タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:対処法 ( 2 ) タグの人気記事

依存

今日は朝から土砂降りで風も割と強かったのだ。
横殴りの雨になっていたので、クライアントさんを連れ出すのは止めて、家の中で過ごしてもらうことにした。

まさかこれが功を奏することになろうとは...。

家のなかを歩いてもらって、そのあと軽く運動してもらってる最中にワタシがトイレに入ってる最中にそれは起こった。
朝10:20、突然、真っ暗。

この家の玄関脇と地下室にあるトイレには窓がないので、電気が消えると真っ暗なのだ。

停電である。

雨や風が強くなると時々ウエストバンクーバーでは停電する。
日本では雷が変電所に落ちない限り、雨風で停電ってあんまりなかった記憶があるんどだが、すっごくよく停電する。

幸いこの家には小さいけど自家発電機がある。これでクライアントさんのケア(ネブライザーや吸引機は電力なしでは使えない)は大丈夫。
料理もコンロがガスなので(北米にしては珍しく電気ではないのだ)問題ない。
暖炉もガスなので暖房は切れても極端に寒くはならない。

数時間ならね。

雇用主さんが電話で確認したところ、午後2時には復旧予定とのこと。じゃ〜楽勝じゃん?と思っていたのだ。
ところが3時過ぎても復旧しない。
気がついたら家のすぐ側で作業してるにいちゃんがいる。
雇用主さんが訪ねたら「あと2時間は無理だろう」という。

まぁ、とりあえずまだ5時過ぎなら外も雨が降ってても明るいから何とかなるだろう、と思っていた。
夕飯の準備をある程度ランチの後に済ませておいたので、余裕かましてクライアントさんと本を読んでいた(パソコンもIphoneもWi-Fiが使えないのであんまり使えなかった)。
が、5時を過ぎても復旧してこない。

もう一度電力会社が提供してる「停電復旧ライン」に電話してみると
「予想復旧時間は午後11時になります」
はぁ???
夜の11時なんて寝てるっつうの!!!

ここからワタシは慌てた。なぜなら今日の献立は中華おこわとサーモンのチーズマヨ焼きにピーマンのおかか炒め。ピーマンはコンロでなんとかなるけど、おこわは炊飯器(電気がいる)で蒸し炊きするつもりだったし、サーモンはオーブンで焼くつもり(電子パネルが使えない)だったのだ。
しかたなく、おこわは鍋で蒸し上げて、サーモンもアルミ箔をかぶせてコンロで蒸し焼きにする。
問題はクライアントさんの分をどうやってミキサー食にするか?だったのだが...。
サーモンはすぐ崩れたので問題なし。ご飯もまぁ、おこわだしつぶれる。難関はピーマンである...。
すり鉢で試しにすってみたものの、何時間かかるよ?状態だったので、細かく切って出すことに...。

...いつもより楽しそうに食べてる気がしたのはワタシだけだろうか??

食器洗浄機が使えないし、ろうそくの明かりだけでは暗すぎて片付けは断念。
ワタシはお風呂もあきらめて、取り合えず化粧だけ落として歯磨きしてさて夜のケアを始めるか、と思ったそのときである。

いきなり明るい。
午後8:20復旧。
あと一時間早く復旧してくれてたらすっごく助かったのに...と思うが、とりあえず食器洗浄機を回し、キャンドルを消して回収し、発電機を元の位置に戻して充電し...と、なんでワタシが全部やるの(ちなみに雇用主さんこのときテレビ見てた)??

しかし電気って思いのほか頼りにしてるんだね。
たかだか10時間足らずの停電だったのに、ものすごく不便だった。
でもなんとかなるもんだなぁ、障害高齢者がいたわりには...。

もう停電が起きないといいんだけどな。そういうわけにはいかないよね。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2011-09-27 14:41 | 仕事 | Comments(8)

判断

この前の火曜日、仕事でもないのにばーちゃんが来ていた。

ワタシはこの人、ほんとに意見が合わないのでいることが分かった瞬間、洗濯をするふりをしてベースメントに逃げていた。

で、翌日になって雇用主さんから

「彼女、鬱って診断されて薬処方されたみたいなの」

と言われた。

・・・いや、でもそれでワタシにどうしろと???

鬱との戦いは、長期戦だ。
うちの父親もずいぶん長いこと抗鬱剤と睡眠導入剤を常用している。
もちろん、周りのサポートも大切だけど、自分自身で「どうにかしなきゃ」と思える瞬間がないと戦えないと思う。

何を思ってばーちゃんが雇用主さんに鬱の相談にきたんだかわからないけど、本人が「助けて」と言わない限り、手を出さないほうが無難な気がするのだ。

でもま、こっちの人って結構簡単に「私、病気だから」っていうから、ばーちゃんもその類かもしれないけどね。鬱の診断、医者も簡単に出すらしいし。

このあたりで暮らす人は季節性の鬱(冬、太陽があまり出ないので)になることも多いらしいけど、ばーちゃんはそうじゃないらしい。
ま~今後どうするのかはワタシが決めることじゃないからいんだけど、クライアントさんが影響されなきゃいいんだが・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家
[PR]
by who54211 | 2011-02-05 23:38 | 人間 | Comments(2)