「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

腹痛

f0129786_4232072.jpg

ブログ友達のこすもすさんから、素敵なグリーティングカードが届いた。
どうやら本来は音楽が流れて、ちゃんとツリーが点灯するものらしいが、おそらくラフなカナダポストの扱いのせいで、どっか壊れちゃったらしく、それは楽しむことができず...。
でも、送ってくださったという気持ちがうれしい。

さて、今日は医者に会う日である。
12月の頭にやった超音波の結果を聞きにいくのだ。
でも、特になんの連絡もなかったから、きっと何もなかったのだろう。
だって3年前にERにかかったときも、胆のう炎を疑われて何も出なかったんだもん。
あの時と痛みの強さは違えど、場所はまったく同じなのだ。
ワタシ、なんとなくまた腎臓のような気もするのだが(最近背中側も時々痛いから)医者になんていわれるのかと思いながら診察室へ。

「まだ痛いんですけど」

というと、検査の結果を見て

「ピロリ菌も超音波も異常がなかったんだよねぇ」

...やっぱり。

「でも痛いんです、最近は毎日のように痛いです。特にご飯食べて2時間ぐらいすると痛いんです。」

で、処方箋をくれた。

「どれくらいで効果出るんですか?」
「48時間以内(ほんとにそう言った)。もし効果がないようなら専門医に診てもらうから」
「はぁっ?!(ほんとに日本語で言ったワタシ)」

これが一番いやだったのだ。超音波しても原因がわからないのが...。
専門医ってアンタ、簡単に言ってくれちゃったけど、事態は思ったより深刻なのか?!
新年早々こんなかい!!

薬局に持っていったら

「これは胃酸を抑える薬ですので、食前に飲んでくださいね。」
「はぁ、胃ですか」
「胃が悪いんじゃないんですか?」
「いや痛いのは右わき腹なんです。で、医者は胆嚢を疑ったんですが、検査したらなんともなくて、そしたら処方箋出されたんです」
「じゃ~きっと胃を疑ってるんでしょうねぇ」

胃、というか12指腸潰瘍だと思うが、英語でなんていうのか忘れた(習ったはずなんだが)のでそこは突っ込めず、お薬をもらう。

「アリガト」
と年配中国系のおっさん薬剤師がカタコトの日本語でw。

まぁやりとりそのものは和やかなんだが、結局ほんとなんなのこの痛みは...。
今も痛いんだけど...。

次の予約は2週間後である。
薬が効くといいのだが...。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2012-01-04 11:12 | 報告 | Comments(4)

沈黙

火曜日から屋根の張り替えをしている。

屋根の張り替えってワタシ、数人がかりでやるのが普通だと思ってたんだけど、うちに来てる屋根の修理やさんは、一人で全部の作業をしている。
でも相当お仕事早い。そして片付けも丁寧にやってる。カナディアンにもこういう職人気質の人がいるんだね。

で、肝心の屋根だが
f0129786_2235756.jpg

これが

f0129786_22447100.jpg

こんなふうになっている。
なるべく似た色のシングルを選んだのは、屋根の張り替えを一部しか行わないからだ。

今までの屋根は
f0129786_2261238.jpg

レンガのもの。これだと雨が続くと水分をどんどん吸いこんで、どんどん重くなるんだってさ。

新しいのは
f0129786_227490.jpg

シングルと呼ばれる防水・防火に優れた素材。カナダで開発されて日本でも最近取り入れてる家が多いんだそうだ。

さて、この職人さん、こっからフェリーとバスで3時間弱かかるSea Scheltというところから来ているので、泊まり込んで仕事をしてくれている。

非常に寡黙な人で、会話らしい会話をあまりすることがない。人柄の良さは仕事ぶりから滲みでてるから分かるんだけど、ワタシとしても何を話したらいいのか分からず、「いいお天気が続きそうだから早く終わるといいですね」程度にしか話ができないのだ。

雇用主さんやクライアントさんが一緒なら特に問題はないのだが・・・。

皆さんもご存じのとおり、北米では学期末が6月である。
なので4月5月というのは学校行事がわんさかあるのだ。
うちの雇用主さんの孫娘さんたちの日本でいうところの生活学習発表会みたいなもんが昨日・今日とあるのだ。

日本だと、普通、仕事が休める土日にやるが、カナダは仕事が終わってからこういう行事をやるらしい・・・。ということで昨日雇用主さんとクライアントさんは4時半に晩御飯を食べて、孫娘さんの学校へ・・・。

当然ワタシは職人さんと二人で晩御飯を食べなければならない。

非常に静かな晩御飯だったいうことは言うまでもない。
そして今日もそうなるだろう・・・。

何をしゃべろうかネタ探そう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-05-01 02:35 | 仕事 | Comments(6)

質問

昨夜無事に雇用主さんが帰ってきた。

ワタシの言い方がまずかったのか、彼女、クライアントさんは救急に行ったら排尿があったと思い込んでおり、カテーテルが入ってるのを見て驚いていた。
昨日、フィリピーノの子に家を任せて家を開けている間、クライアントさんのカテーテルは詰っていたらしく数時間、まったく排尿がない状態だった。
あわててカテーテルを絞って詰りを解消できるかどうか試したら無事に流れ始めて、ほっ。

出てきた尿には不純物が混ざっていて、どうもこれがカテーテルを詰らせていたようだ。

・・・これってまだ手術の傷が癒えてないってことじゃないの?
クライアントさん、まだ尿道から出血もしてるし、これが落ち着いたらカテーテル抜けるといいんだけど・・・。

さて、金曜日にそうそうに「やることないから」と帰ってしまったばーちゃん。今朝やってきて
「私はあの病院(救急に連れて行った病院)のそばに住んでるんだから、どうして電話しなかったの?」
と言う。

救急に出かける前にちょっとだけ「ばーちゃんに電話したほうがいいだろうか?」とも考えたのだが、夜だったし、家の電話も壊れてるしそれよりも何よりも助けて欲しいのは家から出るときであって、病院に着いてからは特に助けはいらない(だって処置するのはワタシじゃなく看護師さんとお医者さんだし)のだ。だから電話しなかった。

・・・とは言えるはずもなく、「大丈夫だったから」とだけ、答えた。

彼女的には「自分が知らなかった」というのがいやだったんだろうね。
ワタシ的には苦手な人と長時間一緒にはいたくなかった(←これが一番の理由)から、自分の都合で電話しなかったんだけど。

先週の雇用主さんの「I think it's not a good idea」に続いて、ばーちゃんが使った「Why didn't you call me on Friday?」という表現。カウンセリングの授業を取っていたときに散々インストラクターに言われた。

「『Why』はカウンセリングのときには絶対に使ってはいけない」

「なんで?」と聞かれると人間は本能的に反撃しようと防御反応が働いてしまうからなのだそうだ。

英語の表現で「Why don't you...?」という表現は「Let's Do ...」と同じ表現として使われてるときは問題ない。
ただ、理由を尋ねるときは「Why?」とは言ってはいけないのだそうだ。直接的に理由を尋ねるのではなく、遠巻きに「それに対してどう思った?」「周りの人はどうしてた?」「あなたはその時何をした?」と聞いて、状況判断を自分にさせないといけないんだってさ。

今朝は、絶対そう言われるだろうと思って構えてたのでワタシの防衛反応は働かず、冷静に対処できたからよかった。

やっぱり英語の問題集とか買って勉強しよう・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2010-04-27 01:20 | 仕事 | Comments(4)

発見

うちのケベコワちゃんとしゃべってて気がついたことがある。

アジア人(特に韓国人と日本人ね)とラテン系の言語(フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語辺りか?)をしゃべる人間の共通点。

どんな言葉で会話していても時々聞き取れないことがある。

そのときにこの手の言葉を第一言語にしてる人たちは「何?」って聞き返しているのだ。多分・・・。

なぜならば英語でしゃべっているときにこのシチュエーションに見舞われるとケベコワちゃんは

「What?」

と聞き返すのだ。そういえばメキシカンの子もそうだったような気がする。

英語のネイティブスピーカーや滞りなく英語をしゃべる人は、このシチュエーションで「What?」
はあまり使わない。「Pardon?」「Sorry?」「Excuse Me?」がほとんどだ。ま~たまに「Ha?」とか「Eh?」とか「What?」も使ってるけど、どっちかっていうとそう言われると「あんたの言ってることさっぱりわかんないんだけど?」に近い印象を受ける。もちろん言い方にもよるんだが。

人の振り見てわが振り直さねば。考えてみるととっさに聞き返すときに「What?」って使ってるきがする!!

ネイティブスピーカーと思われるようにしゃべりたい!!とは思わないけども、相手に失礼にならないような会話を持ちたいとずっと思っている。明確にしゃべることや、言葉の使い方一つでどんな言語で会話をしていても相手を不快にさせたくはないと思っている。(時として意図的にそうすることもあるけどね)

言語の発生や発達の仕方が英語と日本語ではまったく違うから完璧にこなすことはできないとは思うけど、せめて心が通じるように話ができるようになりたいとおもう今日この頃である。
[PR]
by who54211 | 2007-07-27 06:59 | 報告 | Comments(8)

発見

宇都宮には
f0129786_21534624.jpg


f0129786_2154752.jpg


という二つのアーケードがあるのだ。
どちらも地元のアーティストによって歌が作られているのだ。栃木では結構売れたらしい。

お天気もいいし、映画まで時間があったのでぶらぶらと両方の通りを歩いて回っていた。
あんまり明るい時間に見て回ったことなかったけど、実はこの二つの通りには個性があるようだ。

オリオン通りにはギャルファッションの店と昔ながらに続く商店が並び、ユニオン通りには何故かパンクファッションの店が多い・・・。

宇都宮ってジャズとカクテルの街じゃなかったっけか???
って言われてもジャズってどういうファッションで聴くとか決まってないか。でもこの二種類ではないよな・・・。


その後、映画「神童」を見に行く。

上映までエレベーター前で待てと言われたので、おとなしく待っていた。ワタシのほかにカップルが一組ベンチに座っていた。

女「これってなんて読むの?」
男「しんとう?じんどう?・・・読み仮名ふれっての!」

タイトルも分からないで見に来たのか・・・。

会話はまだ続く。

映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」のポスターを見て
女「ね~東京タワーって前にもあったよね?」
男「あったっけか?」
女「そうだよ、黒木瞳と・・・V6の・・・誰だっけ?」
男「誰だっけか?」
女「これってパクリ?」
男「終わってるな」
女「終わってるね」

・・・ぜんぜん違う話でんがな、お二人さんよ。
しかも岡田くんの名前が思い出せてないのに、会話続けて気持ち悪くないのか?

そしてまた映画「神童」のポスターを見て会話はさらに続く。
男「誰だっけ?この男。ドラマに出てるよね?なんとかなんとかロボ」
女「そうなの?あれだよ、デスノートに出てる人だよ」
男「え?主人公?」
女「そうそう、藤原竜也と・・・もう一人のほう、ほら、キラ!!」
男「へ~俺、見てない・・・。でも今テレビでやってるなんとかなんとかロボはおもしろいよ」
女「おもしろいって言えば、夜中やってるやつがおもしろいよ。なんだっけ?レイアー・ゲーム」
男「何曜日にやってるの?」
女「え~と水曜日だったかな?平日平日!」
男「だめだわ、俺寝てるわ・・・」

この二人の会話にココロの底で突っ込みまくって時は過ぎていった。

ちなみに「なんとかなんとかロボ」は「セクシーボイスアンドロボ」、「キラ」ではなく「エル」、「レイアー・ゲーム」ではなく「ライアー・ゲーム」、ついでにこのライアー・ゲームはいわゆる土ドラ。土曜日に放送しているのだ。

この二人は溢れる情報に混乱してるのか、それともどうでもいいと思って会話してるのか、それとも・・・。

頭のなかで出てきたことをきちんと伝えるっていうのは大切なことなんだけど、なかなか難しいのも事実。だからこそ共有できる情報っていうのは明確にしておいたほうがいいと思うんだけどな。

思い出すっていうことは脳の活性化にもとてもいいことなんだけど、そのチャンスをこの二人は逃してしまったのね。

日々のなんでもないこともやっぱり一つ一つが大切なんだと思う。

他人との会話、大切にできる人間でありたいと思う今日この頃。
[PR]
by who54211 | 2007-05-04 22:20 | 報告 | Comments(3)