タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:カナダ ( 48 ) タグの人気記事

遠出

息子くんは今日で満22ヶ月。

1-10まで日英で数えられるようになり、ワタシを「かあちゃん」と呼べるようになり、ドンドン単語を覚えている今日この頃。

縄ばしごを登れるようになって、公園の遊具で1人遊びが増えた。物を持って階段を登れるようになった。ボールをちゃんと上に向かって投げられるようになり、バスケ🏀らしいシュートを打てるようになった。

最近体重も身長も測ってないけど、間違いなく大きくなっている。

麺類大好き、マクロビシェフのAkoさんのお弁当も大好き。でも同じものかあちゃんが作っても食べないw。

ベッドで寝るようになったけど、やっぱり夜一回は起きて泣いてる。これいつまで続くのかしら?

自分の思うようにならないと怒って、ワタシ相手の時は噛みつくようになった。他の人にやらないだけいいけど、イタイ(>_<)

日系プレースで買った歌の流れる本が好きで渡すとずーっと遊んでる。バスケも相変わらずだが、最近はシャボン玉もハマってて、くたびれた母はマシン購入。

イギリスから来てるNigelのご両親には妙に人見知りし、お土産も見向きもせず...。恩知らずめw。

後2ヶ月で2歳か〜と思うと大きな怪我も病気もせず、いつも「Happyボーイ」と言ってもらえるうちの息子は凄いと勝手に思っている。母ちゃんは君がそうやってまっすぐ生きてくれれば、それでいいよ

[PR]
by who54211 | 2017-06-20 13:24 | 報告 | Comments(0)

選択 baby

今朝の息子くんは
f0129786_13450414.jpg
農作業に行くおっさんになっていたw。
最近やっと帽子を嫌がらずにかぶってくれるようになったので、小雨が降ってた今朝は、雨用の帽子をかぶらせて、長靴履かせたら、色がマッチしてたから、こんな風にw。まぁこれはまだいいだろう・・・だが。

f0129786_13451963.jpg
最近、靴は自分で選ぶようにしてもらってるのだが、今日は何を思ったか、サンダルをチョイス。どんなに暑い日でも、ウォーターパークに行く日でも履こうとしないのに!!
しかも靴下履いたまま履くという。

いいよ、君が選んだんだからって母は言うからw。
ってことでこのままCostcoにお買い物。特に突っ込まれることはなかった。さすがカナダw。

[PR]
by who54211 | 2017-06-02 13:44 | 関心 | Comments(0)

寸志

昨日はアロマ初級のクラスだったので、一日Nigelに息子くんをお願いしたわけだが、Nigelと相談して朝ごはんは一緒に食べに行こう(我が家は日曜はお外ブランチ、夕食は出前と決まっているw)という話になり、日曜にもオープンジムのあるグランビルアイランドのFalse Creek Community CentreにNigelは行くつもりだったから、じゃぁグランビルアイランドで朝ごはんね、という話になったのだ。

念のため9時オープンのお店だったけど、予約までしたNigel。案の定到着したら一番乗りだったw。息子くんは家で朝ごはん食べてるからしばらく大丈夫なはず!!

で、席に通されたものの、うちの息子、ストローラーから降りるのを嫌がったので、仕方なくストローラーで店内をうろうろ。運よくまだテラス席に誰もいなかったから、テラスをうろついていた。

10分経過・・・コーヒーしか来てない。

もっとどこかへ連れてけーと息子くんが騒ぎ出したので、ストローラーからおろして、歩いてマーケットへ。
買い物して帰ってきて20分経過・・・まだ来てない。

仕方なく息子くんとまた外へ。ATMマシンのボタンが気になってしょうがなさそうだったので、ATMマシンをちょっとだけ触らせ、また店内確認するも、何も来てない。この時点で30分経過。

いい加減、疲れてきたので、牛乳で釣って、息子くんを席に着かせて、待つ。
来店から40分経過して、ようやくトーストが届く・・・が、サワードウは息子くんのお口に合わなかったらしい。
仕方ないのでスナックを取り出す。

そうこうしてるうちにワタシたちのごはんがやっと到着・・・でもワタシが頼んだミートボール、卵思い切り半熟(ワタシは半熟卵は食べると気持ち悪くなる)。ちゃんと「ハードで」って頼んだのに??しょうがないのでもう一度オーブンに入れてもらう羽目に。

で、そうこうしてるうちに息子くんは食べるものもないし、飽きてきた・・・。
Nigelに「食べ終わったらすぐコミュニティセンター行って」とお願いし、支払いはワタシがすることになった。

で、伝票が来て、クレジットカード決済のためのマシンをウエイトレスが持ってきてくれたのだが・・・。

北米では「チップ」の習慣がある。
このチップはお店でのサービスに対する評価でもあるわけで、お客さんの「満足度」が高ければ弾むけど、そうじゃなきゃ払う必要はない。
ワタシは基本、普通だと思えば15%、「え?」って思えば10%、「おぉ、すげぇ」と思えば20%という風にあげているのだが・・・。

マシンが来てびっくり、最初から「18%」に設定されてた。しかもだな、それは2番目の選択肢(一番目は15%)、明らかにウエイトレスが自分で二番目の「18%」に設定してからワタシに渡している!!

30分以上も待たされた上に、きちんとお願いした通りに作ってくれてないもの最初に持ってきておいて、なんだ、その態度は!!

・・・むかついたので、チップは弾まなかった。っていうか後から考えたらチップなんかやらなくてもよかったくらいに腹がたった。

そういえばどっかの日系レストランは最初から料金にこのチップを乗せて請求してるって話だったな(行ったことないから知らないけど)。

割り勘のときも面倒だし、チップ制度そのものなくしてくれ!!といつも思う。
ちなみにこのレストラン、ごはんはとっても美味しかった。子連れじゃなきゃこんなに怒らなかったかもしれない・・・。

[PR]
by who54211 | 2017-05-23 13:33 | 愚痴 | Comments(0)

先輩

今日はカナダで子育てをし、現在はお孫さんのお世話もしているカナダの子宮委員長(と勝手にワタシは呼んでいる)FujikoさんとFujikoさんのお友達で、やはりすでに成人された息子さん二人を育てたMitsuyoさんとの子育て談義会。

今日、こういうイベントするんだよ、と娘さんに話したら

「お母さん、あなたは反面教師なんだから、変なこと喋らないのよ」

って言われちゃったのよ〜とFujikoさん。

お二人は言った。
兄弟、姉妹って言っても子供は一人一人全然違う。とにかく一人の人間として接してあげることが大切。子供のほうが魂のレベルが高いのよ、と。

お二人ともいろいろな子育ての思い出があるようだったが、共通していたのは

「楽しかったことしか思い出せない」

ということ。それだけ子供と同じ目線で活動していたということなんだろう。実際にFujikoさんは

「私は子供とはわかりあえるのに、大人とは分かり合えないのよね」

とかおっしゃってたしw。

語学の習得について、そしてカナダならではのドラッグの誘惑についてなどなど話題は尽きない。

ワタシが一番印象的だったのは、愛の反対語のこと。

愛の反対語、皆さんはお分かりだろうか?


それは「恐れる」ということ。人はどうして恐れるのか、それは信じられないからである。
*ちなみに「愛の対義語」についてはいろいろな議論がある。有名なのはマザーテレサの「無関心」。他にも「罪悪感」「憎しみ」などなど。でもワタシはこのFujiko さんの意見、すごく腑に落ちた。

子育てに一番必要なことは、愛、つまり「子供を信頼する」ことなのだ。

FujikoさんとMitsuyoさんの体験談を聞いていて、ふと思ったことがある。
SNSなどでいろーんな人にうちの息子くんのことを「かわいい」と言ってくれる人がいるとワタシが必ず言うのが

「癒し系ですから」

ワタシが息子くんを妊娠した時、ワタシはとにかくいろんなことに疲れ切っていた。
Nigelとは順調だったけど、移民したのに、全然生活レベルは変わらないし、人間関係は悪化していくし、友達と遊ぶこともなく、ボランティア活動でもひどい目に会っていた。

子供は何か足らないものを示唆してくれるためにワタシたちのところにやってくるのではないかと思う。

ワタシにとって、ずっとずっと欲しかった「癒やし」の素がワタシのところにやってきてくれたんだな〜と心底感謝した。

そして今日の新たな発見はお父さんのこと。
よく「自分の父親と似てる人と娘は結婚する」とか言うが、Fujikoさんは

「自分の父親とは正反対のを娘は捕まえるもんよ。そういうことを教えてくれるのが父親の役目」

と断言された。うん、うちのNigelは正反対。こういうお父さんが欲しかった、っていう理想のお父さんであり、パートナーでもある。
そう考えると、ワタシのお父さんの存在は重要だったのだ。いくら今はホームレスみたいなじーさんになってても(家には住んでるけどねw。見た目がw)。

ちなみにそーんなFujikoさんは布のわらじを作っておられて、パウエル祭でのみ販売を行っている。ワタシも持ってて、毎年息子くんのを買ってるのだ。

と言ったら、

「あら、子供のあんまり作らないからね〜足何センチ?色何がいい?」

と個別注文まで受け付けて下さったw。ありがたやありがたや。8月が楽しみ。

いろんなことに「気づく」ことができた今回のイベント。全てはやっぱりつながってるんだなあーと思うとこれからやっていくことが楽しみになってきた。
息子くん、今後もどんどん癒やしてね〜。

[PR]
by who54211 | 2017-04-26 13:52 | 人間 | Comments(0)

行方

今日は息子くんのリトミックの先生、Risaさんがお家に来てくださった。

Risaさんは、子供達に音楽の楽しさを教えるのはもちろんだが、実はファイナンシャルアドバイザーでもある。
今回、ワタシがお願いしたのは、「Will」、遺言のことである。

カナダでは、遺言を残すのが一般的だ。
日本では遺言がなければ、法律で配偶者に半分、子供達で残りを分けるというふうに決まっている。
そういう法律のないこの国では、遺言を残さず死亡した場合、裁判所が法廷管財人を指名し、その人が遺産配分を決める。

懇意にしてる人が指名されたらいいけど、それは死んじゃった人間には分からない。

なので遺言を残すのである。

遺言もきちんと弁護士さんを通して、証明されていないと法的措置を取ってもらえない。

弁護士さんを通すということは、書き換える必要が出た時には、その都度予約を取り、費用を払って、書面を作らないといけない。

Risaさんが扱ってる商品は、その手間がなく、書き換えたければすぐ変更可能、お葬式の方法まで細かく指定できる、というスグレモノ。
遺言だけでなく、お葬式費用としての保険機能があり、万が一死んじゃったら、その保険会社がお葬式の面倒をみてくれる。

これ、ワタシのように家族が英語話せない環境だと非常にありがたい。

Risaさんいわく

「大切な人を喪った時、お葬式のことを考えなきゃいけない家族の負担を減らせる」

とのこと。確かに最愛の人を喪った喪失感に浸る暇もなく、手続きしなきゃいけないんだよね。現実って怖いわ。

そういうためにも遺言と葬式費用のカバーって大切。

まぁいつ死んでもいいようにしとくと長生きしそうな気もするし、前向きに検討しよう。

[PR]
by who54211 | 2017-04-12 13:46 | 関心 | Comments(0)

再会

トロントへお引越しの決まったKeikoさん母娘とランチデート❤️
f0129786_14123700.jpg
HastingsにあるYama Cafeのランチプレート。ここはベジタリアンオプションもあって、おやつ付きの女性向けカフェ。

実はこのカフェ、初めて行ったのだが...。

オーナーさんの奥様とお子さんにワタシはMOMの検診会かどっかで(そこは覚えてない)でお会いしてたのだ。子供の顔と名前にお互い見覚えがあって、「あーそう言えば!」となったにである。狭いぜ、バンクーバー。

さて、Keikoさん母娘にはMaikoちゃんを通して知り合ったのだが、リトミックでもずっと一緒で、お互いにお互いの子供の成長を見ている。
Keikoさんの娘さんは長いことお母さんべったりでなかなか一人で歩いてくれない時期が長かったなぁ。今は逆にうちの息子が「抱っこマン」w。

彼女らしく、個々にいろんな人とお茶やランチをしてお別れをしてるようだった。旦那さんが単身赴任中(一足早くトロントでお仕事してる)ってこともあるから、パーティーとかは考えなかったんだろう。

こうやって人との関係を大切にできる人だから、きっと新天地でもいい人間関係を築いていけると信じている。トロントなら旦那さんのご両親もいるから、心強いだろう。

この転機が彼女と家族にとって素晴らしいものであることを願ってやまない。
そしてまた絶対会おうね、と約束した。いい友達の旅立ちは、きっとワタシの世界もひろげてくれるだろう

[PR]
by who54211 | 2017-03-25 14:10 | 人間 | Comments(0)

不況

今暮らしてるところは、バンクーバーでは高級住宅街と呼ばれるエリアである。

広い庭つきの大きな家が建ち並んでるわけなのだが、中には「ここ人の気配がない」という家もある。

バンクーバーの不動産は異常に高騰している。
日本のバブル期もすごかったが、あの時は景気も異常だった。現在の景気はそうよくもないのに、この不動産の高騰は経済に悪影響を及ぼしてるような気がする。

息子くんとのお散歩の途中で、売りに出てる物件のチラシがあったので、見てみると

「10ミリオン!!!」
日本円で8億越えのお値段。

ワタシが初めてカナダに来た頃はこの値段の1/5以下だったはずだ。15年前にお金があったらなーとも思うが、今これが買えるだけのお金があったとしても、それだけの価値があると思えるか?と考えて見た。

買わないなー。

それだけのお金があったらもっと違うとこに使いたいかも。

この不動産高騰、いつまで続くんだろうか?

ちなみにこの近所に数件家が売り出され、新築もしているが、この数ヶ月売れてる気配がない。
...が、この10ミリオンの家のチラシは2日でなくなってた





[PR]
by who54211 | 2017-03-22 13:37 | 関心 | Comments(0)

薬剤

本日18ヶ月になった息子くん。

最近はほんとにくっつき虫で、どこにいっても「抱っこ」と言う。寝かしつけもNigelでもダメな時もあるくらい。
でもしっかり食べてるので、すでに12キロ半。母ちゃん重いよ〜と思いながらも抱っこ。
身長も伸びてるんだろうけど、まっすぐにしててくれないので、ちゃんと測れず。

言葉が増え、賢くなってきたので、自分の要求をうまく通すためにいろんなことをするようになった。
手を引いたり、踊ってみたり、喋ってみたり。
ダメなことはダメだということもわかりつつあり、自分の家のものとよそのものの区別もつき始めてるような気がする。

寝言なきは相変わらず。これいつまで続くのかな。
Nigelによると大笑いして寝てることもあったらしい。夢見てるのか?

さて、そんな日々だが、今日18ヶ月の検診と一緒にワタシも診察を受けた。ほんとは単なるチェックアップの予定が先月末から続く咳、バレンタインの胃痛、そして声が出ないのでちょうどよく予約取っておいて良かった。このかかりつけの先生、いい医者なんだけど、難点は予約が取れないのだ。
f0129786_13122699.jpg
どうみても不自然なピンクの抗生物質、喘息用のインヘイラー、そして胸部レントゲンの処方箋が出た。

母ちゃんは肺炎疑いアリ、との診断🙀左の肺上葉に湿性ラ音(お、なんかPTっぽい)が聞こえると言われたのだ。

が、肺炎だったとしてもどうにもならんのだがw。すでに抗生物質出たしな。

まぁ運良く朝一で予約が取れたので、明日レントゲン撮ってこよう。なんでもないといいな。

[PR]
by who54211 | 2017-02-21 13:04 | 報告 | Comments(0)

故障

現在、ワタシがボランティアをしているガールガイドのリーダーミーティングの真っ最中。

ワタシがこのボランティアを始めた理由は、子供に関する経験が欲しかったのと、当時ドメスティックバイオレンスで傷ついてたので、女性の団体で活動したかったのだ。

ガールガイドそのものはとても素敵なもので、女の子の親御さんには、小さいうちから参加することを心からオススメする。

ボランティアとしても、いろんな仕事でも私生活でも役に立つトレーニング、例えばコミュニケーションやら、キャンプスキル、自転車やスノーシューなどのトレーニングも提供してくれる。

ただ、ワタシは息子くんしじゃ今はいないし、息子くんの寝かしつけの時間帯が活動にかかってしまうので、ここ二年間は、会計の仕事と女の子の登録作業のお手伝いをしていた。

会計自体はもう4年やっているのだが、今年でワタシはこの仕事からは離れる予定。
何年も続けていけば、慣れて楽しくなるかと思っていたが、ワタシが達した結論は

「この仕事は向いていない」

ということ。
数字を扱うこと自体は嫌いじゃない。でもきちんと書類をまとめておく、分類する、順番に並べておく、という作業が苦手なのだ。

そしてもう一つ、このボランティアの集まりには、いろんな人がいるのだが、この活動に関する情熱に燃えてる人も結構いる。

それはそれでいいことだと思うが、その熱意を他の人にまで求めるのはどうだろうか?

ボランティアってあくまでも好きでやることで、強制されるものではない。
そういう人間関係に疲れてきてしまった。

ワタシにたくさんの出会いや機会を与えてくれた素晴らしい活動団体だ。次の子供が女の子だったらまた再開したいが、今は少し離れたい。

この会計レポート作成中に、ワタシのノートパソコンが起動しなくなり、プリンターが壊れた。

「休め!」と周りに言われてる気がした。




[PR]
by who54211 | 2017-02-10 12:22 | 人間 | Comments(0)

遅延

先日、新居のディベロッパーさんからメールが来た。

「完成は夏の終わりから秋頃にずれ込みそうです」

とのこと。

まぁ予測はしてたけど、やっぱりかw。

残念ながら息子くんのお誕生日を新居でお祝いしてあげることはできなさそうだ。

Nigelのご両親もこの夏また遊びに来る予定なので、こうなったら6月くらいに来てもらいたい。今回はルート66 を旅したいということなので、アメリカ横断旅行目的らしいけど、引越しがずれ込むことが確定したので、確実に被らない時期で、夏休みに入る前にして欲しい。

この遅れはワタシたちの2人目妊活にも関わってくる。ワタシの年齢を考えても、早いに越したことはないが、できたら正常に出産したい。引越ししてから励むかその前から仕込むか、悩むところだ。

まぁなるようにしかならないか。

早くできないかなー。楽しみだなー。


[PR]
by who54211 | 2017-01-25 06:56 | 愚痴 | Comments(0)