タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

神業

本来は課題に取り組むべき月曜・・・だったのだが、ついつい見てしまった、全米テニスの決勝戦。

女子は2年ブランクのあったノーシードのママさん選手、Kim Clijisterの優勝。前日のセミファイナルでSerena Williamsと当たった彼女。この試合でSerena、暴言吐きまくって(いやそりゃ~もうものすごいF-wordの連発)$10,000の罰金で許されるなんてありえない・・・。出場停止させろよ・・・と思ったのはワタシだけではないはずだ。

で、男子はというと
f0129786_15342.jpg


6連覇のかかってたFedererを下したアルゼンチーノの優勝で幕を閉じた。
南米の選手が全米オープンで優勝するのは32年ぶりの快挙。32年前もアルゼンチンの選手が優勝したのだった。

・・・しかし、老けてるよな、Del Potro・・・。Djokovicが躍進してきた時、Dojokovicほんとに少年のようだったのに、このDel Potro、まだ若干二十歳・・・。そのあとやってたスポーツニュースで「34歳っていっても通じるよね」とコメンテーターが言ったセリフに納得w。

さて、Serenaの暴言騒ぎがあったばかりだが、この男子の決勝、あのFedererが審判に向ってSerenaほどではなかったが噛みついていた。数年前から導入されたコンピューターによるライン際のIN/OUTのジャッジシステム、選手がラインズマンの判定が不服だった際にチャレンジとしてこのシステムの利用が可能なのだが、このタイミングをめぐっての不満だった。

Del Potroが審判がFedererにゲームポイントを宣告した後にチャレンジしたことが原因。

でもその後、Federerも観客が「アウト!!」と叫んだのをラインズマンが叫んだのと勘違いして同じようなタイミングでチャレンジしてDel Potroに「何だよ・・・」と言われてたw。

この決勝もいい試合ではあったが、何と言ってもこの大会のハイライトはこれである。


子供のように喜んでいるFedererが印象的w。
[PR]
by who54211 | 2009-09-16 01:15 | 趣味 | Comments(2)