タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:ヤングリヴィング ( 8 ) タグの人気記事

新生

ー今日のブログ長いので、そこんところよろしくー

今年はキリスト教のイースター、ユダヤ教のパスオーバー、シーク教のバーサキが同時にやってきた。

そんな三連休の中日の今日は、香りの宮殿、Saki先生の教室へ。
f0129786_14115370.jpg
f0129786_14120907.jpg
今日もいい香り❤️チューリップ🌷が可愛かった。
先々週受けたMTの続編。あんまり練習できなかったけど、Yukaさんと直前にさらっと復習し、なんとか間に合わすw。
今日ワタシの潜在意識が選んだのは
f0129786_14144359.jpg
ココナツと白い薔薇のカード。何事も無駄にならないと言うココナツに浄化の白いバラ。さてここからなにが起こったか?

今回Saki先生のセッションを受けたのだが、ワタシは

「右手の親指人差し指の手荒れを治したい」

それを直接潜在意識に聞いてもらったところ、ワタシの潜在意識、なんと「拒否」😱反応。答えたくないと。
そこは百戦錬磨のSaki先生、質問を変え、潜在意識に働きかけて行く。

手荒れが始まったのは、大学に入った頃だが、増悪寛解を繰り返し、現在また悪化している。

「9歳8ヶ月の時にお母さんと何かあった?」

ちょうどその頃、両親は家を買い、引っ越しが決まった頃である。

で、引っ越しが決まった時に、転校するかしないかで親にワタシたちは質問された。ちょうど2学期が終わって引っ越しになるので、学年が変わるまで学校を変わらないでいるということもできた。

でもワタシは「変わりたい」と言った。理由は転校前の学校でイジメがあったから。
被害者はワタシではなく、ワタシのすぐ下の弟。
で、ワタシは実は加害者の一人だったのだ。

イジメをしてる自分をずーっと後ろめたかったから、そこから逃げたのだ。
長女長男に挟まれた二番目の子供のワタシは、家庭の中で、自分のヒエラルキーが低いと思い込んで育った。
つまり弟を妬んで育ったのだ。その反動でイジメた。体力はそんなに差がないからケンカしても勝てないから、周りを巻き込んで。すっげー性格悪いw。

弟とは23ヶ月違い。つまり今のワタシの息子くんくらいの頃、ワタシの母は妊娠後期だった。
もちろん子供にもよるんだろうけど、母は産休制度も整備されてない当時に仕事もしてたし、特に男の子を妊娠した時はすごくヒステリックになっていたらしく、もちろん弟産まれてからは、そのお世話で2歳にならない当時のワタシは、抱っこや手を繋ぐことはもちろんだが、断乳されたのも早かったんじゃないかと思う。

断乳といえば、ワタシも二人目が欲しくて、Nigelのクリスマス休暇中に断乳し、息子くん、その後離れると泣くようになった。

ワタシは、自分のやりたい方法で甘えられなかったことを、息子にも強いていた。そら泣くわw。

ワタシは母の大事なものである弟をいじめたことをずーっと自分で後ろ指を指してきたのだ。だから家族と離れてから人差し指中心に手荒れが始まった。指を指すから人差し指。今もぱっくりひどいひび割れがある。

ずーっと大事じゃないと思い込んで育つには、それなりの理由もあった。

自分の名前の由来が「弟が生まれるように」と願って付けられたと言い聞かされたら、誰だって「自分いらなかった?」って疑問に思うだろう。時には「橋の下から拾った」とか。大人になった今は、それは冗談だし本当にそうなら子供には言わないと理解できるけど、産まれて数年しか経ってない時分に言われたら、どうだろうか?

面白いと思って当時の両親はそう言った(ワタシが両親どちらにも似てないので)のかもしれないけど、ワタシは本気でその頃「いつか世界名作劇場のように富豪のほんとの親が迎えに来るのかも」と信じてた。

Saki先生はうちの母も呼び出し(MTは本人じゃなくてもできる)、母の潜在意識にも問いかけてくださった。

「愛してるに決まってるじゃないですか!」

母は先生に強い口調で答え、その波動を受け取った先生も涙しそうになったとおっしゃった。

親子の愛に限らずだけど、愛は発信者と受信者のちょっとした勘違いで全く受け取られなかったりする。でもね、親だって他人、子供が受け取ってるかどうか、どの方法なら受け取れるかなんて分からない。と、親になった今は思う。

38年、ずーっと受け取り方を知らずにいただけだった。

手荒れもそうだが、ワタシがDVの被害者で耐え続けたのも同じこと。「ワタシってそうやって我慢しないと愛してもらえないんだ」と勝手に思い込んでただけだった。
ワタシの潜在意識が選んだ精油は「メルローズ」と「ファイナンス」。強力な浄化、消毒、そして再生を助けるメルローズ。大好きなオイルの一つで小さいころ両親が寝る前に塗ってくれたヴェポラップを思い出させてくれる香り。

物心ついた頃から大嫌いだった名前についても

「『美』っていう字を名前に入れるのは愛してる証拠よ」

とSaki先生はおっしゃった。名前の由来って日本では当たり前だけど、親の想いだけじゃなく、自分のことを好きになるには、自分なりの解釈を加えるのもいいな、と思った。

ワタシの名前は、それこそ滅多にあるものではない。だからこそ、思い込みに囚われず、素敵な意味を考えていこうと思う。それこそ新しい自分をつくっていけるきがする

そーんなすごい浄化の後にはYukaさんとお互いにMTのセッション。ワタシたちは食べ物の取り方とか必要なサプリメントとか分かりやすいものを聞いて行く。

ワタシは「Cortistop Women's」が出たのだが...。
帰ってから調べたら、製造中止されたもののようで、カタログになかったw。

Yukaさんの潜在意識にいろいろ聞いていったら、彼女のモヤモヤが一つ消えたようで、彼女はまた一歩すすんで行けそうだった。良かったね。スパイナルクレンズできっと彼女は更に進化して、新しい自分を楽しんでいくことだろう。

時間がかかったけど、その遠回りも無駄じゃないんだよ、と「ココナツのカード」は言ってくれてる気がする。

Saki先生は

「今回はここまでだけど、まだまだ潜在意識はいろいと伝えたいみたいよ。」

とおっしゃった。ははは、次はスパイナルクレンズでもっとビックリを出さないとねw。























無事に受信
[PR]
by who54211 | 2017-04-16 14:08 | 人間 | Comments(0)

女子

ここ2日ばかりひどく眠かった。しかもイライラし通しだった。

...生理が今日から始まった。

始まった途端、治った。

女性に生まれたからには、多かれ少なかれかかわるもんだが、産後あんまり気にならなかったんだが、ここ数ヶ月痛みはないけど、イライラと眠気が生理前に来ている。

こんな時はその日の気分に合わせたアロマオイルを嗅いで、気分を上げる。
不思議なもので、生理前後は「花」の香りが嗅ぎたくなる。
プラス「ユーカリ」。花粉症の症状が生理前後はよく出る。というか花粉症だと思ってたのだが、生理痛というかPMSの症状なのかもなぁ。生理始まった途端治った。

香りは大脳辺縁系に直接働きかける唯一の刺激。
難しく考えなくても、「これだ!」と思う香りや左手でランダムに取った香りでいいのだ。

さて、今日は何を嗅ごうかな。

[PR]
by who54211 | 2017-04-07 11:06 | 人間 | Comments(0)

到来

午後、晴れてきた☀️と息子くんと公園へ。

したらもう鼻水止まらず、目がかゆい!!
帰ってきたらくしゃみが止まらない。

雨が続いてたから、気にならなかったが、3-4月はワタシの花粉症シーズンだった...。

頼んどいて良かった、ヤングリヴィングの「ユーカリ」のオイル。
吸入したら、スッキリ爽快。

オイルと言えば、ワタシの姪はもうすぐ中学に入学。
お祝いどうしようかと思ってたが
f0129786_14241159.jpg
「Into The Future」を贈ることにした。ワタシも大好きな前向きになる香り。
まぁもしかしたら全く価値を見出せないかもしれないけども、それはそれでヨシとする。
願わくば次に会った時にお礼の言葉が聞けるといいなぁ。前回はワタシも息子くんが小さくていっぱいいっぱいな上、彼女はずーっとスマホ見てて喋ってくれなかった。

とにかく、新生活に幸あれ!頑張れよ中学生!!

[PR]
by who54211 | 2017-03-30 14:17 | 人間 | Comments(0)

悶絶

ギャン泣きする息子くんを置いてNigelとデート❤️したバレンタインデー。

Chamberでごはんして、Legoバットマンを見てご満悦で帰宅し、シッターさんを送り出したあたりからなんだか胃がおかしい。

YLのペパーミントとダイガイズをカプセルに入れて、服用。

....が、痛みがだんだん強くなる!!
夜中には激痛になりうめき出すワタシに

「ERに行く??」

と聞いてくるNigel。息子くん起こして連れて行くだけの気力はなく、もう一度ペパーミントたちを飲み、さらにお腹にヌリヌリ。

痛み引かず。

2時過ぎた時点で、これはマズイと思ったので、以前Nigelが抜歯の時に処方された期限切れのタイレノール3を飲む。痛いけど、コデインのおかげで眠気が来てそのまま眠ったらしい。

朝起きたら、食欲はないけど、痛みは消えてた。
ただ本調子ではないので、念のためペパーミントたちをまた飲む。

やっぱり食べても調子悪い。下ってないから食中毒ではなさそう。
そういえば、オーラのMIEさんに「よく寝てくださいね」って言われるくらい、ちょっと健康注意だったっけ。

ワタシはお腹の方へ向かう動脈がものすごく脈打つのが分かる。こういう人は消化器系が弱いのだそうだ。
ワタシは下したり戻したりは少ないけど、ストレスで胃けいれんを過去起こしたこともあるし、12指腸潰瘍もすぐ起こす。

そういえば最近、自分のベッドであんまり眠ってなかったかも。

身体は正直である。
今日は息子くんと一緒にお昼寝をし、無理せず過ごした。
食欲はまだないけど、だいぶまし。
あとは早く寝よう。おやすみなさい

[PR]
by who54211 | 2017-02-16 14:46 | 報告 | Comments(0)

救急

今日は朝から大雪の中、車をタイヤショップまで運転。さすがにこの雪☃️スペアでは心許ないので、替えてもらうために。

一番家から近いところは、愛車のサイズのタイヤがなく、別のブランチまでヒヤヒヤしながら運転。

そきでNigelに息子くんをお願いして、ワタシはケリスデールのチャイニーズレストランへ。
ママ友になったお友達に誘われ、子供抜きの飲茶へ。

女5人集まると話題は尽きず、話し込んでいたのだが...。

Nigelからテキストが。

「転んで頭ぶつけたんだけど、打ったとこが凹んでる」

と言う。でも昼寝してる、と言うので

「起きてもし不機嫌ならER連れて行かなきゃ」

と返事をしたら

「811に電話中」

という。811は24時間対応の看護師さんのホットライン。
で、しばらくしたら、

「ER連れてけって言うから行ってくる」

なんですとーーーーーーー!!??

もうデザート食べ終わったところだったので、皆さんに「ERに行くみたいだから、お会計してすぐ出ます」
と言ってすぐ自宅とNigelの携帯に電話しても出ない。

したら「もうERにいる」とテキストが...。

もうERにいるみたい、と言うと、レストランのそばに住んでるHiromiさんが送ってくださると言う。

生まれてこのかた大きな病気も怪我もなかった息子くん。ワタシ気が動転してて、ゆく道々意味不明なことを喋ってた気がする。しかも頼まれてたお釣りをHiromiさんに渡すの忘れたし。

病院に着いて、ERに向かうが、息子くんとNigelがなかなか見つからず、焦ってたら、Nigelの頭が見えた(ハゲてるから目立つ)。

息子くんは...

「え?!元気ですが??っていうかどこぶつけたの??」

と言うくらい、すでに回復していたw。
うっすらおでこに赤いアザは確かにあったけど、凹んでるようにも見えなかった。
ワタシを見つけると手を引いてERを縦横無尽に走り回る息子くん。そのうちに「食べたい」と手話をし始めた。

でもお昼ごはん持って来てないので、取りに帰ろうとしたら息子くんは泣いた。Nigelに聞いたらHitomiさんとこで昨日買ったビーガンクッキーがまだある、と言うのでそれを食べさせて、Nigelに院内にあるカフェでバナナ🍌買って来てとお願いした。

ペロリと食べて、また歩き回り、抱っこをせがむ息子くん。そのうち看護師さんに部屋に案内された。

室内の機材に興味津々。紙のシーツが音がして面白いらしく、ひたすら足をバタバタしたり、手でクシャクシャしたり...。

そうこうしてるうちに「臭っ!!」。

息子くんにお通じがw。オムツ交換したら、研修医のにいちゃんが来た。
このにいちゃんにビビり、聴診も瞳孔反射も大泣きして拒否の息子くん。申し訳ないけど強行してもらう。

で、少ししたら、タイヤとオイルチェンジ終わったとタイヤショップから電話があったのでNigelに車を取りに行ってもらう。

そのすぐ後にお医者さんが来て、
「打って2時間以内に嘔吐や意識混濁があったらCTなんだけど、そんな症状もないし、ぶつけたのがおでこで一番頭のなかで強いとこだったしラッキーだったね。もしこれから吐いたらまた戻って来て」
となり、無事に退院。

その後車を取りに行ったNigelを待ちながら、息子くんとひたすら追いかけっこ→抱っこ→抱っこでグルグル(そしてまたお通じw)の繰り返し。午後1:15にきて3:45に退院だったので早かった方だ。
帰りには待合室はいっぱいだった。

で、Nigelを待ちながらずっと考えていた。
息子くんは、退屈であろう病院内でずっと機嫌が良かった。
もしかしたら、今日は家族でずっと一緒にいたかったのかもしれない。

授乳というとても便利でワタシにとっては簡単だった愛情注入システムがなくなってから、とにかく離れるとダメになっている息子くん。

出産前に読んだ精神科医の人が書いた本に「乳幼児期はひたすら本人の欲望のままにお母さんが動いてあげたほうが早く自立する」「保育園でお母さんと離れられず泣いて、帰りはなかなか帰りたがらない子は、親子のスキンシップがその子にとって不十分」というのをもう一度読み直して実感した。

息子くんは、授乳で相当ワタシからの愛情を受け取っていたのだ。
それがなくなってしまった今、どんなに一緒にいてもなかなか満たされないのだ。

追いかけてくれるのは今だけ。
素直に「愛してほしい」と親に訴えてくれるのは今だけ。

ワタシのための時間はもちろん大切。それがあるからこそ、息子くんと楽しく過ごせるのだ。

だから、とにかく一緒にいるときは、一緒に楽しもうと思う。そりゃ〜ムカつくこともあるけども、それすら笑えるくらい、おおらかに構えていけるようになりたい。

スパイナルクレンズでワタシがこうなりたい、と願ったのが「寛大になりたい」だったなぁ。

さて、息子くんのおでこには
f0129786_15175773.jpg
今日届いてたValorさんを打ち身青あざ用のロールオンに混ぜてヌリヌリ。
お医者さんが「青タンが目の周りにできるかも」と言ってたが、どうかなぁ???





[PR]
by who54211 | 2017-02-05 14:32 | 報告 | Comments(0)

解毒

年末からずーっと「受けたいです」と言っていたのに、いろいろあって今日やーっと受けることができたものがある。

それはワタシが愛用するヤングリヴィングの精油を使って、背骨にオイルを垂らし、施術中に魔法の言葉を入れていくというもの。

このテクニック用のオイル以外に
f0129786_13535422.jpg
左の5本は施術者であるEmiさんがワタシのために選び、ディフューズしてくださり、右の3本はワタシが選んで、施術中に垂らしてもらった。

ヤングリヴィングのオイルは不思議で、必要なものほどオイルの重さに関わらずドバっと出る。
ワタシは「Aromaseiz」がよく出てきたらしい。肩凝ってるのね。

今回はKeikoさんとお互いの子供を交代でお世話して受けたのだが、Keikoさんの息子くんはもう2歳過ぎてることもあり、お母さんいなくても1人でそれなりに楽しく遊んでてくれて、ワタシは非常に楽だった。

絶賛後追い期間中のうちの息子くん。お願いだからゆっくり寝ててー(昼寝中に行った)と思ったが、45分ほどで起きてしまい、ワタシもいないし、自分のクリブじゃなかったので、ギャン泣きだったそうだ。
Keikoさんが気を利かせて、外へ連れ出してくれて、なんと!消防車に乗せてもらって帰ってきた息子くん。

ワタシとちょうどKeikoさんの家の前で会ったのだが、もうワタシに興味はなく、Keikoさんにベッタリ。なんなんだ、君はw。

さて、デトックス効果の強いこのスパイナルクレンズ。
もう、オイル垂らしてもらいながら、Emiさんの心地よい声を聞いていい匂いに包まれてるとそりゃー眠いって。
瞬間的に深く眠り、ヨダレ垂れちゃったっていうw。
でも終わった瞬間、心の中のモヤモヤがスッキリしてたにが印象的。
ただ、やはり好転反応でワタシはひどく今生理中のような倦怠感と眠気に襲われている。

一週間かけて背骨に吸収されるオイル。来週にはきっともっとスッキリしてるんだろうな。たのしみだわーん


[PR]
by who54211 | 2017-02-03 13:48 | 報告 | Comments(0)

念願

家族を優先して行きたかったけど行けなかったイベントが年末にあった。

それが「Vibrant ALIVE」のCharitoさんのクラス。

ワタシも愛用するYoung Livingの製品を使って、生活に必要なものを作る、というクラスである。

昨日は本当は3人の予定が他の人たち現れず、ワタシ1人で受講という贅沢をさせてもらった。
f0129786_14263756.jpg
オイルをブレンドしたロールオン、ハンドソープ、アロマスプレー、そしてクリーニングスプレー。
f0129786_14284459.jpg
こういうラベル付きは助かる。この日作ったもののレシピはもちろん、参考になるレシピももらった。
ワタシが作ったロールオンは自分を落ち着かせるための「Calm Mom」を一部苦手なオイルを入れ替えて作り、息子くんのたんこぶのためのロールオンも追加で作らせてもらった。
子供にオイルを使う時は、オススメできないオイル(刺激が強すぎるオイル)もあるし、大人と同じ量を入れてしまうとそれはそれで強すぎることがあるので、加減しつつ。願わくば出番がなきゃいいけど、よく転ぶからなぁ。

Charitoさんのクラスで何が良いって、YLの製品をその場で買い足すことができることである。

ワタシが会員なので、お得にネットで購入できるのだが、製品の品質保持を大切にするYLは、欠品が良くあるのだ。
ワタシが愛用するコンディショナーもそうで、シャンプーは買えるのに、コンディショナーは現在欠品中。なので聞いたら
f0129786_14364771.jpg

無事ゲット💕
Charitoさんは欠品中のオイルもストックがあるようなので、「これないと困る!!」という人がいたら、一度お問い合わせするのもアリである。ロールオンのフタなんかも売ってくれる。

もう一つ、すごくためになったのが
f0129786_14393971.jpg

この穴の存在を教えてくれたことである。
知らなかったのだが、オイルって、真ん中の穴じゃなくて、この小さな穴の方からたらーりとしてくるのだそうだ。なので、穴の位置を確認して穴を下にするようにして傾けると少なくなってきてるオイルもスルッと出てくるのだ。

アロマージュでも「斜めにしてオイルを垂らす」と教わったが、そういう意味もあったのね。逆さまにしても穴を両方塞ぐだけなので、出てこないんだそうだ。缶を開ける時に空気穴を開けると出が良くなるのと同じ原理ね。

Charitoさんは頻繁にクラスを開いているので、バンクーバーで暮らしてる方でYLのオイルに興味のあって英語でイケるぜという方はウェブを是非チェックして欲しい。

日本語のアロマージュのクラスももちろん超オススメである。早くまた受けたいな〜。まってまーす


[PR]
by who54211 | 2017-01-16 14:16 | 報告 | Comments(0)

育成

今朝5時過ぎにふと目が覚めたら、隣に寝ていたはずのNigelがいない!!

まぁまた眠れなくてパソコンに向かってるのか、と勝手に解釈して、眠りの世界に戻ったワタシ。

で、息子くんが7時ごろ起きたので、声をかけにリビングへ行ったら、

「精油の匂いが合わなくて、頭痛くなったからここで寝た」

と言う。

寝室にディフューザーも置いてるが、実はこっそりNigelの枕に精油を垂らしていたのだ。アロマ男子にならないかなーという願いも込めて。
別にワタシがかってにやる分には、「どうぞお好きに」のスタンスの彼だが、どうせなら好きになってもらおうとおもったのが逆効果だったか。

「なんか枕に匂いが染み付いてて...。」

あららー、敏感なのね。

合わないと言われた精油さんはこちら。
f0129786_13043640.jpg
ワタシは大好きなInspiration。
その名の通り、直感力を高めてくれるので、お仕事に役立ちそうなもんだが...。今までこれ以外のは大丈夫だったから、また違うの使ってみよう(あくまで諦めない)。

ワタシは昨日これを吸入した上にディフューズしてぐっすり寝たのにな。

息子くんは、毎日精油の瓶を選んでもらって嗅がせている。今のところ、クンクンしなかったオイルはないかな。どれも「おぉ、いい匂い❤️」と言いたいのか、鼻を手に擦り寄せてきてる。

アロマ男子を育てるのは、試行錯誤が必要だな。


[PR]
by who54211 | 2016-10-26 12:58 | 趣味 | Comments(0)