タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

タグ:息子くん ( 115 ) タグの人気記事

遠出

息子くんは今日で満22ヶ月。

1-10まで日英で数えられるようになり、ワタシを「かあちゃん」と呼べるようになり、ドンドン単語を覚えている今日この頃。

縄ばしごを登れるようになって、公園の遊具で1人遊びが増えた。物を持って階段を登れるようになった。ボールをちゃんと上に向かって投げられるようになり、バスケ🏀らしいシュートを打てるようになった。

最近体重も身長も測ってないけど、間違いなく大きくなっている。

麺類大好き、マクロビシェフのAkoさんのお弁当も大好き。でも同じものかあちゃんが作っても食べないw。

ベッドで寝るようになったけど、やっぱり夜一回は起きて泣いてる。これいつまで続くのかしら?

自分の思うようにならないと怒って、ワタシ相手の時は噛みつくようになった。他の人にやらないだけいいけど、イタイ(>_<)

日系プレースで買った歌の流れる本が好きで渡すとずーっと遊んでる。バスケも相変わらずだが、最近はシャボン玉もハマってて、くたびれた母はマシン購入。

イギリスから来てるNigelのご両親には妙に人見知りし、お土産も見向きもせず...。恩知らずめw。

後2ヶ月で2歳か〜と思うと大きな怪我も病気もせず、いつも「Happyボーイ」と言ってもらえるうちの息子は凄いと勝手に思っている。母ちゃんは君がそうやってまっすぐ生きてくれれば、それでいいよ

[PR]
by who54211 | 2017-06-20 13:24 | 報告 | Comments(0)

土産

f0129786_13552070.jpg

木曜日にカナダにやってきたNigelのご両親が息子くんへプレゼント。
トーマスが好き、というよりは乗り物が好きなんだけど、最近は乗り物よりバスケ🏀なのと、まだご両親になついておらず、微妙に手を出さなかったが、今朝やっとトーマス握って遊んでくれた。
いくらSkypeでやり取りしてても、実際に会うのとは違うので、おとといから毎日会ってるのに、まだご両親に近寄ろうとしない。一緒にいるだけなら泣きもしないのだが、逆に言うと絡まないので、「2週間いるうちに一回くらいは見ててもらおう」と目論んでたワタシの計画は計画倒れになりそうだw。
まぁ次に会う時くらいには、「自分にいろんなものを買ってきてくれる人たち」と認識できて、もっと積極的に絡むだろうと踏んでいる。

ワタシは両親共働きで、母の実家がすぐそばだったので、引っ越すまでは姉弟とともにじじばばに育ててもらった。ゆえにジーちゃんもばーちゃんもとても身近な存在だったのだが、うちの息子くんはどっちも遠いからなー。早く大きくなって勝手に遊びに行けるようになったら喜んで送り出そうと心に決めている。

Nigelのお父さんは、軍隊にいたのだが、ある日帰ってきたら家が「もぬけの殻」だったんだそうだ。以来、お母さん、つまりNigelのばーちゃんとは音信不通というか、絶縁状態なのだそうだ。そんな親子関係だった人が、よくぞNigelのような人を育てたなーと感心ひとしおである。
f0129786_13554535.jpg
この白いスプーン、日ごろ息子くんが使ってるやつの2倍の大きさがあるのだが…子供用なの???

[PR]
by who54211 | 2017-06-18 13:30 | 人間 | Comments(0)

来加

今日からなんとNigel17連休!!

・・・というのも、ご両親がイギリスからカナダに来てくれてるからである。それに合わせて今年のバケーションを取った。
念のためカナダデーを避け(今年は建国150周年というアニバーサリーイヤーなので)、夏休みが始まる前に来てもらい、始まってすぐ帰国という形になる。

午後に到着する便だったので、午前中は息子くんとワタシはいつも通りにアクティビティに参加して、Nigelは家の中を片付け。
今日でしばらくおしまいのスポーツのアクティビティ。インストラクターさんがいい人で、息子くんは思いっきり毎回「バスケット」させてもらっていた(ほんとに何をやらせても全部バスケにしてた。ある意味天才だと思う)。今日は障害物競争だったのだが、そのうちの一つ二つの障害にしか興味がなく、並んで順番待ってやらせようとすると怒って泣きわめき、ワタシにかみついた。

すごい剣幕だったので、インストラクターさんが「いいよいいよ。好きなのだけやらせて」とおっしゃってくださり、許可もらったならとワタシも安心して好きなものだけやらせる。

3歳未満の子供に人と同じことを順番通りにさせるのって至難の業だと思う。最近やっとドロップインで「手を洗う時は順番を待つ」というのが分かり始めたくらいで、基本右脳の赴くままに生きてるからなー。

うちの息子くんはとにかくバスケットボール。ボールを投げて投げて投げまくる。このプログラムに参加し始めたころからずーっとそうなのだが、みんなに言われた。

「でも、すごいうまいよね。」

そうなのだ、いつの間にか上達し、今や自らスキルアップしようと家の庭にあるゴールには、少し離れたところからシュートしてゴールを狙うようになった。入らないけど、とにかくボールを上に投げることを覚えようとしてるらしい。シュートして弧を描いていくボールを見て、母は一人「そうやって大きくなるのね」と目を細める日々である。

加えて言われたのが

「アニメに出てきそうなキャラだよね」

f0129786_14275085.jpg
お友達のYumikoさんに作ってもらった親子アバターなんだけど、うちの息子、まさにこのまんまw。
動きも独特で、ぬいぐるみが動いてるみたいなんだよなー(母言いたい放題)。

いいのだ、息子よ、そのまま君は君の行く道を行けばいいのだ。

さて、義両親だが、我が家ではなく、今回もゲストハウスに滞在。ほんとは引っ越してから来てほしかったのだが、間に合わなかったので、それはまた次回のお楽しみ。
今回は家族写真もご両親と一緒に撮る予定だし、前回はできなかった小旅行(なんせ息子くんは生後3週間だった)も行くつもりだ。

難点は、息子くんの人見知り。泣いたりわめいたりはしないけど、そう簡単にはなつかない。割と頻繁にSkypeしてるのだが、やはり実際に会うのでは違うらしい。そばにいても大丈夫だけど、自ら近寄ろうとはしないし、一緒に遊ぼうともしない。

数日で慣れてくれればいいのだが。頻繁に会ってる人には割となつく子なので、濃密に会っていくしかないか。

なにはともあれ、ワタシは2週間以上もNigelが家にいてくれることでかなり楽になるなー。嬉しいわ。


[PR]
by who54211 | 2017-06-16 14:34 | 人間 | Comments(0)

選択 baby

今朝の息子くんは
f0129786_13450414.jpg
農作業に行くおっさんになっていたw。
最近やっと帽子を嫌がらずにかぶってくれるようになったので、小雨が降ってた今朝は、雨用の帽子をかぶらせて、長靴履かせたら、色がマッチしてたから、こんな風にw。まぁこれはまだいいだろう・・・だが。

f0129786_13451963.jpg
最近、靴は自分で選ぶようにしてもらってるのだが、今日は何を思ったか、サンダルをチョイス。どんなに暑い日でも、ウォーターパークに行く日でも履こうとしないのに!!
しかも靴下履いたまま履くという。

いいよ、君が選んだんだからって母は言うからw。
ってことでこのままCostcoにお買い物。特に突っ込まれることはなかった。さすがカナダw。

[PR]
by who54211 | 2017-06-02 13:44 | 関心 | Comments(0)

成長

今日はシッターさんに息子くんをお願いして、久しぶりにNigelと映画へ。


超見たかったのだ。前作はNigelも実は作品に関わっていて、VFXでアカデミー賞にノミネートされた。今回もめっちゃ大笑いしながら大感動の二時間半だった。
マーベルの映画っていつも続きが気になるようにテロップが作られててすごいな、と思う。

今回もこの映画のテーマは家族愛。ちょっと長いけど、小学生でも楽しめる作品なので、ゆくゆくは息子くんとも見たいなーと思っている。

で、毎度のことだけど、家を出るときに息子くんはぎゃん泣き。というか、シッターさんが現れた時点でワタシから離れない。
まぁしょうがないよね、と思いつつ、前回も15分したら泣き止んでバスケしてたっていうから、潔く「ばいばーい」と家を出た。

帰宅したら、

「5分後にはニコニコして遊んでました。すっごく癒されました」

とシッターさんに言われた。
だんだん短縮してるw。

いつかワタシよりもシッターさんが来たら喜ぶようになるかもしれない。

ちょっと複雑だけど、家族以外の人で「両親が信頼してる人だから安全だ」という認識ができてくれるのは嬉しい。
それにしても月に一度くらいのことなのに、ニコニコしてきてくれるこのシッターさんに感謝だわ。

日本ではなかなか「シッターさんに預けてデート」という発想はないよなー。それこそ家族がそばにいなければ夫婦で出かけたりできないような気もする。Canadaでは子供は小学校4年生になるまで、大人と一緒にいないといけないという暗黙のルールがある。法律ではないと思うが、子供だけの留守番をさせていると日本でいう児童相談所からお尋ね者になったりするらしい。
小学校に入った時から鍵っ子だったワタシにはよくわからない発想だが、それだけ危険なんだろうね。
でもなー、お友達と一緒に公園行って自由に遊ぶというのが10歳過ぎないとだめってつらいね。



[PR]
by who54211 | 2017-05-24 14:09 | 人間 | Comments(0)

単独

今日で21ヶ月になった息子くん。

はしごを登ったり、階段登り降りが一人でできることが増えて、滑り台を延々楽しめるようになった。
相変わらずバスケ🏀好きで、どこに行っても「バスケット」「ボール」「シュート」。そういえば最近ちゃんと「バスケットボール」と言えるようになった。
バウンシーキャッスルに一人で入っても大丈夫になった。

言える単語もだいぶ増えた。
唯一言える二語分は
「プープー、った(ウンコ、出た)」「ピーピー、った(おしっこ、出た)」(英語の幼児語でウンコはプー、おしっこはピー)。
まだ少し「はい」をわかってつかえてないけど、確実に「No」は分かって使ってる。
英語と日本語、両方理解してるようで、ワタシやNigelが「Thank U」と言うと「あっとう(ありがとう)」と言っている。この辺の回路がどうなってるのか知りたいわ。

ごはんは、とにかく好き嫌いくっきり。依然食いついたものもダメになったり、色々だが、育ってるのでヨシとする。

やはり男子だなーと思うのが、乗り物好き。特にオモチャで欲しがるわけではないけど、バス🚌、重機、電車🚃、汽車に❤️それで今日は機関車トーマスに乗りに行った。

f0129786_10424416.jpg
まぁまだテレビ見せてないので、あまりすごさは伝わってなかったが、ミニトレインとトイトレインはかぶりつきでじーっと見てた。トイトレイン、集め始めたら大変だなー。
f0129786_10443021.jpg
初インスタントタトゥーにも挑戦。嫌がったけど、おばちゃんが慣れてて綺麗に仕上げてくれた。

結構いいお値段のイベントだったけど、ワタシもすっごく楽しくて(多分息子くん以上に興奮してた)、$50払った価値があったと思ってる。もう少し大きくなって、お昼寝いらなくなったら丸一日遊べていいと思う。

身長も体重もスクスク健康優良児。このまま元気な癒し系でいてくれれば言うことなし!!

[PR]
by who54211 | 2017-05-21 07:53 | Comments(0)

副菜

Akoさんのクッキングクラスで教わったきのこの時雨煮は、手で裂けるきのこならなんでもいけるようだ。これはジェミニきのこで作った。(レシピはヒラタケで作ってる)

f0129786_05495484.jpg

Akoさんの提案するお料理は、どれもこれも優しい味付けで、とても美味しい。
先月のレシピは、我が家でもよく登場。
f0129786_05543167.jpg
キャベツとパセリのコールスローは、Nigelも大好き❤

f0129786_05561381.jpg
ニラの醤油漬けは使いきれないニラの保存にも便利。
f0129786_05565592.jpg
うちでは肉団子に混ぜて、他の野菜と醤油とオイスターソースを少し足してみた。激ウマw。

ワタシの作る料理は、どうしても彩りが冴えないことが多い。Akoさんの作るお弁当は
f0129786_05584046.jpg
栄養のバランスがもちろん、見た目がとても美しい。

Akoさんのお料理教室に通うようになって、「あと一品!」作らなくても常備できる日が増えた。
おかげで、捨てる野菜が減り、冷蔵庫もスッキリしている。

あとは、ワタシが作っても、息子くんが食べてくれたら文句ないんだけどな。Akoさんのお弁当に入ってたら食べるのに、似てるもの作っても食べてくれないのはなんでかなぁ??

[PR]
by who54211 | 2017-05-11 05:47 | 報告 | Comments(0)

季節

日本ではゴールデンウィークだが、カナダはなんの関係もないこどもの日の今日。

f0129786_02472040.jpg
端午の節句スペシャル朝ごはん🎏
柏餅風パンケーキは知立名物「大あんまき」を彷彿とさせる。あんこまで気まぐれで煮たワタシw。
りんごも「あーどっかにジャックオランタンのカービングキットあったはず」と思いつつ、見つからず四苦八苦して果物ナイフで。
中華おこわは、ほんとはお昼ごはんw。
春巻きの皮が見つからず(と言っても2軒で諦めたw)、兜は紙でヨシ。

完全に母の自己満足!!
息子、普通に切り刻んだパンケーキ🥞食べただけw。
いいの、作ってる間、楽しかったから。

海外で暮らしてると、こういう行事は自分で覚えておかないと抜けてしまう。日本ならテレビなんかでコマーシャル流れるし、鯉のぼり飾る家も出てくるから、分かりやすい。でも、海外にいるからこそ、日本的なことをしたくなるんだよねー

来年からは日本語幼稚園できっとリマインドさせてくれるだろうw(他力本願)。


[PR]
by who54211 | 2017-05-06 02:28 | 報告 | Comments(0)

熟睡

今朝、久しぶりに息子くんの寝言なきにも起こされず、Nigelと二人で自分たちのベッドで目覚めた。

なんて爽快な朝!!
人間、眠るってやっぱり大事!!

何が変わったのか?
それは

息子くんをクリブではなく、座椅子をフラットにしてそこで寝かしたのだ。

ワタシがまだ妊娠してた時にNigelと話し合った項目の一つが「添い寝する、しない」だった。
日本で生まれ育ったワタシは、小さい頃は家族で雑魚寝、実家を出るまで二段ベッドで眠っていた。
つまり、一人で眠る習慣は大学に入ってから。

Nigelも兄妹4人なので、似た環境ではあったようだが、ご両親の寝室は別だったそうで、親のベッドに潜り込んだことは記憶にないらしい。

で、やっぱり添い寝は反対され、ワタシが折れた。
でも新生児突然死の恐れがある生後半年までは、同室で寝る、という条件で。
これもワタシはどこでも眠れるので、息子くんの部屋でエアマットで寝るよーと言ったのに

「ちゃんとベッドで君は寝ないとダメ」

と反対された。結果、オムツ替え授乳は息子の部屋に移動、という面倒が起きた。二人目できたら、絶対シングルベッド買って、子供部屋で寝る!と心で誓っているワタシ。

今は、授乳、オムツ替えも夜はないし、寝返りも自由自在で突然死の危険が格段に減った。でも寝言泣きが続き、それで暴れてクリブの柵にぶつかり、起きる、なんてことも頻繁。うちの息子、でかいしね。

そうなると「抱っこ」をせがむ。でも夜中2時3時に抱っこして寝かしつけるのって、キツイ。

で、必殺座椅子で添い寝。
くっついたまま一緒に横になってるといつの間にか寝てる。温もりが欲しいんだろうね。

...が、うちの息子くんはでかいので、ワタシはともかく、Nigelには座椅子だとスペースがないらしく、辛いので、引っ越しまで待ちたかったけど、ベッドを買うことにした。

最近は欧米でも添い寝する親が増えて来たようだ。バンクーバーでは、住宅のレントが上がって子供部屋を用意できない家庭も多いので、やりたくてそうしてる人だけではないと思うが。
Nigelのお兄さんも妹さんも子供と添い寝してるそうで、Nigelのご両親からするとびっくりなんだそうで。

昨日は息子くん自ら、寝付くときに座椅子を指差して「抱っこ」と言ってたので、クリブ狭いのかもなーと思っている。座椅子も広くはないけど、ぶつかる心配ないもんね。

まぁ今晩、Nigelが寝かしつけるときなんて言うかな。

今はお昼寝中。クリブで微動だにせず眠ってるが、子供は眠ってる間に動き回って自己矯正すると言う。寝相が悪いのは自分で身体の調整ができてる証拠だと思って、やっぱりのびのび眠るスペースをあげつぃ


[PR]
by who54211 | 2017-05-05 06:17 | 報告 | Comments(0)

久々

先週お休みだったリトミックは、今月から日本人ボランティア団体、隣組さんのスペースで行われることに。
リサさんのリトミックについてはここからどうぞ。

実はここ2日、昼寝しなかった息子くん。
でも午後も上機嫌に遊んでたし、夜もすんなり眠って(夜中の寝言なき、たまに夜泣きはあった)たので、

「2歳前なのにすでに昼寝卒業?!」

かと思ってたら、今日は帰りの車で寝てそのまままだ寝てる。昼寝復活万歳🙌

昨日一昨日と、絶対身体は疲れてるから、と30分以上奮闘して寝なかった息子くんをおんぶしてとにかく身体だけでも休ませようと心がけた。英語で言うダウンタイムってやつである。ガールガイドでは「BOB タイム」という。「Bum On Bed」「お尻をベッドに」の略。

小学校低学年くらいまでは、こういう時間がないと体力もたない子も結構いる。ある程度大きくなったら、「ベッドで本読んでてー」で済むけど、今は無理なので、おんぶ。

昨夜は夜泣きもしてたし、きっと寝不足だったんだろう。

さて、ご心配をかけた胃痛だが、ナーンと不思議に消えてしまった。

生理が始まった途端、嘘のようにスッキリと。

そういえば、10年以上前に、生理前になると喉から出血してたっけ?その時お医者さんに言われたのが

「ごく稀にだけど、生理周期に合わせて、弱ってる部分から出血する人もいる」

とのことだった。

女性は子宮が大きく心身に影響する。はるちゃんのいう「体内にあるお宮」は、やはり神を宿していると本気で思う。

生理や出産は、デトックスのチャンスでもある。だからこそ、悪いところはより痛み、この機会を逃すかとばかりに訴えて来てるような気がする。

なので、一応医者のアポイントはキープしておこうと思っている。

痛みや身体の辛さは、自分を大切にするための大切なサインだ。ここで無視したら、ワタシに失礼だし、子宮にいる神様を足蹴にしてるようなものだ。

とはいえ、やっぱり胃が快適でスッキリ食べられるのは最高!コーヒーも気兼ねなく飲めるのが嬉しい。こういう何気ない「いつものこと」を倍に喜ぶために体調不良はたまにやってくるのかもな。

日々の「嬉しい」当たり前に感謝。



[PR]
by who54211 | 2017-05-04 05:50 | 報告 | Comments(0)