タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:ビザ申請 ( 4 ) タグの人気記事

延長

さて、勝負の朝であるが、シアトルは大雨。
そんな中を一応セミフォーマルな格好(ブラウスにスカート、ちゃんとストッキング履いて革靴)で歩く。数分で「・・・・雨の馬鹿」とつぶやく始末。

7時にチェックアウトして、Seattle's Best Coffeeでマフィンと冬季限定のシュガーラテを朝ごはん。StarBucksが領事館と同じ建物の中にあるのだが、そこはフードコートの中なので何となく嫌だったからお向かいの建物にあったSeattle's Best Coffeeに入ったのだが、そこでよくしゃべるフィリピン系のおばちゃんにず~っと話しかけられていた。

そのおばちゃんのおかげで、退屈することなく、領事館が開く時間にちょうどお店を出ることができた。

毎度おなじみの警備のおじちゃんの命ずるままに、荷物をX線に通し、金属探知機のゲートをくぐる。
不覚にもMP3プレイヤーがコートのポケットに入ったままだったので、再通過を求められてしまった・・・。

そして番号札を取った。今回は「6番」。
すぐにシアトル領事館にあるチェックリストの記入をはじめ、ついでに履歴書に載せた学歴と食歴を書き写す。受付のあとに別の書類を渡されて書かなくちゃいけないからだ。

8時に受け付けが始まり、15分ほどでワタシの番号が呼ばれた。
受付ですべての書類を渡し、「前回却下されたときと同じ雇用主か?」と聞かれ「そうだ」と答えた。

さらに20分ほど待って会計を済ませる。

今回は本はやめて、数独をずっと解いていた。本は結局集中して読めないから頭に入ってこず意味がないのだ。

10時になり、面接に呼ばれた。
今回の面接官は金髪白人の若いおねーちゃんだった。

「How are you?」と聞かれたので「ナーバスだ」と正直に答えると「深呼吸しなさい」と優しい。

その後「どうしてそんなにナーバスなのか?」と聞かれたので「前回一年以上の学校通いと5年以上理学療法士としての職歴があったのに却下されたから」というと、「なるほど」と納得していた様子だった。

今回の面接では、「具体的に職場で何をしていたのか」「こういうケースの場合、どうやって家族に介護の教育をしていたのか」「こういうケースでは排泄のときにどうするのか?」など、具体的な知識を聞いてくることが多かった。

そして最後に「学校教育はやはりトレーニングとしては認められないけど、アナタの職歴は十分にLive-in caregiver として適切です。ただ、ケアギバーとなると、教えることよりもアナタがやらなきゃいけないことはわかってるわよね?」と確認された。

「じゃ~書類作るけど、アナタのお給料、安すぎるから交渉したほうがいいわよ。それから、絶対残業したら残業手当もらってね」とそんな心配までしてくれた。

印象として、今回の面接官、この制度についてしっかり知ってる人だったなと思う。
面接始める前にすべての書類に目を通し、質問を前もって作っていた感じだった(前のじーちゃんはその場で確認しながらだったし、ケアに関しても質問はまったくなかったんだよね)。

その後待っていると、また面接室に入れ、と呼ばれる。
ここで悪夢が蘇る。2年前学生ビザを申請したときに再度呼ばれて、ビザが出なかったことがあるのだ。

恐る恐る面接室に入ると、別の係員の人が二人。

「6番の人?じゃ~これ書類。国境に行ったら最初に会うオフィサーにこれとパスポート渡してね」

・・・ビビらせないでよ~~~~~~~。

と、ほどなく11時にすべての作業を完了したので、バス会社に行って早い便のバスに変えてもらう。

やれやれ。でもこれで終わらないのがワタシである。

~続く~


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-11-20 15:56 | 報告 | Comments(6)

再戦

雇用主さんとクライアントさんの家は、広~い庭がある。
庭には金魚がたくさんいる池と、野鳥のえさ場がある。

寒くなってきて野生の木の実などが減ってくると、雇用主さんはえさ場に鳥の餌を置き、鳥の寒さ対策のためにお料理で使わないお肉の脂身を吊るすのだ。

最初のうちはそうでもなかったのだが、いつのまにやら「どっから来たんだ?」というくらいの鳥が訪れるようになった。

そのうちの一羽が
f0129786_9585654.jpg

Steller's Jayである。

これはブリティッシュコロンビアの州の鳥に指定されているのだそうだ。雇用主さんは「Blue Jay」と呼んでいたが、ほんとはSteller's Jayだったのね。どおりで検索してもぴったりくる画像が出てこないはずだわ・・・。

チルチルミチルの「青い鳥」は舞台がベルギーだからこの鳥がモデルではないだろうけど、なんとなく「青い鳥」というだけで幸せを運んできてくれそうな気がするな~と思ってたら、この写真を撮って間もなく郵便やさんが前の職場からの書類を運んできてくれた。

昨日前もってFAXしてもらっていた書類の翻訳が出来上がり、その足で再度移民コンサルタントに書類チェックをしてもらい、「これで駄目ならほんとに何がだめなのか詳細な理由を聞いてきてください」と太鼓判を押してもらった。そして今朝、翻訳してもらった書類の原本が届いた。これですべての書類がそろったことになる。

このSteller's Jayの幸せにあやかって、明日またシアトルへ行き、明後日ワークビザを再申請してくる予定。
雇用主さんと雇用主さんの会計アシスタントさんの協力で今回はホステルではなくホテルに泊まる(前回ホステルなのにUS$50も払ったが今回はホテルで$60ほど)こととなり、雇用主さんがバス代を出してくれた(ラッキ~♪)。

クライアントさんの状態が徐々に悪化していることを考えると、今後雇用主さんが適任者を見つけることは難しい。
ワタシもこれがきっと最後のチャンスになる。

やれるだけのことはやった。
いろんな人にも協力してもらった。
そしてもっとたくさんの人から応援してもらってる。

うまくいくに決まってる。
ていうか行ってくれないと困る(切実)。

PCを持っていこうかどうかちょっと悩んでいるが・・・。持っていこうかな~。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-11-18 10:16 | 仕事 | Comments(4)

愚痴

まぁ結論から言ってしまおう。

今回、ワークは下りなかった。

理由は
「ワタシの受けたディプロマプログラムがリブインケアギバーのトレーニングとして適切でない」
と面接官が判断したからだ。

ワタシ、一年かけてディプロマ取ったのに・・・。
リブインケアギバーの資格取得には「半年以上のトレーニング」とある。
面接官のおじーちゃんは言うのだ。「自分にはこのプログラムがホームケアセッティングを考慮してるとは思えない」と。

確かに名前は「コミュニティーサポート&ユースワーカー」だが、プログラムの説明書にちゃんと「子供から大人までどのケアのセッティングにも対応できる人材育成」と書いてあるのに・・・。

じゃぁ理学療法士としての経験は?というと「雇用証明だけだとあなたがホームケアに関する仕事をしてきたかどうかの証明にはならない」という・・・。

しまいには「英語のテストの結果が古い」というのだ。IELTSは成績が一生もののテストだから持参しただけなのに!!

かなりがんばって食い下がったが、じーちゃんの心を変えることはできず、却下理由の書類を渡されて領事館を後にした。

その後はとりあえず学校に連絡をしてディレクターのアポを取り、食欲もないのでぼんやり海を見ながら今後のことを考えていた。

帰りのボーダー、学生ビザの期限が4か月残ってたので特に問題なく通過。
そしてバンクーバーに着いてすぐに雇用主さんに電話。話をしながら涙が出た。
幸いなことに雇用主さんは辛抱強く待ってくださるという。ご厚意に甘えさせてもらうことにした。

そして今朝、ディレクターに会っていきさつを話すと「ありえない」と一言。「あなたの取ったディプロマはもちろんホームケアセッティングも考慮してるわよ」と。ただ、リブインケアギバーのクライテリアとの照合性については確信が持てないので、実際にプログラムを作ったディレクターに相談してみるとのことだった。
最悪RCA(日本でいうところのヘルパー)の資格を取ることも考慮してることを伝え、来週また会うこととなった。

その足で留学サポートエージェントへ。
もう一つ考えてた方法、それはカナダ国内からのワーキングホリデー申請である。
実はワタシ、30過ぎたら申請できないと思っていたのだが、31の誕生日が来るまでに申請すればいいということを最近知り、しかもワタシと同い年の人が国内申請で見事ワーホリをゲットした話も聞いたので、可能性があるかどうか聞いてみた。

やはり国内申請のほうが審査は厳しい傾向にあるらしい。
なので、これは最後の最後の手段である。

ただ、その時に言われたのが
「いままでも何度も危機がありましたけど、ちゃんと乗り切ってカナダで生活できてるわけじゃないですか?今回も試練ではありますけどきっと乗り切って行けますよ」

そうなのだ。いやな思いも何度もしたけど、なんだかんだとカナダで生活できてるのだ。

まだ諦めない。
突破口を絶対開いてやる!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-09-25 07:15 | 報告 | Comments(10)

展開

朝、学校に電話したら、やはりディレクターは「え?ワタシがレポート見るの?」と驚いていた・・・。
いや、それはワタシに聞かれても・・・。ワタシはそうやってインストラクターに言われただけなんだが・・・。と思ったが、仕事を始めたら早い人なので大丈夫だろうと信用して、とにかく待機。

3時過ぎて「あぁ、もう今日は連絡来ないか・・・」とあきらめかけたところに電話が鳴った。

ディプロマ無事に発行できるから、明日以降取りに来て、というものだった。

なんだ、そんなすぐに発行できるなら、最初からそう言ってくれよ・・・。

そっからはバスを予約、ホステルを予約、銀行に電話をして残高証明発行にどれくらい時間がかかるのか確認し、その場で発行してくれるとのことなので、これは明日。申請用紙の記入はこれからして、一部コピーを取らないといけない書類も明日だな・・・。あ、両替にも行かねば・・・。

で、いつ行くのかって?

明日だよ~ん。

伸ばし伸ばしにしてもキリがないのと、早いとこ引っ越しするかしないか決めたかったので、明日のバスとホステルが取れたのでそれでもうヨシとした。
どっちにしろ月曜と木曜には行きたくなかったのだ(週明けと締切になる木曜日は混む)。
Quick Shattleなら朝一のバスで申請にぎりぎり間に合いそうだったが、渋滞の状況がどうなるか分からないのでここはシアトルで一泊することにした。前回お世話になったホステルが空いてて良かった。ここ、トイレとシャワールームが綺麗なのだ。

まぁ今回は書類もちゃんと揃ってるし、よっぽどの面接官に当たらない限りは大丈夫だろう。

ワタシのために祈ってやってくれるとありがたい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-09-22 08:54 | 報告 | Comments(5)