タイトルは常に漢字二文字にこだわっただけの日記。  *広告目的のコメントはwho54211の判断により消去・ブロックさせていただきますのであしからず*


by who54211

愚痴

まぁ結論から言ってしまおう。

今回、ワークは下りなかった。

理由は
「ワタシの受けたディプロマプログラムがリブインケアギバーのトレーニングとして適切でない」
と面接官が判断したからだ。

ワタシ、一年かけてディプロマ取ったのに・・・。
リブインケアギバーの資格取得には「半年以上のトレーニング」とある。
面接官のおじーちゃんは言うのだ。「自分にはこのプログラムがホームケアセッティングを考慮してるとは思えない」と。

確かに名前は「コミュニティーサポート&ユースワーカー」だが、プログラムの説明書にちゃんと「子供から大人までどのケアのセッティングにも対応できる人材育成」と書いてあるのに・・・。

じゃぁ理学療法士としての経験は?というと「雇用証明だけだとあなたがホームケアに関する仕事をしてきたかどうかの証明にはならない」という・・・。

しまいには「英語のテストの結果が古い」というのだ。IELTSは成績が一生もののテストだから持参しただけなのに!!

かなりがんばって食い下がったが、じーちゃんの心を変えることはできず、却下理由の書類を渡されて領事館を後にした。

その後はとりあえず学校に連絡をしてディレクターのアポを取り、食欲もないのでぼんやり海を見ながら今後のことを考えていた。

帰りのボーダー、学生ビザの期限が4か月残ってたので特に問題なく通過。
そしてバンクーバーに着いてすぐに雇用主さんに電話。話をしながら涙が出た。
幸いなことに雇用主さんは辛抱強く待ってくださるという。ご厚意に甘えさせてもらうことにした。

そして今朝、ディレクターに会っていきさつを話すと「ありえない」と一言。「あなたの取ったディプロマはもちろんホームケアセッティングも考慮してるわよ」と。ただ、リブインケアギバーのクライテリアとの照合性については確信が持てないので、実際にプログラムを作ったディレクターに相談してみるとのことだった。
最悪RCA(日本でいうところのヘルパー)の資格を取ることも考慮してることを伝え、来週また会うこととなった。

その足で留学サポートエージェントへ。
もう一つ考えてた方法、それはカナダ国内からのワーキングホリデー申請である。
実はワタシ、30過ぎたら申請できないと思っていたのだが、31の誕生日が来るまでに申請すればいいということを最近知り、しかもワタシと同い年の人が国内申請で見事ワーホリをゲットした話も聞いたので、可能性があるかどうか聞いてみた。

やはり国内申請のほうが審査は厳しい傾向にあるらしい。
なので、これは最後の最後の手段である。

ただ、その時に言われたのが
「いままでも何度も危機がありましたけど、ちゃんと乗り切ってカナダで生活できてるわけじゃないですか?今回も試練ではありますけどきっと乗り切って行けますよ」

そうなのだ。いやな思いも何度もしたけど、なんだかんだとカナダで生活できてるのだ。

まだ諦めない。
突破口を絶対開いてやる!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村


ブログん家

[PR]
by who54211 | 2009-09-25 07:15 | 報告 | Comments(10)