「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:バレンタインデー ( 4 ) タグの人気記事

贈物


Happy Valentaine's Day!!
f0129786_10175967.jpg
欧米ではバレンタインデーは、男性が女性をエスコートしてデートするのが普通なのだが、それに伴ってもちろんギフトをもらう。プロポーズがバレンタインデーに多いのも、ギフトとして指輪を贈ることが多いからのようである。
イギリス人のNigelももちろん今年もいろいろと考えていたらしい。
f0129786_10175990.jpg
写真のクッションとハートのオーナメントは今年のギフトである。ワタシは誕生日が11日で近いので、2月、Nigelはすごく出費をする羽目になるw。かわいそうにw。

さて、ワタシは日本人なので、ちゃんとチョコレートを毎年あげるのだが、今年はお友達のChieちゃんのベーキング教室に参加してフォンダンショコラを焼いてきた。これはChieちゃんのお見本。
f0129786_1018023.jpg
で、これがワタシが作ったもの。お皿のケーキはChieちゃんが焼いたのだが、デコレーションはワタシがした。
Chieちゃんのように器用ではないので、字は書けなかったorz。

f0129786_1018168.jpg
で、いつものクラスではこれを試食しておしまいなのだが、

f0129786_1018251.jpg
なんと、Chieちゃんと主催者のSayakaさんからのサプライズで、お誕生日ケーキが出てきた!!
6人の参加者中、3人が2月生まれというこあとで、みんなにお祝いしてもらったのだった。
そしてワタシは、この場をお借りしてChieちゃんとYukiさんに妊娠報告もさせてもらった。

結構簡単にできたケーキだったが、これ、ワタシ自分ひとりでつくれるのかなぁ??



ついに
[PR]
by who54211 | 2015-02-15 10:14 | 報告 | Comments(2)

気障

オリンピックも終盤である。
カナダはバンクーバーに続いて調子がいいようだが、やっぱり時差のせいでイマイチ盛り上がりにかける今日この頃である。

さて、そんななか誕生日とバレンタインデーがあったわけである。

14日、仕事終わってかえったら
f0129786_15373382.jpg

でっかい花束が待っててびっくりした。
西洋ではバレンタインデーは男性がサービスをする日で、お花屋さんと宝石商が儲かる時期でもある。

ワタシは日本人らしくチョコレートも用意しておいたのだが、
f0129786_15403265.jpg

ハート型のハンバーグとオムライスもどきなんか作ってみたw。
ついでにかわいかったので
f0129786_15463748.jpg

お友達のMaikoちゃんが働いてるカフェで売ってたハート型のマカロンも添えて見たw。

そんなバレンタインデーだったのだが、これで終わらない。
続きはまた明日w。
[PR]
by who54211 | 2014-02-20 15:49 | 報告 | Comments(0)

花々

今月始めにあったあきこ先生のフラワーアレンジの教室。
f0129786_1171955.jpg

プリザーブド組のみなさんは、バレンタインっぽいアレンジ。
ファーがいい感じなのだが、いかんせんこのファー、バケツを全部取り囲む長さがないので、正面からしか見られないって言うw。

で、ワタシは
f0129786_1172079.jpg

パステルカラーのお花をふんだんにつかった、春のアレンジ。
白のバスケットがいい雰囲気である。これが普通のかごの色だったら、またちょっと違うんだろうな。

最後の一枚は
f0129786_117213.jpg

デートのお相手さんからバレンタインでーにいただいた花束である。「バラはそんなに好きじゃない」というのを覚えてくれていたらしいw。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2013-02-21 11:15 | 趣味 | Comments(0)

激励

日本ではもうバレンタインデーの朝だな・・・。

今でも不思議なんだけど、どうして日本をはじめとする東アジアでは「女性から男性へチョコレート」が定番になったんだろうか・・・。チョコレートはお菓子メーカーの策略だったとしても、「女性から男性へ」ってのはほんとに謎である。

もともとのバレンタインデーの由来って、結婚を禁止された男女を内緒で結婚させた司祭の名前から来てるんだよな・・・。
カード交換はルベルカーディア祭から来てるらしいけども・・・。どこでそれがごっちゃになったんだろうか・・・。

北米では恋人同士や夫婦の場合、バレンタインデーは男性が女性をエスコートしてプレゼントとディナー、というのが定番である。この日にプロポーズする男性も多いのだそうだ。

と同時に、仲のよい友達同士でもカード交換、プレゼント交換をするのが習慣化しているようで、こっちでは保育園とか幼稚園のころから、クラスメイトにカードを渡すんだってさ。

インストラクターの提案でシークレット・プチギフト交換をすることに決めたワタシのクラス。
ワタシはクラスの中でも一番正義感が強くて、授業にも熱心に取り組んでる同い年の女性に渡すことになった。
で、昨日そのプレゼント交換だったのだ。
ちなみにワタシがあげたのは、

f0129786_811830.jpg

「このカードにはトランス脂肪酸は入ってません」

開けると

f0129786_814979.jpg

「女装はイエス、トランス脂肪酸はノー」

というオチが付いているカードにHershey'sのミニチョコレート。彼女は健康指向だし、趣味に合わない小物をあげてもゴミになるだけなので、簡潔なものにした。

ただ、彼女にぴったりの文章を一生懸命考えて、書き添えておいたら、思いのほか感動してくれて、あつ~いハグをしてくれた。

彼女は、この一、二か月の間、かなりいろんなことがあったのだ。
新しくできた彼氏との間に子供ができたのに、超音波で心音が確認できず、胎児死亡の診断。
そのうえ、テスト直前の昨日、その彼氏が行方不明だと彼氏の母親から電話が入り、「だめ、勉強できない・・・」と、かなり落ち込んでいたのだ(しかも結局その彼氏、深夜に家に戻って着たと彼氏の妹さんから連絡があったとのこと)。

包み隠さずクラスメイトみんなに事のいきさつをすべて語る彼女は、それでいやなことをすべて洗い流してるのかもしれないけど、その潔さがとても素敵だと思う。彼女自身が今までその容姿や格好でいろんな偏見を受けてきた(白人さんなんだけど、ティーンのころはそれこそファンキーな格好をしてたらしい)こともあるせいか、彼女は他の人の意見にはあまり左右されず、自分の目でしっかりと他人を捉えるようにしている。

今朝、たまたま彼女と話していたら

「あなたがくれたメッセージを家に帰ってからもう一度読み直して、またハッピーになったの、ほんとにありがとう」

と言ってくれた。

彼女のように人の心に敏感な人こそ、子供に携わる仕事をすべきだな、と心から思った。
願わくば、彼女に新しい素敵なパートナーが見つかりますように。

Happy Valentine's Day!!
[PR]
by who54211 | 2009-02-14 08:19 | 人間 | Comments(8)