タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:マナー ( 4 ) タグの人気記事

善悪

さて、今日はベビーシッターの日だった。
もう、最近、家にお父さんがいることとかわかってるので、家にいると泣けば助けてくれると思ってる子供二人・・・。今日に至っては体調を崩したお母さんもいたから、2重に苦労である。

赤ちゃんのほうは最近「プリーズ」と「ソーリー」を頻繁に使えば許してもらえると思ってる節もあり、使い方が若干間違ってるのを修正している最中である。おねえちゃんはあんまり「ソーリー」と言わないのだが、どこで覚えたのだろう?ワタシかなぁ??(日本人ってなんだかんだと謝ってしまうのでw)

おねえちゃんのほうもかなり厳しくいろいろマナーにうるさく言ってきたのだが、彼女の悪い癖は、自分に都合の悪いことは、全部妹のせいにする傾向があるのだ。まだ赤ちゃんのほうがきちんと状況説明をできないからそれを利用する癖がついてて、ほとほと困っている。

今朝はその典型。

朝ごはんにスクランブルエッグを作って二人に出した。
ここの家の子供は二人ともむら食い(それも治して欲しいんだけど)で、どかんと食べたり、ぜんぜん食べなかったりである。

あかちゃんと4歳児、普通に考えれば4歳児のほうが食べる量が多くてしかるべきなのだが、いつも大体公平に同じくらいの分量を与えるようにしている。
今朝のスクランブルエッグもそうした。

ワタシは横目で見つつ、コーヒーを飲んでいたのだが、一瞬視界の隅におねえちゃんが自分の残した卵を妹の器にそのまま移すのが見えた。

そして平然と言うのだ「私、全部食べたよ」。

・・・食ってないだろうが(怒)。

「あかちゃんの器に全部移したでしょ?食べきれないなら食べきれないでそのまま残すか、最初から食べ切れなさそうなら最初に『これは多すぎるからちょっと取って』って言って」

と言ったら、泣き出す(←もちろんそばにお父さんいる)。

嘘をつくことと食べ残しを比べたら、嘘をつくほうが悪いとワタシは思ってる。さすがにお父さんは「お前(おねえちゃん)が悪い」とは言わなかったが、なんでそんな嘘をついたのか不思議に思ってたようである。

・・・あなたたちが全部食べたら極端に褒めるからでしょうが(怒)、と思ったが、黙っていた。

おねえちゃんのほうは、終始こんな感じで都合が悪くなると「赤ちゃんがやった」と言い訳して、絶対に謝らないのだ。子供ってこんなだっけか?ワタシも確かに小さいころいろんなことを弟のせいにしたことあるのだが、ここまでかたくなだったかどうかまでは覚えてない。

とにかく「すみません」「ありがとう」「ごめんなさい」はきちんといえるようになって欲しいものである。あ、あとちゃんとした返事もね。今日も呼びかけたら「What?」と言ってきたから「あなたは学校でもそうやって返事するの?」と確かめてしまった。うちの両親がよく言っていたのだ。「家でやってることは外でも絶対に出るから、家の中でもちゃんとしなさい」と。彼女がワタシにちゃんと返事をしてくれる日は来るのだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生。活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ移住生活へ
href="http://lifestyle.blogmura.com/iju/">にほんブログ村
[PR]
by who54211 | 2012-09-14 10:25 | 人間 | Comments(2)

作法

火曜日の主なお仕事は食料品の買出しなのだが、その買出しを終えて、さ~帰ろうと車に乗り込んだら声をかけられた。

「僕は友達を探してるんだけど、これ、連絡先が書いてあるからもらってもらえませんか?」

と、おそらく40近い、南アジア系と思われる男性だった。

これはナンパなんだよね?と思ったが、ごめんなさい、興味ないです、と受け取らなかった。

だってビジネスカードを渡してくるならまだしも、普通にプリントアウトした紙をはさみで切って配ってるんだよ?
明らかにナンパ目的でそれを準備して作ってきてるわけで、手当たりしだい配ってるのが目に見えてしまったのだ。
しかもワタシそのときサングラスかけてて顔ほとんど分からないのに東洋系だから声かけてきたんだわね。

その努力は見上げた根性だと思うが、成功率は低いと思うぞ?と逆に心配になったが、ま~そのうち日の目を見るかもしれないので、そのままがんばってほしいかもw。

声をかけられた、といえば、バンクーバー美術館にシューリズム(これについては後日UPする)のイベントが着てて、新聞に入館料$5offのクーポンがあったので、見に行った。

ワタシ、こういうものは一人で静かに見るのが好きなのだ。
映画もそうだけど、一人で見に行くか、投影中はちゃんとマナーを保ってくれる人と行くのが好き。変に途中で声をかけられて世界を壊されるのがいやなのだ。

で、美術館の中には学芸員さんが各コーナーにいるのだが、大体どの学芸員さんも質問されたら答える、ルール違反をしてたら注意する、程度にしかしゃべらないのが普通。これは、世界共通だと思ってた。

...というか前にバンクーバー美術館に来たときはそうだった。

とあるコーナーでひっきりなしにしゃべってる声が聞こえてきたので、普通に鑑賞してるお客さん同士がしゃべってるのかと思えば、学芸員がいちいちお客さんに声をかけていろいろ説明してるのだ!!

とにかく、声をかけられる前にそのコーナーから退散しよう、とばばっと見て、そっから早々に立ち去ろうと思ったら、捕まった。

「あなたはこの美しい作品の前に立ち止まらずに行くのか?」

...いえ、ゆっくり見たいんですが、あなたの説明はいらないんです、とは言えず、しかたないので一応相手にしゃべらせる。

こういうのをありがた迷惑っていうんだよな...。

うちを訪れる人にだれかれ構わずご飯やらお茶やらお菓子やらをやたらに提供するうちの雇用主さんみたいだ...。

あんまり好感触で説明を聞いてないのがバレたのか、途中から説明の熱が冷めていくのが分かった。
いや、あなたの好意はわかるんだけどね、人には好みがあるのだよ~。

でもこの人一人だったな、積極果敢に説明してたのは。すぐ隣のコーナーにいた学芸員さんはその様子を見て苦笑してたw。

ま、それもシュールだよねw。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-08-31 09:13 | 人間 | Comments(4)

唐突

10月5日のブログで、文句を言ってたauの対応。

その後再度メールの返事が来た。

「この件に関しまして、一度こちらからお電話を差し上げたく存じます。」

いやだから、ワタシ今、バンクーバーにいるんだってば。
時差を考えると、電話かけられる時間は極めて難しいと思うのだが・・・。というかホストファミリーがいるときなら電話取ってくれるけど、基本、ワタシが一人だと電話は取らない(そう言われてるので)。ついでにいえば、カナダの携帯ってかかってきても料金が発生するので、携帯にかけてこられてもワタシの負担になるし、第一、今のところ必要ないので携帯持ってないっちゅうの。

どうやって返事をすべきか検討中である。

*=*=*=*=*=*
文句が続いて申し訳ないが、10月4日の記事に、見知らぬ人からコメントが入っていた。
同じようにエキサイトでブログを開設している人のようだが、一言

「nhl(しかもなんで小文字??)はもう開幕してます」

だけ。
自己紹介も挨拶もなんもなし。
[PR]
by who54211 | 2008-10-07 09:23 | 愚痴 | Comments(15)

把持

今夜ようやく「ホームアローン」から解放される。

いや~長かったのう、3週間。
ホストファミリーがやっとフィジーから帰ってくるのだ。

何が辛かったかってゴハンである・・・。いや、自炊は嫌いじゃないんだが、コンロが止められてるため、レパートリーが相当限られてたのだ。しかも韓国人の子と共有で一個しかないホットプレートで何作れるんだ???ま~そんな日々も終了するのだ。今夜のゴハンが最後。

今一緒にいる韓国人の子は、休みの日は大体昼過ぎまで寝ている。
なので、彼女のブランチとワタシのランチが重なることがほとんどだ。

で、今日もそうなったのだが、気がついたことがある。

彼女はホットプレートで棒餃子を焼いていたのだが・・・。ひっくり返すときにスプーンでひっくり返していたのだ、フライ返しじゃなくて。

・・・ホットプレートの表面がキズつくと思うのだが・・・。それすらも分からないほど家事をしないらしい・・・。

ま~それも驚いたのだが、さらにゴハンを食べてて気がついた。

「右手にスプーン」そして「左手にフォーク」を持って器用に食べている・・・。

これは日本人には分からない感覚だ。でも小さい子ってこうやって食べるか???小さい子供の食事に最近接してないから分からんが・・・。

「片手にフォーク、片手にナイフ」ならまだ納得いくが、スプーンとナイフってアンタ・・・。

良く考えると器を持ち上げてゴハンを食べるのは和食だけらしい。和食ももちろん茶碗とおわんにほぼ限られているが・・・。韓国や中国は日本と同じように箸を使う文化圏だが、器を持ち上げないのが普通だ(と思う)。
そして韓国料理には必ずスプーン(スッカランだっけか?チョッカラン?どっちかが箸)がついてくる・・・そうか~だから両手でスプーン・フォークだったのか?

理学療法士としてみると、両手を使って食事をする、という行為は非常に高等な日常生活動作なのだ。目的そのものは「食べる」と共通しているものの、両手がほとんど違う動きをするわけなので、行為としては高レベルなのだと習った。
脳や脊髄といった高等な神経にダメージを受けた場合、脳ならば右側か左側の半身が、脊髄ならばレベルに応じてそこから下の身体機能が低下もしくは脱落する。そうなると、この高等な手段では食事を取れなくなるのだ。(もちろん脊髄の場合、手の機能が残存するケースもあるので、ケースバイケースなのだが)

日ごろ何気なく行っていることなのだが、こうやって考えると意外と難しい行動なのである。

そういえばインドでは「左手は不浄の手」と言って食事中は使わないらしいが、万が一右側の片麻痺になったらどうやってゴハン食べるんだろうか??

所変われば文化も変わり、ここバンクーバーではそれが入り乱れているため、いったいどれが正しいんだか分からなくなることがある。

小さいころから両親に箸の使い方や、食事中の行儀についてよく叱られていたが、日本人だからそう感じるのかもしれないが、そのルールを守って食べている人の姿は美しいと思う。

・・・いや、だからって韓国人の彼女を責めるつもりもないけども。ほら、もしかしたら韓国ではそれが当たり前かもしれないでしょ???分からないことは注意できない。

韓国人の子の食事動作でどうしても赦せないことがひとつ。

「口を開けて咀嚼する」ことである。どうやらそれが「おいしい」という表現なんだかなんなんだか知らないが、大体韓国人とゴハンするとそれが気になって仕方ない・・・。これも文化の違いか???

知らないうちにワタシも彼女を不快にさせる行動をしてるのかもしれない・・・。反省。
[PR]
by who54211 | 2007-08-20 09:09 | 人間 | Comments(0)