。
2週間後にまた訪れるのが楽しみだわー。

[PR]
by who54211 | 2017-04-02 12:08 | 報告 | Comments(0)

嗄声

昨夜、息子くん30分おきに寝言泣き。
本人眠ってるが、ワタシは起きて様子を見に行くので、超寝不足。その上この前の胃痛騒ぎから食欲はなく、生理前に引いた風邪のせいで咳が止まらず、体力消耗している。

今朝、無理だと判断し、Nigelに2時間遅れで出勤してもらう。で、寝てたが、起きてもスッキリせず。

息子くんは、寝言泣きなので、基本眠ってたので、元気いっぱい。

でもね、母ちゃんは今日はそれに付き合う体力がなく。

アロマージュのSAKI先生の「怒りのアロマケア」で「寝てない時やどっか痛かったり痒いときは怒りっぽくなる」って力説されていたが、今日はワタシのキレやすさは、そりゃぁもう研ぎ上がったばかりの包丁にも負けなかったはず。

息子くんのおもちゃを投げ、本を投げ、地団駄を踏みまくる。

息子くんにも怒鳴ったが、声が全然出ないので凄みなどなく、逆効果(大爆笑された)。

子供ができてから痛切に思う。

「自己管理ってほんと大事」

誰かに代わってもらえるなら代わってもらいたいけど、今更後追い絶好調な息子くんは、現在ワタシかNigelがいないと安心できずギャン泣きしてしまう。

もうほんと、自分のことをケアして大切にしないと親業はやっていけない。

今日はもう眠って、明日声が戻ってることを祈ろう。


[PR]
by who54211 | 2017-02-18 13:47 | 人間 | Comments(0)

念願

家族を優先して行きたかったけど行けなかったイベントが年末にあった。

それが「Vibrant ALIVE」のCharitoさんのクラス。

ワタシも愛用するYoung Livingの製品を使って、生活に必要なものを作る、というクラスである。

昨日は本当は3人の予定が他の人たち現れず、ワタシ1人で受講という贅沢をさせてもらった。
f0129786_14263756.jpg
オイルをブレンドしたロールオン、ハンドソープ、アロマスプレー、そしてクリーニングスプレー。
f0129786_14284459.jpg
こういうラベル付きは助かる。この日作ったもののレシピはもちろん、参考になるレシピももらった。
ワタシが作ったロールオンは自分を落ち着かせるための「Calm Mom」を一部苦手なオイルを入れ替えて作り、息子くんのたんこぶのためのロールオンも追加で作らせてもらった。
子供にオイルを使う時は、オススメできないオイル(刺激が強すぎるオイル)もあるし、大人と同じ量を入れてしまうとそれはそれで強すぎることがあるので、加減しつつ。願わくば出番がなきゃいいけど、よく転ぶからなぁ。

Charitoさんのクラスで何が良いって、YLの製品をその場で買い足すことができることである。

ワタシが会員なので、お得にネットで購入できるのだが、製品の品質保持を大切にするYLは、欠品が良くあるのだ。
ワタシが愛用するコンディショナーもそうで、シャンプーは買えるのに、コンディショナーは現在欠品中。なので聞いたら
f0129786_14364771.jpg

無事ゲット💕
Charitoさんは欠品中のオイルもストックがあるようなので、「これないと困る!!」という人がいたら、一度お問い合わせするのもアリである。ロールオンのフタなんかも売ってくれる。

もう一つ、すごくためになったのが
f0129786_14393971.jpg

この穴の存在を教えてくれたことである。
知らなかったのだが、オイルって、真ん中の穴じゃなくて、この小さな穴の方からたらーりとしてくるのだそうだ。なので、穴の位置を確認して穴を下にするようにして傾けると少なくなってきてるオイルもスルッと出てくるのだ。

アロマージュでも「斜めにしてオイルを垂らす」と教わったが、そういう意味もあったのね。逆さまにしても穴を両方塞ぐだけなので、出てこないんだそうだ。缶を開ける時に空気穴を開けると出が良くなるのと同じ原理ね。

Charitoさんは頻繁にクラスを開いているので、バンクーバーで暮らしてる方でYLのオイルに興味のあって英語でイケるぜという方はウェブを是非チェックして欲しい。

日本語のアロマージュのクラスももちろん超オススメである。早くまた受けたいな〜。まってまーす


[PR]
by who54211 | 2017-01-16 14:16 | 報告 | Comments(0)

語部

息子くんをNigelにお願いしてまたまたコキットラムの香り宮殿へと足を運んだワタシ。
f0129786_03155242.jpeg
f0129786_03163876.jpeg

一足早いハロウィンの雰囲気もすごく素敵で、昨日もいい香りが遠くから漂っていた。

今回は「Dr Me」というYLのスターターキットに入ってる精油の使い方の講座。Up Gradeの生徒さんとカルガリーのオンライン教室も繋いで11人での受講。

ワタシも旅行に行く時には精油を持ち歩くようになったが、今回の講座を受けて、これは出かけるときの必需品になりそうだから、お出かけ用に買い足そうと決意(面倒臭いから、いちいち取り出して詰めるのが嫌)。

大概の傷はラベンダーで事足りるし、お腹の調子を整えるにはペパーミント、頭痛や熱にもペパーミント。痛みにはコパイバ。解毒にはレモン。殺菌にはシーブス。
少なくともこの5本があれば対応できる症状がほとんどだ。

いい香りで緊急時にも対応できるってそれだけで嬉しい。Saki先生も含めみんな、

「早くそういうことが起きないか?」「やってみたい、試して成果がみたーい!!」

って何気にアクシデントを期待してしまっているw。

ワタシは息子くんにも精油を使っているが、赤ちゃんや子供には刺激が強いこともあるので、妊娠授乳中の方も含め、精油の使用は自己責任である。
ただYLの精油は「飲んでも塗っても大丈夫」なメディカルグレードだし、ワタシ自身が心地よく使えるものなので、息子くんにも使っている。

最近は奥歯が生えてきて痛むのか、夜また泣くようになったので「精油界のダライ・ラマ(Saki先生命名)」のコパイバは大活躍。歯茎に塗り塗りしてしばらくすると泣き止むのだ。
うちの息子くんの場合、泣いてるんだけど、目を閉じていて、半分眠っていることが多いので、タイレノールなどを飲ませるには完全に覚醒させて嚥下させないといけない。量も飲ませないといけないし、即効性はないので、結局それでこっちも1時間起きていなきゃいけないことが多い。
コパイバはいつもなら指を入れると嚙みつく息子くんも、素直に塗られて、すぐにスヤスヤと眠りの世界へ戻っていくのだ。さすがダライ・ラマ!昨日はずっとトントンしながら「君にはダライ・ラマもついてる!安心して寝ろ」と言い続けたワタシw。

おかげでスッキリニコニコ朝目覚めた息子くん。
ダライ・ラマ恐るべし!!

さて、昨日は精油のお勉強に加えて、Saki先生にReadingをしていただくという機会もいただいた。

目をつぶって受け取る手である左手で精油を3本選び、バスソルトを作って、その精油の声をSaki先生が代弁しtrくださる、というもの。

言っておくが、Saki先生はワタシを含め新しい生徒さんの過去は知らない。

でもみんな

「どうして分かるんですか?!」

の連続。Saki先生曰く精油が言ってるだけなのだが、もう不思議で不思議で仕方ない。

ワタシが精油に教えてもらったのは

「泣くのは悪いことじゃないんだよ」

ということ。小さい頃よく「泣き虫、泣けばいいと思ってる」と言われ続けていたので泣くことを悪いことだとどこかで思っていたようだ。優しい言葉に対して素直に受け入れられないのもそのせいかもしれない。

「僕らにもっと頼っていいんだよ」

と精油は言っているとのこと。きっとワタシが思っている以上にNigelや息子くんに対してまだ遠慮をしてるのかもしれない。それ以上に使うべき精油を使えずにいるのかもしれない。

精油はさらに語り、ゆくゆくは身体を動かす仕事をする、と言う。やっぱり理学療法士に戻っていくことになるのね。アロマを使いながら、リハビリするのも楽しそうだな〜。

語り終えた後の精油は、不思議なことに香りがとてもまろやかになり、優しく心地よく染み入る香りになっていた。

改めて、精油ってすごい!!と実感。まだまだ知りたいことがたくさんあるなーと思った1日は、あっという間に終わり、Nigelと2人でワインとチーズを楽しんで、幸せな1日をまた過ごしたワタシだった。


[PR]
by who54211 | 2016-09-05 03:13 | 趣味 | Comments(0)

至福

今日は初めてアロマージュのコキットラム教室へ足を踏み入れた。

香りの御殿、Saki先生のご自宅である。
習わしなので、初上陸のワタシから敷居をまたがせていただいたのだが、もう数メートル先からいい香りが漂っている。

ワタシにアロマージュとヤングリビング(以下YL)を教えてくださったEmiさんからいろいろ聞いていたのだが、噂に違わぬ乙女の城!!
f0129786_13535283.jpeg

うーん、こんな空間でアロマセラピーしたら、姫になれそうな気がする。

それはさておき、今回受けたのはアロマ調香、香水講座である。
香水は普通、精油をアルコールに溶かして作るのだが、この講座では贅沢にYLの精油のみで作る。YLの精油は飲んでもOKな完全なオーガニック。
それを気分に合わせて組み合わせていくわけなのだが、その前にまずは脳の仕組みと心理について学ぶ。

アロマセラピーと脳みそには深いつながりがある。香りは脳に直接働きかけるからだ。

なので脳、そして脳によってもたらされる心理について学ぶことによって、夢を実現させるための香りを作ることができるというわけである。
左脳は生命維持のためにあり、右脳は自分らしさのためにある。

このお話を聞いてすぐに思い浮かべたのはうちの息子くんである。赤ちゃんは快か不快かだけで行動する。蓄積されてる情報の絶対量が少ないので、何にでも興味を持ち、面白いと思えばずーっと続け、飽きるともう見向きもしない。産まれて半年くらいまでは手足も上手に動かせないのであまり目につかないが、動くようになると顕著だ。
つまり、人間は右脳でまずは行動し始めるところから成長し、ある程度データが溜まると危険認知が働くようになるということである。なので、子供には親がデータ供給者としても必要なのだ。

それだけじゃない、右脳は感覚の脳なので、具体的な言語表現が苦手である。なのでオノマトペの世界。赤ちゃんも喃語を喋るがあれもそうなんじゃないかとワタシは思う。

さて、この講座を始める前にスタッフのKeikoさんに「夢を10個書いてください」という課題を出されたのだが、ワタシはつらつらつらーと20以上書き出した。抽象的なこともあったが、具体的ななこともあった。

講座の最初にSaki先生がおっしゃったのが
「その夢、本当に叶えたいの?」
である。
つまり世間体のためにとか誰かが望むからとかで夢としてあげてないか?ということである。

夢は夢が叶った時を想像できると叶うのだとSaki先生は断言された。それを助けるための香水を今日は作ってきたわけである。

と言っても自分のものは自分で作らず、パートナーの方に調香していただいた。

ワタシがなんせYL使い始めて数ヶ月の超初心者。持ってる精油も少ないし、今日が初めての対面講座だったこともあり、いくつもすでに受けてる方にパートナーになっていただいて、その方にこういう香りが好き、これはちょっと、とコンサルタントしてもらいながら、作り上げていった。

ワタシは直前に幾つかのブレンドオイルを試させてもらい、そのうち数本を選んで、そこにさらに精油を加えていく。
調香する時には、バランスが大切で、花、木、ハーブ/スパイス、柑橘系のどれが欠けてもいい香りにはならない。
ただし、香りの重さがあるから、量を同じにしてもいいってわけでもない。そして本人の好きな香りだけを入れていってもダメで、逆に「嫌だ」と言ったものを入れることで、香りがぐんと本人の望むものに近づいたりする。これがSaki先生のいう「左脳によるフィルター」の影響。感覚は必要なものとしてるのに過去のデータのために左脳が拒否信号を出してしまう、ということである。

うーん、こんな風に人間はできてるのね。

そして出来上がった香水はもちろん本人以外の人が嗅いでもいい香りなのだが、本人が身につけるとさらに香りが引き立ち、時間とともに変化する。変化して違う香りになってもやっぱりいい香りである。

家に帰ってきたら、Nigelがある程度家の中を片付けて置いてくれた。

実はワタシの夢の一つは、家をきれいに保つこと。関連していつでも人を呼べる家を持つ、お掃除ロボット買う、断捨離実行、日本の家族に遊びに来てもらうというのがあったのだが、すでに家に香水振りまく前から何かが始まってて嬉しさ倍増である。

そして、Nigelに作った香水を吹きかけてお互い匂いを嗅いでみると...

「Nigelがつけてる方がいい匂いがする」

うーん、アロマ、深いわ。



おっぱいなし
[PR]
by who54211 | 2016-08-22 13:49 | 趣味 | Comments(0)