タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:体位排痰法 ( 2 ) タグの人気記事

教育

さて、明日は7月1日、カナダデーである。
今年は金曜日なので、普通の人はロングウィークエンドになるのだ。

...ワタシは本来なら明日からあたらしいシフトに切り替わるはずなので、休み!と言いたいところだが、仕事である。

そう、今週は週二日の休みではなく土曜一日だけが休みとなる。
理由がまたすごくて、フィリピーノの子が明日じゃないと引っ越しができないから、なのである。
どうやら前の雇用主さんにトラックを出してもらっての引っ越しになるんだそうだ。ほんと、運転免許がないって使えない...。
目眩のこともあるので、無理したくないのだが...。こういうときに限ってクライアントさんは調子が悪い。

昨日今日とランチ時、飲み込みがすこぶる悪い。当然その後咽せるわのどでぜいぜい言ってるわで吸引機が手放せない。

そんな状態なので雇用主さんは
「明日彼女に体位排痰法を教えてあげて」
という。

あの〜ワタシ、休み返上で働いてるし、目眩の一件もあるんですこしのんびり仕事したいんだけど...とは言えず...。
というか自分だって看護師さんに教わったんだからそれだけでもいいから彼女に教授したっていいじゃないか!!!

どうせ日曜日にワタシは来るので土曜一日耐えてくれればいいのだ。「明日教えるのは無理だと思う」と言っておいた。フィリピーノの子だって引っ越しで相当疲れてるところにいろいろ言われたって頭に入る訳がない。

明日のクライアントさんの状態にもよりけりだが、明日調子が良ければ絶対ワタシは無理して教えない〜!
頼むから自分で勉強してくんないかな...。無理かw。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-07-01 14:11 | 愚痴 | Comments(2)

適正

昨年の10月に大幅なシフトの変更があってから夜のケアに来ているフィリピーノの子がいる。

フィリピンの看護師免許を持っているらしいのだが、雇用主さんいわく「どうもいつも自信なさげにケアをする」らしく、ず~っと不満を言っていた。
いつだったか雇用主さんが旅行で不在の時に

「あの子だけだと心配だから、家にいて」

と言われたことがあったが(それ以降、雇用主さんが不在になるときは「彼女を呼ばないで一人で仕事させてください」と言っている。だって、そうじゃないとワタシのお給料は支払われないんだもん)、昨日の夜、ついに堪忍袋の緒が切れたようだ。

今朝になって「ちょっと相談があるの」ときた。

はいはいなんでしょう?と聞いてみると、週末に来てる別のフィリピーノの人が、ほかの職場でのシフトが減ったので、土日、完全にここで働きたい、とのこと。そりゃ~別にかまわない。

「夜のケアの彼女、どうもダメなのよ。なんで、土曜日休む分、月曜の午後から彼女の代わりに入って」

というのだ。

言っておくが、この夜のケアをするフィリピーノの子を雇ったのは雇用主さんである。
ほかの就職希望者を一緒に面接したことがあるが、ワタシは彼女との面接の際はいなかったのだ。

「人柄で決めた」

と言っていたが、人柄だけでケアの仕事はできない。彼女の能力を履歴書だけで判断した雇用主さんの大いなる失敗である。

「どうも旦那(クライアントさんね)が夜咳込んで・・・。体位排痰してるの見たんだけど、全然なってないのよ」

ワタシ、手とり足とりちゃんと教えたし、教科書まで渡したのに??

実はこのやり取り、今日が初めてではなく、数日前にも「体位排痰を教えてあげて」と言われたのだが、一度かなりきっちり教えた相手である。本人が努力するなりわからないなら聞いてくるなりするならまだしも、なんで仕事の時間外にそんなことまでせにゃ~ならんのだ!!と頭にきたので

「彼女なりの努力が見えないのに、教える価値がない」

ときっぱり言ったのだ(それもかなり激しい口調で。案の定雇用主さん「そんな風に言わなくても」と言ってたw)。

正直、これって彼女だけの責任じゃなくて単純に人当たりの良さだけで採用した雇用主さんにも不備があると思う。
ケアのような人と密接にかかわる仕事をするとき、堂々としてないと不安がクライアントさんに伝わって状態が悪化することがある。リハビリの仕事をしてるときにはよくあったけど、ワタシがかかわると動けて、助手さんがやるとダメ、ということもよくあったのだ。肩書きの違いはもちろんあるけど、自信とプライドを持って仕事ができるかどうかというのは大きい。

移民権をすでに持っていて、BC州の看護師免許試験を受験するための英語のテストにもパスした彼女だが、看護師免許を取ったとしても、今のような仕事のやり方だと正直どこにいっても難しいケースは持たせてもらえないか、持たされたとしても持て余してしまいそうな気がする。

まぁこればっかりは本人次第なのでワタシがどうこう言ってもどうにもならないのだが・・・。

さてさてどうなることやら。
あ、ちなみに今日の夜のケアはワタシの担当で、クライアントさん、まったく誤嚥もなく、喉に痰が絡むこともなかったので体位排痰は省略したけどすやすやと眠っていったので、明日の朝に文句言われることはないかとw(大体火曜と木曜の朝、「旦那がせき込んで眠れなかった」と文句言われる)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-02-23 15:38 | 仕事 | Comments(2)