タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:スタンリーカップ ( 3 ) タグの人気記事

劇的

6月1日はスタンリーカップファイナルの第一試合の日である。
スタンリーカップはNHLの優勝カップ。歴史は深く1892年までさかのぼる。当時カナダ総督だった大のアイスホッケーファン、スタンリーさんが$50ほどでこの装飾用カップを鍛冶屋さんから購入し、「トップチームにこのカップを捧げる」と寄贈したのが始まりである。

1925年まではカナダ国内のリーグだったのだが、それ以後、NHLの優勝チームに捧げられるようになった。

バンクーバーのアイコンの一つであるスタンリーパークも同じ総督さんから名前をいただいているのだそうな。ただ、この公園、先住民の言語に名前を変えるとかいってたんだよな...。

ま、そんな歴史の深いスタンリーカップなのだが、1993年のモントリオールの優勝以来、カナダのチームは獲得できていない。
そんなこんなでカナダあげての熱狂ぶりといっても過言ではないくらいの盛り上がりとなっている。
カナダの国内ニュースのトップにこの話題が来るのだから、その熱の熱さが分かってもらえるだろうか?

そしてそのゲーム1、試合は両チームのゴールキーパーのすばらしいセーブに次ぐセーブで、第3ピリオド残り19秒までスコアレスドロー。
誰もが延長戦を予測したその瞬間だった。

#17ライアン・ケセラーのターンオーバーから#36のヤニック・ハンセンへパスが渡り、ゴール前に滑り込んできた#13ラフィー・トレスがレギュレーションタイム土壇場で値千金のスコアを決めた!!
http://youtu.be/38QLMB4nsuQ

会場もパブリックビューも、パブも各家庭もその瞬間の歓喜といったら!!

オリンピックのアイスホッケー金メダルマッチの再来かのようである。

次の試合は土曜日。土曜日はカナダでは伝統的に「ホッケーの日」なのである。
NHLも気を使って日程をちゃんと組んでくれるのね。

とにもかくにもこの2週間はカナックス一色のバンクーバー。
雨がまた降ってるけど、それでもホッケーがあれば盛り上がるのだ!
Go Canucuks Go!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-06-02 22:58 | 趣味 | Comments(2)

世界

日本はゴールデンウィークだそうで...。
今年は週末の重なり方がよくて長いと11連休だか12連休だかできるんだそうで...。

そしてイギリスでは

ロイヤルウエディングで盛り上がっているそうで...。
イギリスの影響のおおきなカナダもむろん、お祝いムードかと思いきや!



東側はともかく、西側特にバンクーバーはとにかく
[Go Canucks Go!」
なのである。
そう、NHLの頂点を決めるスタンリーカップのプレイオフ真っ最中なのだ。東側はモントリオールが負けてしまったために盛り上がりに欠けるものの、バンクーバーカナックス、最初のシリーズを7戦までもつれて勝ち残り、昨日からのシリーズも一勝とがんばってるのだ!

もちろん、ゲームのある日はみんな早く帰宅orパブへレッツゴーなので町中が試合終了までそりゃー静かであるw。

今シーズンのバンクーバーは絶好調で、レギュラーシーズン終了する前にすでにリーグ一位通過を早々に決めており、もっともポイントを獲得したチームに贈られるプレジデントトロフィーなるものもゲットである。
その他いろんな選手も賞レースにのきなみノミネートされているという大活躍ぶり!!

これは今度こそスタンリーカップを生で拝めるかもしれない。

オリンピックのメダル以上に並ぶんだろうけど、絶対触りにいくもん!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-04-29 23:00 | 関心 | Comments(0)

色彩

北米四大スポーツの一つである、アイスホッケーリーグのNHLのシーズンは長い。

9月半ばからプレシーズンマッチが始まり、4月からプレイオフに入り、やっと今週末からスタンリーカップファイナルと呼ばれるチャンピオンシップゲームが始まるのだ。

ワタシの愛するバンクーバー・カナックスは今年はプレイオフ進出を決めたものの、ウェストカンファレンスのセミファイナルで若さ溢れるシカゴ・ブラックホークス(確か選手の平均年齢が25歳くらいだった気がする・・・)に敗れてしまい、バンクーバーはその後静かである。

で、今日はそのカンファレンスの決勝だったのだが、経験不足からか、シカゴはデトロイト・レッドウィングスに負けてしまったのだ。

一足早くイーストカンファレンスのチャンピオンとなったのは、ピッツバーグ・ペンギンズ。
この2チーム、実は先シーズンもスタンリーカップを争った間柄である。

イーストカンファレンスの決勝はピッツバーグとキャロライナ・ハリケーンズだったのだが、敗れたキャロライナのチームカラーは赤だったのだ。
デトロイトも、チームネームからも想像がつくと思うが、赤がチームカラーである。

気になったのでNHL全30チームのチームカラーを調べてみた。

<イーストカンファレンス>
ボストン・ブルーインズ:黒
ワシントン・キャピタルズ:赤
ニュージャージー・デビルズ:赤
ピッツバーグ・ペンギンズ:黒
フィラデルフィア・フライヤーズ:オレンジ
キャロライナ・ハリケーンズ:赤
ニューヨーク・レンジャーズ:赤
モントリオール・カナディアンズ:赤
フロリダ・パンサーズ:黒
バッファロー・セイバーズ:黒
オタワ・セネターズ:赤
トロント・メープルリーフス:青
アトランタ・スラッシャーズ:赤(えんじみたいな色)
タンパベイ・ライトニングス:黒
ニューヨーク・アイランダーズ:青

<ウェストカンファレンス>
サンノゼ・シャークス:マリンブルー
デトロイト・レッドウィングス:赤
バンクーバー・カナックス:青
シカゴ・ブラックホークス:赤
カルガリー・フレームス:赤
セントルイス・ブルース:青
コロンバス・ブルージャケッツ:赤
アナハイム・ダックス:黒
ミネソタ・ワイルズ:緑
ナッシュビル・プレデターズ:紺
ダラス・スターズ:黒?緑かも・・・
エドモントン・オイラーズ:紺
ロスアンジェルス・キングス:黒
フェニックス・コヨーテズ:えんじ
コロラド・アバランチ:えんじ

並べてみると赤と黒が圧倒的に多いな・・・。
ちなみに日本のプロ野球ではホームチームのユニフォームが白地のことが多いのだが、NHLではホームユニフォームが色モノのことが多い。でも各チーム数種類のユニフォームがあるのでどれを着るかは当日まで決まってなかったりするらしいと聞いた。

今年も赤と黒の対決となったNHLファイナル。
ワタシ個人はやっぱり若いピッツバーグを応援するつもり。デトロイトは去年勝ってるしね。
夏に向っている北米でも、まだまだ氷上の戦いは続くのだ。
[PR]
by who54211 | 2009-05-28 13:42 | 趣味 | Comments(0)