タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:バンクーバー素敵女子 ( 10 ) タグの人気記事

意欲

昨日からやっと体調が戻り(実は先週風邪ひいて、日曜から胃が痛くてちょっとしんどかった)、止まっていたブログをまた再開。

この日記ブログだけでなく、本職(というか収入につなげたいブログ:ふうの気ままな言霊たち)もやっと更新。
岸本亜泉さんの動画学習してから、ワタシは仕事に対する意識が変わった。

ありがたいことにNigelが親子三人で暮らしていくには十分の稼ぎを得てくれてるので、とにかく息子くんが寝てる間は家事優先、体調が悪ければ回復に努める。仕事はその後である。
これもまぁ、仕事と言っても自分のペースでできるからなのだが・・・。

そんな岸本さんをFBで紹介してたのが、バンクーバー素敵”エロ”女子のハートリー明子さん

彼女は現在、「あげまん女プロジェクト」を立ち上げて、100名の悩める乙女を募集している。

こういう自分のやりたいことがしっかり見えてて、そこに向かってまっしぐらに走ってる素敵な女性を見ると、モチベーションが上がる。
以前のワタシならこういう人を見ても多分、「いやワタシはそれ無理だし。とにかく稼ぎないんだから、使わないでけちけちしないとだめだわー」とか思ってたに違いないが、今は違う。

産後、仕事に戻ることを考えなかったわけではないが、バンクーバーの保育園事情とワタシがその時点で得られる収入を考えたら、息子くんと一緒にいるほうがいい、という結論にNigelと至ったから、専業主婦をすることになったわけだが、今はそうしておいてよかったと思う。
仕事復帰したお母さんはすごいと思うし、収入が定期的に得られてうらやましい、大人としての時間が長く持てていいなぁと心底思う。

出産後一年近く産後うつで悩んだワタシは、無理に仕事復帰していたら、多分ぶり返していたと思う。仕事も子育てもどっちも中途半端になりかねなかった。
産休中、ずっと思っていた「理学療法士免許」のこと。大学の同期は、いまやベテラン理学療法士であり、教育者として活躍する人もたくさんいる。

ここカナダなら、自分でオフィスを開けるという大きな展開が待っている。

でも、息子くんが生まれてずっと考えていた。「ほんとにそこに戻りたいのか??」という疑問。

産後うつを克服する中で、一番難しかったのが、「自己受容」である。そのままの自分をいいところも悪いところも受け入れること。
今だから思うけど、これを親ができてないと子供はおろか、誰も受け入れられない。

北米で暮らしてると思うのが、こっちの子供たちって意味不明に「自信満々」なのである。
なぜか??
それは親がありのままの子供を受け入れる寛容さを持っていて、親も親自身を受け入れている人が多いからだと思う。

理学療法士に戻る戻らないで葛藤したのは、「せっかく取った資格だし」「親にすごい費用出してもらったし」「というかこれならここで稼げるじゃん??」という考えがよぎったからだ。

理学療法士になるための勉強をしたことも、資格を取ったことも、理学療法士として働いたことも今の自分を作ってる大切な部分ではある。
が、10年以上のブランクができてしまい、あまりにもほかにやりたいことが増えてしまった今、そこに執着する必要があるのか?

今回のあげまん女プロジェクトの無料動画の中で「執着と欲しいもの」の違いについてハートリーさんがコメントしてたのが、

「ドキドキわくわくするかが大事」

理学療法士としてのチャレンジはワタシにとっては、ドキドキわくわくでは今はない。もしかしたら今後またそうなるかもしれないけど。

今は、息子くんとの時間のほうが楽しくて、そして書いて伝えていくことが面白いと思ってる。
直感を信じてみようと思っている。

・・・とはいえ、このブログワーク、日記のこのブログはともかく、本職さんのほうは、いろいろと設定もしなくちゃいけなくて、そのためにコンサルさんにもついてもらっているのだが、正直「???」となることが多々。
もうすぐそばに誰かワードプレスに詳しい人がいたら、個人レッスン受けたいくらい。与えられたものにインプットするだけならできるけど、自分で設定ってそれで合ってるのかどうか確信が持てなくて困るわー。

まぁそんなこんなはあるものの、その苦悩の先には心地よい書く時間が待ってることを楽しみに、セッティングもう少しがんばろう。

・・・てもうすぐ息子くん起きちゃうわw。





[PR]
by who54211 | 2017-06-15 06:01 | 仕事 | Comments(0)

準備

昨日はバンクーバー素敵女子のTomokoさんによるオーガニック妊活講座だった。

Tomokoさんは妊娠33週で第一子を死産されている。当時まだ20代だったTomokoさん。健康にも自信があり、どうして自分が子供を失ってしまったのかを追及していくうちに、行きついたのが「オーガニック妊活」。そのさわりを特別価格でキャンペーン中、ということで、二人目妊活の参考にしようと参加。

昨日はシアトルにお住まいのKeikoさんと二人での受講だったので、一方的な講義を聞く形式ではなく、自由に意見を飛び交わせての、生き生きしたオンライン講座になった。

話聞いてると、日本で暮らすのって大変なんだなーとつくづく思う。

日本は農薬、食品添加物大国。しかもそれらの一つ一つは「問題ない」と言ってる厚生省は、実は二つ以上のものを混ぜ合わせたときの安全性を確かめてないんだそうだ。
とはいえ、ワタシたちの親世代ってそれこそこういう「便利で安くておいしい」と感じるものをどんどん摂取し、子供であるワタシたちにも与えていたわけである。ワタシの高校生時代のお弁当なんて冷凍食品ばっかりだったし、インスタントやレトルトも普通に家に置いてあった。

まぁそれは親なりに考えもあったのだろうから責めるつもりはない。

さて、それが妊活にどうつながるのか?

この手の化学物質は蓄積され、体内の脂肪に貯蓄される。
そうすると、そう簡単には体から出て行ってくれない。
どんどん溜まっていくと、体に不調が出てくる。そしてそれは生殖器にも起こる。

晩婚化、高齢出産が進む昨今、「欲しい」と思ったときに体の準備を整え始めていたのでは、遅い。だからこそ、「まだ今は」と思っている時からいいものを食べて、溜まった有害物質を解毒して、体調を整える必要があるのだ。

と、こんなことを書いておいていうのもなんだが、ワタシは息子くんを妊娠した時、35歳で高齢妊娠だったが、実はこんな妊活らしいことは一切せず、「作ろう!」と言って2週間後にはできていた(まぁ検査薬が反応したのはそこからさらに2週間後だけど)。そして、息子くんを妊娠してからのほうが実は食生活にも気を使い、オーガニック食品をできるだけ買うようになり、経皮毒を考えて布ナプキンにしたり、YLの製品を使ったりしている。

息子くんは、ワタシたちに自然と妊娠しやすい体づくりを提供してくれていたらしいw。

Tomokoさんのこの講座は、「いつかは絶対」と思ってる人、不妊治療に行く前に何かできないかと考えてる人にはおススメである。やはり妊活は一日にしてならず、まずは意識していくことが大切なのではないだろうか?




[PR]
by who54211 | 2017-06-11 15:45 | 関心 | Comments(0)

実行


もうね、私はこの人の大ファンなんだよ!!と言ってるような記事だわw。
バンクーバー素敵”エロ”女子のハートリー明子さんの新プロジェクトが昨日から始まった。その名も「あげまん女になる法則」。名前からしてハートリー明子節全開である。

・・・と思ってたんだけど、実はあげまんって男女関係なく使えるんだって!!そんな豆知識まで仕入れることができたりする。

で、この第一回を息子くんが昼寝してる間に見てたのだが、「さげまん女の特徴」のところで

「・・・これって、DVの彼氏と付き合ってた時のワタシじゃん」

と冷静に解析する自分がいた。

でもこの不幸な縁をぶった切って、その後住み込み生活からも解放され、現れたのがNigelだった。

Nigelと付き合い始めたころは、まだこういう自分磨きとか自分の価値観とか見いだせてないころだったけど、ラッキーだったのは、Nigelは出会ったころからハートリー明子さんのいう「あげちん男の要素」を満たしてる男性だった、ということだろう。

運も実力のうちだと思う。今は本当に幸せなので、この幸せが続くようにあげまん女になりたいとこの講座を楽しみにしていたのだが、第一回目の締めで明子さんのおっしゃった

「知ってるとできてるは違う」

は耳に痛かった。ワタシは小さいころから耳年増で、豆知識博士なんだけど、いかんせん行動が伴ってないのだ。
でもね、明子さんの講座とアロマの力でなんかできることが増えそうな気がしてきた。

第一回の講座で出てきてワタシが「これならできる!」と思ったのが、「自分軸」を強くすること。YLの精油で自分軸といえば「Thieves」。これなら自然に続けていけるじゃーん。

そして、更にこの講座で学んで、息子くんもあげちんに育ってくれればいうことはないw。

全世界の悩める女子だけでなく、幸せな女子もこの講座は自分を磨くために一度受講をおススメする。ってまだ登録できるのか?ちなみに無料。


[PR]
by who54211 | 2017-06-03 13:53 | 人間 | Comments(0)

発想

f0129786_06220645.jpg
土曜日のアロマフェアでゲットしたフクロウさん。
何かというと


f0129786_06221887.jpg
ブローチなのだが、これ、おくるみボタンになってるフクロウの部分にアロマオイルを垂らして、香りを楽しむためのもの。
Yukiさんのとっても素敵なアイディア商品。
もちろんフクロウさんだけじゃなくていろいろ種類があったんだけど、このフクロウさんと目が合ってしまったので、こりゃ買うしかないでしょ、とこの子に決めた。

YLからもディフューザーペンダントが販売されてるし、いろんなアクセサリーで香りをまとうグッズはあるが、お手頃な価格($12だった)でお好みのものを選べる楽しさがあるYukiさんのアロマピンは、贈り物にも最適だと思う。今度はこれと一緒に精油を送るのもありだなーと思った。

写真を撮るために今日はシャツにつけてみたけど、暑い日が続く最近(昨日は寒かったけど)は、人からは見えないが帽子の裏側につけて清涼感のあるペパーミントやらユーカリを香らせて気分だけでも涼しくしている。ワタシだけが知るひそかなおしゃれw。

トップノートの精油は香りがすぐに飛んでしまうらしいが、ミドルノートからベースの香りなら一日長持ちするんだそうな。

しかしこれはほんとにアイディア商品だよなー。


[PR]
by who54211 | 2017-06-01 06:21 | 報告 | Comments(0)

山盛

アロマフェアが終わって放心状態だったが、食い気が勝って参加したマクロビシェフ、Akoさんのお料理教室。
今月は「ポットラックに便利!なパーティー料理」である。
f0129786_05543165.jpg
ワタシはおにぎらずってこんなにご飯を盛り付けると知らなかったよ・・・。
f0129786_05544901.jpg
あんだけ大きなお山だったのに、こんなにまとまるのね・・・というかまとめないときれいな断面にならないらしい。
f0129786_05551037.jpg
今回も6品。手前はニンジンのサラダ、そして冷静レモンパスタ。

f0129786_05552933.jpg
これ、ジャガイモのケーキである。ポテトサラダ好きなカナディアンのパーティーにはもってこいである。クリームはアボカド。ぜーんぶお野菜なのに彩がこれだけきれいだとお菓子みたい。
f0129786_05554474.jpg
これはデモで作った一人用のもの。これはこれでありだよなー。レストランで出てきそう。
f0129786_05555963.jpg
そしてこれ、「シュープリーズ」という開けてびっくり玉手箱なサンドイッチ。ワタシの手製食パンで作るにはちょっと難しそうだけど(大きさが小さいので)、Baker&Tableのホテルブレッドでいつか挑戦してみたいかも。これはデザートだが、お昼御飯用のサンドイッチはまた別に用意されていた。このクリーム、ココナツミルクでできてて甘すぎずさっぱりといただけてよかった。
f0129786_05561343.jpg
今回はAkoさんがTea LaniのMayumiさんにお願いしてブレンドしてもらった「Harmoney」というお茶のお土産つき。試飲させてもらったけど、ごはんにぴったり!!このお茶、Akoさんからしか今のところ買えないらしいが、おススメである。

毎回思うけど、ほんとにこの献立、どうやって作ってるんだろうか??
そしてこの6品を手際よく一時間以内に作り終えるってすごいよなー、といつも思う。
でもAkoさんのおかげで我が家では前回の作り置きメニューが定番になりつつあり、冷蔵庫に常ににらのしょうゆ漬け、毎週のようにキノコの時雨煮とコールスローを作ってるワタシであるw。副菜って繰り返してもメインが違うと印象が変わるので飽きないんだよね(少なくともワタシはw)。

あとは、息子くんが食べるようになればいいのだが。ほんと、Akoさんが作ったお弁当からは食べるのに、ワタシが作ると食べないんだよなー。まあ育ってるからいいけどね。

[PR]
by who54211 | 2017-05-31 05:54 | 趣味 | Comments(0)

芳香

f0129786_06071768.jpg
・・・のっけからすごい写真だw。
これは、土曜日に行われた「アロマフェア」の一幕。夢の国からこのフェアのためだけに現れた「オイリーマン」であるw。

ワタシに産後うつから救ってくれた素晴らしい精油とその使い方を教えてくれるアロマージュを紹介してくれたEmiさんの思い付きで急きょ決まったアロマフェアが27日土曜日に無事終了した。

f0129786_06073290.jpg

f0129786_06075541.jpg

あれだけ急な告知だったにもかかわらず、大盛況だった。関係者一同、参加してくださったすべてのバンクーバー素敵女子の皆さんに感謝♡
いろーんな反省点、改善点も発見したけれど、何よりもたくさんの方に来ていただいて、来てくださった皆さんが「いい香り♡」と喜んでくださったことがありがたかった。

先週「アロマ初級」 の時にも書いたけど、ワタシ、ほんとにこのイベント乗り気じゃなかったのだ。
最初にEmiさんが「イベントやります」ってFBで告知した時から、「あーじゃぁ『お客さん』として遊びに行こう」の気分だった。
個別にメッセージで「こんなことやってくれませんか?」と言われたときは「じゃぁそれなら・・・」くらいだったのだが、最終的にイベントがアロマージュと共催になってそのアイディアが却下になり「セラピストしてください」になった時に

「は(怒)???」

とメッセージを読んで叫んだくらいに「ふざけんなよ」と思ってた。

私はアロマでサロンを開いてひと様にサービスを提供しようとは今のところ考えてない。アロマはまだまだワタシを癒してくれるものであって、ワタシ癒されきってないのになんで人に提供しなきゃいけないわけ!?とブツブツ文句を言っていた。

加えてこのフェアのオンラインミーティングのたびに、ワタシは焦ってしまい、息子くんのお昼寝寝かしつけがぜーんぜんうまくいかず、

「もうこれはワタシより魂のレベルの高い息子くんが『参加するな』って言ってるんだ」

と思ってた(←全部自分が勝手に「参加しなきゃだめ」焦ってただけなのに)。

一週間前に「アロマ初級」を受けて考えが変わってきて、そしてイベント前日にたまたまばったりとあったHirokoさんが「行きたいんです」とおっしゃってくれて、急きょ手続きをしてたのだが、前日だったために、息子くんの晩御飯の最中にテキストやらメッセンジャーやらやり取りが忙しくて、ワタシは息子くんをしっかり見てなかったのだが、なんとか一通り終わって息子くんもごはん終わって、ハイチェアから下してあげたら、ワタシの脚をぎゅーっと抱きしめてくれた。

「がんばってるねー母ちゃん、こういうイベントの裏方やるの好きなの知ってるよ」

って言ってくれてる気がした。

そうなのだ、ワタシはイベントごとの裏方をするのは大好きなのだ。
好きだからこそ、全力で準備に従事できないから、だからやりたくなかったのだ。

岸本あいさんの講座で「女性の優先順位はライフイベントで変わる」ということを教わったのだが、ワタシの中で息子くんのことが一番だと思いこもうとしてた。というかそうじゃなきゃいけないと思ってたんだと思う。

息子くんはもちろん大切だし、優先順位も高い。でも、自分のやりたいことがやはり一番に来る方がワタシに負担がすくないということを今回思い知った。

やりたかったらやったらいいし、やれない、やりたくないと思ったら断ればいいのである。
今回もどうしてもやりたくなかったら、「やりたくない」って言えたはずなのだ。

だってワタシがいなくても世界は回っていくんだから。

27日、朝9時からワタシは家を出て夜9時過ぎるまで戻らなかった。
でも息子くんはNigelと仲良く過ごし、帰ってきたら無事に眠っていた。

同じことがこのイベントでも起こりえたわけである。結局ワタシミーティングは中途半端にしか参加してないけど、ちゃんと成立してたんだから。ワタシが行かなきゃ行かないで、きっとどうにかなってたはずだ。

このイベントはアロマージュ代表、Saki先生のアロマ講座も2回行われたのだが、その中で参加者全員に「Sensation」という精油を嗅いだのだが、先生の誘導の声を聴いて、誘導にそって扉を開けたら、家族で草原に立ってる映像が浮かんで涙がすーっと出てきた。
新しい扉を開くには、家族の力がワタシには必要だったのかもしれない。「Sensation」は「Wow!」と叫びたくなる香り、と先生はおっしゃったが、感覚を、特に第六感を刺激する香りなんだろうなーと思う。

このイベント、恒例になると思うので、次の機会には是非もっとたくさんの人に参加してもらいたいと思う。



[PR]
by who54211 | 2017-05-30 06:06 | 報告 | Comments(0)

告知

5月27日、土曜の午後はぜひぜひ空けておいてほしい↓↓↓
ワタシも愛用するヤングリビングの精油をバンクーバー近郊にお住まいの女性に広く知ってもらうための楽しいイベントが行われるのだ。
ワタシはスタッフとして参加の予定。

このイベントの準備を通して、気が付いたことがいくつかあるのだが、それはイベントが終わってからまとめて書こうと思っている。

入場は無料だが、もしセッションを受けたいというのであれば、ぜひチケット購入をお勧めする。ワタシたちアロマージュの生徒がどうしてここまでSaki先生を慕うのかの一端を垣間見ることができるからだ。

セッションを受けなくても、アロマグッズを購入することも可能なので、アロマに少しでも興味があればぜひぜひ遊びに来てほしい。
15歳以上の女性限定なので、お母さんはお父さんに「よろしく!!」しとおくことをお勧めするw。


[PR]
by who54211 | 2017-05-13 13:59 | 関心 | Comments(0)

熟考

昨日ほんとは書きたかったのだが、なぜか記事を書くボタンが消えていたエキサイトブログ。

昨日はバンクーバー素敵女子の一人、言葉の魔術師Aiさんの「愛ことば講座 Vol.2 愛されブログの作り方」だった。1回目の時に一緒に受講したHisaeさんとAiさんと一緒にStartSを運営しているKaoruさん、コーチングで起業を考えていらっしゃるMikikoさんとご一緒に。

もうね、前回も思ったんだけど、「書く」っていかに自分のことを知って、考えてあげて、表現していくか、ということ。

これがブログになると、読者を惹きつける必要がある。

自分もそうだが、基本、どんなに「読んでくださーい」と言ったところで、人はそう簡単には読んでくれない。
読者の3分間をどうやって口説くか?をブロガーとして常に頭に置いて文章を書く必要がある。

このブログは、日記として運営しているので、完全にワタシの自己満足のために書いているが、仕事としてコンサルに入ってもらってるブログは、ターゲットを絞り、ネットで見かけた時に「読みたい」「次気になる!」と思ってもらえるものに仕上げなければならない。

そうするためにはどうしたらいいのか?を

f0129786_05574459.jpg
ターゲットのこの子に聞いていくことで、書く内容を絞り込み、洗練していく。

ワタシは日記としてこのブログを長いこと書いてるけど、「読者ありき」のブログは本当に四苦八苦して書いている。簡潔かつ必要な情報を盛り込み、たった一つのトピックで、さらに自分の色をつけるって、想像していた以上に難しい。まずトピック一つっていうのが厳しい。あれもこれも書きたくなる。

でもね、その苦しみはあるけど、それ以上に伝えることで喜んでくれるかもしれない!って思うと楽しくなるのだ。それを思い出しために出されたAiさんからの宿題は、ワタシを原点に戻し、新しいエネルギーを注入してくれた。

誰でもブロガーになれる時代だからこそ、伝えたいことがあるなら、どんどん書くべきだ。「書かないことは、罪」と本田健さんは仰ったがその通りだと思う。世界中インターネットでつながる時代。自分のサロンをネット上で開いてみてはどうか?


[PR]
by who54211 | 2017-05-08 05:35 | 報告 | Comments(0)

接触

ずっと訪れたかったEnaさんのお家へ遊びに行って来た。

f0129786_12101751.jpg
もうねー、すごーく素敵な家!
天井が高〜くて、ひろーく感じるスペース!
そして無駄なものがないから、息子くんものびのび遊ばせてくれてほんとにありがとう❤️

Enaさんは、ワタシの通ってたコミュニティカレッジに通っていたのだが、急に先月、閉校になったのだそうだ。

えぇ!!無くなっちゃったの??

無事に別の学校に吸収されて、今はそちらで学んでいるんだそうだ。

今日はやはり同じ学校に通ってたMasakoさんも来てくれた。ノースバンに暮らしてる友達が欲しいとEnaさんがだいぶ前に言ってたのだが、ようやく実現。

素敵な旦那さんとのいきさつを聞いて、ワタシもMasakoさんも、幸せおすそ分けいただいた。
息子くん自由に遊ばせてくれてほんとにありがとう😊

また遊びに行きたいな。

[PR]
by who54211 | 2017-04-25 12:08 | 人間 | Comments(0)

興奮

今日はウキウキしながらお出かけ❤️

あのバンクーバー素敵"エロ"女子、ハートリー明子さんに会う予定になっていたのだ!

彼女はハワイからFBでLive中継をしてたのだが、それをシェアしてくれた人の中から、抽選でハワイ土産をプレゼントしてくださるということだったのだが、なんと!!見事ご当選!!!

なんてラッキーなんだ!
しかも名前呼ばれた瞬間、息子の尻を拭いてたという不思議な縁(ほら、"エロ"だからさ)。

で、これも縁だと思って、この前明子さんってすごいねーって言ってたMasakoさんを一緒に誘ってみた。

予想以上のいい反応でMasakoさん参戦決行。

朝のリトミックで疲れ切った息子くんは、ストローラーで12時前に撃沈。13時にお昼休みになるNigelにお願いしてオサレなYaletownのベトナメーゼレストランでランチ。

もうね、今や売れっ子愛され女子ファシリテーターの明子さんは、一緒にいるだけでも自分がワンランク上がってる感じ。
バンクーバーに限らずだろうけど、海外で暮らしてると、日本人ってだけでものすごーい人と繋がりができる。

で、そのプレゼント🎁
f0129786_12312565.jpg
Lupiciaのハワイ限定のお茶セット、ハワイのお塩で作ったスクラブ(明子さんも使って、「良かった」と太鼓判)。そして明子さんの旦那さんチョイスのセクスィー男児のカレンダー。
f0129786_12340175.jpg
さて、あなたなら誰を選ぶ?

偶然だが、明子さんもMasakoさんも選んだのは同じ男児だったw。

そして明子さん、スマートに奢ってくれた。ゴチ!!

楽しい時間はあっという間に過ぎて行った。仕事に戻らなきゃいけないNigelから息子くんを無事に引き渡してもらい、解散。

本当に楽しい時間を過ごせ、プレゼントを手渡ししていただいて、感謝感謝。

そーんなバンクーバー素敵"エロ"女子、
ハートリー明子さんのHPはこちら↑

オトコのことで悩んでるなら、一見の価値アリ。悩んでなくても、いい関係を作りたいなら、見てみるとすごーく勉強になる情報ばかり。

そしてハートリー明子さんは明後日これまたバンクーバー素敵女子のArisaさんとコラボライブをする。
https://www.facebook.com/fusami.wakita/posts/10210617754713914
これもライブで見られなくても、是非時間のある時に見てみると楽しいはず。




偶然
[PR]
by who54211 | 2017-04-20 12:12 | Comments(0)